将星絵巻 > 五升枡

武将名 内容
ナレーション 「武将」が「大名」の部屋を訪れると、
「大名」はせっせと木で何かを作っていた

武将名 大名 武将
真田幸村 年貢を量る五升枡を作っています。
通常より小さめにした分、米を民に還元できるように
すばらしきお考えです。
その真心、きっと国の皆にも伝わりましょう
前田慶次 年貢を量る五升枡を作ってんだよ。
普通より小さめにすりゃ税も軽くなるってモンだ
民に余裕ができりゃあ、着るものも華やかになる。
ド派手な国にしていこうかあ!
織田信長 年貢を量る五升枡を変えようと思うてな…。
小さく作らば、民の分が余ろう
なぜ小さきごまかしに逃げる…?
枡を変えず、年貢の割合を変えよ
明智光秀 年貢を量る五升枡を作っているのです。
税負担が軽くなるよう、通常より少し小さめにと…
なんと慈悲深きお方か…!
民の喜ぶ姿が目に浮かぶようです
石川五右衛門 年貢を量る五升枡を作ってるんでい! 小さめになあ!
そうすりゃみんな、喜ぶってモンよ~!
それって俺様の禄まで減っちまうんじゃ…!
…ちくしょう! 五右衛門様は貧しい奴らの味方でい!
上杉謙信 年貢を量る五升枡だ。
通常より小さめに作り、耕作者に多く残す
天の嘉したまわんことを
お市 年貢を量る五升枡を作っているのです。
少し小さめにして、民の取り分が多くなるように
すばらしいお考えです!
民もどれだけ喜ぶことか…
阿国 年貢を量る五升枡をちょっと小さめに作ってます~。
皆も喜んでくれはるこっとすやろ
やあ、ご立派どすこと。
皆が潤うたら、勧進もその分ようけもらえますやろ
くのいち 年貢を量る五升枡をちょっと小さめにして、
うちらが取る分、少なくしてあげようかな…って
そのささやかだけど、温かい気持ち…。
みんなに伝わるといいですね!
雑賀孫市 年貢を量る五升枡を作ってんのさ。
俺らの取り分減らしてやるんで、ちょっと小さめにな
おっ! その考え、俺も一枚かんでたことにしてくれ。
きっと里の女にもキャーキャー言われるぜ!
武田信玄 年貢を量る五升枡じゃよ。
少し小さめにして、年貢を軽くしちゃおうと思ってね
民こそ国の基…。
おことは実によくわかっているね
伊達政宗 見て分からんか、年貢を量る五升枡よ!
普通より小さい? 当り前じゃ! 民のためよ!
よき心がけじゃ!
民なくして、天下などつかめぬからな!
濃姫 退屈しのぎにいじってるの、年貢を量る五升枡をね。
どうせだし小さめにして民に回る米を増やしてもいい?
その風聞で、他の国からも民が集まるかもね。
人の数は力よ…優しい顔して怖い人だわ
服部半蔵 年貢を量る五升枡を通常より小さめにし、
税を軽くする
拙者はお考えに従うのみ…
森蘭丸 年貢を量る五升枡を作っています。
少し小さめにして、皆に喜んでいただこうと思って…
なんとご立派なお考えでしょう…!
民も、この蘭も、終生の忠誠を誓います!
豊臣秀吉 年貢を量る五升枡を作っとるんじゃ!
皆に喜んでもらえるよう、普通より小さめにな!
こりゃあ地主だけが得する仕組みにしちゃいかん…。
万事、サルにお任せくださりませ!
今川義元 年貢を量る五升枡じゃの!
小さめに作ってやれば、みんな大喜びじゃの!
立派じゃの!
この喜びを蹴鞠で表現したいの! そーれ!
本多忠勝 年貢を量る五升枡を彫っておる。
小さめにして税を軽くし、装飾に我が魂を懸けん!
