属性


概要

無双ゲージが一本以上確保されている場合、攻撃時に一定確率で武器に付与された属性が発動する。
属性に応じて、各種の効果が発動する。

変更点

本作の重要な変更点は以下。
  • 新属性の「金剛」が追加された。
  • 属性が武器ごとに付属する形から、属性自体が技能付加能力の一種となった。
    技能値・付加能力値の高さは、発動確率や効果に影響する(前作の武器技能「○流」の全ての効果を兼ねている)。

(II)4-IIでの変更点

4-IIでは、属性そのものに変更はほとんど無いが、以下のように仕様変化の影響を受けている。
  • 敵が攻防共に大幅に強化されたため、敵の動きを抑止出来る閃光・凍牙・金剛の有用性が大きく上昇した。
    • 攻撃面:攻撃の頻度が上昇した。また、神速攻撃や無双奥義を発動するようになった。
    • 防御面:こちらの攻撃に仰け反りにくくなった。また、受身を取るようになった。
  • 武器鍛工では付加能力をある程度コントロールできるようになったので、
    複数属性の同時発動も狙いやすくなっている。

(E)Empiresでの変更点

Empiresも同様に属性そのものに変更は無い。影響のある仕様変化点は以下のとおり。
  • 内政状態に応じた武器の開発。
  • 設定はよろず屋が使用可能な状態になれば、開発は刀鍛冶を支配すれば可能となる。
    • 付加技能は開発すれば自由に設定できる。ただし一度は武将提案の採用が必要。
    • 支配地の鍛冶屋数に応じてスロット(2,3,4,6,8)と付加能力値(10,20,30,40,50)が固定変動する。
      • レア武器以上の値に慣れている場合、付加能力値の固定化&最大値低下に伴い発動率や効果が低下していることに注意。
      • スロット数も途中までは少ないため、無理に属性を複数付けるより、他の付加能力値に譲った方が良い場合も合る。
  • 技能の廃止
    • 霊妙などの属性発動技能が無くなったので、任意発動しづらい(陣形で補えるが、任意とは言い難い)。
    • 破天や心眼が修得できないため、閃光や金剛の攻撃力が相対的に減っている
      特に閃光は発動率の低下も相まって修羅との同時発動も期待しにくく、使い勝手が相当落ちている。
    • 堅忍や背水など防御系技能が無いため、特に高難易度はあっという間に体力が無くなる。
      また、減流が無いため、敵将の属性攻撃もそれなりに受ける。
      上記の通り閃光がほぼ死に属性になったため、凍牙・金剛はさらに重要度が増したと言える。
      • 但し、属性を任意発動できる武将には閃光は相変わらず非常に有効。他の属性と組み合わせれば敵拠点内で敵将の周りを神速攻撃で回ってるだけで安全に撃破できる。
        特に修羅は閃光と組み合わせた場合のみ、強化エリアの雑兵相手にも神速攻撃で即死効果が発動するようになるため組み合わせとして非常に強力。
  • 付加能力「攻撃」の謎の廃止
    • 技能廃止と合わせ、瞬間火力の大幅な低下を招いており、そのため凍牙や烈空の攻撃力が落ちている
      その分逆に紅蓮・金剛・修羅は有効性が上昇した。

(S)真田丸での変更点

  • 鍛冶屋にて武器技能を自由に属性を付けることが出来るようになり、所持金と素材があれば最大値の99を狙うことが可能。
  • 破天や心眼の復活
    • これにより、閃光や金剛の重要度が増した
  • 付加能力「攻撃」が武器技能「攻撃強化」として復活
    • これにより、烈空や金剛、修羅の攻撃力が上昇
  • 反面、勇猛や迅閃や神撃などの攻撃系が武器技能に移動したことにより欄を確保しづらくなり、紅蓮や烈空の重要度が低下
    • とはいえ、今作でも強化エリア内で戦うことが多いのでまだまだ活躍の見込みはある。


