将星絵巻 > 目安箱

武将名 内容
ナレーション 「大名」は民が直接自分に意見を言えるよう、
領内の各所に目安箱を設置した
ナレーション 民はこぞって目安箱に意見を投書した。だが…
あろうことか家臣たちも密かに投書をしていたのである
ナレーション 「大名」はそうと知らずに、その一通に目を通す

武将名 武将の投書 大名の反応
真田幸村 「健全な魂は健全な肉体からと申します。
毎朝、皆で体操をするべきでしょう」
民の悩みも、色々だ…。
さっそく対応策を練らなければ
前田慶次 「俺だけ傾いてるのも何だ。皆で仮装しないかい。
農作業があく秋から冬のどっかでよ。愉しいぜ!」
面白いねえ。
採用採用
織田信長 「己が望みを他者にかけようなど滑稽よ。
この箱、ただちに破却せよ」
…是非もなし
明智光秀 「何とぞ、くじ運がよくなりますよう、
お願い申し上げ奉る」
これは前向きに検討しなくては…。
この民意、明智十兵衛光秀が必ず…!
石川五右衛門 「人気投票は、体重の分だけ
票におまけがつくようにするべきだぜ~」
うっし! 俺様に任せやがれ!
義賊は民の味方! すっとんでって、あ、やらあ~!
上杉謙信 「酒が足らぬ」 これも天意。
善処すべし
お市 「小豆であんこを作るか、お手玉を作るか迷います。
決めてください」
なんだか大変そう…。
どうにかしてあげなくては…
阿国 「舞台作っておくれやす」 ま、人の願いちゅうモンはこんなモンどすわ。
せやけど、これかなえたら、どないなるんやろ…
くのいち 「そろそろお休みが欲しいかにゃー。
温泉とか連れてってくれません?」
………………。
よし、これは見なかったことに…ダメ?
雑賀孫市 「領内すべての女性を愛に狂わせる罪な俺に
罰を…」
ま、いいんじゃね?
これぐらいなら、やれねえこともねえ
武田信玄 「塩が足りんね。
味付けが非常にわびしいよ」
これが民の声なら、なんとしても応えねばならん。
…民の声かね、これが?
伊達政宗 「異国を見てみたい!
大船を造ろうぞ!」
これしきのこと、
わしの手にかかれば造作もないわ!
濃姫 「退屈で仕方ないわ…。
何か面白いことをやって頂戴」
この私に火をつけたわね。…見てなさい
服部半蔵 「忍びはもっと忍ぶよう、申しつけられたし」 成し遂げよう…闇に踊って…
森蘭丸 「世の焼物は一定でつまらないと存じます。
焼物はいびつに、これを厳守するお触れを」
これは蘭に与えられた使命です。
全身全霊をかけてやりとげてみせます
豊臣秀吉 「浮気はバレても、三回までは怒られんお触れを
なにとぞ出してくだされ~!」
なんじゃ、妙な頼みじゃのう!
しかし、わしにかかれば一晩で解決よ!
今川義元 「背中のかゆい所に手が届かぬの!
かいてほしいの!」
…かの者と一度話し合わねばならんの
本多忠勝 「防犯、治安のため、
拙者の彫った等身大の木像を街角に置いては?」
我が蜻蛉切にて応えん!
稲姫 「家中に風紀の乱れを感じます。
不埒な方はびしびし取り締まるべきです!」
民の声にまっすぐ応えなくては!
稲、驀進(ばくしん)します!
徳川家康 「天ぷらとは…真にうまいもの。
毎朝の膳には必ず、天ぷらを載せるべし」
忌憚なき声、ありがたいものよ。
一歩一歩、実現すべく歩みを進めよう
石田三成 「字が汚くてもいいよう、字が打てるような機械を
天下の人が持ち、それが線で繋がる仕組みを」
…なんだこれは。馬鹿なのか?
浅井長政 「領内に咲く花は踏まぬように
かわいそうだ」
正直な意見。
信義をもって応えよう!
島左近 「人が気持ちよく遊んでるのに、襖すぱーんと開けて
邪魔してくる仕事中毒の人をなんとかしてください」
こいつは難題だが…。
だからこそ俺の軍略も冴えるってモンだ
島津義弘 「当家には猫の当番がおらぬ。
由々しきことであろう」
やれやれ…悩ましきことよ
立花誾千代 「こんな箱で他者の共感を買おうとしても無駄だ。
天下をよくしても誰も支持せぬ。それでも進めるか」
立花は弱者の味方だ。必ず応えてみせる!
