将星絵巻 > 四天王結成

武将名 大名 四天王筆頭
真田幸村 あなた方四人のおかげでここまで来られました。
感謝の言葉も…ありません
殿の大義があればこそ、槍を振るえるのです!
これからも我らをお導きください!
前田慶次 あんたらは見事な戦さ人だ。
全部片付いたら死合ってもらいたいねえ
こちとら戦をするしか芸がねえ。
それで役に立ってんなら万々歳さ
織田信長 大儀。
この信長がうぬらに時代の先を見せよう、ぞ
我ら四天王、うぬに永遠の忠を尽くそう、ぞ
明智光秀 私だけでは志を貫けませんでした。
すべてあなた方のおかげです
私たちの志は殿と共にあります。
これからもいっそうの働きを誓いましょう
石川五右衛門 お前らが、あ、俺様のお宝よお~。
へっ、殊勝なこと言っちまったぜ!
そう言われりゃ悪い気はしねえな!
これからも俺様たちを頼りにするといいぜ~!
上杉謙信 汝ら四人の働き、無比無類のものなり。
天も嘉したもう
汝の闘争が我らを導いた。
天よ、照覧あれ
お市 あなた方が支えてくださるから頑張れるのです。
必ず一緒に成し遂げましょう
私たちこそ、いつも励ましてもらって…。
これからもずっとついてまいります
阿国 うちの一座はほんに天下一どす。
これからも末永うよろしゅうに
人乗せのんのがお上手どすなあ。
ほな皆して、これからも気張りましょか
くのいち 忍びは独り、なんて言いますけど…
あなたたちがいれくれて、あたしは嬉しいんです
殿が創られる世界を、あたしたちも見たいんですよ。
…おっと、忍びがガラにもないことを
雑賀孫市 なにげにいい面構えしてんぜ、お前ら!
さすが俺の自慢の家臣どもだ
四天王の中でも筆頭は俺ってことでいいよな?
ま、そこんとこ、よろしく頼むぜ
武田信玄 忘れんでくれ、
おことらこそが当家の礎なのじゃ
我ら家臣団が一丸となって
おことを支えちゃうからね
伊達政宗 竜は雲をつかみ、天に昇る!
貴様らこそ、わしの雲じゃ!
おう、がっちり支えてやるわ!
我らを率い、天まで駆け上ってみせよ!
濃姫 みんな素敵よ。
地獄への道行きも寂しくないわね
あなたとは地獄まで一緒って決めてるの。
まだまだ愉しませてくれるのでしょう?
服部半蔵 お主ら四天王こそ拙者の手足。
いかなる任もこなせよう
我らの使命は殿のために尽くすこと。
どうぞ使い潰されよ
森蘭丸 いつも蘭を支えてくださって感謝いたします。
これからも共に励んでください
お引き立て、感謝の言葉もございません!
このご恩、必ずや働きでお返しいたします!
豊臣秀吉 (みゃあ)さんらの団結がこの家を支えとるんじゃ!
皆、仲ようやってくれよ!
この秀吉が殿の右腕と自惚れとってええんですかな?
なおいっそう励みまするぞ!
今川義元 蹴鞠は皆でやるゆえ愉しいの!
その方らとはずっとずっと一緒じゃの!
我ら殿の導きの下、
一糸乱れぬ鞠回しで乱世の終わりをもぎ取るの!
本多忠勝 忠勝に挑むは不幸者よ。
まずそなたらを相手にせねばならぬ
なんともったいない。
我ら一同、殿の盾となって戦いまする
稲姫 あなた方が稲を支えてくれているのです。
どんな困難が立ちふさがろうと突破できます!
ありがたいお言葉、稲は感動いたしました。
我ら皆、いっそう精進いたします!
徳川家康 お主らこそ当家の柱石。
志への坂道、共に上ってくれ
過分なお言葉でございます。
殿の御為、我ら引き続き力を尽くしまする
石田三成 俺はここに四人の同志を得られた。
ありがとう…これからも俺を支えてくれ
我ら、忠義を曲げることはありません。
殿の四天王の名、必ず轟かせてみせましょう
浅井長政 そなたらこそ、当家の希望だ。
これからも某に力を貸してくれ
我らは信義を尽くしただけ。
以後も己に恥じぬ振る舞いを心掛けましょう
島左近 あんた方がいなくちゃ、
俺の軍略も、画竜点睛を欠くってとこですな
そいつはどうも。
嬉しいですよ、いっそう殿をお支えできるようになって
島津義弘 よき面構えの者どもよ。
次の戦も大いに楽しめそうだな
ふっ、殿が我らに賭けてくださるとは。
さてさて冥加の至りではないか
立花誾千代 貴様たちは誇り高き立花の股肱だ!
決して戦場に後れを取るな
立花をはじめとする我ら四人、
誇りと共に、殿への無限の忠誠を誓おう
直江兼続 愛の下に集いし義士諸君!
