将星絵巻 > 告白

武将名 武将・甲 武将・乙
真田幸村 戦場で散ることこそ本望…そう思っていました。
ですが、そんな私をあなたは助けてくれた…
私も以前からあなたのことが…。
その熱き想い、喜んでお受けいたします
お願いです。もう無謀なまねは慎んでください。
私はあなたを失いたくない。あなたが…好きなのです
前田慶次 さっきの戦、世話かけたねえ。
が、あんたがいたから、俺は踏ん張れた
あんたにそう言われるたあ男の本懐だ。
前田慶次、あんたと共に天を駆けるとしようか!
男ってのは、惚れた女の前じゃ張り切るもんだ。
ま…そういうことなんだが…あんたはどうだい?
織田信長 信長を地獄から救いし、その血塗られた顔…。
美しいぞ、この世の何よりも…
うぬの想い…愛でよう。
たとえ地獄に落ちようとも、な
うぬが勝たば笑い、うぬが死なば泣こう。
それほどまでに信長はうぬを、愛している
明智光秀 苦戦の中、私はどこかで期待していました。
あなたが来てくれることを…そして、来てくれましたね
私も同じ気持ちを抱いていました…。
私たちの絆は、もはや誰にも断ち切れません!
たとえ、その愛らしい顔が戦に傷ついたとしても、
想いは変わりません。私はあなたを愛し続けます
石川五右衛門 なんで俺様を救いやがった。
俺様は義賊、てめえが気にかける価値もねえ男…
俺様がいいの? 本当に? 夢じゃねえよな?
ああ、もう明日釜ゆでにされても悔いは、あ、ねえ…
だがよ…俺様はとっくに心盗まれてんだよ!
てめえが大好きで大好きで、仕方ねえんだよ…
上杉謙信 謙信は生涯恋をせぬと天に誓った。
だが、その禁は今、破られつつある…
その想いを受ければ、天との誓いを破ることとなる。
だが…天との闘争もまた愉悦
汝に救われた命、汝に捧げたい。
そのためとあらば、謙信は天とも戦おう
お市 先ほどは、ありがとうございます。
あなたは本当に強くて、優しいお方ですね。
市も…あなたのことを愛していました。
どうか、いつまでもお側に置いてください…
あなたの側で生き、あなたの側で死ねたら…
こんな市のわがままを許してくださいませんか?
阿国 この乱世、諦めた人や疲れた人がほとんど…。
でも、あんたはんは違てた…姿も、魂も…
もう…どこまでもかいらしお人や。
うち、死んでも、離しまへんえ?
戦のうなるようにあがいて、うちや弱い人助けて…
毎日気張ってはるあんたはんに、うち…恋してます!
くのいち あたしは忍び…そこらの石ころと同じなんです。
もう助けないでください。優しくしないでください
あたしを…? い、いえ、嫌じゃないんすけど…
そういう不意打ちは、ずるすぎますって…
あたしのために、死なせたくないんです。
…未熟な忍びが愛した、たった一人の人だから
雑賀孫市 さっきは世話をかけちまったな。
戦場で見たその潤んだ瞳に、撃ち抜かれちまったよ
貴女にそんな台詞を言わせるなんて、俺も罪な男だ。
さあ、おいで…答えは、俺の鼓動に聞いてくれ
こんなにも大切にしたいと思った女は初めてなんだ。
なあ、頼む…俺だけのお姫様になってくれないか?
武田信玄 さっきのおことの加勢、ありがたかったよ。
百万の味方を得た思いとは、まさにこのこと
わしのことをそこまで…嬉しいよ。
一日も早く祝言を挙げねばって、急ぎすぎ?
わしが唯一甘えられるのが、おことなんじゃよ。
こんな仮面のおじさん…好いてはくれんかね?
伊達政宗 貴様、先の戦でもわしを助けてくれたな。
正直に申せ、わしのことを好いておるのであろう?
…よくぞ、勇を振るって申してくれた。
もう何も言わずともよい。想いは十分、伝わったぞ
貴様の態度が怪しいゆえ問うたまでよ。
わしは…わしは…、ええい! 貴様から答えい!
