将星絵巻 > 大名の心遣い



冒頭

武将名 内容
ナレーション 「武将」が自室で戦傷の治療をしていると、
小姓が書状を持ってきた
ナレーション それは「大名」が「武将」を心配して送った
見舞いの書状であった

大名の書状

武将名 内容
明智光秀 「お加減は大丈夫でしょうか? あなたが心配で
食事も喉を通りません…どうぞお大事に」
お市 「傷の具合はいかがですか。戦に勝っても、あなたを
失っては意味がありません。どうかご自愛を」
阿国 「無茶しはって。往ぬときはうちがお連れしますよって
それまではお体大切にしとおくれやす」
浅井長政 「大事ないか。命を惜しまず信義を貫くその姿には、
感嘆を禁じ得ない。これからも某を支えてくれ」
ねね 「ケガは大丈夫? フーフーしてあげよっか?
痛いの痛いの飛んでけ! でもいいよ?」
ガラシャ 「ケガの具合はなんとじゃ? 大事にせよ。
そちが傷つくと、わらわの胸も痛いのじゃ」
井伊直虎 「大丈夫ですか? ケガさせちゃってすみません!
私がもっとしっかりしなきゃ…頑張ります!」
大谷吉継 「傷の具合はどうだ。ここで果てる流れではないが、
くれぐれも命を粗末にはするな」
小早川隆景 「お加減いかがですか。傷に効く薬を書物で見つけ
後ほど届けさせるつもりです。よく休んでください」
早川殿 「この間、おでこで熱を測った時は大丈夫だったけど
熱など出していない? とにかくよく休んでね」
  • 明智家編も他家編も内容は同一であり、発生条件のみ異なる。

武将の感想

武将名 内容
真田幸村 ありがたきお心遣い…。
この方のため、私はより一層励まなければ…
前田慶次 家臣のケガにまでこんなに気を遣って…。
こりゃ気苦労が絶えないご主君だ、支えてやらねえとな
織田信長 信長を労うか…恐れ入り奉る
明智光秀 なんとお優しい…。
私の志はこのお方の下でこそ遂げられる
石川五右衛門 泣かせる気遣いだぜ…!
この書状、俺様にとっちゃ、値万両でい~!
上杉謙信 ありがたし。
来たるべき闘争に備え、身を厭わん
お市 こんな優しい言葉をかけてもらえるなんて…。
私ももっと頑張らないと
阿国 かいらしお手紙やこと。
ほん、ええご主君どすなあ…
くのいち 忍び相手にマメなお方ですねえ。
…ま、ちょっと感動しましたけど
雑賀孫市 やってくれるじゃねえか。
俺の心、撃ち抜かれちまったぜ
武田信玄 家臣を大事になさるお方よ。
当家は盤石じゃな
伊達政宗 馬鹿め! 天をつかもうとする者が、
家臣のケガごときに煩わされてどうする!
濃姫 甘い言葉…あきれるわね
服部半蔵 この傷は拙者の不覚。
その上、主に気遣いさせようとは
森蘭丸 なんともったいないお言葉!
この書状は家宝にいたします!
豊臣秀吉 わしなんぞにこんな…どえりゃあありがてえわ!
この秀吉、殿のためなら、いつなりと命捨てますで!
今川義元 嬉しいの!
早うケガを治して、一緒に蹴鞠ろうの!
本多忠勝 過分なお言葉よ。
…拙者が治療してやっている兵にまでお気遣いを
稲姫 ありがたいお言葉です。
このお気持ちに稲も応えていかなくては
徳川家康 なんとここまでの心配りを。
この家康、一層の忠勤を誓いまするぞ
石田三成 俺などのケガを気に懸けている場合ではなかろうに。
…困ったお方だ
浅井長政 なんとありがたい!
一層の忠誠をもってお仕えしよう!
島左近 この優しさにつけ込まれなきゃいいが…
ま、そのために俺がいるってことか
島津義弘 甘く可愛らしい文よな。
まったく、甘く可愛らしい主君に賭けてしもうたものよ
立花誾千代 馬鹿な。立花には戦で傷つくことなどなんでもない。
…この書状は大事に取っておくが
直江兼続 なんと愛に満ちたお方か!
この兼続、一層の忠誠を誓います!
ねね 嬉しいよ!
休んでいらんない! もっとガンバらなくちゃ!
風魔小太郎 はかない人の子が、魔の心配とはな…
宮本武蔵 なんかむずがゆいな。
これが人を活かすってやつか?
前田利家 こんなふうに言われちまったら、
ゆっくり休んじゃいられねえぜ!
長宗我部元親 この優しさを甘さと呼ぶ者もいよう。
ならば俺がその甘さを守り続ける! 凄絶にな!
ガラシャ ただでさえ、外に出たくてそわそわしておるのに、
この文をもらってはなおさら休んでおられぬのじゃ!
佐々木小次郎 誰かを斬る以上、誰かに斬られることもある。
当たり前のことなんだけどね
柴田勝家 お叱りを受けるべきところを…。
この慈悲に甘えてはならん
加藤清正 ケガ一つで大げさな…。
これは討死なんぞ絶対にできんな
黒田官兵衛 家臣など替えの効く道具に過ぎぬ。
あまり思い入れなさるべきではないな
立花宗茂 優しい文だ。
床上に一陣の涼やかな風といったところかな
甲斐姫 こんなに言ってもらえるなんて…。
感動した! ゼッタイ頑張る!
北条氏康 爺さんは領民に薬を手渡し、今の主は手紙を渡すか。
時代は流れたが…主が下を思う気持ちは変わらねえな
竹中半兵衛 俺が欠けちゃ困る…って
そういう損得勘定じゃないんだよね。まいったな…
毛利元就 さすが、家臣の心をつかむのがうまい。
稀代の名君にお仕え出来て幸せだね
綾御前 殿の愛に感じ入りました…。
綾もまた一層の愛を捧げましょう
福島正則 俺なんかのために、こんな…!
やるぜ! 俺はやってやらあ!
藤堂高虎 家臣にこのような気遣いを…。
仕えるべき主、今度こそ定まったな
井伊直虎 はうう、私なんかに気を遣わせちゃって…。
すみません、ほんとにすみません!
柳生宗矩 優しいお言葉に涙が出ちゃうねェ。
おじさん、張り切っちゃおうかなァ
真田信之 なんとありがたきお言葉…。
お家のため、一層尽くすことを誓います
大谷吉継 ありがたいのだが、こうまで細々と気を遣われては
殿のお体のほうが心配だな
松永久秀 実にありがたすぎて涙が出る!
お礼に爆薬をつめた茶釜を進上せねば!
片倉小十郎 ありがたいお気遣い、恐懼(きょうく)の極みにございます。
私はご主君さえ無事ならば大丈夫でございますのに
上杉景勝 …む、感無量だ
小早川隆景 こうまで家臣を慈しまれるとは。
主君に恵まれました…
小少将 こんなのが効いちゃうなんて。
あたしも安い女ね
島津豊久 命の使い所を間違えるなってことだよな。
大丈夫、俺、ちゃんと死んでみせるから!
早川殿 心配かけちゃったな…。私、今、実感できた。
仲間がいるってことは、勝手にできる命じゃないんだ
(II)井伊直政 殿は俺を気遣って、この書状をしたためて…!
ありがたいことだ…!
新武将(男・熱血) ありがたきお言葉!
よし、完全に気合が入った! カチってな
新武将(男・冷静) ありがたきお心遣い…。
一層の忠勤に励まなければならないな
新武将(男・生意気) 僕がこんなケガごときでどうにかなるわけないのに!
心配性だな~
新武将(男・老練) 自分ごときに、これほどの温情を…。
なお一層精勤いたしまする
(E)新武将(男・威厳) ありがたきお言葉かな!
このご恩、なんとしても報いねば
新武将(女・活発) 嬉しい…感動しちゃったな…!
私、もっともっと頑張らなきゃ!
新武将(女・冷静) 主君に心配を懸けてしまうとは…。
己の至らなさ、改めねば
新武将(女・生意気) 心配してもらっちゃった!
ボクの元気な姿、早く見せてあげないと!
新武将(女・妖艶) あたしが気になってしょうがないのね。
…可愛い人
(E)新武将(女・優美) なんとありがたいお言葉でしょう。
一層お尽くし申し上げねばなりませんね
  • 一般武将では発生しない。

末尾

武将名 内容
ナレーション 「武将」は「大名」の心遣いに感動し、
さらなる忠節に励もうと決めた