将星絵巻 > 隠し湯



冒頭

武将名 内容
ナレーション 戦後、「武将・甲」は戦傷や疲れを癒すため、
己のみが知る秘湯へ、「武将・乙」を誘った

武将・乙の謝辞

武将名 内容
真田幸村 誘っていただいて、ありがとうございます!
戦での生傷が絶えず、参っていたところなのです
前田慶次 あんたしか知らない秘湯か。愉しみだねえ!
…いたずらはしねえから、安心しな!
織田信長 よいぞ…。
信長を秘湯へ案内(あない)せよ
明智光秀 あなたの心遣い、本当に嬉しいです。
のんびり湯に浸かり、今後について語り合いましょう
石川五右衛門 なあ…温泉だよな? 風呂釜じゃねえよな?
どうもビクビクしちまって、いけねえ、いけねえ…
上杉謙信 秘湯巡りもまた愉悦…
お市 あなたと温泉に行けて…嬉しい。
お肌をつやつやにして、帰りましょうね
阿国 温泉なんて久しぶりや~。
しかも、秘湯やなんて…うち嬉しおす!
くのいち 忍びなんであちこち擦りむいてるんです。
だから、あなたのお誘い…本当にありがたいっす!
雑賀孫市 じっくり湯に浸かるとしようぜ。
俺の色男っぷりにますます磨きがかかる!
武田信玄 おことが誘ってくれる秘湯! 愉しみじゃのう!
効能は? 泉質は?
伊達政宗 貴様の秘蔵の湯とやら、馳走になろう。
さぞかし、よき温泉なのじゃろうな?
濃姫 私と二人きりで温泉だなんて、命知らずね…。
…冗談よ、思いっきり愉しませてくれるんでしょ?
服部半蔵 湯に入っても、仮面は取らぬぞ
森蘭丸 あの…お誘い、ありがとうございます!
温泉についたら、蘭がお背中をお流ししますね!
豊臣秀吉 お前さんの秘蔵の名湯、愉しみじゃわ!
先客とも話をしたいもんじゃ
今川義元 誘ってくれて、ありがとうの!
まろの足の疲労…これで癒せるの!
本多忠勝 温泉か、たまには戦場を忘れるもよい…。
ゆるりと浸かり、戦談義に花を咲かせるべし
稲姫 ゆっくりと浸かりましょうね!
恥ずかしいので…先客がいないといいんですけど
徳川家康 わしは温泉に目がなくてな…。
お主の誘い、待っておったぞ!
石田三成 温泉に行っている暇は本来ないのだが…。
せっかくの誘いだ、ついていってやる
浅井長政 温泉など久しぶりだ…。
存分に裸で語り合おう!
島左近 温泉のお誘いとは嬉しいですね。
戦も忘れ、時も忘れ、のんびりするとしましょ
島津義弘 お主と温泉に行けるとは…まずは満足。
酒と絶景があれば、なおいいがな
立花誾千代 なかなか乙なことを。
たまには裸で語り合うのも悪くないな
直江兼続 温泉に誘うとは…私と語り合いたいことがあるのだな!
どんと来い! 義でも愛でもなんでも語り合おう!
ねね 温泉かあ、愉しみだね! 家事で肩凝っちゃって…。
ね、着いたら、お互い肩たたきしない?
風魔小太郎 我の犬たちも入れる温泉なら喜んで
宮本武蔵 あんたの誘いだから、ま、行くけどよ…。
俺、なんだったら見てるだけでもいいか?
前田利家 誘ってくれてありがとな!
温泉なんて久しぶりだから、はしゃいじまうぜ!
長宗我部元親 温泉、それは魂の洗濯…。
俺とお前の魂が癒され、また明日への活力となる
ガラシャ やっほー! 温泉なのじゃ!
そちの体は一度、じっくり眺めてみたかったのじゃ!