濃姫 一度、聞いてみたかったの。
あなたにとって私は救う価値のあるものなのかしら?
ようやく言ってくれたのね。そろそろ、
押し倒して襟首つかんで聞いてやろうと思ってたとこよ
それは…私があなたを愛してもいいということ?
だったら、嬉しいわ…震えるほどにね
服部半蔵 影に情けは無用だ…。
傷つく前に、戦から身を引け
幸せな時はおそらく長く続かぬ。
それでよければ…好きにしろ
それができぬのであれば…拙者の女となれ。
守ってやる。闇に朽ち果てるまで
森蘭丸 なぜ、蘭を助けてくださったのです?
蘭は枯葉のようなもの、死ぬことこそ本望…!
あなたからそんなお言葉を…夢のようです!
どうかこれからも蘭を、その、可愛がってください…
…いえ、違います。今の蘭は、死を恐れています。
死によってあなたと離れることが何よりも怖いのです…
豊臣秀吉 お前さんの助力にはいつも感謝しとる!
そこで…ちょこっと真面目な話がしたいんだわ…
うんうん! 恥らうお前さんもまた、ええわ~!
わしゃ、文句なし! お前さんをめちゃんこ愛すで!
わ、わしゃ…お前さんにベタ惚れなんじゃ!
かーっ、ついに言ってまった! でら恥ずかしー!
今川義元 先は、まろの危ないところをよう救うてくれたの!
そちの優しき心遣いが、いたく染みたの…
そちの真心、確かに受け取ったの!
まろは生涯を懸けて、その想いを返していくの!
いつかは戦乱も終わりを迎えようの。
じゃが、そちを想う恋心は永久(とわ)に消えることはないの…
本多忠勝 戦場では世話になった…。
拙者が背を預けられる女性(にょしょう)は、天下にそなたくらいよ
この忠勝に言い寄るとは…見上げた女性(にょしょう)よ。
参れ、そなたの気持ち、すべて受け止めてみせよう!
そなたは傑物、並の男では満足しまい。
…この忠勝なら、釣り合うとは思うが?
稲姫 あの…先の戦の不手際はお忘れください!
稲は、あなたにだけは見られたくなかったのです…!
え、ええ! いきなりそんなことを言われても…。
稲は、あの…こちらこそ、よ、よろしくお願いします…
あなたに憧れ、あなたを超えようと精進し…
稲はいつからか、あなたに、あの…恋心を…
徳川家康 承知のとおり、わしの進む道には苦労が絶えぬ…。
先の戦でも危機をそなたに救われた
…思いは伝わるものなのだな。
この家康、喜んでそなたを慈しもう
そなたがなくては、わしはただの狸ということ…。
常に側にあって、道しるべとなってくれぬか
石田三成 馬鹿が、怪我をしたらどうする?
戦の最中は、俺のことなど綺麗さっぱり忘れろ!
言っておくが、この展開を望んで助けたわけではない。
本当にお前が大事だから…助けたのだ
戦が終わり、互いが無事ならこうして会えばいい。
俺はそれだけで満足…何を言っているのだ、俺は…!
浅井長政 そなたはまさに戦場に咲いた花だな。
助けを待つ身でありながら、見惚れてしまっていた…
某も、今日という日を生涯忘れまい…。
命ある限り、そなたを愛し尽くそう
もはや、何も隠す必要はない。
某は、そなたのすべてを愛している
島左近 さっきはどうも。俺も必死に戦いましたよ。
あんたに格好悪い姿、見せるわけにはいかんでしょ
すいません、あんたから言わせるなんてね…。
恥をかかせちまった分、愛しますよ。たっぷりとね
…あんたもなかなか鈍感ですな。
俺はあんたに惚れてるって言ってるんですよ?
島津義弘 劣勢の中…お主と共闘するのがわしの愉しみ。
生涯傍らにあってその愉しみを味わわせてはくれんかな
今までは、猫が一番可愛いと思うておったが…。
思わぬ伏兵がいたものよ…一生、愛そうぞ
たとえ断られようと、引き下がらんぞ。
劣勢をひっくり返すのが、わしの醍醐味なのでな
立花誾千代 勘違いするな、立花の危機は立花が打開する。
…他ならぬ貴様の加勢ゆえ、受け入れたまでだ
なっ…! 貴様…冗談では済まさんぞ!