枡の木材がすばらしい…。
仕上げの飾り彫りを拙者にお任せあれ
稲姫 年貢を量る五升枡です。
小さめに作れば、その分、皆、喜ぶことでしょう!
なんてすばらしいお考えでしょう。
民の喜ぶ姿が目に浮かぶようです
徳川家康 年貢を量る五升枡を作っておるのだ。やや小さめにな。
さすれば小さくなった分を民に返してやれる
民のためにそこまで…。
この家康、民に代わって御礼申し上げまする…
石田三成 年貢を量る通常より小さい五升枡を作っている。
税を軽減し、民力を休養させるのだ
我らが直接税を取り立てる地主だけでなく、
すみずみまで恩恵が行き渡るよう取り計らいます
浅井長政 これは年貢を量る五升枡だ。
小さめに作れば、喜んでもらえると思ってな
見事な心がけ、胸を打たれたぞ!
島左近 年貢を量る五升枡を作ってる。
ちょいと小さめにして、民に回る分が増えるようにね
理想は実にご立派です。
現実にどうすればいいかは…俺の軍略の出番ですかね
島津義弘 年貢を量る五升枡を作っておるのだ。
少し小さめに作れば、その分を返してやれよう
お上の優しきイカサマ、か。
勝ちの目が出るとよいな
立花誾千代 年貢を量る五升枡を作っている。
少し小さめなのは、その分を民に返してやるためだ
税制から改めよ…と言いたいところだが、
民の負担を減らす一歩としては、悪くはない
直江兼続 年貢を量る五升枡を、愛をもって少し小さめに作ろう!
そうすれば、民に回る分が増えるからな!
愛に満ち、義を貫くお振る舞い…!
直江兼続、殿に生涯ついてまいりまする!
ねね 年貢を量る五升枡を作っててね。
少し小さめでしょ? その分をみんなに返せるんだよ
じゃあ、大きい枡は捨てちゃおうよ!
全部小さい枡にしちゃえば、みんな幸せだよ!
風魔小太郎 年貢を量る五升枡だ。
少し小さく作ることで、年貢を軽くする
上が大きい枡と小さい枡を作って、下に禁止できまい。
うぬは正しく使うかもしれぬが万人がそうとは限らぬ
宮本武蔵 年貢を量る五升枡…普通よりちょっと小さいだろ?
そうすりゃその分、税が軽くしてやれっからよ
そりゃあいいな!
人を活かすにはまず飯だ!
前田利家 年貢を量る五升枡を作ってんだよ。
少し小さめにして、その分を還元しようと思ってな!
そいつはいい! 民も喜ぶに違いありません!
収入が減っても、倹約すればいいんです! 倹約!
長宗我部元親 年貢を量る五升枡を小さくしている。
魂がささやくのだ…米を民に還元せよと
歴史ある枡の大きさに逆らうか…。
その心意気、上等!
ガラシャ 年貢を量る五升枡を作っておるのじゃ。
小さめにして、その分を皆に返してやりとうてな
ほむほむ、枡を変えるのじゃな!
さらに年貢の割合を変えれば、皆、大喜びなのじゃ!
佐々木小次郎 年貢を量る五升枡だよ。
小さめに作れば、その分が民に回るって寸法さ
まあ、いいんじゃない。
みんな喜ぶと思うよ
柴田勝家 年貢を量る五升枡を作っておる。
わずかでも小さめに作れば、民に回る米も増えよう
感服仕った。
殿の御意にうるさく抜かす輩は柴田が相手ぞ!
加藤清正 年貢を量る五升枡を作ってるんだ。
少し小さめにしておけば、喜んでくれると思ってな
これは大変なことだぞ…。
とにかく、いろいろ手配しておきます!