一覧表

名称 タイトル 効果
紅蓮 通常版 攻撃時に炎が発生してダメージを
与え続ける
■効果補足
炎によるダメージは、従来作では空中に浮かせている間のみ発生したが、今作では空中地上を問わず生じるようになった。
また、属性効果は敵の動きを制限しない。
なお、IIでの測定になるが、付加能力値と威力の大まかな関係は次の通り。
※威力(敵将の体力を空にするのに必要な発動回数):
・難易度★1のやさしい、通常エリアの通常一般武将 … 付加能力値10:5回 ⇒ 付加能力値99:3~4回
・難易度★10の地獄、通常エリアの赤ハイパー一般武将 … 付加能力値10:9回 ⇒ 付加能力値99:6~7回。
■メリット
・こちらの火力に関係なく一定のダメージを与えることが出来る。
・敵兵の動きを制限せず火力を上げることができる。
■デメリット
・敵の動きを封じる事は出来ない
■考察
安定した火力アップになる属性。打ち上げなど、攻撃時に敵を動かす武将に向く。
また、一定間隔で攻撃を当て続けることで最も効果的が見込めるため、通常攻撃タイプとも相性が良い
逆に、瞬間火力(単発の火力や手数の多さ)が効果に影響しないないため、
それらに秀でる武将には相対的に重要度が低くなる。
4-II
+
Empires
+
真田丸
敵を炎で包み
ダメージを与え続ける
■4-II
属性自体に変化点は無いが、固定ダメージは防御力が上昇した敵将への有効な対策と言える。
■Empires
意外にも仕様変化により重要度が上がっている
理由として、全体的に攻撃力や付加能力値が低下している中、紅蓮は燃やせば一定のダメージを確実に当たえられる他、
無双秘奥義、一部のC攻撃、極意中の固有属性(特に新武将や一般武将)など任意の発動機会も多い。
一般武将武器との相性も良好であるため、一括設定する価値はある
■真田丸
閃光 通常版 攻撃時に雷が発生して周囲の敵にも
ダメージを与える
■効果補足
攻撃を受けた敵兵は、周辺の敵を巻き込み感電し、
吹っ飛ばずにその場で倒れる。また、感電した敵兵は攻撃が当ると浮く。
なお放電にも属性が乗るため修羅との組み合わせが凶悪。
■メリット
・コンボ数を稼ぎやすく、練技ゲージを稼ぎやすい。
・感電により攻撃範囲を拡大しつつ割り込み防止を見込める。
・吹き飛ばし効果のある多段攻撃が、本来より多く当てられる場合がある
■デメリット
・感電により殺陣やチャージ攻撃のコンビネーションが不発に終わる場合がある。
・敵を浮かせてしまう為、破天が無いと火力低下につながる場合がある
■考察
敵をふっ飛ばさないため、影技を中心に追撃がしやすく、連続して攻撃を叩き込めるようになる爽快な属性。
練技ゲージ重視の武将や、攻撃範囲を稼ぎたい武将に向く
逆に、素で一定の攻撃範囲を持つ武将の場合、恩恵よりもデメリットによるダメージ低下が目立つ。
4-II
+
Empires
+
真田丸
周囲に放電し
広範囲の敵にダメージを与える
■4-II
感電や巻き込みによる敵の動きの阻止が極めて重要になった
破天は各自が習得できるため、ダメージロスを防ぎやすくなったのも嬉しい。
狙った武器が作りやすくなったため、なるべく修羅との組み合わせで運用しよう。
■Empires
仕様変化の影響を悪い方に受けている。
・破天を取得できなくなったため、もともと低下している攻撃力が浮遊効果によりさらに落ちる為、兎に角ダメージ低下が目立つのが痛い。
・技能や付加能力値の仕様から発動率が低くなるため、中盤までは修羅との組み合わせも効果を得にくいし、
攻撃範囲もなんなら攻撃範囲の付加能力等で拡大すればいいので、今作では属性を任意発動できる武将以外には完璧な死に属性
敵兵の行動阻止は凍牙・金剛に任せよう。
■真田丸
凍牙 通常版 攻撃時に氷が発生して敵の動きを
止める
■効果補足
凍結状態になると、時間が経ち解除されるまで、次の状態になる。
・自発的に行動できない。
・こちらの攻撃が当たっても一切動かない。
・当たった攻撃は地上判定となる
・気絶状態にならず、殺陣が発動しなくなる。
なお、IIでの測定になるが、凍結時間は付加能力値10ごとに0.5秒ずつ伸び、99で5秒ほど。
■メリット
・敵の行動を抑止できる。
・本来なら浮く攻撃でも地上判定で当たるので、結果的に威力が上がる。
・吹き飛ばし効果のある多段攻撃を、本来より多く当てられる。
■デメリット
・チャージ攻撃や神速攻撃のコンビネーションが成り立たなくなる。
■考察
攻防を兼ねているため、攻撃時に動き回らない武将なら誰でもお勧めできる。
特に間接攻撃系の武将は、一斉発射した弾丸や矢が全て地上判定で当たるようになるので、大きく火力アップに繋がる。
また、金剛のデメリットを打ち消し追加ダメージの恩恵を受けやすくなる。
ただ殺陣が発動しなくなるのはデメリットとなる場合もあるため留意されたい。
4-II
+
Empires
+
真田丸
敵を一定時間凍り付かせ
敵の動きを止める
■4-II
激化した敵武将の動きを極力封じたいため、さらに有用度アップ。
ただ地上判定化だけでは防御力の向上に対応しきれない場合があるので、
その場合は他の属性などで攻撃力を補いたい。
■Empires