その想い、生涯貫かねば…き、斬るからな!
なぜかと問われたら…二度と言わぬからよく聞け。
わ、わたしは貴様と共にありたいのだ! いつまでも…
直江兼続 愛の援軍、頼もしかったぞ!
お前は私にとって、戦場に現れた女神そのもの!
おお! 私は今、愛に満ち満ちている!
心の支えを得た私は、無敵だ!
私は常日頃、人は財産と思っていた…。
お前はその中でも特別な…私だけの宝物だ!
ねね ねえ、大丈夫? あたしを助けた時に怪我してない?
心配で、すっ飛んできちゃったよ…
そんなのわかってたよ。男の子って単純だもん…。
でも、勇気を出して言ってくれて…嬉しい。ありがと!
あれ? その顔見たら、なんか涙出てきちゃった。
あたし…あなたのことこんなに大事だと思ってたんだ…
風魔小太郎 我を救うとはなんの冗談だ?
健気な子犬よ、それでご主人様が恩を感じるとでも?
子犬が、くんくん鳴いている。
よしよし、撫でてあげるからおいで…
代わりに、おいしい骨をあげる。
我に従い、混沌の風を吹かせることを許す…
宮本武蔵 さっきはありがとな。どうも最近、腕が鈍ったような…
敵と対峙する瞬間に、あんたの顔が浮かんじまって…
俺は剣の道を往く。恋慕の思いに寄る心なし。
けどよ…未熟な俺はあんたへの恋を諦められねえよ
でも、人を活かす剣ってのはそこを越えねえとだめだ。
いや越えてみせる。だから…側で見守ってくれるか?
前田利家 戦では世話かけたな。
もしかして…俺のこと、好いてくれてんのか?
俺もお前も同じ想いを抱えてたってことか…。
俺たちいい関係になれそうじゃねえか、な?
だったら、嬉しいぜ! なんの取り柄もねえ俺だが…
お前を想う気持ちだけは、誰にも負けねえ自信がある!
長宗我部元親 危機に陥ったあの時…
俺の脳裏には、お前の魂の声が聞こえていた…
俺はお前の容姿に惹かれたのではない。
その武勇、魂に惹かれたのだ…それでもいいか?
甘美で凛然としたその響きに、俺は打たれた。
そして、思い知ったのだ、お前への深き愛を!
ガラシャ ダチの危機を救ってくれて、ありがとう、なのじゃ!
なんだか胸がドキドキしてしまったぞ!
はうう…顔がほてって、かなわぬのじゃ…。
教えよ! この熱病は何が原因なのじゃ?
…おかしいのじゃ。今も、まだドキドキしておる。
そちと話しておるだけで、苦しくて切ないのじゃ…
佐々木小次郎 なんで僕を救ってくれたの? 僕が可哀想に見えた?
もしかしたら君は僕と同じ世界を見ているのかな…?
僕のことをそう思うなんて、珍しい人だね…。
でも、一人じゃないっていいかも…ありがとう
君を斬ったら…僕は永遠に孤独のまま…。
そんなの嫌だ…ねえ、いつまでも一緒にいてよ!
柴田勝家 救援は感謝する。
だが、もうわしなどには構うな…
わしは戦しか能のない男。
わぬしは退屈すると思うが…それでもよいのか
わぬしにふさわしき男を見つけよ。
この勝家、好いた女が幸せになればそれでよい
加藤清正 大丈夫か。
俺のために、無茶をしやがって…
お、お前、そんなこと急に言うなよ!
いや別にいいんだが、こっちにも心の準備が…
もう危ない思いはさせない。
俺はもっと強くなって…愛するお前を守ってやる
黒田官兵衛 忠告する。勝利のためならば、私など切り捨てよ。
私が卿ならば、ためらわずにそうしたであろう…
…告白する相手を間違えてはいないか?
