将星絵巻 > 師弟

武将名 師匠 弟子
真田幸村 先の戦場での活躍、見事でした。
これよりは、師弟の契りを結びましょう
これよりは弟子としてあなたにお仕えし、
その技を必ず、学び取ってみせます
前田慶次 やれやれ、あんたにゃ根負けしたぜ。
よっし、これから俺たちゃ、弟子と師匠だ。よろしくな
ついに押し勝った弟子の地位! ありがたいねえ!
これからいろいろ学ばせてもらうぜ、お師匠様!
織田信長 うぬは信長の弟子たりうることを証明した。
よいぞ…これよりはうぬの師となろう
うぬはこれより信長の師よ。
励め
明智光秀 あそこまでの覚悟を見せつけられては断れません。
どうか、私の弟子になってください
ははっ! 弟子にしていただきありがたき幸せ。
これよりは誠心誠意お仕えする所存です
石川五右衛門 やるじゃねえか!
それでこそ五右衛門様の弟子にふさわしいってモンよ!
認めてくれたのかよ! この俺様を…!
これからもよろしく頼んます、お師匠様!
上杉謙信 見事なり。
謙信への入門を許す
汝として師として尊敬できること
謙信が冥加
お市 あなたの覚悟のほど、よくわかりました。
こちらからお願いします、師弟の契りを結んでください
ありがとうございます!
誠心誠意お仕えし、あなたから多くを学びます
阿国 はあ、なんちゅうご覚悟…うち、魅せられました。
よろしおす。うちでよかったら、お師匠さん努めましょ
はあ、なんちゅう素敵なお師匠さんどすやろ…。
うち、根の国までご一緒して連れて往にたなりました
くのいち そこまでして、しがない忍びのあたしの弟子に…!
感激です! お師匠様、務めさせてもらいます!
うう…ついに認められた…! 嬉しい…!
しがない忍びではござんすが、誠心誠意お仕えします!
雑賀孫市 やれやれ、お師匠様なんてガラじゃねえのに。
あそこまで見せつけられちゃ、仕方ねえな
なにげに嬉しいね。
いや、これはあなたに認められたからだな、お師匠様
武田信玄 先には影武者などと嘘をつき、まことにすまぬ。
おことの覚悟の前で恥ずかしいよ。喜んで師となろう!
弟子入り作戦、大成功!
おことの技、学んで学んで学びまくっちゃうよ!
伊達政宗 待っておったわ。貴様が竜の弟子にふさわしいと
証明するのを…。今日より我らは師弟じゃ!
やっとわしを弟子と認めおったか、馬鹿め!
十年遅かったとこれからお仕えして思い知らせてやるわ
濃姫 物好きね、あそこまでして弟子になりたかったの?
嘘よ、本気を見せてくれて嬉しかった…。師になるわ
じゃあ、これからは弟子として厳しく導いてね。
中途半端は嫌いなの。やるなら徹底的にお願い
服部半蔵 …覚悟は見せてもらった…我が愛弟子よ …弟子入り成功
森蘭丸 これほどの覚悟を見せていただいてお断りしては、
蘭は卑怯者ですね…喜んであなたの師となりましょう
尊敬してやまないあなたを師と仰げて、蘭は幸せです。
これより誠心誠意お仕えいたします
豊臣秀吉 いかんわ~! お前みたいなええ弟子ができてまっては
どうしてもそっちに時間割くで、女子(おなご)と遊べんじゃろが
嬉しいのう! ついに認めてもろうたで!
これからは弟子として、お仕えしますで、お師匠様!
今川義元 まろはそちのような弟子が現れるのを待っておったの!
ではさっそく、これより鞠千本の特訓じゃの!
おお、大度なるその振る舞い、まさしく我が師!
認めてもろうて、まろは嬉しいの!
本多忠勝 その覚悟や、申し分なし!
これよりは本多平八の愛弟子として、我に挑めい!
御身こそ我が師!
本多平八、弟子として、誠心誠意お仕えもうそう!
稲姫 まっすぐなその覚悟、稲は受け止めようと思います!
あなたは稲の弟子です! 厳しく大事に育てますね!
まっすぐに突き進んで、お心に刺されたのですね!
稲はこれからもお師匠様に猪突してまいります!