依然として防御に有効なほか、破天が無くなったため、地上判定化の効能が相対的に大きくなった。
ただし付加能力値の仕様変更により、中盤(能力値20~30)は凍結時間や発動確率が低い
防御面はともかく攻撃の補助を期待する場合、安定して効果を得られるのは後半(能力値40~50)となることに注意。
■真田丸
烈空 通常版 攻撃時に風が発生してガード無視の
追加ダメージを与える
■効果補足
追加ダメージは敵のガード有無に関わらず生じる。
また、追加ダメージは攻撃力に比例して増える。そのため、金剛や修羅が同時発動するとダメージが跳ね上がる。
ただし、ガード崩しにはならないし、真・三國無双シリーズの旋風属性のような超ダメージやガード不能効果はない。
また、属性効果は敵の動きを制限しない。
■メリット
・敵兵の動きを制限せず火力を上げることができる。
・こちらの攻撃力が高ければ高いほど、さらに攻撃力を増強できる
■デメリット
・敵の動きを封じる事は出来ない
■考察
紅蓮と同様に、攻撃時に自他が動き回る武将でも安定して攻撃力を上げることができる
また、高火力の攻撃手段がある武将の長所をさらに伸ばせる。
その反面、瞬間火力が低い武将は恩恵が少ない。
4-II
+
Empires
+
真田丸
敵のガードを無視して
ダメージを与える
■4-II
特に変化は無い。ただし敵将強化に伴い追加ダメージが相対的に重要になった。
■Empires
凍牙の攻撃面と似た事情で、中盤までは効能を得にくいが、終盤は他属性との組み合わせ発動など効能を期待できる。
■真田丸
金剛 通常版 攻撃時に岩が発生して気絶効果と
追加ダメージを与える
■効果補足
気絶による殺陣の発動は即死条件(低体力)を満たした場合のみ。
■メリット
・追加ダメージが攻撃力の補強になる
・気絶効果により、敵の行動を阻害できる
・気絶効果により、通常攻撃からでも殺陣を発動しやすくなる。
■デメリット
・気絶効果により、目当てのチャージ攻撃が殺陣に化けることがある
・敵を浮かせてしまう事がある為、破天が無いと火力低下につながる場合がある
■考察
追加ダメージは単純に嬉しい。
気絶効果は、感電や凍結ほど敵を固定せずに行動を阻害できるが、意図せず殺陣が発動するリスクがある。
確殺時のみの発動ではあるが、攻撃範囲が絞られることがあるため注意が必要。
そのため、チャージ攻撃主力の武将より、通常攻撃主力の武将と相性が良い
4-II
+
Empires
+
真田丸
敵を気絶させ
追加ダメージを与える
■4-II
周辺環境の変化により最も重要度が変わった属性。影響する変化点は以下2点。
・敵武将が攻防共に強化された
心眼のLvに応じて残体力1/4~1/2から殺陣で即死するようになった
このため、気絶効果による行動阻害や殺陣の誘発は非常に有効。
これを踏まえると、相性良好の武将は以下の通り。
・通常攻撃タイプの武将
・チャージ攻撃が決め手に欠ける武将:服部半蔵・井伊直虎・新武将(槍)など
・殺陣の動作に癖がなく、素早いか威力が高い武将:阿国・今川義元・上杉景勝・早川殿など
※殺陣の拘束時間の詳細は殺陣の項を参照されたい。
■Empires
攻撃力補強となる追加ダメージや、デメリット無く行動阻止できる気絶効果は相変わらず嬉しい。
付加能力値が低いうちでも安定した効果を得られるため、序~中盤からでも使用していける。
また、心眼技能が無くなったため殺陣が発動しにくくなった。この点で攻撃力は低下したが、暴発率も下がっている。
味方武将のフォローを期待しやすい点も踏まえると、メリットはデメリットを上回ると思われる。
また、味方武将は殺陣を発動しないので、恩恵だけを受けることができる。
以上から一括設定もお勧めできる
■真田丸
修羅 通常版 攻撃時に一般兵を一撃で倒し、
武将には追加ダメージを与える
■効果補足
属性効果は敵の動きを制限しない。
■メリット
・行動を阻害することなく攻撃力を大幅に向上させることができる
■デメリット
・敵の動きを封じる事は出来ない
・''強化エリア内での神速攻撃には基本的に発動しない
■考察
多段攻撃に連続で発動すれば非常に強力。
神速攻撃にも発動するので、敵兵をかなり倒しやすくなる。
唯一のレア属性でもある為、技能珠で封印を解いて出現する事も多い。
効果がある家宝は3つあるので、使い回すと半永続的な効果が見込める。
4-II
+
Empires
+
真田丸
一定の確率で武将以外の敵を一撃で倒す
武将には追加ダメージを与える
■4-II
レア属性から一般属性に変更されたため、メイン属性として獲得しやすくなった。
兵士の体力が高くなる高難度では相変わらず必須ではあるが、強化エリア内での神速攻撃には基本的に発動しないので注意。
只、付加能力値が非常に高い武器の場合は例外的に発動する場合もある模様。
なお、閃光の感電と同時発動した際には必ず発動する。
■Empires
技能や攻撃付加能力が廃止されたため、もともと高い重要性がさらに高まった。
付加能力値が低い時期でも、付けておくと敵兵の殲滅力が断然違ってくる
■真田丸
夜叉 攻撃時に敵の体力を吸収する
一部の技、無双最終奥義、DLCアイテムで一定時間発動する属性。
武器の技能としては存在しない。


