将星絵巻 > 憧れの存在

武将名 弟子の志願 師匠の拒絶 弟子の決意
真田幸村 かねてより、あなたのことを尊敬しておりました。
どうか、弟子として、あなたの技を学ばせてください
幸村愚鈍なれば、師などとおこがましい限りです。
どうか他の方を当たられますよう
なんと言われようと、思いは変わりません。
次、共に戦う時、我が闘志をご覧ください!
前田慶次 ずっと思ってたんだが、あんた、粋だねえ!
よかったら、俺のお師匠様になってもらえねえかい?
師匠なんざ肩がこる。まっぴら願い下げだ。
俺は気ままに暴れまわりたいんでねえ
つれないねえ。
一緒に戦う時にでも、あんたに認めさせてやるぜ
織田信長 うぬの技は尊敬に値しよう。
信長の師となりて、その技を伝えよ
果たしてうぬごときが、信長の弟子たりうるか…?
無明よ…
よかろう。
次戦、うぬの前で思いを示そう
明智光秀 かねがねあなたには尊敬の念を抱いておりました。
どうか、師事してお仕えすることをお許しいただきたい
私などには過ぎたお言葉ですね…。
申し訳ございませんが、師など私の分ではございません
わかりました。ですが弟子に取らないとのご判断は、
共に戦に出た時の私の働きを見てからにしてください
石川五右衛門 てめえ、やるよなーって思ってたのよ、ずっと。
どうだ、俺様を弟子にしてくれねえか?
ああん? なに言ってやがんだ、てめえ?
俺様は忙しいんだ。さあ、帰った、帰った~!
んな言葉で納得するほど、諦めはよくねえんだ!
次の戦で、俺様の活躍見てから、返事しやが~れ~!
上杉謙信 汝を尊敬するや久し。
請う、謙信を弟子とせよ
謙信はその器にあらず。
引き取り願う
ならば、戦場にて謙信の思いを照覧あれ。
次に共にする戦に刮目されたし
お市 本当にすごい方ですね。
市もあなたに学ぶことができれば、嬉しいのですが…
私など、まだまだ、師の器ではありません。
申し訳ございませんが、どうかお引き取りください
そんな…でも、諦めたくありません!
今後の戦場で市の思いを見せて、お心を変えてみせます
阿国 うち、あんたはんのこと尊敬してたんどす~。
どうぞうちのお師匠さんになっとくれやす~
やあん、てんご言わはって。かなんわ~。
うちとかなんのお役に立てますかいな。ごめんやす~
やあん、つれないこと…。
うちの思い、戦場で見て、考え変えておくれやす~
くのいち 卒爾(そつじ)ながら、あっしの師になってくだせえまし!
ずっとすごいって憧れてたんだ
またまたご冗談を! あっしはしがない忍びですぜ?
お仕事がありますんで、ごめんなすって!
あっさり弟子入りできるとは思ってませんから!
戦場であたしの本気、見てください!
雑賀孫市 あんた、なにげにすごいって、ずっと思ってたんだ。
どうだい、俺に教えてくれないかな…?
おいおい、俺は自由と女を愛する気ままな傭兵さ。
そんな面倒ごとに縛られたくないぜ
おいおい、それは普通になしだろ。
ま、いいか。戦場で俺の本気を見せりゃ変わるだろ
武田信玄 おことの技を学びたい。
どうじゃ、教えてくれんかね?
あ、ごめん、わし、影武者のほうじゃから。
それじゃ、さいなら~
まあ、一度は断られるってわかっとったよ。
戦場で本気を見せて、考えを変えてもらおうかね
伊達政宗 優れた者を師とするになにをためらうことやある!
貴様を我が師に迎えたい! 聞き届けてくれような!
貴様ごときが竜の弟子になれると思うておるのか?
格が違うわ! 出直してくるがよい!
それでこそ、弟子入りのしがいがあるというものよ!
見ておれ、今後の戦場での竜の活躍を!
濃姫 ねえ、教えて、あなたの技…。
私、あなたのこと、ずっと尊敬してたの
あなたじゃ、私の教え方に耐えられないんじゃない?