徳川家康 うむ、見事な覚悟の示しよう。
弟子と認めさせてもらおう、以後、頼むぞ
はっ、弟子入りのお許し、真にありがたく!
これよりはこの家康を厳しくご鞭撻くだされ!
石田三成 強引に俺に認めさせたか、困った愛弟子だ…。
…なんだか、口にすると恥ずかしいものだな
自分より優れた者に認められるというのは
気持ちのよいものです。これからもお願いいたします
浅井長政 そなたの覚悟、見せてもらった!
喜んで、師弟の契りを交わそう!
おお、そなたの教えを得られるとは某は幸せものだ!
これから、師として厳しく教え導いてほしい
島左近 やれやれ、強引な方だ。でも嫌いじゃありません。
これから、弟子と師匠でやっていきましょう
あんたに教えを請えるとは嬉しい限りですな。
お師匠様と呼ばせていただきましょう
島津義弘 ほほう、やるではないか。
これはお主を弟子と認めずばなるまいて
それでは、これから鬼を厳しく仕込んでくれ。
鬼の教官…鬼教官殿
立花誾千代 その覚悟の示し方、立花の高みに立ったと認めよう。
嬉しいぞ、貴様という弟子を得られて
立花はいつもの通り、道を切り開いただけだ。
これからは立花としてよろしく鞭撻してもらおう
直江兼続 よくぞ試練を乗り越え、愛と義を示したな、義士よ!
いやさ! 我が愛弟子よ!
ああ、ついに私の思いが死に伝わったか!
いざいざ、この不肖兼続に愛と義の薫陶をお授けを!
ねね そんなガンバってる姿見せられたらキュンとしちゃう!
あたしって至らない師匠だけど、これからよろしくね!
お師匠様…ってあなたを呼べるなんて、嬉しいよ!
独学と違って、人から学べるって愉しいね!
風魔小太郎 …面白い奴よ。
混沌の弟子にふさわしい
うぬが師匠で我が弟子。
…これで世の混沌は加速しよう
宮本武蔵 弟子になりたい覚悟のほど、よく伝わったぜ!
今度は俺が師匠になるって覚悟、見せる番だよな
あんたって導きの手を得られて、
俺の剣の修行もはかどりそうだ! ありがとよ!
前田利家 お前の覚悟見てわかった。すまねえ、俺が弱気だった。
お前の師匠にふさわしい男になんぜ! だから、頼むな
あんたに舎弟として認められて男も上がるってもんだ!
師匠、その背中、追いかけさせてもらうぜ!
長宗我部元親 先の戦で届いた、お前の覚悟が、俺の魂に!
そしてこれから響き合うだろう、師弟の和音となって!
ついに師の魂を震わせたか…!
俺は影となり、お前の弟子としてつき従おう! 熱く!
ガラシャ ほむ! そちの覚悟は今や明らかなのじゃ!
結ぼうぞ、そちと、師弟の契りを!
はぁ! そちに認められたことが嬉しいのじゃ!
師たるそちに、わらわは惜しみなく尊敬を捧げようぞ!
佐々木小次郎 君は斬ってあげなきゃいけあい弱者じゃないと示した。
僕と立派に斬り合える、僕の愛弟子だよ
弟子として認められた…ってことは…
君を隙あらば斬っていいってことだよね。嬉しいよ!
柴田勝家 やるわ…わしの弟子となれ。
…何度も言わせるな!
…弟子と認められて嬉しいわ。
何度も言わせるな!
加藤清正 お前を弟子とすることで俺も学べることがありそうだ。
至らぬ師匠だが、よろしく頼むぜ、愛弟子さんよ
ありがとうございます!
尊敬するあなたから教えを受けられるなんて…嬉しいな
黒田官兵衛 卿の覚悟のほどは了解した。
私が卿の幻想に負けぬ師匠を務めればよいのだな?
やっと納得したか…。
手間のかかるお師匠様だ
立花宗茂 お前が戦場で魅せた覚悟が風向きを変えた。
今日、俺の心は言っている、お前は俺の最高の弟子だと
お前も俺に興味を持ってくれたか。
これで我ら師弟は相思相愛だな、お師匠様
甲斐姫 決めたわ、あたし、あんたと師弟の契りを結ぶ!
だって、あんな熱い戦見せられちゃ、黙ってらんないわ
あ、ありがとうございます、お師匠様あ!