佐々木小次郎 温泉ね。たまにはいいかも。
気を緩めないと疲れるし、君も僕も
柴田勝家 入湯中は何も語るな。
湯とは体で味わうものよ
加藤清正 せっかく誘ってもらったんだ。
俺の筋肉をじっくり見せてやる
黒田官兵衛 私を誘うとは物好きな…。
特に何も語ることはないが、よろしいな
立花宗茂 温泉はいいよな。
無になれる、貴重な時間だ
甲斐姫 誘ってくれて、ありがと!
この雪のような肌がさらに美しくなっちまうぜ…
北条氏康 いいとこに連れてってくれよ。
体中の傷が悲鳴を上げるくらいのキツいやつを頼む
竹中半兵衛 温泉、温泉、嬉しいな~!
あー、そのまま気持ちよくなって寝ちゃったりして!
毛利元就 温泉はいいけど、長湯は禁物だね。
秘湯だから周りに何もないだろうし風邪を引いたら…
綾御前 温泉、嬉しいです…。
裸の私を…あまり、見ないでくださいね
福島正則 俺、きっと温泉入ったら「あ~」って言っちまう!
おっさんっぽくても許してな、ガチで!
藤堂高虎 どんな秘湯か…愉しみだ。
ちゃんと手ぬぐいは用意してきたか?
井伊直虎 あの…温泉のお誘いありがとうございます!
肌が綺麗になるお湯だといいな…
柳生宗矩 景色を愛でつつ、温泉を愉しむ、か。
これ以上ない贅沢が味わえそうだねェ
真田信之 誘ってくれてありがとう。この際だ、
お互い溜まっているものを、吐き出してしまおう
大谷吉継 俺を誘ってくれるとは、嬉しい。
色んなものに効いてくれるとよいのだが…
松永久秀 我輩と一緒に温泉を愉しみたいとは…。
さてはお主、我輩の強靭な肉体に惚れたか? いやん
片倉小十郎 あなた様の秘湯、愉しみでございます。
眼鏡の曇り具合だけが、若干心配でございます
上杉景勝 …秘湯、愉しみだ
小早川隆景 温泉は頭の休憩にもなりますしね。
ゆっくり浸かり、嫌なことは忘れてしまいましょう
小少将 温泉に誘ってくれてありがとう。
たまには何もかも忘れたいわよねーわかるわかる
島津豊久 温泉、最高ー!
あ…ばしゃばしゃ、はしゃがないよう気をつける!
早川殿 誘ってくれて、ありがとう。
温泉でしかできない話、愉しみましょう
(II)井伊直政 配慮、感謝します。
俺の傷だらけの体も喜んでいますよ
新武将(男・熱血) 誘ってくれて感謝する!
戦の傷に効く温泉だといいな
新武将(男・冷静) お前しか知らぬ秘湯、か…。
日本(ひのもと)にはいったいいくつの温泉があるのだろう…
新武将(男・生意気) 誘ってくれたのはいいけどさ。
熱かったら、すぐに上がっちゃうからね?
新武将(男・老練) 秘湯…愉しみよ。
戦で傷ついた体や心を癒したいものだ
(E)新武将(男・威厳) お主が誘ってくれるのだ。
間違いなく名湯であろうな!
新武将(女・活発) 私、温泉大好きなの。
ゆっくりのんびり、入ろうね
新武将(女・冷静) よろしく頼む。
湯に浸かったら、互いの夢でも語ろう
新武将(女・生意気) 早く着かないかな~。
ボク、誰かと一緒に温泉入るの大好き!
新武将(女・妖艶) 洗いっこでもする?
冗談よ。そんなに怯えなくてもいいじゃない
(E)新武将(女・優美) 温泉なんて久しぶりです。
どんな場所にあるのでしょう
  • 一般武将では発生しない。

武将名 内容
ナレーション やがて二人は、目的地に着いた
  • 以下、到達と未到達とで差分扱い。

武将・甲の案内

武将名 到達 未到達
真田幸村 信濃の角間(かくま)温泉です。
我が一族の隠し湯で、湯治に最適ですよ
おかしいですね…。
確かこの辺りに温泉があったはずですが…
前田慶次 尾張にもこんな秘湯があるんだぜ?
ま、ゆっくりくつろいでくれ
おや…道に迷っちまったみてえだ。
目印でもつけておくべきだったかねえ!
織田信長 飛騨の下呂温泉、よ。
日本(ひのもと)三名泉の一つ、ぞ
遭難、ぞ
明智光秀 加賀の山代(やましろ)温泉です。
北陸随一と謳われる歴史ある温泉なんですよ
あの秘湯はどこに…? こっちの道だったはず…!
そうですよね? いや…あなたに聞いても仕方ない…
石川五右衛門 華の都に温泉ありってな!
見ろ、この煮えたぎった通好みの風呂をよ!
おっかしいなあ、この辺だったんだが…。
ま、いい運動にはなったろ? 帰るとしようぜ!
上杉謙信 越後の燕温泉なり。
乳白色の湯が、またよい
迷子も愉悦
お市 近江の須賀谷(すがたに)温泉です。
赤茶色の湯が、風情があっていいんです
あの…本当にごめんなさい!
道がわからなくなってしまって…
阿国 出雲の神さんの近くに温泉がありましてな。
入ると美人さんになるありがたいお湯どすえ
かなんわあ、道に迷ってしもて。
どっちに行ったら、よろしおすやろ?
くのいち 全国の忍びに聞いた最高の温泉! 第一位は…ここ!
ささ、ほっこり温まりましょうぜ!
忍びのあっしがこんなこと言うのもどうかと思いますが
…道に迷いました
雑賀孫市 紀州の名も無き温泉だが…イケてるだろ?
俺たちだけの秘湯だぜ!
あれ? おっかしいな~。
この前来た時は、ここに温泉があったんだぜ?
武田信玄 甲斐の下部(しもべ)温泉じゃよ。
刀傷もすぐ癒える、名湯だよ
こんな山奥まで来て、言うのもなんだけど…
わし、迷っちゃった…
伊達政宗 陸奥の秋保(あきう)温泉よ。
わしお気に入りの名湯中の名湯じゃ
ば、馬鹿め! 迷ってきょろきょろなどしていないわ!
首が少し凝っただけよ!
濃姫 驚いた? 美濃のこんな山奥に温泉があるのよ?
さあ、早く脱いで、温まりなさい?
ごめんなさい、迷っちゃったわ。
このままじゃ、ただの登山ね…
服部半蔵 伊賀の赤目四十八滝。
影の修行場でもあり、近くに温泉もある
温泉が…干からびている…
森蘭丸 美作の奥津(おきつ)温泉です。
山々を眺めながら、ゆるりと入れる温泉です
まことに申し上げにくいのですが…
蘭としたことが…迷ってしまいました
豊臣秀吉 日本(ひのもと)三名泉の一つ、摂津の有馬温泉じゃ!
有名すぎて秘湯じゃないって? ま、気にすんな!
あれ、この木さっきも見たような…。
いかん! 本格的に迷ってまった!
今川義元 遠江にもこんな趣のある名湯があるの。
ささ、遠慮のう入るとよいの!
のおおお!
転がる鞠を追いかけていたら、道に迷ってしまったの!
本多忠勝 三河のこの湯こそ、至高よ。
いざ、入られい!
すまぬ。
温泉は、隣の隣の山であった…帰ろう
稲姫 上総大多喜(おおたき)の温泉です!
実は父・忠勝が掘り当てたんですよ
もしかして稲は迷ってしまったのでしょうか…。
いえ! あの道をまっすぐ行けばきっと…!
徳川家康 駿河の熱海温泉よ。
時々、お湯を持ち帰ることもある
な、な、な、なんと!
わしの秘湯に狸がみっちり…これでは入れぬ…
石田三成 近江の名も無き秘湯だ。
一度、お前を連れてきたかった
すまぬ。急に腹の調子が…。
下山してもいいだろうか…
浅井長政 近江の須賀谷(すがたに)温泉だ。
某はここに必ず大事な人を連れてくるぞ
…? 見よ、恋人たちが先に入っているようだ。
邪魔をするのも野暮というもの。今日は引き返そう
島左近 大和のひなびた温泉です。
暇になると来るんですよ、いい味出してるでしょ?
ありゃ、目印が外されてる…。
これじゃ秘湯には行けない…参りましたねえ…
島津義弘 薩摩の吉田温泉よ。
昔はここで鹿が傷を治しておったそうな
…見よ、熊の足跡だ。まだ近くにいる。
退くぞ、今日は温泉どころではないわ
立花誾千代 私が見つけた筑後の湯だ。
誰も来ぬ…心配せずゆっくり入れ
…驚かないで聞いてほしい。
道を…忘れてしまった…すまぬ!
直江兼続 出羽の五色(ごしき)温泉だ。
目を患った僧がこの湯に入り、完治したらしいぞ!
温泉への道しるべが、無慈悲に倒されている!
残念だが…これでは秘湯に到達できぬ!
ねね はい、名づけてねねの湯!
湯加減も景色も抜群の露天風呂だよ!
あらら、誰? 木につけておいた印増やしたの!
もう、これじゃあ温泉がどこだかわからないよ…
風魔小太郎 伊豆の山奥にようこそ…。
山犬も大好きな名湯だ…
残念。
今日は山の獣たちが先客だ…
宮本武蔵 肥後の山鹿(やまが)温泉だ。
一回だけ入ったんだが、傷ついた足も治ったぜ!
あれ、迷っちまったか…。
ま、風呂なんかいいか
前田利家 上野の草津温泉だ!
さすが日本(ひのもと)三名泉の一つって感じだぜ!
あれっ? こんなとこに岩なんてあったっけ…。
もしかして道をどっかで間違えちまったか!
長宗我部元親 これが俺しか知らぬ土佐の秘湯…。
連れてきたのは…お前が初めてだ
おかしい…秘湯の声なき声が聞こえなくなった…。
これではたどり着けない…確実に!
ガラシャ わらわが見つけた丹後の湯じゃ!
ささ、遠慮せず、ドボン、せよ!
むう…この辺りのはずじゃが、迷ってしまったか?
これは水たまり…うーん、さすがにこれは入れん…
佐々木小次郎 豊前にはね、こんな秘湯があるんだよ。
なんで知ってるかは秘密さ
あれ、ここに温泉があったはずなんだけど…
柴田勝家 越前の秘湯よ。
黙して、浸かれ
道を見失った。すまぬ!
加藤清正 肥後の平山温泉…。
あせもが治る、ありがたい湯だ
…すまん! 腰兵糧はつけてきたが
温泉への道順を書いた紙を身につけるのを忘れた!
黒田官兵衛 播磨のひなびた温泉だ…。
卿も気に入ってくれるといいが
ん…あの秘湯で童たちが大人数で遊んでいる。
出直すとしよう
立花宗茂 豊後にこんな秘湯があるんだ。
海と山が一度に見られる…俺の憩いの場所だ
…おや?
ここの温泉、いつの間にか廃れていたようだな
甲斐姫 武蔵の山奥にこんな名湯があるのよ!
あ、時々、熊が来るから注意して!
ぐっ、背中に突き刺さる視線が痛い…。
だ、大丈夫! 温泉は見つかるから…たぶん!
北条氏康 相模の中川温泉だ。
どっかの虎のお気に入りらしいが、気にすんな
なんだ? 狐にでも化かされたか?
さっきから同じところをぐるぐる回ってるぜ…
竹中半兵衛 さ、この秘湯は一回きりのお愉しみ!
場所を特定されないようにぐるぐる回ってきたからね
あれ~? 俺だけの秘湯だから、わからないように
わざと道をぐるぐる回ってたら…本当に迷っちゃった?
毛利元就 安芸にも温泉はいっぱいあってね。
中でもここは、私が一番好きな秘湯なんだ
山というのは怖いね。同じ景色が続くと方向感覚が…
まあ要するに、温泉に行く前に迷ったわけだけど…
綾御前 越後の貝掛(かいかけ)温泉です。
雪を見ながら浸かれば…はあ…まさに夢心地…
あら? もう温泉に着いてもいいはずなのに…
福島正則 信濃の山田温泉!
この名湯、俺が発見したの! ガチで!
あ、あれれ? こっちがさっき来た道だろ…?
まあ落ち着けって、迷ってないって、マジで…
藤堂高虎 伊予の国は、湯の国が転じたとの説もある。
このように隠れた名湯がいっぱいあるんだ
しまった! 手ぬぐいを忘れた!
だいぶ来てしまったが、引き返すぞ!
井伊直虎 遠州井伊家に代々伝わる温泉をご紹介します!
効能は…戦の傷に! 泉質は…硫黄泉です!
あ、あの…道に迷ってしまいました!
すみません! 温泉の出る地中より深くすみません!
柳生宗矩 出羽の上山(かみのやま)温泉だよォ。拙者もお気に入りだけど
知り合いの坊さんがえらくここを気に入ってねェ
あれ? この先行き止まり?
参ったねェ、これじゃ温泉に行けないよォ
真田信之 上野の四万(しま)温泉だ。
四万もの病気に効くという名湯だぞ
すまぬ…道に迷ってしまったようだ。
獣に襲われぬうちに、引き返そう
大谷吉継 上野の草津温泉だ。
万病に効く、名湯だ
…先客がいるようだな。
この顔、お前以外には晒せぬ…悪いが戻ろう
松永久秀 摂津の有馬温泉よ~。
葦毛以外の馬で来れば、天国気分を味わえるぞ!
待て! 珍しい虫を見つけてしまった…。
温泉は二の次だ! あの神秘の虫を追えー!
片倉小十郎 陸奥の鎌先(かまさき)温泉でございます。
薬湯として有名でございますよ
ご無礼ながら、道に迷ったようでございます…。
途方に暮れる前に、戻るといたしましょう
上杉景勝 出羽の白布(しらぶ)温泉。
湯量豊富で、みるみる病が治る
…道に迷った…すまぬ
小早川隆景 備中の秘湯にご招待します。
ややぬるめですが、中で書を読むのに最適ですよ
どうも嵐が来そうですね…。
帰れなくなってはいけません…引き返しましょう
小少将 あたし、四国の秘湯をいっぱい知ってるの。
今日はこの温泉にご招待!
もう、どこに温泉があったか忘れちゃったわ!
何か目印、つけておくべきだったな…
島津豊久 俺、九州各地の名湯を知ってるんだ!
今のお前には…きっとこの温泉がいいはず!
あれ? この道はどこに行くんだっけ…?
ごめん! 行き方忘れちゃったよ!
早川殿 私、温泉が大好きで…関東の名湯はほぼ知ってるの。
あなたとなら、この温泉に行きたいな
迷わないように木に巻いていた布がないわ。
ごめんなさい。これじゃ、温泉には行けない…
(II)井伊直政 近江の名も無き温泉…。
琵琶湖が望める、最高の名湯です
どうも火山活動が活発になっているらしい…。
悪いが、今回は引き揚げさせてもらいます
新武将(男・熱血) - まずい…道に迷ったみたいだ
新武将(男・冷静) - どこまで歩いても、温泉の気配はない。
まさか…迷ったのか?
新武将(男・生意気) - 僕の温泉、確かにここにあったはずなのに!
本当だって!
新武将(男・老練) - 自分の秘湯は確かにここに…!
夢幻だったのか…
(E)新武将(男・威厳) - 申し訳ない!
秘湯への道、忘れてしまった…
新武将(女・活発) - どうしよう…。
私、道を完全に間違えたわ…
新武将(女・冷静) - 秘湯への道順を記した石が動かされている…。
これでは、たどり着けない…
新武将(女・生意気) - あれれれれ?
もしかしてボク、道に迷っちゃった?
新武将(女・妖艶) - ここに温泉があったはずなんだけど…。
違う国の話だったかしら
(E)新武将(女・優美) - どうしましょう…。
温泉への道を忘れてしまいました…
汎用武将(猛将) 甲斐の川浦温泉でござる。
戦の傷など、すぐに治る名湯ですぞ!
-
  • 新武将及び姫武将は未到達の場合のみ発生する。
  • 条件となる山県昌景は汎用武将(猛将)の声である。
    • 汎用武将(猛将)の声の武将のみこちらで再生可能。

末尾

武将名 到達 未到達
ナレーション 「武将・甲」と「武将・乙」は湯にのんびり浸かり、
戦の疲れを癒したという
「武将・甲」と「武将・乙」の疲れは、
却って増してしまったという