ごめんなさい、出直してくれるかしら?
弟子入りする前から、厳しく当たるのね…。
気に入ったわ。次、共にする戦場では見ててね…
服部半蔵 お主に教えを請いたい… …無理だ。帰れ …本気を戦場で見せろ…ということか
森蘭丸 どうか、蘭を弟子として、教えを授けてくださいませ。
あなた様を久しく尊敬しておりました
蘭など、自身が未熟者ですのに、師などと…。
おこがましい限りです。どうかお引き取りください
わかりました。蘭の本気を次、戦場でお見せします。
それを見て、もう一度、蘭を弟子に取るかお考えを
豊臣秀吉 いやー、やるもんじゃわ。他のモンじゃこうはいかん。
どうじゃ、わしを弟子に取ってくれんか
ごめんじゃ! 無理無理!
そんな弟子なぞ取っとったら、女子(おなご)口説く暇がのうなる
っかー! こりゃわしの本気を見てもらわんと無理か。
次、一緒に出る戦場では、見とってくだされよ!
今川義元 なんと雅び! そちの技にまろは遠く及ばぬの。
どうか、まろの師匠となってほしいの
まろはまだまだ精進が足らぬの。
人に教えるなど、まだまだ遠き先の日のことじゃの
のー! 厳しいの! でもここでまろはくじけぬの!
次に共にする戦場にて、まろの本気、見てもらうの!
本多忠勝 御身のことを密かに尊敬申し上げていた。
師となり、本多平八に鞭撻願う
お断り申す。
本多平八は、人の上に立つべき器にあらず
我の弟子入りを断る蛮勇はあっぱれ!
次、共にする戦場にて我が本気、見せつけてくれる!
稲姫 あなたのこと、ずっと尊敬しておりました!
どうか、稲の師となり、びしびししごいてください!
稲は、まだまだ未熟者です!
そんな…弟子を取るなんて、まったく考えられません!
断られようと、稲はまっすぐに突き進むのみです!
次にご一緒する戦で、稲の本気、ご覧ください!
徳川家康 どうか、この家康を厳しくご鞭撻くだされ。
お主をおいて、我が師たる方はござらん
嬉しい申しごとながら、わしは師の器ではない。
もう一度考え直されたがよかろう
なんと…断られてしもうたか。
されど、我が意地を次に共にする戦場で見ていただく
石田三成 自分より優れた者には教えを請うべきだ。
どうか、俺の師となってほしい
…師弟ごっこにつきあっている暇などないのだよ。
俺には、政務が山ほど残っているのだ
俺は、最後まで諦めぬ…。
次、共に出撃する戦場で、俺の本気を見せてやる
浅井長政 そなたの教えを得られたならどんなにいいだろう。
どうだろう、某の師となってくれないだろうか
その言葉は何よりも嬉しいのだが、師にはなれない。
むしろそなたに教えを請いたいほどだ
うむ、わかったぞ。某の本気が見たいのだな!
次、一緒に出る戦場での活躍に期待してもらおう
島左近 あんたは俺より数段優れてる。
どうか、教え、導いちゃくれませんかね
俺の軍略は教えられるようなものじゃないんですよ。
申し訳ないんですが、この話はなしってことで
じらしてくれるじゃありませんか。
いいでしょう。次の戦場で俺の思い、見せつけますよ
島津義弘 我が師となってもらいたい。
お主なら、鬼を教える、鬼教官になれようでな
鬼の教え方で人を教えても潰すだけよ。
すまぬがお引き取り願おう
まずは断られてしもうたわ。
次の戦場で本気を示し、考え直してもらおうか
立花誾千代 貴様は立花の師となりうる才を持つ希有な逸材だ。
請う、我が師となり、我を導け!
立花は孤高だ。師弟関係など無用。
立花に教えを請いたくば、まず自身が立花の高みに立て
ほう、立花の申し出に否やと申すか、よかろう。
戦で我が本気を見てもそう言えるか試してやる
直江兼続 貴君の愛、貴君の義、ずっと慕っておりました!
