将星絵巻 > 内助の功



冒頭

武将名 内容
ナレーション 「夫武将」は悩んでいた。
自分は将なのに、未だ愛馬を持っていない
ナレーション すると、「妻武将」が
馬を買うのに十分な金子をそっと差し出した

妻の内助

武将名 内容
お市 亡き祖母からもらった小袖を売りました。
いいのです。私の今の宝物は、あなたなのですから
阿国 往来で少し、舞わさしてもろて稼いだおあしどす。
勧進やおへんよって、遠慮のう使うとくれやす
くのいち お金に血がついちゃってます? それあたしの腕の…。
いえいえ、全然危険なお仕事なんてしてないっすから!
濃姫 実家から持ってきた思い出の品を売ってしまったわ。
もう、あれに頼る必要はない…あなたがいるもの
稲姫 近所の人たちに弓術を教えていまして…その謝礼です。
稲は最初から、あなたのために使うと決めていました
立花誾千代 …ぼた餅を大量に作り…一週間で売りさばいた…。
なに、眠くなどない…おいしいと評判で貴様にも一口…
ねね あたしが子供の時から貯めてたお金だよ。
お前様のためだもん、全部あげても惜しくないよ!
ガラシャ 髪型…変かのう? 少しだけ髪を売って稼いだのじゃ。
婿殿の喜ぶ顔が見られれば、それでよい!
甲斐姫 髪飾り、つけ爪、可愛い着物…ほぼ売ったったわ。
いいの! よく考えたらもうおしゃれする必要もないし
綾御前 縫い仕事をして…ちくちく貯めました…。
ああ、どうか、穴だらけの手を見ないでください…
井伊直虎 井伊家に伝わる鎧を売って…今は同じ型の古いものを…
い、色々小さいので、あまり見つめないでください…
小少将 ほら、あたしにお金をくれる男っていっぱいいるから。
…嫉妬しちゃった? ちょっと嬉しいな~♡
早川殿 お母様から頂いた嫁入りの持参金です。
愛する夫のために使えば、お母様も納得してくれます
新武将(女・活発) 驚かしてごめんね。
あなたの喜ぶ顔が見たくて、黙って貯めてたの
新武将(女・冷静) 私は夫のために、貯金くらいしかできない。
少しでも役立ててくれたら…本望だ
新武将(女・生意気) 節約してちょっとずつ、貯めていったんだよ。
できる妻を持って…幸せ?
新武将(女・妖艶) せっせとお金を貯めるなんて、あたしらしくない?
あなたがほほ笑んでくれたら、それで満足なの
(E)新武将(女・優美) 毎日少しずつ貯めていました。
夫に恥をかかせるわけにはまいりませんから