いや…それはそれで悲しいことだが、信じられなくてな
…いや、私も卿と同じ行動を採ったかもしれぬ。
おそらく、卿と同じ理由でな
立花宗茂 さっきは、すまない。
ついつい危ない橋を渡ってしまった。
ああ、ようやく言ってくれたな。
じゃあ、行こうか。二人でどこまでも遠くへ
お前が必死に駆けてくる顔がたまらなく好きでね。
もちろん、今のお前も好きだ、普通にな
甲斐姫 さっきは、ありがとね。
助けられるってことってあんまないんで…嬉しかった
えー! 血と汗にまみれた戦場でそんなこと言う!?
せっかくなら、雰囲気いいとこで告ってよ…馬鹿
真剣な顔も、かばってくれた腕も全部素敵だった。
あたしやっぱ、あんたのこと…好き…かも…
北条氏康 お前は俺の強いとこ、弱いとこみんな知ってる。
だから、いつもいい時に駆けつけてくれんだな…
しおらしいこと言いやがる…。
ま、そういうお前も、間違いなくいい女だぜ
お前みたいな奴が、かみさんだと気楽なんだが。
当然、お前にも選ぶ権利はある。遠慮せず言ってくれや
竹中半兵衛 俺のこと、なんで助けてくれたのかな?
俺大抵のことはわかるけど君のことはわかんないや…
ねえ、もし俺のほうが先に…いや、今はやめよ。
せっかく君が嬉しいことを言ってくれたんだもん
ねえ、君のその瞳は、俺の何を見抜いてるの?
君のその心は、俺のことを想ってくれてるのかな?
毛利元就 やあ、君への感謝と日頃の思いを手紙にまとめたら、
膨大になっちゃってね…直接、話をしにきたよ
君とは文を通じて、愛を育もうと思っていたのに
一気に来たね。
嬉しいけど…私には刺激的すぎるよ
戦ではいつも助けてくれてありがとう。そして…
疲れた年寄りの側で、いつも笑ってくれると嬉しいな
綾御前 あなたの厚意、とても嬉しかったですよ。
戦場で震える綾を、温かく包み込んでくれて…
その言葉、綾はずっと待っていましたよ…。
可愛いあなた…
綾はそんな優しくて強いあなたが好きです…。ああ…
乙女のような告白…恥ずかしくて顔を上げられません
福島正則 俺よ、お前と一緒に戦うと負ける気しねえんだ。
さっきみたいに、どんな危機も乗り越えちまう!
やべえ、その潤んだ瞳、マジ可愛い…。
俺、お前のこと絶対離さねえ! ガチで!
言ってみりゃ…愛の馬鹿力、炸裂って感じ?
だから、よかったら、俺と、つきあってください!
藤堂高虎 お前、無理に俺を助けなくてもいいぞ。
俺は毎朝起きたら、今日は死ぬ日と覚悟している
俺も、お前のことを愛していた。
いつまでも愛おしみ、仲よくしたいと思っている…
だが、お前の分の覚悟はできていない。
お前だけは死んでくれるな…他ならぬ俺のために
井伊直虎 あの、先ほどは本当にありがとうございました。
私、いつもあなたに甘えっぱなしで…すみません…
う、嬉しい…! 抱きついてもいいですか?
はっ! 出すぎたまねしてすみません! 自重します…
でも、本当はもっともっと甘えたいんです!
好きなのに我慢して…はっ、すみません、すみません!
柳生宗矩 お宅と共に戦って、共に危ないところを乗り越えて…
そしたら、おじさんの心にある感情が浮かんできてねェ
拙者も見えない太刀でお宅に斬られてたみたいだよ。
乱世真っただ中だけど…幸せになれるといいねェ
こういう時は空手(くうしゅ)で踏み込むよォ。
どうかな、おじさんの愛を受け止めてくれないか?
