将星絵巻 > 敵なれど…

武将名 敵武将 武将
真田幸村 御免…先の戦にて心を奪われ、
お会いいたしたく、忍んで参りました
あなたの武勇にこそ、私は心を奪われました。
どうか再戦の日まで、壮健であってください
前田慶次 ちょいと御免よ、先の戦であんたに惚れてねえ。
話がしたくて、ここまで来ちまったって寸法だ
そうかい、あんたほどの武士(もののふ)にそう言われちゃあ、
悪い気はしないねえ。また戦場で会おうや
織田信長 邪魔をする。
うぬに会いに来た…。うぬの戦が、愛でたい…。
うぬの武にこそ、予は魅せられた…。
いずれ、また戦場にて見えよう…ぞ
明智光秀 失礼。戦いにきたのではありません。
敵ながらあなたの戦いに感銘を受け、参った次第です
敵中に堂々と現れるその胆力、私にはないものです。
また戦場でお会いできる日を楽しみにしています
石川五右衛門 おっと、そう構えんじゃねえ。
俺様はてめえの戦が気に入って、あ、来ただけでい!
照れんな…ま、てめえもなかなかのモンだったぜ。
また、戦えたらいいな、てめえとはよ
上杉謙信 御免。
汝の戦、興味深い
汝もまた、壮士なり。
次の闘争の時まで、健勝であれ
お市 突然、お邪魔してすみません。
あなたの武勇が見事だったと、どうしても言いたくて
勇敢なあなたからのお言葉、お世辞でも嬉しいです。
次はどちらかが命を…いえ、考えても詮なきことですね
阿国 ごめんやす~。ほん艶やかな戦舞(いくさまい)しはること。
うち、敵やのに感動して、居ても立ってもいられんくて
いんえ~。先の戦場、あんたはんの武に魅せられたんは
うちのほうどす。もうほん惚れてしまいました
くのいち さっきはやってくれましたにゃあ…。
敵ながらお見事でしたぜ…?
いや~そっちに比べれば、まだまだっすよ!
次、完膚なきまで叩きのめすんで覚悟してくださいな!
雑賀孫市 おっと、誤解しないでくれ。
俺はただあんたの腕を褒めに来たのさ
よく言うぜ…とんでもねえのに目をつけられたな。
あんたを仕留めるのは俺だ…それまで死ぬなよ?
武田信玄 おこととの戦い、愉しかったよって、
どうしても言いたくてね、危険を承知で来ちゃったよ
おことにそう言われると悪い気はせんね。
ならば、次はもっと高度な技をかけちゃおうか
伊達政宗 御免。貴様の戦、見事であった。
たとえ敵でも強者には礼を尽くす…それが伊達の流儀よ
貴様ほどの者がなぜ敵方におるのじゃ、馬鹿め…!
それが惜しゅうてならぬわ…簡単に死ぬでないぞ!
濃姫 敵がいきなり来て驚いた?
私も驚かされたのよ、あなたの戦にね
あなたも憎らしいほどすごかったわよ?
今度改めて…白黒つけましょ?
服部半蔵 しっ…。騒ぐな…。
貴様の武勇をただ、称えにきたまでだ
…早く去れ。
さもなくば、勇士の首を獲らねばならなくなる…
森蘭丸 失礼します。先の戦、あなたの武に魅せられました。
敵であることを忘れてしまうほどに…すごすぎて…
蘭こそ、あなたの戦に、心を奪われてしまいました。
かなうことならば、またお会いしたい…戦場にて
豊臣秀吉 邪魔するで! いやー! 前の戦、お前さんのせいで、
こっちの目論見がわやになってまったわ!
いやいや、お前さんの力量も相当なもんじゃ。
敵であることが、でら惜しくていかんわ…
今川義元 息災かの? …危害は加えぬゆえ、安心いたすの!
まろはただ、そちの戦ぶりを褒めにきただけじゃの!
いやいや、そちのほうこそすばらしい活躍であったの!
次見えるのを、愉しみにしているの!
本多忠勝 御免。
そなたの武勇、敵ながら見事
続きは戦場で語ろう。
そなたほどの武人の挑戦ならば、いつでも受ける
稲姫 不躾とは思いますが、居ても立ってもいられなくて…。
稲は敵ですが、あなたのような武士(もののふ)を尊敬しています!