武将ごとの相性一覧表

  • 赤字 は固有属性
  • (II)4-IIでは上述の通り閃光、凍牙、金剛の有用性が大幅に上昇している。
    そのため最低1つは装備しておくと、高難易度での生存率が大分違う。
  • (E)Empiresでは攻撃力の底上げの観点から、紅蓮の有効性が上がり、金剛・修羅はその有効性がさらに上昇した。
    閃光・凍牙・烈空は数値の低下に伴い発動確率が低くなった為、有効性が低下した。
  • (S)真田丸では武器技能の自由化に伴い、属性の長所の補強・短所の補完が行いやすくなった。
    • 優秀な属性はさらに強くなり、苦手な属性の不利を消しやすくなったことで、属性面でのゲームバランスは改善の方向に向かっていると言える。
    • なお、基本的に年齢が変更されてもアクション自体は原則変更がない(壮年期幸村も全面変更とは到底言えない)ため、世代ごとの相性は設けていない。

真田幸村

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
真田幸村 通常版 ×
4-II ×
Empires × ×
真田丸 ×
  • 空中戦が主体となるため、凍牙は相性難である反面、連撃を妨げない紅蓮と烈空が相性良好。
  • (II)4-IIでは受身を取られる可能性があるため、地上戦の比率が上がる分だけ凍牙の有効度が上がる。
  • (S)真田丸では年齢の変化に伴いアクションが変化するが、基本的な内容は同じといえる。
    • 紅蓮属性が固定で発動する技も追加されたため、その意味では紅蓮属性がさらに重要と言える。

前田慶次

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
前田慶次 通常版 ×
4-II
Empires ×
真田丸
  • C4・C5が全段地上ヒットするようになる凍牙は相性抜群だが、浮き上がりによって攻撃が当たりにくくなる閃光や金剛とはやや相性が悪い。
  • (II)4-IIではC4が地上判定、C5-3が多段ヒットになった。
    C5-3が多段ヒットしやすくなる閃光も悪くない。
  • (S)真田丸では破天が自由選択できるようなったため、閃光の不利を補いやすくなった。
    • 金剛は、相手を吹き飛ばす殺陣の悪さがあるため、心眼があっても相性の悪さは据え置き。

織田信長

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
織田信長 通常版
4-II
Empires
真田丸
  • 閃光はC3と相性が良く、火力を上げる紅蓮・烈空・金剛も扱いやすい。
    • 大体は本人の関係で強力な修羅の方を簡単に出せるようになっているため、必要性は薄め。
    • 一方、凍牙は武器強化時の攻撃を阻害してしまうことがある(特にC2の空中連撃)ので相性がやや悪い。

明智光秀

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
明智光秀 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 凍牙はヒットが安定するので相性が良い。
    • 閃光は神速攻撃や無双奥義が繋がりにくくなるが、C4-2が多段ヒットしやすくなる利点もある。

石川五右衛門

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
石川五右衛門 通常版 ×
4-II
Empires ×
真田丸
  • 凍牙・金剛は敵を足止め出来る上にダメージも上昇するため相性が良い。
    • 閃光はただでさえ遅い五右衛門の攻撃が当たらなくなるので論外。
  • (II)ただし、4-IIでは攻撃速度が付いた武器ならば閃光の恩恵を最大限に受けられる。

上杉謙信

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
上杉謙信 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • もともと攻撃範囲が広いため、閃光は敵将が浮き上がるデメリットが目立つ。他は修羅以外どの属性も決め手に欠ける。
  • (II)4-IIでは固有属性でもある金剛を推奨。理由は、防御系属性を一つは取りたいことと、強化された殺陣が対武将戦のチャージ攻撃が無い所を補えるため。
  • (S)真田丸では、心眼と金剛属性の相性の良さを享受できる武将の一人。故に金剛主体でよい。

お市

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
お市 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 閃光と凍牙は足止め、割り込み防止として相性が良く、特に閃光はコンボ維持の面でも非常に相性が良い。
    • 金剛は気絶効果が足止めには役立つが、チャージ攻撃の阻害になる事もあるので注意が必要。
    • 修羅、紅蓮、烈空は単純な火力増になるので閃光や凍牙と併せると尚良い。

阿国

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
阿国 通常版 ×
4-II ×
Empires ×
真田丸 ×
  • 阿国の特徴を殺さず、純粋に強化できる紅蓮・修羅がお勧め。
    • 閃光はチャージ攻撃がまともに機能しなくなり、火力低下。
    • 金剛はチャージ攻撃中に殺陣を誘発してしまうので、チャージ攻撃タイプの阿国とは相性が悪い。
    • 凍牙はC2が機能しなくなるが、C3・C5を安全に出しつつ火力強化を見込めるので悪くない。
  • (II)(E)4-IIではチャージ攻撃中に敵が普通に割り込んで来るので、防御も兼ねて金剛は悪くない。
    阿国は殺陣の動作が素早くコンパクトなので攻撃のテンポを邪魔しない。
    • また、4-IIからは敵将が受身を取ってくる為C2は割り切って良い。
      寧ろ主軸となるC3・C5を安全に出しつつ火力強化を見込めるメリットの方が大きく、凍牙の有効度は上がる。
  • (S)真田丸では、彼女の殺陣を活かすため敢えて金剛+心眼のコンボを狙うという考えもある。