この苦しみを…少しでも和らげてやりたいのだ…
直江兼続 「義と愛こそが乱世を鎮める(しるべ)
皆の前立にも義と愛を掲げましょうぞ!」
この声を放置しては義にもとる!
急ぎ対策を練らねばなるまい!
ねね 「油が切れちゃって。
帰りに買ってきて?」
みんな悩んでるんだね。
わかった! あたしにどーんとお任せだよ!
風魔小太郎 「自然を大切に」 こやつめ…
宮本武蔵 「我、事において後悔をせず。
仏神は貴し仏神を頼まず…」
民ってのは…ここまで苦しまなきゃならねえのかよ!
天よ、応えてくれ!
前田利家 「財政をちゃんとしろ。上のモンは全員算盤使え。
見栄は張んな。徹底して支出を削ってけ!」
村の爺婆(じじいばばあ)が一生懸命書いた姿が目に浮かぶぜ…。
仕方ねえ、採用してやらあ!
長宗我部元親 「多芸を欲ばる者は巧みならず。
一芸に熟達するよう布令を出すべきだ…熱く!」
凄絶な魂の叫びを聞いた!
俺も応えねばなるまい、魂で!
ガラシャ 「これに願いを書いて入れればなんでもかなうのか?
どのような仕組みか教えよ!」
面白そうなのじゃ!
わらわもぜひ一緒にやってみたいのじゃ!
佐々木小次郎 「斬りたい斬りたい斬りたい斬りたい斬りたい
斬りたい斬りたい斬りたい斬りたい斬りたい」
可哀想だ…。
僕が綺麗に斬ってあげないと…
柴田勝家 「男はちゃんと髷を結え! 髭を伸ばせ!
鎧を着よ! なよなよするな! 以上!」
ぐだぐだうるさいわ!
…黙して励め
加藤清正 「石垣は…石垣だけは反らせてください…!」 これが現実ってやつか…。
俺にできることはやってやらないと…
黒田官兵衛 「倹約を旨とすべきです。
殿の不要なものは家臣に売り下げ、お家の収入に」
潰すべき火種が見えたようだ
立花宗茂 「栗のいがが踏むと痛い。
どうにかしてくれないか」
やってやるか。
俺にはたいていのことができるんでな
甲斐姫 「一生懸命おしゃれしてるのに頑張りすぎとか熊とか…
そりゃあ熊かもしれないけど、もう少し優しくして」
ひどい…! こんなことになってるなんて…。
わかった任せて! あたしが一肌脱いであげるわ!
北条氏康 「村の婆のとこまで自分で風邪薬持ってってみやがれ。
自分の目で見ねえ、血が通わねえ政治に意味はねえ」
民は俺のガキみてえなモンだ。
子の悩みは、親が見てやらねえとな
竹中半兵衛 「脳を効率的に働かせるために、昼寝の時間ってのを
やっぱりきちんと設けるべきだと思うんだよ」
なるほどね…ま、俺に任せてよ。
ちゃちゃっと実現させてみせるからね
毛利元就 「皆、もっと歴史を知るべきだと思うんだよ。
歴史は今の自分がどう生き…(以下延々と続く…)」
ま、これも広い意味で国の皆の意見だからね。
実現すべく善処しないといけないかな
綾御前 「一生懸命に作ったご飯を劇物のように食べられると
とても傷つきます。全員処断してください」
愛する民の悲しみが…。
倒れるたび傷つくたび、綾を強くするのです
福島正則 「福島正則って人がガチでかっけーんで!
全員あの髪型にすればかっけー国になると思います」
いいこと書いてやがる…泣けてくるぜ…!
っしゃあ! 採用だ! 男福島は実行の男だぜ!
藤堂高虎 「手ぬぐいと餅の理想郷」 俺は今、人としての器を測られているのだな…
井伊直虎 「どうか、可愛い女の子になれますように!」 はうう…それ、たぶんきっと私が悪いんです!
すみません! 心の底からすみません!