さっそく肩をお揉みしますね! なんで逃げるんですか
北条氏康 ド阿呆が! 何が戦場で覚悟を見せるだ…。
弟子になるのはいいが、こんな不良親父になるなよ
ま、出来は悪りいし、ひねくれた弟子だがよ、
師匠を思う気持ちじゃ負けてねえと思うんで、頼むぜ
竹中半兵衛 時間切れが嫌だから、誰かの面倒見るとか嫌なのに…
でも、君の師匠は、精一杯務めさせてもらうよ
好きな相手に認められるって、やっぱいいな…。
あ、時間がもったいない、いろいろ教えてね、お師匠様
毛利元就 覚悟のほどは見せてもらった。君の師匠になるよ。
できれは、君には私の汚れた影以外を学んでほしいな
君ほどの傑物に弟子として認められるなんて嬉しいよ。
そうだ! 君の教えを私が筆記して著作にしないかい?
綾御前 覚悟は見せてもらいました。警告はしましたよ…。
それでも綾の薫陶が受けたいなら、喜んで弟子とします
やはり綾らしいやり方のほうが好みですか。お師匠様。
以後、アメと鞭ならぬ鞭と鞭でお仕えしましょうね
福島正則 震えたぜ! お前の戦場での言葉じゃない言葉!
合格! 男福島、お前を弟子にします!
しゃあ! 認められたぜ、嬉しい~!
あんたの弟子として、ついてきますんで、よろしく!
藤堂高虎 物好きな奴だ。そんなに弟子になりたいなら
止める理由もない。お前は俺の愛弟子だ
ようやく、俺は思う師匠に仕えることができたのか…。
師匠、これよりは忠を尽くします!
井伊直虎 はうう…こんな強引に師弟関係認めさせちゃうなんて。
でも、この強引さ、嫌いじゃないですよ、弟子さん
はうう…これで厳しく指導していただけるんですね…。
お師匠様…!
柳生宗矩 お宅なら、拙者の心配はきっと空振りだねェ。
それだけの覚悟は見せてもらった。弟子にさせてもらう
ではお師匠様、これよりはよろしくお願いもうす。
拙者、誠心誠意、お仕えいたす所存にて
真田信之 見事な覚悟だった。
喜んで弟子にさせてもらうよ
感謝する。これよりは弟子としてお仕えしよう。
これで家を守る手段をひとつ得られるな
大谷吉継 こんな形で覚悟を見せるとは仕方のない奴だ。
いいとも、お前は俺の弟子になる流れだ
認められて嬉しく思う…あまり嬉しくなさそうか?
仕方ないな…。嬉しい!…こういう気持ちだがどうか
松永久秀 いや、こんなおっさんの弟子にそこまでなりたいとか
物好き過ぎ! そんなとこが我輩の弟子にふさわしい!
見たか、我輩のしつこさ、執念を…!
これからも執念深くお仕えいたしますぞ~、お師匠様~
片倉小十郎 見事なご覚悟、そして私の毒舌にも耐性があるご様子、
私が待ち望んでいた、私の弟子となれる逸材ですね
あなたを師と仰げようとは、光栄の至りでございます。
この小十郎、眼鏡の次にあなた様を尊びましょう
上杉景勝 …覚悟は見た。すまぬ、人違いなどと言って。
喜んで、弟子に取ろう
…ありがたい
小早川隆景 あなたみたいに私にない勇気のある方は好きですよ。
喜んで、あなたの師匠にならせてもらいますね
本に閉じこもってしまわなくてよかった…。
どうか私の師匠として、臆病な私を導いてください
小少将 あたしは相変わらず弟子は取らない主義よ。
でも愛弟子は取ることにしたわ。戦場で素敵だったし♡
はい、あたしの手のひらの上に落ちた…♡
これからいろいろ導いてね、あたしのお師匠さ・ま?
島津豊久 こんなすっごい人が俺の弟子にどうしてもなりたいって
…素直に嬉しい! 俺、師匠、頑張るよ!
あ…あ…! 嬉しい! 大好きなあんたに認められて!
お師匠様! ああ、あんた、俺のお師匠様だ! ああ!
早川殿 うーん、やっぱり恥ずかしいけど…師匠やるね。
だって私のために戦場であんなに頑張ってくれたもの
認めてもらえたのね…嬉しい!