どうかこの不肖兼続に、厳しき愛の薫陶をお授けあれ!
惜しいな…。お前が私の弟子になるにはまだ
義力と愛力がわずかに不足しているようだ…
私の肉体は貴君の薫陶をこんなにも欲しているのに!
いいだろう、ならば、戦場で私の気持ちを示そう!
ねね 独学じゃやっぱり限界があるよ…。
あたしにはいいお師匠様が必要なの。ね、頼めないかな
ちょっと、やだ! からかわないでよ!
師弟関係とか、独学で忍術学んだあたしには無理!
断られたって、しょげこんだらおしまいだね!
見てて、戦場であたしの本気、わからせちゃうから!
風魔小太郎 我をして混沌で世を覆わせる技を伝授できるは、うぬ。
さあ、我が師となれ…
…混沌は弟子を取らぬ。
無論、我もうぬを弟子にする気はない
…いいだろう。
戦場を混沌に沈め、我が本気、示そう
宮本武蔵 頼む! お師匠様になってくれ!
俺には、あんたみたいな導きの手が必要なんだ!
俺自身が、俺の目指す剣をつかめてないのに、
弟子なんて…ありえねえぜ!
ちくしょう! 俺の本気を伝えるすべはねえのかよ!
いや、あるぜ! 次、一緒に出る戦で、見ててくれ!
前田利家 俺、あんたについていきたいんだ!
こんな俺だからこそ、導けるのはあんたしかいねえんだ
そこまで言われて断っちゃ、罰が当たる…ってモンだが
俺じゃ、お前の師匠にふさわしくねえよ
そんな…俺はどうすりゃいいんだよ!
わかったぜ…次の戦で本気見せろってことだよな
長宗我部元親 弟子にしてもらおうか。
俺は、貴様を師とし、影のようにつき従おう、熱く!
不可能だ…お前の魂の波動が、俺の魂に響いてこない。
今はその時ではない。運命がそう告げている
わかっているぞ、我が未来の師よ。
次、共にする戦で、その魂を震わせろということだな
ガラシャ 教えよ! わらわを弟子とし、教え導いてくれるかを。
わらわは、そちのことをとっても尊敬しておるのじゃ
教えよ、師弟の契りを結ばんとする覚悟のほどを!
それが、はっきりわかるまでは、無理じゃ!
しょんぼりなのじゃが、しょんぼりなどしておれぬ!
こうなれば次の戦で、わらわの本気をみせるのじゃ!
佐々木小次郎 君のこと、ずっと斬りたいほどに尊敬してたんだ。
ね、僕の師になって、教え導いてよ!
弟子にするより斬りたい、弟子にするより斬りたい!
ごめんね、やっぱ斬りたいが先に出てダメみたい…
…うん、僕、わかった、まだ君を斬っちゃダメなんだ。
次の戦でいっぱい敵を斬って本気を見せないとね
柴田勝家 ごちゃごちゃ言わず、
柴田を弟子にせい!
ごちゃごちゃうるさいわ!
無理に決まっておろうが
うぬう。
ならば次の戦で柴田の気持ちを見せるまでよ
加藤清正 俺、あなたの技、ずっと尊敬してました。
頼みます! 俺の師となって、教え導いてください!
そこまで持ち上げてもらえるほどの男じゃないさ。
後でがっかりさせるのも悪いし、きっぱり断らせてくれ
俺にゃ、まだ足りないってことか…。
見ててください、次の戦で俺の本気を!
黒田官兵衛 卿の技は広められてさらにその意味と重要性を増す。
いかがか。私を弟子とし、教え伝えてみては
卿は私に幻想を抱いている。
益体もない話だ。断らせてもらおう
直接言っても通じぬか。
ならば次の戦で我が本気を見せつけるまでだ
立花宗茂 お前は優れているし、俺はそんなお前に興味がある。
弟子にしてくれないか。俺はお前を知りたい
風は自由で、心の赴くままに吹く。
今日の俺の心は、弟子は無理だ、と言っている
お前にも俺に興味を持ってもらわないとダメらしい。
次の戦で、俺の本気を見せるか
甲斐姫 あたしのお師匠さんになってもらえませんか!?