夫の謝辞

武将名 内容
真田幸村 すまない。こたびはありがたく使わせてもらう。
次に困窮した時は、紐を作ってしのごう…二人で
前田慶次 男の見栄のために、身銭を切ってくれるかい。
できる妻を持って、俺は幸せすぎるねえ…
織田信長 うぬの心、かの契りし時のまま、か。
その無垢さ、一途さが信長は嬉しい
明智光秀 どうかふがいなき夫を許してください…。
その金で買った馬で…必ずや大功を立ててみせます!
石川五右衛門 やべ…前がぼやけて大切な金を受け取れねえ。
俺様、絶対、てめえの愛情に応えてやっからなあ~!
上杉謙信 汝のおかげで、謙信はまた強くなれる。
ありがとう…
雑賀孫市 そんなことされて、グッとこねえ夫はいねえだろ…。
来いよ、今すぐ抱きしめてやるから
武田信玄 助かったよ。わしに気づかれずに金策を巡らすとは…
さすが虎の妻は虎、というところかのう…
伊達政宗 ご苦労。これでよい馬が買えるわ!
初乗りは、わしと貴様でじゃ。約束じゃぞ!
服部半蔵 影の苦悩を察したか…すまぬ。
鍛え上げた思考も心もお主の前では裸だな…
森蘭丸 あなたにまで苦労をかけてしまったようですね。
将来、この苦労の何倍もの幸せをお返しします!
豊臣秀吉 ありがてえ! 本当にありがてえ!
この金はお前さんの心そのもの…大事に大事に使うで!
今川義元 夫婦とは、支え合うて生きてゆくもの…。
次はまろの番じゃの! 必ずそちを助けてみせるの!
本多忠勝 …苦労をかけた。
せめて、家中の誰よりも秀でた馬を買おう
徳川家康 そなたにも知らずに忍耐をさせていたのだな…。
罪深き夫をどうか、許してほしい
石田三成 そんな大切な金、俺が使えると思うか!
…い、いや、この場合、使うことこそが愛なのか…
浅井長政 悩みを察し、なおかつ資金までくれるというのか。
そなたはどこまでも愛おしい存在だな…
島左近 この体たらく、夫失格ですね…。
でも、離しません。俺の妻は、あんたしかいないんでね
島津義弘 さても意地らしいことよ…。
無性に撫でたくなってきたぞ
直江兼続 私は自分の愛が日本(ひのもと)一と思っていた。
だが、お前の愛を前にしては…その自信も揺らぐぞ!
風魔小太郎 …ありがとう。
とびきりいい馬に、換えてやろう
宮本武蔵 すまねえ…。でも俺は貧乏でもいいんだ。
あんたがいてくれれば、それで…!
前田利家 ちくしょう、なんて甲斐性なしだ、俺は!
待ってろ、絶対、楽な暮らしをさせてやっからな!
長宗我部元親 俺の苦悩する魂が、お前の魂に響いたのだな。
我らは魂の夫婦…それを再確認できただけでも、上等
佐々木小次郎 君の優しさに触れると、僕の斬りたいって気持ちが…
ううん、なんでもない。このお金、使わせてもらうね
柴田勝家 …許せ。
わしは武働きでしか想いを返せぬ
加藤清正 何かやっているなとは薄々は気づいていた。だが…
俺のために頑張るお前が可愛くて…止められなくて…
黒田官兵衛 私よりも卿のほうが金の使い方を心得ているな。
まことに得がたき妻だ…
立花宗茂 お前、可愛いな。
勝手に雑炊を作るのをやめてくれれば、もっと可愛い
北条氏康 できすぎだぜ、愛しのかみさんよ。
今度は少し抜けたとこ、見せてほしいもんだ
竹中半兵衛 本当に、ありがとう…。でも、弱ったな…。
そのお金で買った馬は、絶対に乗り捨てられないよ…
毛利元就 この出来事は、理想の妻像として歴史に残るだろうね。
むしろ感動のあまり私が記したいんだけどいいかな?
福島正則 締めるとこは締める! 可愛いとこは可愛い!
本当、俺にはもったいねえ妻! マジ惚れ直す!
藤堂高虎 まさに糟糠の妻だな。
必ずや功を積み、成り上がって楽をさせてやる
柳生宗矩 …拙者、禁煙もするし、刀もぼろいままでいい。
だから、こんな無理は今回限りにしてほしいねェ
真田信之 ありがとう。これで私は名馬を買える。
すばらしき妻にふさわしい武士(もののふ)の姿、見せられるだろう
大谷吉継 気配を消して、動き回っていたのか…。
嬉しいが…そんなとこまで俺に似なくていい
松永久秀 我輩、ますますお主に頭が上がらないなあ~。
お主は悪党唯一の弱点! だ・か・ら、生涯離さぬ
片倉小十郎 私への中傷で、あなたも傷ついていたのですね。
それを解決するため…。深き愛を感じましてございます
上杉景勝 …馬を買える、嬉しい。
お前の気持ちも、嬉しい
小早川隆景 もう、ダメな夫という評価は覆りませんね。
ならば、存分に甘えてしまってもよろしいでしょうか…
島津豊久 俺…すごい馬買って、すごい手柄立てなきゃ…。
な、なんか、すごい重圧…
(II)井伊直政 …買った馬を見るたびにお前を思い出すだろうな。
常にお前が側にいるようで気が引き締まる。ありがとう
新武将(男・熱血) あんたは俺にはもったいない妻だ。
でも、誰にも渡さないぞ、絶対にな!
新武将(男・冷静) この大恩、どう返せばよいのだろうか。
どうか、教えてほしい…なんでもするつもりだ
新武将(男・生意気) 当然だよね、僕の奥さんだもの。
…あ、ごめん、怒らないで…冗談だから!
新武将(男・老練) 自分は果たしてそんな価値のある男だろうか…。
いや、奮起せねばお前を悲しませることになろうな
(E)新武将(男・威厳) 心遣い、感謝する。
良妻とは、まさにお前のための言葉よ…
汎用武将(熱血) 今日こそ思い知らされた。
俺はお前がいないとダメなのだな…
汎用武将(冷静) ありがとう。これで家中の笑い者にならずに済んだ。
そして、わしを見守ってくれるお前を泣かせずに済んだ
汎用武将(猪突) すまんな、苦労をかけた。
購入した馬で抜群の働きをしてみせる!
汎用武将(若輩) あなたにふさわしい夫になると誓ったのに…。
これからもどうか、情けない私を叱咤してください!
汎用武将(老練) これで大功を立てねば、ただの金食い虫よ…。
そなたのため、気を引き締めてまいる
汎用武将(猛将) わしの気持ちを察してくれたか…。
お前が我が妻で、本当によかった…
汎用武将(知将) おまえは日本(ひのもと)一の妻よ!
出会った時から知っておったがな!

末尾

武将名 内容
ナレーション 「夫武将」は無事に馬を買うことができた。
それは見事な名馬で家中の注目を集めたという