くのいち

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
くのいち 通常版 ×
4-II ×
Empires × ×
真田丸 ×
  • 特殊技からの派生攻撃や神速攻撃が、烈空&修羅と相性が良い。
    • 特殊技からのC2派生を考えると、紅蓮が良い反面、凍牙は厳しい。

雑賀孫市

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
雑賀孫市 通常版 × × ×
4-II × × ×
Empires × ×
真田丸 × ×
  • 固有属性の紅蓮が、C2の空中戦に向き有効。
    閃光は何故か銃弾に乗らないという欠点がある。
  • (II)(E)(S)4-II以降は、防御系属性が一つは欲しいところ。消去法で金剛が無難か。

武田信玄

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
武田信玄 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 割り込み阻止とC4の直撃のため、凍牙が有効。
    • 固有属性の烈空を伸ばすのも勿論有効。

伊達政宗

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
伊達政宗 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 今回も凍結C5接射が強力なので、凍牙と修羅は必須。
    • 浮き上がりのある閃光と金剛はやや不利。

濃姫

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
濃姫 通常版 ×
4-II
Empires ×
真田丸 ×
  • 多段ヒットするC4・C5があるので、凍牙か修羅がお勧め。
    • 紅蓮や烈空は属性効果が濃姫の特性と噛み合わないので微妙。

服部半蔵

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
服部半蔵 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 分身を用いた多段攻撃が、烈空&修羅と相性が良く、C4を地上判定に持ち込める凍牙も良好。
  • (II)4-IIの高難易度では敵の足止めが出来る閃光、凍牙、金剛がないと敵の横槍に負けかねない。
    • 殺陣や追加ダメージで単独状態での攻撃力を補える金剛は有効。

森蘭丸

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
森蘭丸 通常版 × ×
4-II
Empires ×
真田丸
  • 割り込み・吹き飛ばしを阻止する固有属性の凍牙が断トツで優秀。あとは修羅の二択でよい。

豊臣秀吉

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
豊臣秀吉 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 割り込みを阻止しやすい閃光・凍牙・金剛のうち、地上判定が狙える凍牙がお勧め。
    閃光との相性も良好な方。
  • (S)真田丸では、固有属性の金剛と心眼の相性が向上している。

今川義元

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
今川義元 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 奥義を主体に立ち回るため、属性は不問に近い。
    • 割り込み阻止と練技ゲージ回収用の固有属性の閃光がお勧め。
    • 金剛の殺陣暴発も、殺陣の性能を考えれば捨てたものではない。

本多忠勝

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
本多忠勝 通常版
4-II
Empires
真田丸
  • 兎に角基本能力が高いので、どの属性でも良い。
    • 中でも阻害効果を期待でき、練技ゲージの回収にも向く閃光、それから修羅が良好。

稲姫

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
稲姫 通常版 ×
4-II
Empires ×
真田丸
  • 凍結状態の敵に、特殊技で増やした矢を全弾接射するのが強いため、凍牙は必須。
    固有属性の烈空も安全性が高いので悪くない。

徳川家康

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
徳川家康 通常版
4-II ×
Empires ×
真田丸 ×
  • 割り込み阻止と地上判定を狙える凍牙が安定。

石田三成

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
石田三成 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • C4を地上判定に出来る固有属性の凍牙がやはり優秀。
  • (II)4-IIでは敵の割り込みが激しいため、攻撃が届きづらい。閃光で攻撃範囲の狭さを補いたい。

浅井長政

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
浅井長政 通常版
4-II
Empires
真田丸
  • 特殊技で全属性が発動するため、あればあるほど有利。
    • 固有属性の閃光は、破天か修羅と組み合わせて威力低下をフォローしたい。
    • 凍牙と無双奥義は相性抜群。
  • (E)長政、高虎、新武将用双剣は他武将と違い属性を任意発動できるため閃光は非常に有効。
    • 他の属性と組み合わせれば、敵拠点内で敵将の周りを神速攻撃で回っているだけで安全に撃破出来る。
    • 特に修羅は閃光と組み合わせた場合のみ、赤の濃い強化エリアの雑兵相手にも神速攻撃で即死効果が発動するようになるため、非常に強力な組み合わせである。

島左近

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
島左近 通常版
4-II ×
Empires ×
真田丸 ×
  • 特殊技1-3強化とC4の衝撃波を地上判定に出来る凍牙は頭一つ上。
    金剛で援護射撃も悪くない。

島津義弘

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
島津義弘 通常版
4-II ×
Empires ×
真田丸 ×
  • 事情は上杉謙信とほぼ同じ。
  • (II)4-IIでは凍牙を推奨。
    • 理由は、防御系属性を一つは取りたいことと、普段は必ず浮いてしまう無双奥義や皆伝を地上判定にできるため。
    • また、気絶効果に加えて広範囲・高威力の通常連から殺陣に移行できる金剛も良好。
  • (S)真田丸では金剛属性と心眼の相性がよいため、固有属性の金剛を活かしたい。