あなたほどの武人から褒められるなんて…嬉しいです。
次戦でもまた、正々堂々相見えましょう!
徳川家康 突然の訪問、平にお許しあれ。
この家康、お主の戦ぶりに感じ入った次第
歴戦の(つわもの)に褒められようとは…むずがゆい。
その期待を裏切らぬよう、次の戦でも奮起するとしよう
石田三成 失礼する。先の戦ではなかなか手こずらせてくれた。
そんな不敵な将の顔を、間近で見ようと思ってな
貴様ほどの者が、なぜ敵にいるのだよ…。
…お互い無事ならまた会おう
浅井長政 突然、訪ねてすまない。
そなたへの感嘆の思い、どうしても伝えたくてな
いや、そなたの方が一枚上手だな。
再び相見えるその時までまで、鍛錬を怠るまい!
島左近 ごめんください。あんたの戦が鮮烈だったもんでね。
敵陣にまで挨拶に来ちゃいましたよ
あんたの言葉、何よりの誉れです。
でも…手加減はしませんよ? 俺たちは敵ですから
島津義弘 会いにきたぞ。なに、取って食おうというのではない。
先のお主の戦で、久々に鬼の心が震えたのでな
大暴れしておったのは、お主のほうではないか。
また会おう、戦場でな
立花誾千代 邪魔するぞ。立花は優れた将には賞賛を惜しまぬ。
たとえそれが、敵であってもな!
た、立花に籠絡は通用せぬ!
貴様こそ油断できぬ相手…次も全力でいくぞ!
直江兼続 頼もう! 一言物申したく参上した!
その義にあふれた戦、敵ながらあっぱれだったぞ!
何を言う! お前こそ義にあふれた戦ぶりであったぞ!
だが、私の義は必ずお前の義の上を行く!
ねね こんにちは! あなたに会いにきたの!
敵同士だけど…ガンバった子は褒めてあげたくって!
ううん、あたしこそ、あなたのガンバりに感動したよ!
次の戦でも、ガンバろうね!
風魔小太郎 うぬと我は敵にして通じ合うものがあるようだ…。
それを告げたくて、来た…
うぬも混沌の風…。
また二人で吹き荒べばよかろう…
宮本武蔵 よう…お前に一目、会いたくってな。
尊敬できる将なら、敵とか味方とか関係ねえ
お前の攻撃も鋭かったぜ。
次の俺たちの戦いは、さらに厳しくなりそうだな?
前田利家 おい…ちょっといいか…。内緒でお前に会いにきた。
どうしてもお前の戦を褒めときたくてよ…
馬鹿…声がでけえ…!
実は俺もお前の戦は好みだったぜ…またやろうな…!
長宗我部元親 賛辞を贈りにきた…。
貴様の戦は、俺の魂と共鳴していたぞ…凄絶に!
貴様もまた凄絶だった…。
再戦の日を心待ちにしている…
ガラシャ 見ーつけた! そちを探しておったのじゃ!
先のそちの戦い、敵ながら感心してしまったのじゃ!
ほむ! そちとは何かしら通じるものがあるのじゃ。
また拳にて語り合おうぞ! 約束じゃ!
佐々木小次郎 やあ。君に会いにきたよ!
君ってさ…本当に斬りがいがある強者だね…
僕も君と斬り合うのがすごく愉しかった!
ね、また今度も斬り合おう? 思いっきり激しくさ!
柴田勝家 非礼は承知。
されど…どうしてもわぬしと武を語りたかったのだ
なれなれしいわ…。
わぬしは我らにとって最大の敵…次は討つぞ
加藤清正 俺は武骨な将が好きでな…。
お前は敵だが、そこはわかり合えると思って会いにきた
敵を褒めにくるとは…まだ余裕ってことか。
次はその余裕ごと、刈ってやる!
黒田官兵衛 失礼する…卿の顔を見にきた。
私の読みの上を行く手強い将の顔をな
ここで卿を捕らえ、憂いを断つのが最上の策。
だが、卿の勇に免じて下策を採ろう。早々に去るがいい
立花宗茂 やあ。お前の戦、なかなかよかった。
俺の宿敵たりえるかは、さておきな
俺の感想は特にない。言いたいことは戦で語っている。
次もそうだろうな、俺たちは
甲斐姫 こんにちは! あんた、なかなかイケてるじゃない!
