将星絵巻 > 忠臣

武将名 大名 忠臣
真田幸村 あなたの忠節、感じ入りました。
私も忠臣にふさわしい主であるよう励まねば
過分なお言葉、恐縮です!
この槍にかけて、いっそうの忠勤を誓います!
前田慶次 戦場で見事に筋を通したねえ!
見せてもらったぜ、あんたの忠義
持ち上げてくれるねえ。
ま、今後の戦、愉しみにしててもらおうかあ!
織田信長 ただ信長に従う者など無用…。
うぬはわかっておる
恐懼(きょうく)の極み…。
うぬの望み、かなえよう
明智光秀 あなたが忠節を尽くしてくださる限り
私の志が折れることはないでしょう
なんともったいない…!
この光秀、いっそう粉骨砕身いたします!
石川五右衛門 俺様に尽くすたあ、あ、可愛い奴だ~。
これからも頼むからな!
わかってんじゃねえか!
俺様にどどんと任せておきやがれ
上杉謙信 汝の闘争、汝の忠節、実に見事。
武士(もののふ)とはかくあるべし
賞賛は無用。
謙信はただ闘争を続けるのみ
お市 あなたには助けてもらってばかりですね。
その忠節、本当に心強いです
そう言っていただけると嬉しいです。
これからも一所懸命尽くします
阿国 うちのためにいつもおおきに。
ほん頼りになるお人やこと
嬉しいこと言わはって。
これからもあんじょう尽くしますえ
くのいち あたしなんかにそこまでしてもらって…。
できたお人ですねえ、ほんとに
やめてください、これが仕事ですから。
…おかげで、気合は十分入りましたけど
雑賀孫市 戦場でのお前、輝いてた…。
そこまで俺に尽くしてくれるなんて、泣けるぜ
こんなんで満足してもらっちゃ困るぜ。
俺ができるってとこ、あんたにはもっと感じてもらう
武田信玄 おことの支えがあってこその当家。
これからも頼りにさせてもらっちゃうよ
嬉しいことを言ってくれるね。
わしも石垣に徹しようかね
伊達政宗 貴様の忠節、実に見事じゃ!
これからも竜が天に昇る手助けをせよ
わしの器量にようやく気付いたか!
これからも見事わしを使いこなしてみせよ!
濃姫 あなたはよくやっているわ。
もう少しハラハラさせてほしいぐらいね
このぐらい、どうってことないわ。
もっと刺激をちょうだい
服部半蔵 お主の忠節、見事…。
引き続き、己が務めを全うせよ
忠、誓って違えること…なし
森蘭丸 蘭のためにこれほど尽くしてくださるなんて…。
あなたの忠、嬉しい限りです
そのようなお言葉を賜ろうとは…!
このご恩、必ずや働きでお返しいたします!
豊臣秀吉 お前さんはまっこと忠義者じゃ!
こんな忠臣持ってわしも鼻が高いで!
いやいや、何をおっしゃいます!
この秀吉、もっともっと働いてみせまするで!
今川義元 そちがおれば当家も安泰じゃの!
まろも安心して蹴鞠に専念できるの!
褒めてくれるのかの?
ならば君臣仲よう蹴鞠がしたいの!
本多忠勝 そなたこそ武士(もののふ)の鑑。
その忠節、他の者どもへの範となろう
武士(もののふ)なれば当然の務め。
以後も忠勝を存分にお使いあれ
稲姫 忠義をまっすぐに貫くその生き方…見事です。
稲は家臣に恵まれました
稲はただまっすぐにお仕えすることしかできません。
これからもずっと…!
徳川家康 今日は改めて礼を言わせてほしい。
お主の忠節、真にありがたい
何を仰せでござる。
わしの働きも、殿あってこそ
石田三成 お前なら俺の志を理解してくれる。
これからも俺のため働いてくれ
仕えるべき主君に相応の忠誠を示してまで。
当然のことです
浅井長政 そなたの立ち居振る舞いは実に清々しい。
揺るがぬ忠誠を持っているからだろうな
某の働きを認めてもらえるとは。
忠義を貫いたかいがあったな
島左近 軍略も実行できなきゃ絵に描いた餅だ。
その点、あんたが実によくやってくれてる
どうも。
この礼は、戦場で軍略として披露しますよ
島津義弘 でかしおったわ…。
お主は、わしの忠臣よ
将の心を知る御仁よ。
応えずばなるまいて
立花誾千代 貴様が忠節を尽くす姿勢、立花に近い。
その生き方を忘れるな。よいな
立花として行動したに過ぎぬ。
…だが…その…礼は言う
直江兼続 義を貫き、愛を忘れぬその姿…
お前のような家臣を得て、私は果報者だ!