立花誾千代

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
立花誾千代 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 凍牙で敵を凍結状態にすると、神速攻撃で置いてきぼりにしてしまう場合も。
    閃光属性固定の技も多いので、素直に閃光が良い。

直江兼続

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
直江兼続 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 凍牙で固めた敵に波撃(間接攻撃)のビームを撃ちこむ戦い方が強いので、こちらも凍牙と修羅は必須。
    リーチの補強とコンボ稼ぎに向く固有属性の閃光も悪くない。

ねね

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
ねね 通常版 ×
4-II
Empires ×
真田丸
  • 分身を用いた多段攻撃が烈空&修羅と相性が良い。
  • (S)真田丸では、固有属性の金剛と心眼で対武将戦がさらに有利に。

風魔小太郎

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
風魔小太郎 通常版 ×
4-II ×
Empires × ×
真田丸 ×
  • 固有属性の修羅を活用するため、なるべく極意を主軸にしてみたい。
    射程の実質的延長・極意用の練技ゲージ回収・固有属性の修羅との相乗効果の全てに対応する閃光が頭一つ上。

宮本武蔵

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
宮本武蔵 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • チャージ攻撃が繋がりにくくなる、閃光・凍牙・金剛はやや不利。
    行動を妨げない紅蓮・烈空・修羅が無難に強い。
  • (II)4-IIでは、属性面での繋がりの不利が弱まった。

前田利家

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
前田利家 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 割り込み阻止の効果がある固有属性の閃光は、破天か修羅と組合わせてフォローしたい。
    • 地上戦の連打に強い凍牙、手数を活かせる修羅が頭一つ上か。
      ただし、凍牙はC9が使いづらくなるので留意されたい。

長宗我部元親

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
長宗我部元親 通常版 × ×
4-II
Empires ×
真田丸
  • 音波・音塊を直撃させられる凍牙、それから修羅の二択。

ガラシャ

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
ガラシャ 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 固有属性の金剛を使うなら、殺陣を積極的に狙いたい。
    リーチの欠如を補える閃光や凍牙も有益。
  • (S)真田丸では、心眼と金剛の相乗効果を期待出来るため、さらに殺陣を狙えるようになった。

佐々木小次郎

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
佐々木小次郎 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 通常攻撃が広範囲なので、固有属性の凍牙はあらゆる意味で有効。
    他は、威力を補強できる烈空や修羅か。

柴田勝家

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
柴田勝家 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • チャージ攻撃の連撃を阻害しない紅蓮・烈空と相性がいい。

加藤清正

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
加藤清正 通常版
4-II
Empires
真田丸
  • 神速攻撃主体なら、固有属性の紅蓮で良い。
    • C5で遠距離戦を行いたい場合は、地上判定を狙える凍牙が良好。

黒田官兵衛

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
黒田官兵衛 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 固有属性の凍牙は、特殊技再装填・割り込み阻止・空中戦不利の全てに対応している。
    • 特殊技のアクションと矛盾しない、紅蓮・修羅も良好。

立花宗茂

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
立花宗茂 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 基本性能に秀でるため属性間相性の不利は余りないが、C9の直撃を狙う際の凍牙・修羅が無難に良い。
  • (II)4-IIでは殺陣が強化されたため金剛も悪くない。宗茂のモーションはかなりテンポが良い方で、攻撃の邪魔にはならない。

甲斐姫

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
甲斐姫 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 通常攻撃・チャージ攻撃共に優秀なので、属性の幅は広い部類。
    • 凍牙は足止めと火力強化・修羅は通常攻撃や多段ヒットするC9の強化になる。
    • 紅蓮・烈空属性は修羅属性には劣るが、純粋な火力強化になるので悪くない。
    • 金剛は微妙。通常攻撃タイプのため利点は受けやすいが、一方チャージ攻撃に広範囲・高威力のものが多く、殺陣の拘束時間も中の下(やや長め)であるため。
    • 閃光は敵を浮かせてしまい、火力不足に陥るのでよくない。

北条氏康

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
北条氏康 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 全属性が発動する特殊技があるため、属性はほぼ不問。
    固有属性の紅蓮は通常攻撃タイプと相性良好。
  • (II)4-IIでは強化された殺陣を狙える金剛は良好。
    • ただし、敵将も強化されているため、うかつに特殊技を使うと大打撃を受けることがあるのに注意。

竹中半兵衛

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
竹中半兵衛 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 振りが非常に速い反面、主力のC4、C5は敵を大きく吹き飛ばしてしまう。
    両者を補える凍牙で安定といえる。

毛利元就

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
毛利元就 通常版
4-II
Empires
真田丸
  • 凍結C4-2が強力な他、打数が非常に多いキャラなので、修羅は必須。
    • 打数を更に伸ばす閃光も優秀であり、練技を一気に稼げる。
    • なお、修羅属性は特殊1-3(C5-2)でも付くが、貫通効果が無くなるため、武器属性につけるのが良い。

綾御前

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
綾御前 通常版
4-II
Empires
真田丸
  • チャージ攻撃に閃光・凍牙・修羅の属性が固定で発動するため、この3つは必須。