真田信之 お前も乱世の花なのだな。
敵陣に舞い、窮地の味方を華麗に救ってくれる…
その気持ちが、私にはたまらなく愛おしい…。
告白してくれてありがとう、そして、よろしく頼む
だが、散らせはしない。
お前という愛すべき花、身命を賭して守ってみせる
大谷吉継 お前は不思議な女だ。
顔を隠した、幽霊のような男を気にかけるとは…
ここは俺も愛している、という流れか。
戯言だ…流れはなくとも、そう言っていた
実は…俺もお前のことを気にしている。
お前のためなら…死ねるほどに
松永久秀 我輩、愉快なおっさんに見えるかもしれないが…
こう見えても悪党なんですよ?
ほう…悪党に恋しているとの仰せかな?
我輩も実は…いや、悪党に恋を語る資格はないな
それを助けたり、支えたり…物好きよの~。
…本気で恋しちゃうゾ? …いいの?
片倉小十郎 先程の加勢、真にありがとうございます。
この恩、いかにしてお返しいたしましょうか…
失礼、驚きで眼鏡がずれまして…よいしょっと。
この小十郎、謹んでその想いをお受けいたします
我が眼鏡がご所望であれば、差し上げます。
我が心と言うのであれば…喜んであなたに捧げましょう
上杉景勝 …わしは、女性(にょしょう)が苦手だ。
だが、お前との話も、戦も、愉しい
…わ、わしも、お前ならば…と思っていた
これが…愛か
小早川隆景 先の戦、あなたの奮闘ぶりによって、
私も皆も勇気づけられ、乗り越えることができました
私もあなたとは懇ろになりたいと…。
この決断、後悔することはないと思います
その勢いに乗り、私も勇気を出して申します。
私は、あなたが愛しくて、愛しくて…
小少将 さっきの戦でも結局そう…。
大切に思ってる人が、あたしのせいで大変な目に…
そう…あなたとなら乗り切れるかな…。
この悲惨な乱世や、あたしの不幸な運命ってやつを…
それでも…あたしはあなたを愛していいの?
あなたを、抱きしめてもいいの?
島津豊久 戦では苦労かけちゃってごめん!
お前から見れば、俺って情けない子犬、だよな…
やった! 俺は今、走り回りたい気分だ!
お前と、両想い、だったんだな!
でもさ、俺、これから頑張る。
大事なお前を守れる立派な将になる! だから…!
早川殿 さっきはありがとう。
あなたに守られながら、私、考えごとをしていたの…
なんだか…恥ずかしいな。
でも、私もあなたの想いを大切にしたい…
乱世が終わった後も、この人の温もりを感じたいって。
変よね、戦の最中にそんなことを思っちゃうなんて…
(II)井伊直政 俺は味方にも厳しく当たる。
だから、加勢なんて望めないと思っていた…
俺が抜け駆けを許すとは…。
でも、嬉しい言葉でした。ありがとう
でも、あなたは血相を変えて来てくれた。
わかりますか? 想い人と心通じた俺の喜びが…
新武将(男・熱血) 俺たち、幾多の戦いを潜り抜けてきたな。
俺は、あんたがいたからここまで来られたんだ
返答に困るな…。
黙って、俺の胸に飛び込んでこい!
もう、この熱い気持ちは抑えられない。
俺はあんたが好きなんだー!
新武将(男・冷静) 人の気持ちとは計算できぬものなのだな。
今までは戦友だとしか思っていなかったのだが
こうなることは予測していた。
私も、同じ想いだったからな
先の戦で、私は気づいてしまった。
あなたに惹かれていることに…
新武将(男・生意気) 君ってさ、僕のこと好きなんでしょ?
助けてくれたりしてさ。はっきり言いなよ
へえー僕のことをねえ…。
君がそこまで言うなら、いいけど!
言わないと僕、他の人とくっついちゃうよ?
さ、空気読んで言いなよ。そしたら、その…
新武将(男・老練) 先ほどは危うかったな…。
やはりこの乱世、いつ果ててもおかしくはない
自分をそこまで想ってくれるとは…。
男冥利に尽きる!