ささやかな功も見逃さぬその義、その愛…!
お仕えできて幸せです!
ねね うんうん! いつもガンバってくれて嬉しいよ!
ほんと頼りになるんだから!
うんうん、嬉しいよ!
今後もねね忍法で尽くしちゃうからね!
風魔小太郎 忠義な犬だ…。
よーく可愛がってやろう
我は混沌…。
うぬはただ我を利用すればよい
宮本武蔵 …ああっ! うまく言えねえけど…
認めてるんだよ! お前の忠義!
俺のほうこそ、おかげで、
剣が少しわかった気がするぜ! ありがとな!
前田利家 お前みたいなのを一徹者っていうんだろうな。
ほんと、頼りにしてるぜ
俺の働きはこんなモンじゃないぜ!
まだまだ期待してくれよ!
長宗我部元親 お前の忠節の魂に反骨の波動を感じた!
上等!
お前の魂の叫びに応えたまで。
さあ、もっと聞かせてくれ!
ガラシャ いつもありがとうなのじゃ。
そちの忠節には真に助けられておるのじゃ!
褒められたのじゃ!
そちが喜ぶなら、わらわはもっともっと頑張ろうぞ!
佐々木小次郎 ありがと。
君の忠節、とっても嬉しかったよ
忠を尽くす…ね。
斬る以外に人と関わる方法があったんだ
柴田勝家 わぬしこそ…自慢の家臣よ…。
何度も言わせるな!
主がため働くは当然のこと。
褒められるようなことではござらぬ
加藤清正 ひたすら忠節に励む…。
そんなお前の生き方、俺は、好きだ
忠節もそれに足る主君がいればこそ。
こちらこそ、よろしくお願いいたします
黒田官兵衛 卿の働き、実に殊勝だ。
今後もいっそう努めよ
私への(ねぎら)いなどご無用。
泰平に近づけばそれでよい
立花宗茂 俺は風来坊だからな。
お前という重しがいてくれて助かっている
己を知る者がいるというのはありがたい。
これからも尽くしましょう、俺なりに
甲斐姫 あんたみたいな人がいて、あたし、
ほんっと家臣には恵まれてる。…家臣にはね
この家って、本当の家族みたいなもんなんです!
だから、もっと頑張る!
北条氏康 まったく期待以上の働きだな。
国の民に代わって、その忠節に感謝する
そうかい。ま、忠誠ってのは、
家臣をうまく使えてるかってのの鏡なんだがよ
竹中半兵衛 天才君主の躍進の陰には、忠勇の家臣がいた!
うんうん、美しいよね~
そんなに褒められちゃ、まだまだ
昼寝暮らしは遠そうですね~。ま、やってみますか
毛利元就 この国は君でもっていると言っても過言じゃないね。
柱石たる忠臣これにあり、だね
過分なお言葉恐縮です。
次の仕事が歴史書の編纂だと嬉しいんだけどな
綾御前 あなたの忠節、比類ありません。
それも愛があるからでしょう
綾は幸せです。
あなたの深い愛を感じます
福島正則 お前ってほんっといい奴だよな!
ガチで俺のために…く~、泣けてきた!
よっしゃあああ! 勲功第一!
…あれ、そこまで言ってません?
藤堂高虎 お前が忠誠を捧げるべき主が俺だった。
それが何より誇らしい
仕えるべき主に巡り会えた…。
それだけで俺は十分報われています
井伊直虎 あなたみたいな忠臣がいてくれて嬉しくて…。
すみません、いつも本当にありがとうございます!
こんな私を忠臣と認めてくださるなんて…!
すみませんすみません、ありがとうございます!
柳生宗矩 お宅、ほんと頑張ってくれてるねェ。
拙者、感じ入っちゃうよォ
殿のご期待に沿えたのならば、それが拙者の喜び。
以後も忠節に励みまする
真田信之 お前の忠節、感じ入るばかりだ。
この家を守っていくのに、お前は不可欠だ
お褒めにあずかり恐縮です。
どうかこのお家を私に守らせてください
大谷吉継 お前はよい流れを作ってくれる。
これからも頼みとさせてもらおう
流れを引き寄せられたのは殿ご自身。
俺はその流れに乗っただけです
松永久秀 お主は実に我輩に尽くしてくれる。
共に咲かせよう、悪の華を!
我輩なんかを忠臣って認めていいの?
ただの天下一悪いオッサンだよ?
片倉小十郎 ご無礼ながら、評定させていただきますれば
あなたのその忠節、申し分ございません
お褒めにあずかり恐縮です。
ご期待を上回る活躍をご覧に入れましょう
上杉景勝 …む。
…忠節、大儀
…む、これからも忠義に励みまする
小早川隆景 あなたは本当によくやってくれています。
どんな言葉で、この感謝の意を表せばよいか
あなたのご期待に応えられたでしょうか?
でしたら、私も嬉しいです
小少将 あんなに尽くされると意地悪したくなっちゃう。
…う・そ♡ いつもありがとね
当然よ、汗臭い思いまでして頑張ったんだもの。
ご褒美に可愛がってちょうだいね♡
島津豊久 俺が諦めずにいられるのは、
お前が支えてくれるからだ! ありがとな!
やった! 嬉しくて吠えたい気分だ!
俺の活躍、期待してください!
早川殿 いつも大事にしてくれて、ありがとう。
私もあなたを大事に思っているわ
私の覚悟、伝わっていたのね。
とっても嬉しい
(II)井伊直政 お前が戦場で尽くしてくれた
最善、忠節、しかと見届けたぞ
忠義で人後に落ちることはありません。
これまでも、無論、これからも
新武将(男・熱血) お前の忠節、確かに受け取った!
これからもお家を盛り立てていってくれ!
あ…ありがとうございます!
もっともっと、ご期待に応えてみせます!
新武将(男・冷静) お前のような家臣がいてこそ、私の知謀も活きる。
これからもよろしく頼む
尽くし申し上げたかいがありました。
以後もいっそう励みます
新武将(男・生意気) 君みたいな家臣に忠節を尽くされるなんて…
これが僕の英雄の器かな!
やっぱり僕がいなきゃダメだよね!
これからも任せちゃってよ!
新武将(男・老練) お主の忠節、実にありがたい。
自分の期待によく応えてくれた
恐悦至極に存じまする。
以後も粉骨砕身いたします
(E)新武将(男・威厳) なんとあっぱれなる働き!
お主の忠節に、拙者は感じ入ったぞ
ははーっ!
今後もただ忠義の二字に尽くしまする!
新武将(女・活発) あなたの働き、とっても嬉しかった。
それが私への忠節なんだって伝わってきて
認められた…嬉しい!
…あ、ごめんなさい! これからも頑張ります!
新武将(女・冷静) よく私の期待に応えてくれた。
貴君は忠義者だ。私は家臣に恵まれて幸せだ
そのお言葉を励みに、刻苦勉励いたします。
ご期待ください
新武将(女・生意気) わかった! キミ、ボクが大好きなんでしょ!
いっぱいいいことしてくれて嬉しい!
嬉しい…嬉しい…。
これからも、忠、尽くすからね!
新武将(女・妖艶) あなた、あたしの期待以上よ…。
その忠義、悪い気はしないわね
お褒めの言葉だけ?
態度でも示していただきたいわ…
(E)新武将(女・優美) あなたの忠義、いつもありがたく思っています。
以後も頼みますよ
恥ずかしい。
ただ忠を尽くすことより知らぬだけでございます
汎用武将(熱血) お前の忠節には助けられてばっかりだな。
改めて礼を言っとくぜ!
かさねがさねありがたきお言葉…!
このご恩には、死ぬ気でお仕えします!
汎用武将(冷静) お主の働きでこの家も発展しておる。
その忠節、ありがたく思う
そのお言葉にて、忠義の二字、
我が心に深く刻まれましたぞ
汎用武将(猪突) お主の忠勤、実にありがたく思っておる。
この家になくてはならぬ将だ
士は己を知る者のために死す。
殿のため、この命を捧げましょう
汎用武将(若輩) あなたの忠節には感じ入るばかりです。
これからもどうぞ私を支えてください
お認めいただけようとは…!
もはやいつ果てようとも悔いはありません!
汎用武将(老練) そなたのごとき忠臣がおれば、
我が事、成ったも同然よ
うむ…。
なんとよいご主君にお仕えできたことか…
汎用武将(猛将) 見事な働きぞ!
期待どおり、いや期待以上の忠節じゃ
き…恐悦至極ゥッ!
身を粉にして働きまするゥッ!
汎用武将(知将) あっぱれ! お主のような家臣が我が下におれば
天下は目前じゃな
認めてくださると信じておりました!
やはりわしが仕えるべき名君はこの方よ!