福島正則

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
福島正則 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 割り込み阻止と地上判定を同時に狙える凍牙が良い。
    固有属性の紅蓮は、連撃力に欠けるためそれなり。

藤堂高虎

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
藤堂高虎 通常版
4-II
Empires
真田丸
  • 凍牙のレベルは特殊技にも反映されるため、固定扱いしないと真価を発揮できない。
  • また、長政と同じく特殊技で武器の属性が常時発動するため、あればあるだけ良い。
    • 修羅は家宝で補い、閃光や烈空の相乗効果を狙いたい。
    • 金剛は凍結によりデメリットを打ち消しつつ、追加ダメージの恩恵を受けられる。
      • また、高虎の殺陣は範囲が前後に広くモーションは早い方なので、殺陣が出たら出たで悪くはない。

井伊直虎

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
井伊直虎 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • C2の空中戦が対武将の主軸になるため、紅蓮・烈空が有効。
  • (II)4-IIでは敵の横槍や防御力強化に悩まされる。C2を妨げず敵の足止めができ、殺陣も狙えることから金剛が有効。

柳生宗矩

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
柳生宗矩 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • チャージ攻撃が全段地上ヒットするようになる凍牙は相性抜群。
  • (II)4-IIでは閃光や金剛も防御用に候補に入れて良い。
    • 宗矩の殺陣は範囲が広いので、金剛で殺陣が暴発しても痛くは無い。

真田信之

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
真田信之 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 凍結状態の無双奥義の威力を考えると、凍牙と修羅が頭一つ上。

大谷吉継

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
大谷吉継 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 武将戦の主軸となる波撃(間接攻撃)C4と凍牙の相性が良い。
    • 神速攻撃と固有属性の烈空との相性も良好。

松永久秀

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
松永久秀 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 固有属性の紅蓮は可もなく不可もなし。
    • 地上戦主体の動きをするため、凍牙が相性良好。

片倉小十郎

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
片倉小十郎 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 主君の政宗と同様、凍結した相手への特殊技+C攻接射が強力なので、凍牙と修羅は必須。
    閃光は浮き上がりが気になるが、C4-2のダメージが上昇する利点もある。
  • (II)敵の横槍が深刻となる4-IIでは、金剛も有効となる。

上杉景勝

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
上杉景勝 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 割り込みの問題は特殊技に一任して問題ない。
    純粋に攻撃力に繋がる烈空・金剛(殺陣暴発分は割り引く必要があるが)がお勧め。
  • (II)4-IIでは妨害効果と殺陣を狙える金剛も悪くない。
    • 景勝の殺陣は全武将中最速であり、攻撃の流れを阻害しない。
  • (S)真田丸では金剛属性を心眼でさらに強化可能となったため、金剛は必須扱いすら可能。

小早川隆景

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
小早川隆景 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 事情は父に似ており、凍結状態への波撃(間接攻撃)C4が優秀。
    連打が効く通常攻撃と紅蓮の相性も良好な部類。

小少将

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
小少将 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 攻撃範囲の広さを生かし、イニシアチブを取るなら閃光がお勧め。
    神速攻撃やチャージ攻撃の邪魔にもさほどならない。
    • 攻撃力が低く、攻撃の打数が少ない方なので、紅蓮と烈空は微妙な所。
    • 金剛はC3-1、2が使いやすいので必要性が薄い。
  • (II)4-IIでは敵将の防御力が上がっているため、紅蓮や金剛で攻撃力を補いたい。

島津豊久

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
島津豊久 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • チャージ攻撃タイプの例にもれず、連撃を妨げない紅蓮・烈空と相性がいい。

早川殿

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
早川殿 通常版
4-II
Empires ×
真田丸
  • 凍結した相手への特殊技+C攻接射が強力なので、凍牙と修羅が有効。
    • 事情は稲姫や小十郎に似るが、凍牙は固有属性である分、彼女が有利。
    • 閃光と金剛は通常攻撃の不利を補えるが、不整合は否めない。
  • (II)4-IIでは妨害効果と殺陣を狙える金剛も悪くない。早川殿の殺陣は全武将中同率最速であり、攻撃の流れを阻害しない。

(II)井伊直政

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
(II)井伊直政 4-II
Empires ×
真田丸
  • 連撃を出しやすいので、固有属性の紅蓮と修羅が相性面で良好。
    • 派手に動き回るため、凍牙より金剛の方がダメージを安定させやすい。

(S)真田昌幸

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
(S)真田昌幸 真田丸
  • 癖のないモーションと閃光属性の相性は良好。破天も必ず鍛工出来るため不利は無い。
    • あとは烈空や修羅で属性攻撃力を底上げすればよい。

(S)茶々

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
(S)茶々 真田丸
  • 父母が閃光であるのに対して彼女は凍牙であるが、間接攻撃系の技との相性が良いため問題なし。

(S)佐助

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
(S)佐助 真田丸 ×
  • 特殊技の連続攻撃とC5の吹き飛ばしは、固有属性の紅蓮と相性良好。
    • 妨害阻止には、無難に金剛が良い。