どうか、あたしのこと、ご指導ご鞭撻、お願いします!
あたし、鏡の中の自分に普通の少女らしく生きようって
今朝、誓ったばかりなの…だから、ごめんなさい!
ここでも振られちゃうわけ、あたしって~!
なにくそ! 次の戦場であたしの気持ち、伝えちゃる!
北条氏康 おう、物覚えは悪りいかもしれねえが頑張るからよ、
俺のこと、てめえの弟子にしてくれねえか
弟子だあ? ド阿呆が!
俺に学んだら、こんな不良親父になっちまうぞ
はいそうですかって諦めるほど聞き分けもよくはねえ。
次の戦、いっちょ張り切って、考え直してもらうぜ
竹中半兵衛 君ってすごいって、俺、惚れ込んじゃってるんだ。
君のすべてを手っ取り早く学びたいし、弟子にしてよ
天才はまねできない。だから他当たったほうがいいよ。
あ、面倒だから適当に理屈こねてるんじゃないからね
俺にあんまり時間は残されてないんだけどなあ…。
ま、いいや。次の戦場で俺の気持ち、伝えるから
毛利元就 歴史上、君ほどの傑物と一緒にいられるなんて
すごいことなんだ。ねえ、私を弟子にしてくれないかな
君みたいな、善良な人間を弟子に取るには、
私の手は真っ黒に汚れすぎてるんだ…ごめんね
これだけの機会、棒に振るほど諦めもよくないんだ。
さて、次の戦で私の本気を見てもらおうかな
綾御前 どうか至らぬ綾に薫陶をお授けください。
綾の師となり、綾を叱咤し、綾を鞭撻くださいませ
綾は、師となるには嗜虐的に過ぎるところがあって…。
今なら引き返せます。警告に従うのがあなたのため…
では、作戦を変えますか。次、共にする戦あたりで
本気を見ていただくほうが、やはり綾らしいでしょう
福島正則 決めた! 俺、あんたについてく!
だってあんたって実力すげえし、尊敬できるから!
男福島の弟子になろうってのに、言葉で頼むとかなし!
男を動かすのは言葉じゃねえの!
こんにゃろこんにゃろ! どういうことだよ1
こうなったら次の戦で俺の本気見せちゃる!
藤堂高虎 あんたの持ってる技、知識、尊敬できる。
俺はそんなあんたに学びたい。弟子にしてくれないか
馬鹿野郎! 下級武士出身の俺を師匠にしても、
お前が苦労するだけだぞ。やめることだな
ここで諦めるような人生は送ってこなかったんでな。
次の戦で俺の本気を見せて、思いを貫く!
井伊直虎 あの…私を弟子にして、厳しく躾けてください…。
どんな厳しいご指導でも、喜んで耐えてみせますから…
背が高いだけの私に、あなたの師になる資格なんて…!
すみません、すみません! ほんとすみません!
井伊家家訓、言葉だけでは伝わらぬ思いもある!
次の戦場にて、私の本気、見てもらいます!
柳生宗矩 んー、おじさんさァ、お宅の技に興味があってねェ。
教えてくれないかなァ、拙者の師となってさァ
教えてもらって身につくものなんざないさァ。
そこがわかってなけりゃ、弟子になるだけ無駄だよォ
そりゃあ簡単には教えてもらえないよねェ。
じゃあ、次の戦場で覚悟見せるんで、それで考えてよォ
真田信之 お前の技を、家を保つために使いたい。
どうか私を弟子としてくれ、厳しい指導も望むところだ
何を言い出すかと思ったら…。
私はそれほどたいした男ではないよ
私の家への思いは本気だ。
それを次の戦で見てくれ。その後、返事が欲しい
大谷吉継 お前には学ぶべきところがある。
俺を弟子にしてくれ…
そういう流れではないな。
悪いが、引き取ってくれ。そういう流れだ
仕方のない奴め。どうしても俺の覚悟が見たいのか。
次、お前と一緒に出る戦を愉しみにしていろ
松永久秀 お主の持つそのすばらしき知識が、我輩は欲しい!
いかがかな…我輩を弟子とし、その技を伝えぬか?
やーだよ~! べろべろべろべろばー!
お尻ぺーんぺん…こんなおっさんに弟子入りしたいか?
ここで引き下がっては悪党ではない!
次の戦場で本気を見せる…覚悟しろ、我輩はしつこいぞ
片倉小十郎 あなた様はすばらしき知識の持ち主でいらっしゃる。
どうか、私めの師となり、その技をお教え願いたく…
噴飯物の申し出に困惑と失笑をこらえかねております。
ご自分というものをもう一度見つめ直されてみては?
一筋縄でいくなどとは当初より想定しておりません。
次回、共に出撃する戦で、私の覚悟をご照覧ください
上杉景勝 …先生になってくれ …え? 人違いだろう …むう。
いや、しょげすに、次の戦に懸ける!
小早川隆景 あなたの技は、書物にもないすばらしいものです。
ああ、どうか私を弟子とし、お教えくださいませ…
すみません、読書に集中していて聞いてませんでした。
…と言われてもまだ頼むほどの願いではないでしょう?
現実の壁にぶち当たると書物の中に帰りたくなりますが
次の戦で、きっと私の思いを伝えてみせましょう
小少将 ねえ、あなたってとっても素敵ね♡
あたしを弟子にして、いろいろ教えてみたくない?
嫌よ。だって、あたし、弟子は取らない主義なの。
今決めた主義だけどね♡
あたしが落とせなかった人間なんていないの♡
この手のは戦場で本気見せちゃえば、イチコロよ
島津豊久 お願いです! 俺のこと、弟子にしてくれませんか!
俺、あんたを尊敬してる。ついていきたいんだ!
はあ? いやいやいや! それ無理だろ、どう見ても!
どっちかってったら、逆だろ!?
…俺は弱い! でもあんたが好きなんだ!
島津は諦めない! 次の戦で、俺の本気見せる!
早川殿 お願い、私、あなたにいろいろ教えてほしいの。
私の師匠になってほしいの!
ちょっと恥ずかしいから、無理かな…。
ごめんなさいね
まだ私って甘えてたのかも…。
次に一緒に出る戦で、本気の覚悟、見てもらおう!
(II)井伊直政 いくら最善を尽くしても、かなわないのがあなたです。
俺の師に、なってくれませんか
はい喜んでって、俺が応えるとでも思ってたんですか?
ダメだ、ダメすぎる…
俺は諦めませんよ。
次に一緒に出る戦で、俺の覚悟を見てもらいますから
新武将(男・熱血) お前のこと…俺、ずっと…。ずっと尊敬してた。
なあ、俺の師匠になってくれ
俺なんか、器じゃねえよ。ごめんな。
でも断っとかないとお前との関係が崩れるの嫌だし
俺の覚悟が本気だって伝えればきっと…。
そのためには、次、一緒に出る戦が好機だな!
新武将(男・冷静) あなたのことはずっと尊敬に値する方と思っていた。
私の師となってくれないだろうか
冷静に考えろ。
…考えたか。結論もわかったな。そう、無理だ
私は冷静に過ぎて、本気が伝わらなかったのだな。
ならば次、共に出る戦場で覚悟を示そう
新武将(男・生意気) ま、君って、凡人どもの中ではマシだと思うんだ。
どう、僕の師匠にしてあげてもいいけど?
はあ? 何ソレ、険しい! 険しすぎるよ!
笑っちゃうし、君が僕の弟子とかさあ
あ、ありえない! 僕の申し出を断るなんて許さない!
次の戦場で見てろ…覚悟のすごさにびびらせてやる!
新武将(男・老練) 自分がこれだけ見てきた中でも、お主は傑物だと思う。
どうか、自分を弟子にしてもらえないだろうか
人に学ぶより、自分の経験が一番の師だ。
この言葉をお主に贈ろう
こんなことは経験上よくあることだ。
自分は次の戦場の活躍で、お主の考えを変えてみせる
(E)新武将(男・威厳) 拙者、お主に感服いたした。
どうか弟子に!