これからよろしくお願いします、お師匠様!
(II)井伊直政 なんですか、さっきの戦場。頑張ればそれが最善だと?
俺が師匠としてついてあげないとダメみたいですね
いつか、天下に誉れを残すよう…
これからもたゆまず努力しますから、お師匠様
新武将(男・熱血) お前が戦場で魅せてくれた覚悟に接して、
俺、後ろ向きだったって気づいた。師匠…やらせてくれ
ずっと、ずっと尊敬してたお前に認められるなんて!
これからもよろしくお願いします。お師匠様!
新武将(男・冷静) 冷静に考えろ。お前の戦場の活躍を見て、この私が
考えを変えると思うか。ああそうだ。師匠になろう
なるほど、もう、ひとつ教えていただいていたのか、
情熱が事を動かすこともあると。さすが、我が師匠だ
新武将(男・生意気) 君の戦場での覚悟、見たよ。ぎり合格かな?
…こないだは笑ってゴメン。君を弟子と認めるよ
やれやれ、やっと僕の師匠になる気になったってわけ?
いいよ、僕は寛大だから認めてあげても
新武将(男・老練) 自分の経験上、あそこまでやると思っていなかった。
師匠としての経験は浅いが、よろしく頼む
認めてもらえたか…ありがたい限りだ。
自分がこれから得られる学びという経験に期待だな
(E)新武将(男・威厳) 戦場での活躍、しかと見せてもらった。
教わる下地はあるな。弟子としようぞ
かたじけない。
これからは師として尊ばせていただきまするぞ
新武将(女・活発) あなたの思い、伝わった。だからその思いに応えたい。
私、不束者だけど、あなたの師匠になるね
あなたを尊敬する私の思い、伝わったんだ…!
嬉しい…これからあなたを師と仰ぎます、師匠!
新武将(女・冷静) 貴君が私の弟子にふさわしいと示してくれた。
であれば問題ない。師弟の契りを結ぼう
ふむ、認めていただけたか、嬉しいものだな。
今後、弟子として貴君にお仕えできるのも嬉しい
新武将(女・生意気) さっきの戦場でのキミの活躍して、ボク、感動した!
わかった、師匠になって、キミを引っ張ってあげる!
弟子に認めてもらえて、ボク、とっても嬉しいよ!
キミを見習って、立派な大人の淑女になるからね!
新武将(女・妖艶) もう、無茶ばっかりして…。心配したのよ?
いいわ、弟子に取ってあ・げ・る。よろしくね?
感動で照れちゃって…いつもの調子でごまかさせてよ。
弟子にしてくださって、あ・り・が・と
(E)新武将(女・優美) 戦場ではらはらしながら見ていたのですよ。
合格です。私でよければ師となりましょう
ああ、ありがとうございます。
弟子として誠心誠意、お仕えさせていただきます
汎用武将(熱血) お前も戦場で無理を通した。
俺も、無茶をしてもお前の師匠を務めさせてもらう!
認めてくれたか!
嬉しいぜ、お師匠様!
汎用武将(冷静) 実力のほど、しかと拝見いたした。
よかろう。弟子として、お教えいたそう
ありがたき幸せ。
これよりは弟子としてお仕えいたす
汎用武将(猪突) 戦場の頑張りに触発されました。
お主の師匠を務めてみようと思う
弟子として認めていただき恐悦。
以後、師匠と頼みまする
汎用武将(若輩) 見事な覚悟でした。
不肖の身ですが、師となりあなたにお教えしましょう
これよりは弟子としてお仕えします。
よろしくご指導ください
汎用武将(老練) うむ、見事であった。
教えられることがあれば、何なりと教えようぞ
わしの弟子入りを許してくれるか。
ありがたきことよ…
汎用武将(猛将) 生ぬるい覚悟ではなかったのだな。わびておこう。
喜んで、弟子に取ろうぞ
では弟子入りさせてもらうぞ。
以後、励もう
汎用武将(知将) 十年早いといったら、その十年を戦場で縮めおったか!
あっぱれじゃ! わしの弟子にしてやるぞ!
おお、やっとわしを認めたか!
これから頼んだぞよ、我が師匠よ!
  • 毛利元就の台詞は原文ママ。