戦わなきゃいけないのに、ちょっと見惚れちゃったわ
敵に褒められたって、ちっとも嬉しくないんだから!
ほらほら、味方に見つかっちゃうから、早く帰って!
北条氏康 邪魔するぜ? てめえに一言、言いたくてな…。
てめえと戦うと苦労する…もう二度と来るんじゃねえや
てめえこそ、小ざかしい戦しやがって…。
次は、獅子も本気を出す。肝に銘じておけよ?
竹中半兵衛 やあやあ、はるばるやってきました~!
手こずらせてくれた君に会うために、ね!
いやいや、君こそ面白い人だったよ。
また戦えるのが愉しみになっちゃうほど!
毛利元就 ちょっといいかな? 君に会いにきたんだ。
さっきの戦の君の奮闘ぶりが忘れられなくてね
うん、私と君は漢の項羽と劉邦みたいなものかな。
まあどっちがどっちかは、ご想像にお任せするよ
綾御前 ごめんください。あなたのことが気にかかって…。
敵ながらよき戦をすると、褒めたくなって参りました
お上手なこと…あなたもなかなかのものでしたよ。
綾と再戦するまで、死んではなりません。いいですね
福島正則 邪魔するぜ! 敵だけどどうしても言っときたくてよ!
お前…いいモン持ってんじゃねえか!
そういうお前も、なかなかのモンだったぜ!
ガチで熱いケンカ、これからも続けていこうな!
藤堂高虎 敵同士だ、手短に済まそう。
俺は貴様の戦う姿勢が気に入った。それだけだ
貴様相手に力を出し惜しみしては、討たれるのでな。
俺はまだ死ねん…貴様もそうだろう?
井伊直虎 あの、敵なんですけど、来ちゃいました…。
私、あなたと戦って感動しちゃって…すみません!
あなたこそ素敵でした。あ…上から目線ですみません!
今度もあなたの期待に応えられるよう頑張ります!
柳生宗矩 …おっと、大声、出さないでほしいんだよねェ。
拙者、ただお宅の強さを称えにきただけだからさァ
いやいや、お宅も相当の使い手だったよォ。
また、やり合おうか。お互い生きてたらの話だが
真田信之 驚かせてすまない。どうしても会いたかった。
刃を交えて思ったのだ…お前はただ者ではない、と
お前の戦もまた、見事なものだった。
我らは今後もしのぎを削っていくことになるだろうな…
大谷吉継 行雲流水…俺がお前を称えにきたのも一つの流れ。
先の戦、見事だったぞ
お前は敵だが、その実力は認めざるを得ない。
次会えば、死ぬのは俺かお前か…運命の矢は、一つだ
松永久秀 ご機嫌はいかがかな? いやそんなにびびるな。
お主の戦ぶりを褒めにきたんだゾ。…いや、本当
お主は敵を褒めちぎるだけのつまらん人間になるなよ?
次会う時も、悪を粉砕するつもりでばっち来い!
片倉小十郎 ご無礼ながら、お邪魔いたします。この小十郎、
敵であるあなた様の戦に感銘を受けた次第でございます
あなた様こそ、たぐいまれなる武人でございます…。
また会う日まで、ごきげんよう
上杉景勝 …む。あ…あの…お前の戦、見事!
敵であるのが悔やまれる…
…それは嬉しい。
わしもまた、そう思っていた
小早川隆景 お邪魔します。あなたは本当に抜け目のない人ですね。
こちらも知恵を絞らねば、到底、勝てません
私はあなたほど強くなく、勇気もありません。
あなたの敵手としてふさわしい力をつけねば…
小少将 はあい、来ちゃった♡
だって、大活躍したあなたに会いたかったんだもの
いやね、あなたこそ…って何、この褒め合い?
次はどっちかいなくなってるかもしれないのにね…
島津豊久 よお! さっきの戦、すごかったな!
俺、お前みたいな将になりたい!
その言葉、ちゃんと受け取った。早く行け!
俺、お前とは戦場で堂々と決着をつけたいんだ!