乱世をただすべく、これからも共に励むのだ!
なんとありがたきお言葉!
我ら家臣一同、義をもって殿に尽くしまする!
ねね この国のみんなはあたしの子。
四人であたしを助けて、妹や弟の面倒見てね
あたしたちの作る子守歌やお料理や、肩もみ…
そして忠義は、殿のものだよ!
風魔小太郎 可愛い四匹の子犬よ、うぬらは我のお気に入りよ 我ら犬のごとく忠義に、
乱世の申し子たるうぬに仕えよう
宮本武蔵 群れんのは好きじゃねえが…
背中預けられる仲間がいるってのは、いいな!
俺たちが無双の剣となってお前の敵を斬る。
お前は俺たちって剣を活かしてくれ
前田利家 へっ、四天王そろい踏みだな!
お前たちと一緒なら負ける気がしねえ!
よせよ、水くせえ!
俺たちがお前のために命を懸けんのは当然だ!
長宗我部元親 さあ皆、共に奏でるぞ…凄絶なる魂の叫びを! ああ、お前こそ乱世に立ち向かう我ら反骨の旗印だ!
ガラシャ ほむ! 頼もしき者どもがそろうておるのじゃ!
そちたちの力、頼りにしておるぞ!
そちにそう言われると、胸が温かくなるのじゃ。
きっと皆もそう思っていようぞ!
佐々木小次郎 ふふ、斬りがいのある人たちが集まっちゃって…。
僕、どうにかなってしまいそうだよ
我ら、この剣に懸けて、
殿の敵すべてを斬り捨てると誓いましょう
柴田勝家 今、ここに柴田があるも、わぬしらの働きあってこそよ 戦でしかご奉公できぬ我らなれど、
いっそうの忠誠を誓いまする
加藤清正 お前らは国を支える四本の柱だ。
誰一人欠けてもこの家は成り立たない
俺たちはそれぞれ柱となってこの家を支え続けます。
決して壊させやしません
黒田官兵衛 火種を潰すには、卿らの働きが欠かせぬ。
以後も期待している
泰平を成しうるのは殿ただお一人。
我らはその道具に過ぎませぬ
立花宗茂 この四人と共に俺は吹き荒れよう。
戦場の遥か彼方…乱世の終わりまで
どいつもこいつも曲者ぞろいだが、
忠義では誰にも負けぬ者ばかりです
甲斐姫 四人は、文曲(もんごく)廉貞(れんじょう)武曲(むごく)破軍(はぐん)
あたしって天の車を導く四つの星だよ
ありがとうございます…!
あたしたち、殿に忠誠を誓い続けます、ゼッタイ!
北条氏康 子獅子四匹で、乱世を駆けやがれ!
てめえらの帰るとこは親獅子が守る
クセのある面子だな。
だがてめえはそいつを束ねられる器だ
竹中半兵衛 俺ならなんでも一人でこなせるだろうって
思われてるけど、君たちが頼りなんだからね?
我ら四天王、すべての才と、そして命を、
殿への忠誠に捧げます
毛利元就 賢臣に恵まれ、歴史上の英傑みたいだ。
今後も英傑ならぬ私を支えてくれるかな
ありがとう。
三矢の(おしえ)ならぬ四本の矢でまとまって、君を支えるよ
綾御前 愛に満ちた四人もの忠臣に囲まれて
綾はまるで愛の女王のよう
我らの忠誠という愛は殿のもの。
うろたえた敵は足下(あしもと)に滅ぶ定め…
福島正則 っしゃあ! 俺ら戦国愚連隊!
生きるも死ぬも一緒だぜえ!
へっ…俺らの忠義は、ガチっすから!
何があっても、最後までお供します!
藤堂高虎 俺が主君たらざればいつでも見捨てろ。
お前らほどの士が我慢しなくていい
ああ…ここまで引き立ててくださるとは…!
我らの仕えるべき主君は殿のみです!
井伊直虎 井伊家家訓! 当主を支える、王佐の者四人
四天王として、重用すべし!
私たちこそ、これからも頑張ります!
すみません、私が代表みたいに挨拶しちゃって!
柳生宗矩 もう剣は抜かずに済む。
お宅らが拙者の四本の剣になってくれるからねェ
かかる晴れがましき立場を与えられようとは…。
我ら、永遠の忠誠を捧げる所存
真田信之 お前たちこそ、当家の幹になる者たちだ。
これからもよろしく頼む
殿のお志が我らをまとめ、導いておられるのです。
これからもついて参ります
大谷吉継 お前たちが俺の下に集ってくれた。
これほどよい流れはないな
すべては殿が引き寄せた流れの結果…。
その果てを我らも見たいと願っております
松永久秀 さしずめ悪の四天王といったところか?
連帯無用、ただ己が運命に従え!
