将星絵巻 > 趣味を語る:茶の湯編

武将名 武将・甲 武将・乙
真田幸村 茶を点てました。
戦場に槍を振るうことしか存じませんが、お口に合えば
結構なお点前で。愚鈍なれば茶の作法も存じませぬ。
されど、心が澄みわたるひとときを過ごせました
前田慶次 かたっ苦しいのは苦手なんでな。
傾奇者流で茶を用意した。ささ、ひとつ飲んでくれ
あんたのもてなしの心が染みるねえ…。
ありがとよ、いい時間を過ごさせてもらった
織田信長 信長が、うぬを茶にてもてなそう…。
ささ、参れ…
今この時は、未来永劫、二度と来ぬ。
一期一会…この出会いを愉しもう、ぞ
明智光秀 日々、煩雑なこと、つらいことばかりですが、
茶を飲んで、心を慰めてください
結構なお点前ですね。
日頃、心に重くのしかかっていることが薄らぎます
石川五右衛門 どうも、茶釜で湯がこぽこぽたぎってんのが、
なぜか気になってしかたねえんだが…ほらよ、茶だ
茶室がお宝だらけで、
そっちが気になってしかたねえ…
上杉謙信 茶は禅に通ず。
参れ。しかして清寂を知るとよい
茶事は闘争
お市 市がお茶でおもてなしいたしますね。
どうぞ、ごゆるりとおくつろぎください
ありがとうございます。
とても心が安らいでいくのを感じます…
阿国 まあまあ、お心(やわら)かにあがっとおくれやす。
とかく茶は服のええようにて言いますよって
なんや心が和らいできます~。
結構なお点前どした。ほん、おおきに
くのいち 茶室では身分のへだてはございません。
ただ主と客としてこのひとときをおもてなしいたします
可愛い女の子に苦いもの飲ませて愉しむって、
いったいどういう趣旨なんスかねえ…
雑賀孫市 どうぞ、俺が気持ちを込めて点てた茶だ。
…俺の茶を点てる姿を見れば、また女性人気が上がるな
狭くて暗いこの空間で一緒にいる…か。
女の子と二人なら天国だぜ…使えるな、茶会!
武田信玄 おことに飲んでほしくって茶を点てたよ。
味わってくれんかね?
炭は湯の沸くようにというが、実はこの加減が難しい。
そこにさりげなく気が回っておるね
伊達政宗 茶の湯とはただ湯を沸かし飲むばかりのこと。
されど、いや、それゆえに奥が深い…ささ、参られよ
よき点前じゃ。花は野にあるようにと申すが、
さりげなく、よきほどにもてなしの心が整うておる
濃姫 茶筅をかき回すほどに心が整っていくのを感じるわ…。
さ、どうぞ
心が和らぎ澄んでいくこの清寂…いいわね…。
それらをすべてぶち壊し、地獄に放り込みたくなるわ…
服部半蔵 どうぞ。
…毒の扱いに長けた忍びの入れた茶が飲めるならばな
…苦い
森蘭丸 不調法ながら、蘭が茶を点て、
おもてなしさせていただきます。ささ、どうぞ
蘭ごときのために、心づくしのおもてなし…。
そのお気持ちに、深く感動いたしました
豊臣秀吉 わしゃあ、しかつめらしい茶の湯は嫌いでな。
派手に点てさせてもろうたわ。どうじゃ?
ちいと、地味じゃのう!
もっとパーッと派手に点てんと、人がついてこんわ!
今川義元 お茶を点ててしんぜようの。
まろの茶は、わび茶ならぬ雅茶じゃの
茶のわびの心はいささか雅びとは異なれど、
和を目指すという点では通じるところがあるの
本多忠勝 本多平八郎忠勝、一期の覚悟にて茶を点てた。
いざ、参られよ!
戦場、千軍万馬の中にありて心を研ぎ澄ますのと、
似た境地が、茶にはある…
稲姫 稲、不調法ながら、正々堂々、お茶を点てました!
どうぞ、召し上がってください!
稲、正々堂々、まっすぐにお茶をいただきます!
熱っ…!
徳川家康 茶は健康にもよく、薬ともなるものでござってな。
ささ、一服参られるとよかろう
武骨な三河者のことゆえ、茶のなんたるかも存ぜぬが、
もてなしの気持ちのありがたさは伝わってござる
石田三成 茶に造詣も深くないし天才の感性も持たぬ。
ただ茶を出す時は、相手を思いやってもてなすだけだ
…俺に茶の何がわかるという話だが、
お前のもてなしの心は嬉しかった。礼を言う
浅井長政 某なりに、心を込めて茶を点ててみた。
そなたに味わってもらいたい
正直言えば、少し苦かったし、足もしびれているが、
こういう体験をするのは、なんだか愉しいな
島左近 さ、どうぞ。堅くならないで…。
お茶ってのは気持ちを和らげるためのモンですから
どうも。
手ずからのもてなし、何よりも温かく感じましたよ
島津義弘 どれ、ひとつ茶でもどうじゃ。
鬼が茶を点てるのも意外で面白かろうて
手前のほどなど関係ない。
心に染みる、よきもてなしであった
立花誾千代 茶を点ててやったぞ、飲め!