早川殿 突然、お邪魔してごめんなさい。
あなたは敵だけど、見習うべき点がたくさんあるなって
私なんか、あなたの足元にも及ばないわ。
でも、次に会う時も懸命にしがみつくしそのつもりでね
(II)井伊直政 お前に会いたくて、やってきた。
敵味方は関係ない…俺は最善を尽くす人間が好きだ
俺もお前の戦いぶりには、驚いていた。
次もお互いの家のために、最善を尽くそう
新武将(男・熱血) 邪魔するぞ!
俺は敵であるお前の戦が、気に入った!
お前の気迫もすごかったぜ。
もっと鍛錬して…次こそはお前を打ち負かしてみせる
新武将(男・冷静) お邪魔する。
先の戦場を支配していた将に、会いたくてな
いや…冷静に見て、私たちの実力は伯仲している。
次、少しでも油断したほうが負けるだろうな
新武将(男・生意気) 会いにきたよ!
君ってほんと強いよね。味方だったらよかったのに
君こそまあまあやるじゃん!
ま、次の戦い、きっと僕が圧勝すると思うけど?
新武将(男・老練) 礼を言いに参った。
先の戦のお主を見て、自分もまだまだだと気づかされた
自分と貴様、よき戦相手だ。
互いの刃で死ねたら本望…というところか
(E)新武将(男・威厳) 御免。
戦場で見えた強敵と、もう一度会いたくてな
拙者もお主と今一度見えたいと思っていた。
無論、戦場にてまた手合わせしたいともな
新武将(女・活発) こっそり来ちゃいました。
あなたの戦場での活躍が、忘れられなくて
私もあなたと戦うと燃えるっていうか…。
また…会えるといいわね!
新武将(女・冷静) 貴君の戦い、敵ながら鮮やかだった。
それを伝えたくて、ここまで来てしまったのだ…
こちらこそ…貴君との戦は、神経を使う。
できればもう、出会いたくないものだな
新武将(女・生意気) ボク、キミの戦見て感動しちゃって!
この興奮をどーしてもキミに伝えたいって思って!
キミもすごかったよ! うん、キミもすごかったって!
ボク、少し嫉妬しちゃったもん
新武将(女・妖艶) あたしに足を運ばせるなんて、憎い人。
でも、あなたの戦いぶりはそれだけの価値があったわ
あたしもあなたの戦には痺れたのよ。
また…痺れさせて? お願いよ?
(E)新武将(女・優美) ごめんくださいませ。戦場でお見かけし、
その強さに憧れ、どうしてもまた会いたくなって…
私もあなたにもう一度会いたい…戦いたいと…。
あんなに強くて、怖かったのに…不思議です…
汎用武将(熱血) 先の戦、してやられた。
お前に比べれば、俺なんかガキのようなものだ…
俺とお前、次会えばまた死闘となるだろう。
その時に備えて、体には気をつけてくれよ!
汎用武将(冷静) 別れの挨拶を、と思ってな。
先の戦の勲功第一は、紛れもなくお主であった
お主こそ我らが最大の敵よ。
次は挨拶などさせん…戦場で決着をつけさせてもらう
汎用武将(猪突) 目通りかない、恐悦。
ずば抜けた武を持つお主と、戦談義をしたくてな
実力者の言、素直に受け取っておこう。
だが、今後も容赦せぬぞ?
汎用武将(若輩) 思いを伝えたく、参上しました。
あなたは敵ですが…同時に尊敬できる武人でもある
ご丁寧な挨拶、痛み入ります。
あなたにまた褒められるよう、精進しなければ
汎用武将(老練) 賞賛の言葉を贈りたくてな。
長年戦場にいるが、そなたのような強敵は初めてよ
いやいや、そなたを倒すことこそ武士の誉れ。
今度、刃を交えた時は、その首…頂くぞ
汎用武将(猛将) 国へ帰る前に一言、申したくて参った。
その戦ぶり、天下随一と言ってもよい
あの戦場随一の猛者が抜かしおる…。
次はその自信ごと、斬って捨ててくれる!
汎用武将(知将) ちょっと失礼するぞ。そう警戒するでない。
お主の戦ぶりに敬意を表しに参ったのだ
お主こそ、大暴れしておったではないか。
次こそは討って、手柄にしてくれるわ!
  • 浅井長政の台詞は原文ママ。