四天王? むっふふう~。
なんだか悪の組織っぽくなってきたな~
片倉小十郎 ご無礼ながら、あなた方の獅子奮迅の活躍、
いつも感嘆いたしております
ご無礼ながら、ここで気を抜かれませぬよう。
我らもいっそうの覚悟でお仕えいたします
上杉景勝 …お前たちこそ、この家の尚武の魂、そのものだ …む。我ら四人の忠節、揺るぐことなし
小早川隆景 あなた方は私のお気に入り。
小早川隆景の四書とでも言うべき存在です
我ら四人、殿に永遠の忠誠を誓い、
殿の四天王たる名、決して辱めません
小少将 あなたたちは、あたしの可愛い四天王。
うふふ、これからもあたしのために尽くしてね
四人のうちの一人なんて嫌よ。
あたしを一番に考えてくれなきゃ♡
島津豊久 お前らとなら誰にも負けない!
一緒に捨てかまりして、しとめよう…乱世を!
四天王! なんかすげーかっこいい!
俺たち、ますます忠に励みます!
早川殿 みんなの熱い気持ちが伝わってくる…。
これからも家族を守るため、頑張りましょう
あなたにはもらってばかりな気がする。
私たちにも少しは返させてね
(II)井伊直政 いいか。一本ではただの「一」の字だが、
四本合わされば「井」の字になる
言われずとも、四天王の名に恥じぬ働きはしてみせます。
俺以下、同文です
新武将(男・熱血) お前らが俺を支えてくれている!
ならば、俺の志が折れることは決してない!
なんてありがたいことをおっしゃってくださるんだ…!
このご恩は我らの武で必ず!
新武将(男・冷静) 当家の隆盛も、お前たちの力があってこそだ。
以後も愉しみにしているぞ
私たちは主君に恵まれた。
家臣には家臣の誇りがあると知ってくれている
新武将(男・生意気) 君たちを家臣団から特に選抜して四天王に任じてやるよ。
自慢していいから
僕ら最強の四天王、その中でも最強の僕が
君を支えることを誓うよ
新武将(男・老練) 自分の経験、お主らの手腕…
これを束ねれば恐れるものなどあるまい
なんとありがたきお言葉。
肝脳を地に塗れさせるとも悔いはありませぬ
(E)新武将(男・威厳) お主らが、拙者の忠勇・四天王じゃ!
これからも拙者を支えてくれ
ありがたき仰せ。
我ら一丸となりてこれからも殿についていきまする
新武将(女・活発) ここまで来られたのは、あなたたちのおかげ。
ありがとう…一緒に高みを目指そう!
私たちの頑張りを認めていただけたんですね!
これからもいっそう尽くします!
新武将(女・冷静) 貴君らの忠節が当家を支えている。
その誇りを胸に乱世を破ろう
過分なご沙汰、恐縮です。
我ら一同、以後も殿を支えます
新武将(女・生意気) じゃじゃーん! キミたちが、栄えある
ボクの親衛隊です! へへ、嬉しいでしょ?
ありがとう! とっても嬉しいよ!
ボクたちがずっとキミを支えてあげるからね!
新武将(女・妖艶) あなたたちはよく働いているわ。
ご褒美に、あたしの手足として使ってあげる
いただけるものはありがたく。
でも、愉しいのはまだまだこれからよね?
(E)新武将(女・優美) この四人なくば今の私はありません。
…今後も頼みますね
ありがたき御仰せ。
我らは、ただ殿の威光に服すのみにございます
汎用武将(熱血) 俺についてこられるのはお前たちだけだ!
戦場でガンガン暴れ回ってやろうぜ!
なんの我らは殿に賭けたのです。
すべての障害を取り除いてみせます!
汎用武将(冷静) お主らの目覚ましい活躍…
我が側近たる四天王にふさわしいわ
人を動かす術をご存じでおられる。
皆、いっそうの忠誠を誓いましょう
汎用武将(猪突) お主らは実によくやってくれておる。
四天王という地位、似合っておるぞ!
家臣として当然のことをしてきたまで!
これからもそれは変わりませんぞ!
汎用武将(若輩) 私の大望は、まだ道半ばですが
きっとかないます…あなたたちがいれば
我らは殿のお導きに従ったまで。
これからも懸命にお仕えいたします
汎用武将(老練) そなたらの働きに支えられてきた。
今しばし夢を見続けさせてくれい
なかなかに頼もしき面々がそろうたものよ。
我らが忠、殿のために!
汎用武将(猛将) お主らの武勇、限りなし!
我が四天王として、わしについて参れ!
何があろうと殿に従うのみ。
その誓いを今、新たにしましたぞ
汎用武将(知将) お主らのような忠勇なる家臣を得られようとは。
これぞわしに天命のある証じゃ!
…さすが、殿は見る目がおありです。
我らいっそうの忠誠を誓いまするぞ
  • 綾御前の台詞ルビは原文ママ(音声は「そっか」)。