師弟となるには、教える力量と教わる下地が必要。
今はお互い、そこが足りぬのではないか
どうしても諦めきれぬ…。
武功を見せるなりして考えを変えていただきたいものよ
新武将(女・活発) あなたを尊敬している私の思いがはじけそう。
お願い、弟子にして。いろいろ教えてほしいの
無理だよ! …あなたの思いに応えられるような力、
私にはないもの。ごめんね…
今、私の思いが試されてるんだ…。
だったら、くじけない! 次の戦場で覚悟を見せる!
新武将(女・冷静) 貴君は尊敬に値する…ずっとそう思ってきた。
私を弟子にして、お教え願えないか
私が貴君の師にふさわしいのはその熱弁でわかった。
では聞くが、貴君は私の弟子にふさわしいのか?
断られるとはな…仕方がないので次の策を練ろう。
一緒に出る戦場で活躍し、弟子の資格ありと示すか
新武将(女・生意気) ねえ、ボクにいろいろ教えて、立派な淑女にして!
ボクの師は、キミしかなれないよ!
ボクね、自分が立派な淑女になるだけで精一杯。
キミが淑女になるために何かしてあげられないと思う
ボクは立派な大人の淑女になりたいのに…。
わかった! 次の戦でボクの本気、見せるから!
新武将(女・妖艶) あたし、あなたの弟子になって、あなたにつきっきり、
離れることなく学びたいんだけど…ダメ、かしら?
なあに、お姉さんに教えてほしいの…?
そういう展開、少し疲れてきてるの、ごめんなさい
うーん、色じかけが逆効果だったかしら。
戦場で真面目に活躍して、本気を見てもらうわ
(E)新武将(女・優美) あなたの技をお慕いしております。
なにとぞ、私を弟子としてくださいませ
…そのような大それたこと、私にはできません。
どうかお引き取りくださいませ
…そんな、どうしましょう。
戦場で活躍を見せれば、光明が開けるやも…
汎用武将(熱血) お前の技は、ずっとすごいと思っていた。
どうか、俺を弟子にしてくれないか!
褒めてくれるのは嬉しいんだが、
俺にゃあ無理だと思うぜ
諦めないからな!
戦場で活躍して、きっと認めてもらう!
汎用武将(冷静) お主には学ぶべきところがある。
どうかわしを弟子としてくれないか
弟子としようにも、わしはお主の実力のほどを知らぬ。
すまぬが、引き受けられぬな
ふむ、次なる戦場で、弟子となりたい熱意を示せ。
そういうことだな
汎用武将(猪突) お主のことを尊敬していた。
我が師となってくだされ
申し訳ない。
わしでは力不足かと
ふむ…だが、結論は待ってほしい。
次の戦場で見て、弟子の件、判断していただきたい
汎用武将(若輩) あなたを尊敬すること久しく、
なにとぞ弟子に取っていただけぬかと…!
私など…とても弟子を取る器ではありません 悔しい。
次の戦で挽回して、きっと弟子となってみせる!
汎用武将(老練) なかなかに見所のある仁と思うておった。
どうか、わしの師となり、教え導いてほしい
時代遅れのわしに何を学ぶことがある。
弟子などやめておくことよ
ならば、次、共に出る戦場で見ておれ。
わしがそなたの弟子にふさわしいと示そうぞ
汎用武将(猛将) お主に惚れておった。
頼む、弟子入りを許してくれ
弟子などと、生ぬるいことを抜かす。
なんでも自分で盗み、会得するものだ
ぬうう…おのれ!
次の戦場で覚悟を見せつけ、考え直させてやる!
汎用武将(知将) お主はなかなかの傑物。我が師にふさわしい!
どうか、わしを導いてくれ!
ふん、わしの指導を受けようなど、
十年早いわ!
なんと! いや、わしは諦めの悪い男だ!
戦場で見直させてやるわ!
  • 上杉景勝の台詞は原文ママ。