…これでも、心を込めて入れたのだ
貴様のもてなし、趣向は、ほほ笑ましく思った。
温かいもてなしを、ありがとう
直江兼続 昨今の茶道具集めなどは嘆かわしい軟弱な風潮だが、
茶が健康によいのは確かだ。ささ、飲むがいい!
茶道具遊びなど軟弱の極み! だが…
他ならぬお前のもてなし、ありがたく頂戴した!
ねね ささどうぞ! お茶は熱いよ? ふーふーしたげる!
あ、苦いといけないしお砂糖もたっぷり入れよっか?
うん! お茶、とってもおいしかったよ!
ありがとね!
風魔小太郎 …一服しんぜよう。
ささ、参られよ…
結構な…お点前で…
宮本武蔵 茶と剣は、共に禅に発し、通じるものがある。
俺の立てた茶は、今の俺の剣だ…飲んでみてくれ
茶は剣とも通じてる。
お前の茶の踏み込みや打ち込み、なかなかだったぜ
前田利家 茶を点てたからよ、お前に飲んでほしいんだ。
…な、お前をもてなしたくて高い茶器用意したんだぜ?
おう! ありたとよ、うまかったぜ。
…にしても、金かかってそうだな
長宗我部元親 濃く、熱く、苦い、緑の液体をお前に飲ませよう。
俺の茶だ。ささ、どうぞ
熱い…苦い…だが、それ以上にお前の魂を感じた。
この場とお前のもてなしの心に捧げよう、感謝を
ガラシャ はぁ! お茶を点てるにつれて、
お茶のよき香りが、茶室に満ちてきたのじゃ!
教えよ! なぜこの茶碗はぐねぐねしておるのじゃ?
なぜ竹のしゃかしゃかで茶をしゃかしゃかするのじゃ?
佐々木小次郎 お茶って点てても飲んでも優しい気持ちになれる。
そんなひとときが好きなんだ。さ、どうぞ
いいね…この穏やかなひととき。
心が透き通っていく…何もかも忘れられそうだ…
柴田勝家 茶を点てたゆえ、飲め。
何? 指が入っておる? 気にするな
のごわっ!
強くつかみすぎて、茶碗を割ってしまった…
加藤清正 ささ、どうぞ。
…ど、どっか、茶の点て方、間違ってたか、俺?
こういう堅苦しいのは性に合わないんだが
いっぱしの将となるためには、身につけていかないとな
黒田官兵衛 ただ茶を点て、飲んでもらうだけのこと。
緊張の必要はない。茶の趣旨は心を和らげることだ
和敬清寂…。
このようなひとときは真に得がたきもの。感謝しよう
立花宗茂 今、この時、世界でお前のためだけにこの茶を点てた。
味わってほしい
うまい…お前が俺のために点てたと思えばなおさらだ。
ありがとう
甲斐姫 お茶をはじめ女一通りの道は極めてんのよ!
ささ、味わったんさい、あたしの女子力!
結構なお点前でございます…。
…え、なんか面白いこと言うの、期待されてた?
北条氏康 ささ、どうぞ。茶を一服参られよ。
…なんでえ、俺だって取りつくろうことくらいできらあ
一期一会…今この時この場を大切に思う、か。
なんだか、この茶のおかげで少しわかった気がすらあ
竹中半兵衛 お茶…点てたよ。…こういうなにげない時間って、
二度と戻らないけど、だからこそ愛おしいんだよね
ふむふむ、玄妙な哲学を茶室という小宇宙に集約し、
人の心を、茶という形式に乗せて伝えるのか…ありだね
毛利元就 茶の歴史は意外と古くてね、遣唐使廃止後一時絶えたと
…すまない、また長くなったね。ささ、お茶をどうぞ
私が若い頃はとにかく豪華な茶器の唐物道楽だったけど
今は、落ち着いた感じになったねえ…時代を感じるよ
綾御前 綾が真心をこめて、あなたをもてなしましょう。
あら…? なぜ茶が不気味に発光するのでしょう…?
まあ、結構なお点前で…。
本当に可愛らしい、よい茶事でしたよ
福島正則 しゃあ! 茶を泡立てんぜ、泡立てんぜ!
天より高く泡立ててやっから、愉しみに待ってろ!
…まだまだだな。その竹ぼうきの小さい奴、
俺だったら、その三倍は高速に回せるぜ!
藤堂高虎 手ぬぐいの使い方ひとつで、茶は数段うまくなる。
さあ、味わってみるがいい
茶の作法などに詳しくない下級武士出身の俺でも、
手ぬぐいを持っていたおかげで恥をかかずにすんだな
井伊直虎 はうう…高い茶器に囲まれて、き、緊張します…。
つたない点前ですみませんが、ど、ど、どうぞ!