黒田官兵衛 年貢を量る五升枡だ。
小さめに作れば、その分を返してやれる
愛民は煩わさるべきなりと申しますが…
お聞き届けくださいませぬでしょうな
立花宗茂 年貢を量る五升枡を作っている。
民に取り分を多くやれるよう、少し小さめにな。
いい考えだな。
ま、面倒が起こりそうなところは手を打っておくさ
甲斐姫 年貢を量る五升枡を作ってんのよ。
少し小さめにしたら、その分負担が軽くできるでしょ
それいい! 最高です!
あ~、みんなの喜ぶ顔を早くみたいな~!
北条氏康 年貢を量る五升枡を作ってんだよ。
普通より小さくすりゃ国の奴らもその分、楽になんだろ
領民思いのド阿呆は、やることが突飛だな…。
ま、思う存分やってみやがれ
竹中半兵衛 年貢を量る五升枡だよ。小さめに作れば税が軽くなって
みんな大喜び! う~ん、俺って優しい!
…うん、いい考えなんじゃない?
兵糧備蓄とか不正対策とか、俺がなんとかするよ
毛利元就 年貢を量る五升枡を作ってるのさ、普通より小さく。
そうすればきっと領民のためになるだろうと思ってね
度量衡を統一するのに歴史上どれだけ苦労があったか。
…いや、君の考えは立派だから、止めはしないけどね
綾御前 年貢を量る五升枡を小さめにするのです。
税が軽くなり、村々から喜ぶ声が聞こえることでしょう
民のためとあらば、枡をもごまかす…。
不正に対する薫陶を与えたうえ…抱きしめましょう
福島正則 年貢を量る五升枡を作ってんだよ!
ちょい小さいのがミソ! そうすりゃみんな喜ぶだろ!
おお! 最高じゃね!?
俺、今、ものすっげー感動してます!
藤堂高虎 年貢を量る五升枡を作っている。
普通より小さめにすれば、税を軽くでき、皆喜ぶだろう
民を第一に考えるその姿勢…
お見事でございます
井伊直虎 年貢を量る五升枡を作ってたんです。
ちょっと小さくすれば、みんな喜ぶかなって…
すばらしいお考えですね!
私の体も枡も小さい方がいいです!
柳生宗矩 年貢を量る五升枡だよォ。
小さめに作れば、税が軽くなって皆喜ぶだろうしさァ
とかく御意のままに。
些事は裏柳生にお任せを
真田信之 年貢を量る五升枡を作っている。
小さめに作れば、領民の暮らしも少しは楽になるだろう
ご立派なお考えだと思います。
民がどれだけ喜ぶか…私も我が事のように嬉しい
大谷吉継 年貢を量る五升枡を作っていたのだ。
少し小さめにした。そうすれば民に回る米が増える
民も喜びましょう。
軍備や物資に問題あらば、私が処理します
松永久秀 これぞ我輩特製の五升枡である!
これで年貢を量ればあら不思議、米が民に多く回るのよ
本来なら経済大混乱の下策だが、どうせ話だけだ!
気持ちよくお涙頂戴な民思いの殿様演じるがよい~
片倉小十郎 年貢を量る五升枡を少し小さめに作っておりました。
税負担を軽減し、領民の皆様に喜んでいただくために…
ご無礼ながら、甘すぎます。
されど、そこがあなた様のよいところでございますね
上杉景勝 …年貢を量る五升枡だ。
皆のため、少し小さめにした…
…ご立派だ
小早川隆景 年貢を量る五升枡を作っていました。
少し小さめにすれば、皆の暮らしも楽になるでしょう
何かを変える勇気がなくては現状は打破できません。
不安要素も大きい策ですが…やってみましょうか
小少将 年貢を量る五升枡を少し小さめにしようと思って。
そうすればその分、皆の暮らしが楽になるから
それ、あたしの収入まで減っちゃうでしょ?
…いいわよ。あなたのため、領民のために我慢するわ
島津豊久 年貢を量る五升枡を作ってたんだ。
ちょっと小さめにしてみた。喜んでくれるかな!