戦場の土となる前に、申しておく。
自分は…そなたを愛している
(E)新武将(男・威厳) 拙者は、先の戦をなんとか乗り切れた。
理由は明白…お主がいたからだ
お主ほどの女性(にょしょう)に恋い慕われようとは…。
夢なら醒めないでほしいものよ…
愛しき者を死なせたくはない…。
そう思い、拙者は必死に戦ったのだ…
新武将(女・活発) さっきは迷惑かけちゃったね。
でも、すごく頼もしかった、ありがとう
もう。いつ言ってくれるかって、待ってたのよ?
もちろん、私も同じ気持ち!
私…もうあなたなしじゃ、生きていけないよ。
ずっと側にいたら、ダメかな?
新武将(女・冷静) 先ほどはありがとう。
私たちは一緒になると、無類の力を発揮する
こ、こ…こちらこそ、よろしく…。
人生で初めて、動揺してしまった…
なぜだろうな…。
私たちはその…相性がいいと思うのだが…
新武将(女・生意気) キミって本当にすごいよね!
キミが来ると、ボク負ける気しないもん
ボクも、キミのこといいなって思ってた!
これから堂々といちゃいちゃできるね!
たぶん、キミのことが大好きだからだと思う。
キミはどう? ボクのこと好き?
新武将(女・妖艶) あなたって、どうしてあたしの心がわかるの?
助けてほしい時に、いつも来てくれる…
あたしを独占したいのね?
わがままな人…でも、そこがたまらないの…
あなたに見透かされてるようで、ゾクゾクするわ…。
…あたしはもう、あなたの虜になってしまったみたい
(E)新武将(女・優美) ああ、お怪我はございませんか?
先の戦、私のせいであなたはひどい目に…
ああ、もう忍ばずともよいのですね…。
あなたのお側で、思うまま愛してもよいのですね…
ご無事で本当に嬉しゅうございます…。
大切なあなたを失ったら私は…生きていけませぬ…
汎用武将(熱血) 俺と共に戦ってくれて、感謝する。
怪我はないか? 疲れてはいないか?
…今まで俺は、なりふり構わず戦ってきた。
だが、これからは少し自重しようと思う。お前のために
どうも救われたのに、お前のことばかり気になる…。
それだけ俺は、お前を大事に思ってるんだ
汎用武将(冷静) 我が知謀にお主の武力があれば、鬼に金棒。
先の戦ではそれを証明でき、嬉しく思う
望外の幸いよ…。
その思いに応えらえる男にならねばな
…色恋で策を弄すのはどうにも苦手でな。
今はただ、お主を好いておることだけ伝えよう
汎用武将(猪突) 始めのうちは、手柄を取られて…と妬んでもいたが、
最近は、そなたの活躍がたまらなく嬉しい
そこまで想ってくれようとは…。
男として、これ以上の喜びはあるまい
それはおそらく、そなたを好いておるからであろう。
この気持ち、受け取ってくれようか?
汎用武将(若輩) 先の戦、力を貸してくださりありがとうございました。
助力がなければ、今頃、私は戦場の土となっていました
私も、その…あなたのことが…。
なんだか、照れてしまいますね…
こうして…あなたに会える幸せも失っていたはず…。
私は…あなたのことを誰よりも大切に思っています
汎用武将(老練) そなたの心遣い、真にありがたい。
おかげでまた命をつなぐことができた
なんと嬉しき言葉よ…。
さっそく祝言の用意をせねば…
もはやこの世に思い残すことはないと思っておったが、
そなたと結ばれず逝くのは、悔いが残る…
汎用武将(猛将) 先ほどの戦の礼と共に、大事なことを言いに参った。
この機にしか、伝えられぬことゆえ…
もったいなき言葉よ。
その想いを胸に、これからは戦うとしようぞ
今まで潜り抜けてきたどの戦より緊張するわ…。
どうか生涯、添い遂げてくれぬだろうか…?
汎用武将(知将) お主の献身、いつもありがたいと思っておる。
何をすれば、その恩に報いることができるのか…
お主の気持ちはようわかった…。
可愛がってやろうぞ! 生涯かけて!
ま、まあ、お主にその気があれば、
夫婦になってもよい。あくまでもお主次第だがな…
  • 救出対象が武将・甲、操作対象が武将・乙となる。