はうう…に、苦い…
柳生宗矩 ささ、茶でもいかかがなァ。
心を落ち着けて、自分を客観視できるようになるよォ?
おじさん、茶より煙草が吸いたいなァ。
あ、茶の香りが味わえなくなるから、ダメ? そう…
真田信之 こういう苦労の多い日々には茶もよいものです。
ささ、どうぞ
結構なお点前で。
気苦労の多い毎日に、安らぎのひとときを得られた
大谷吉継 ここは、俺が「ささどうぞ」と茶を出し、
お前が飲んで「結構なお点前で」と感涙する流れだ
結構なお点前で…。
お前との茶は余計な気を回さなくてよいからいい
松永久秀 ささ、一服参られよ。
…大丈夫、茶室に世事は持ち込まぬもの、無論、毒もな
何気ないが、二度と帰らぬかけがえのないひとときを、
共有し、大切に思う…。今、この時に感謝しよう
片倉小十郎 ご安心を。礼儀を知らぬ方も恥をかかせずもてなすのが
茶に長けた者の技でございますので。ささ、どうぞ
作法に詳しすぎて細かな粗相が目につくものですが
あなたとの茶は、心を安らげることができます
上杉景勝 …どうぞ …熱
小早川隆景 「木の上、草の下に人がいるもの」をお出ししますね。
私の心づくし、味わってください
この一服のおかげで、一層興味が出てきました。
茶について学べるよい本はありませんでしょうか?
小少将 ささ、お茶をどうぞ。
…大丈夫、髪を茶筅がわりに使ってやしないから
結構なお点前で…。
昔の男に、茶好きがいたの…思い出しちゃった…
島津豊久 え…えと、えと…イップクモテナシタクゾンジマス。
サ…サ…ドーゾー…
けっ、けっ、け…ケッコーウナ、オテマ…エデ…。
こ、これでよかったのかな…
早川殿 お茶を点てたの。
ささ、どうぞ
結構なお点前で。
ちょっと独特だけど、あなたらしいなって
(II)井伊直政 今時、茶席くらいこなせないと将は務まりませんよ。
さ、一服どうぞ
あなたのような忠義者との茶はよいのですが、
裏切り者の卑怯者とは同席するのもごめんです
新武将(男・熱血) 茶は気持ちを入れて点てるのか…。
う~ん! よし入った! ささ、どうぞ!
結構なお点前で。ありがとう。
…いや、嘘っぽいかもだけど、本当にそう思った
新武将(男・冷静) 乱世は緊張の連続だ。
だからこそ、この茶で心を和らげてほしい
戦いの日々に、やすらぎをくれたことを感謝する。
いい点前だった
新武将(男・生意気) 一流のお茶の点て方、見せてあげるよ!
はい、どうぞ
うぐ…苦…い、いや、ま…まあまあいけてるかな。
うん、全然苦くないし!
新武将(男・老練) 茶席も何度か経験すれば堂々と振る舞える。
戦場と同じだ。さ、一服参られよ
まあ、これも一つの経験だな
(E)新武将(男・威厳) ささ、お茶をどうぞ 結構なお点前で。
茶は、よいものじゃな
新武将(女・活発) 思いを込めて、お茶を点てました。
どうか、私の気持ち、召し上がってください!
お茶をどんな気持ちで点ててくれたのか、
とっても、私の心に伝わってきた…
新武将(女・冷静) お茶を、貴君のために点ててみた。
不調法かもしれないが、許してほしい
心が研ぎ澄まされていく。
安らぎのひとときを、ありがとう
新武将(女・生意気) しゃっかしゃっかしゃっかしゃっか~はいできた♪
つたない点前ですが、お茶どうぞ
ごっく、ごっく、ごっく…。
苦い!
新武将(女・妖艶) 今日この日この時を共にできる喜びをこめて…。
ささ、お茶をどうぞ
うふふ…おいし
(E)新武将(女・優美) 一服いかがでしょうか。
ささ、どうぞ
ありがとうございます。
よいお点前でした
汎用武将(熱血) 茶を点ててみたぜ…。
味わってくれ
慣れつけないが、
こういうのもよいものだな
汎用武将(冷静) おお、よい香りがいたす。
ささ、茶をどうぞ
なかなかのお点前。
また結構なもてなし、かたじけなく存ずる
汎用武将(猪突) 茶を点ててござる。
参られよ
うむ。
結構なお点前でござった
汎用武将(若輩) ささ、どうぞ。
粗茶ですが
結構なお点前で。
感じ入ってございます
汎用武将(老練) 湯がりんりんとよい音を立てて湧いておる。
ひとつ茶を点ててしんぜようかな
うむ、よい点前じゃ。
年を重ねると、かようのことが心に染みるわ…
汎用武将(猛将) 茶を参られよ。
…ううむ、こういうことはどうも慣れぬ
うまいわ!
…などと声を荒げてはならんのだったな
汎用武将(知将) わしが点てた茶を飲めるとはお主は幸せ者よ。
ささ、参れ
ふむ、なかなかの点前よ。
以後も精進を怠らぬようにな