米とか穀物作ってる奴はそれで助かるけど、
俺みたいに豚育ててる奴とかはどうなるんだ?
早川殿 年貢を量る五升枡よ。ほら、ちょっと小さいでしょ?
こうすれば国のみんなの暮らしも少し楽になるかなって
とても立派な心がけだと思うわ。
国のみんなに代わって、お礼を言わせてね
(II)井伊直政 年貢を量る五升枡を作っていた。
少し小さめにすることで民に残る米を増やす工夫だ
この政策、あなたはその場しのぎで終わらせない。
俺はそう信じていますから
新武将(男・熱血) 年貢を量る五升枡を作ってたんだ。
小さめにしといたから、みんなも喜んでくれるだろ!
熱い殿様だ…。
いえ、すばらしいお考えだと思います!
新武将(男・冷静) 年貢を量る五升枡を作っていた。
普通より少し小さいのは、民に回す米を増やすためだ
民に多く米を回すことで、経済が発展するでしょう。
この国の未来は明るいな
新武将(男・生意気) 年貢を量る五升枡を作ってたんだ。
ちょっと小さめだから、みんな喜ぶよ、きっと!
あーあー、これだから素人は困るんだよね~。
大小二種類の枡ができることの意味、わかってるの?
新武将(男・老練) 年貢を量る五升枡だ。小さめにすることで、
その分の米を返す…自分の心ばかりのはからいだ
自分は経験していないことはなんとも言えませぬが、
お心はすばらしいかと存ずる
(E)新武将(男・威厳) 年貢を量る五升枡を作っていた。
普通より少し小さめにして領民に喜んでもらおうとな
ご立派なお心がけと存ずる。
皆の喜ぶ姿が目に浮かぶようです
新武将(女・活発) 年貢を量る五升枡を作ってたの。
普通よりちょっと小さくして…。喜んでくれるかな…
すばらしい思い…きっとみんな喜んでくれるはず!
こんな主君に仕えられて幸せです!
新武将(女・冷静) 年貢を量る五升枡を通常より小さくした。
耕作者の元に多く米が残り、民力休養となるだろう
本来、経済混乱の元ともなりかねんが、
影響が出るまで時間がかかろう。暫時は問題あるまい
新武将(女・生意気) じゃーん! 年貢を量る五升枡を作ったよー!
小さめだから国のみんなに優しいんだ!
ボクの収入が減っちゃうぶんは…我慢?
国の収入が減っちゃうぶんは…ボクらが頑張るの?
新武将(女・妖艶) 年貢を量る五升枡を作ったのよ。
少し小さめ…だから、みんなの手元に米が残りやすいの
いいんじゃないかしら?
優しい人は好きよ
(E)新武将(女・優美) 年貢を量る五升枡を作りました。
普通より少し小さい分、民に返してあげられます
なんとご立派なことでしょう。
きっと皆も喜ぶことと存じます
汎用武将(熱血) 年貢を量る五升枡を少し小さめにしたから、
皆の暮らしも、きっと楽になるぞ!
-
汎用武将(冷静) 年貢を量る五升枡を少し小さめにして
民の取り分を増やしてやろうと思うてな
-
汎用武将(猪突) 年貢を量る五升枡だ。
民の取り分が増えるよう、少し小さめにしてみた
-
汎用武将(若輩) 年貢を量る五升枡を新しくしました。
普通より少し小さめにして税を軽くするのです
-
汎用武将(老練) 年貢を量る五升枡を作ってみたのよ。
少し小さめにして…これで民の暮らしも潤おう
-
汎用武将(猛将) 年貢を量る五升枡を少し小さくした。
領民に残す米を増やそうとな、どうだ?
-
汎用武将(知将) 年貢を量る五升枡を作っておった。
少し小さくしたゆえ、その分を領民に返してやれよう
-

武将名 内容
ナレーション 「大名」の計らいに領民は感激したという