柳生宗矩 「喫煙者にも権利を…」 無理に悩みを投書しなくてもいいのにねェ。
ま、善処するよォ
真田信之 「桜の枝を折る不届き者が多いのです。
注意していただきたい」
妙な陳情だが、本人は真剣なのだろう。
ならば私も真面目に向き合わなくてはいけないな
大谷吉継 「暗がりで人に会うとやたら驚かれる。
皆、もう少し耐性をつけるよう願う」
…ぼちぼち、やろう
松永久秀 「松永久秀さんはとてもいい人だと思います。
絶対に天下人にしてあげてください」
聞くだけ聞いてやらな~い!
…頼むからこれ以上、人を嫌いにさせないでください
片倉小十郎 「風情のわからない者が笛についてとやかく言うのを
やめさせては? 端で聞いて失笑を禁じかねます」
ご無礼ながら、だいたいの方向性はその感じで、
細かい修正を臨機応変に入れつつ対応いたしましょう
上杉景勝 「…皆、話すのが早い」 …む…むむう
小早川隆景 「お城の蔵書が少ないように存じます」 こ…これは、難題ですね…。
私で対処できるか…いえ、ここで尻込みしていては…
小少将 「日焼けはお肌の大敵。
戦に出る時、日除けを用意して」
う~ん、そうねえ。
確か髪の中に使えそうな道具が入ってたと思うけど…
島津豊久 「子犬って言われるの嫌なんで、
別のあだ名考えてください!」
わかる…すげえわかる、お前の気持ち!
俺、これの実現に全力を傾ける!
早川殿 「誰かをあまりお姫様扱いしすぎないでほしいの。
うるさくつきまとわれるとかえって気づまり…」
私も同じことを考えてたの!
必ず、力になってみせるわ
(II)井伊直政 「赤備えは井伊直政隊だけにすべきです。
他の赤い奴らは染め直すようにしてください」
不採用!
俺はもう最善を尽くしている
新武将(男・熱血) 「熱く魂を燃やすべきだと思う!」 こ、こんな難題…!
だがこれも俺への期待…裏切ることなんてできない…!
新武将(男・冷静) 「信賞必罰を公正にし、質実剛健に努め、
民を慈しみ、自らを厳しく律するべきかと」
共感できるな。採用だ。
うむ、目安箱を設置したかいがあった
新武将(男・生意気) 「当主があんぽんたんなので、交代すべきじゃない?
しょうがないから僕が代わってあげるよ」
ようやく下々もここに気づくようになったんだ…。
ま、僕はとうに気がついてたけどね!
新武将(男・老練) 「自分の経験を後進にも伝えたい。
講演をさせていただければと思い…」
これは自分も経験した。
わかった、善処しよう
(E)新武将(男・威厳) 「要らない将がいるのでは…」 民の声、なんとか応えてやらねばなるまいな
新武将(女・活発) 「名物が手軽に手に入ると嬉しい!
あ、茶器とかじゃなくて地方のおいしいものとか…」
思いが…伝わってくる。
わかったよ、みんな…! 私、必ずやってみせる!
新武将(女・冷静) 「騒がしい者が多く落ち着きません。
殴ってもよろしいですか」
根の深い問題だ…重く受け止めねばなるまい。
抜本的な解決策が必要だ
新武将(女・生意気) 「城下町をお店いっぱいにして経済振興させて!
あと梨が食べたい」
わかった…ボク、伝わったよ!
ボク、やる! ボク、断然やっちゃうかんね!
新武将(女・妖艶) 「あたしの美貌を見たいのなら、堂々と。
こそこそ見るのはやめてって伝えて」
え? 無理
(E)新武将(女・優美) 「戦場で人を傷つけるのに慣れませぬ…。
どうか戦をなくしてください」
これが民の声…。
ああ、悲しみ深き乱世、早く何とかしなくては…!
汎用武将(熱血) - いい意見だ!
なんとかしてやらないとな…
汎用武将(冷静) - 民の声とは意表を突くものよ。
それがわかっただけでも収穫…さてどう応えたものか…
汎用武将(猪突) - 刺さる言葉よ…。
民のため、善処するとしよう
汎用武将(若輩) - 難題よ…。
民の声とあらば、対応を考えねばなるまい
汎用武将(老練) - 民の苦しみ…悩み…。
わしは今、乱世を駆逐する決意を新たにしたぞ
汎用武将(猛将) - ふむ。
正直、どう対応したものか、見当もつかんわ
汎用武将(知将) - なかなかよいことを申す。採用じゃ!
わしの慈悲に感謝するがよいぞ
  • 一般武将では発生しない。

武将名 内容
ナレーション 密かに様子を見ていた「武将」は心底驚いた