(S)武田勝頼

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
(S)武田勝頼 真田丸 ×
  • 基本的な内容は下記の新武将(槍)と同じ。

(S)徳川秀忠

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
(S)徳川秀忠 真田丸 ×
  • 基本的な内容は下記の新武将(刀)と同じ。

新武将(刀)

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
新武将(刀) 通常版
4-II
Empires ×
  • 壊れ性能のC5を如何にして確実に出すかが問われるので、行動を妨げない紅蓮・烈空が無難。
    • 凍牙はC2が死に技になるが、C5主体なら○。
    • 一方で殺陣の後隙が長いため、暴発を考慮すると金剛は避けたほうが良い。強制的に敵に背を向けるため、巻き込まれで敗走しなかった敵将に反撃されやすい。
  • (II)4-IIでは防御系属性が一つは欲しい。また、敵将が受身を取ってくるため、C2の比率が下がり凍牙の有効度は上がる。リーチの狭さを補える閃光も良好。
  • (E)一般武将用武器も基本的に同様。
    • 敵の攻撃が激化しているが、こちらの攻撃力がさらに落ちたため、殺陣の性能を考慮しても攻防両方を安定して補える金剛が有効な属性になりうる。
    • 固有属性でもある紅蓮は確実な攻撃力補強になる。
    • 閃光は浮遊によるダメージ低下が辛い。

新武将(槍)

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
新武将(槍) 通常版
4-II
Empires ×
  • 他キャラクターに比べ明らかな弱体化が目立ち、特に高難易度では全く使い物にならない程の弱体化が成されたため、基本的に属性でフォローしても焼け石に水である。
    が、敢えて推奨属性を挙げるなら行動を妨げず火力上昇が出来る紅蓮・烈空・修羅を推奨したい。
    • また、空中戦主体の槍のアクションとも矛盾せずに阻害効果を期待出来る閃光や、チャージ攻撃が全て決め手に欠けるので金剛とも相性がいい。
    • 凍牙は出の遅いチャージ攻撃の隙を補える面は優秀だが、C5-3が機能しなくなる為やや相性難。
  • (II)(E)4-II以降は、C5-3で鎌鼬によって地上もヒットできるようになったため凍牙との相性が一気に高まった。
    とは言え使い辛さは拭えない。
    • 特殊技の無双回復を活かし、騎乗奥義で立ち回るのが最善だと思われる。

新武将(薙刀)

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
新武将(薙刀) 通常版
4-II
Empires ×
  • 振りが遅いのを補完するための属性は、敵を釘付けに出来る凍牙が有効。
    • 閃光は敵が半端に浮き上がってしまうのでやや相性難。
    • 金剛は殺陣の暴発があるが、薙刀の殺陣は範囲が広くモーションは早い方なので、出たら出たで悪くはない。

新武将(大太刀)

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
新武将(大太刀) 通常版 × ×
4-II
Empires ×
  • 武器の性質が上記の薙刀に近いため、やはり凍牙が有効。C4を直撃させられるのも利点。
    • 金剛については、殺陣モーションが速い方で対象武将を前方に吹き飛ばすため不利にはならないが、左右には範囲が狭いのに注意。

新武将(双剣)

武将名 作品名 紅蓮 閃光 凍牙 烈空 金剛 修羅 備考
新武将(双剣) 通常版
4-II
Empires
  • 特殊技の効果で固有属性の紅蓮・凍牙、及び武器に付随する全ての属性が発動するため、紅蓮以外、属性はあるほど有利。
    • 基本的なアクションも手数で押していける優秀な部類なのも長所。
    • DLC武器が絶対的猛威を振るう所以である。
    • 紅蓮は特殊技で最大値付加なので入れる必要はないが、凍牙は高虎と同じくレベルが特殊技に反映されるため必須。


コメント欄

  • この掲示板はツリー方式です。レスをする時は、レスをしたい記事の先頭をクリックして選択してから書き込んで下さい。
    それをしないとツリー表示されず、新規投稿になってしまいます。
    他の人が不快になる様な投稿は控えましょう。
    質問は質問掲示板で行いましょう。


  • 4-2だと敵が空中復帰する以上空中戦するメリットがないからなぁ。チャージタイプでも修羅凍牙が鉄板ですよ。肝心なときに浮くとトドメが刺せなくなるから、修羅ありでも専攻は採用の余地なし。 - 名無しさん 2016-11-14 19:59:12
  • 少し枠が長くなりすぎている感があるので、分割と再編成を行おうかと考えております。 - 管理人 2016-12-31 01:21:50
  • 昌幸は派生で動きまわるし、殺陣の範囲が広いので金剛がいいかもしれません。 - 名無しさん 2017-01-13 11:41:01
  • 真田丸の新規無双武将は、もう少し議論が必要かもしれません。 - 管理人 2017-01-29 17:44:25
    • 昌幸は多分あれで問題ないと思います。 - 名無しさん 2017-09-10 19:35:29
  • 凄い見やすくなってる。編集お疲れ様です! - 名無しさん 2017-01-29 19:44:58
名前: