将星絵巻 > 感状は不要

武将名 内容
ナレーション 合戦は「大名」の勝利に終わった。
戦後、論功行賞が行われ、多くの臣に感状が渡された
ナレーション 感状とは、戦で功を上げた者に与えられる文書。
才の裏付けでもあるため、再仕官の際に重宝された
ナレーション だが「大名」は「忠臣」に何も与えなかった

武将名 大名 忠臣
真田幸村 抜群の功でしたが、感状は差し上げません。
この程度の功であげては、かえって失礼ですから
ええ、感状は要りません。
私は感状のために戦っているわけではありませんので
前田慶次 あんたには感状を出さねえ。
功は抜群だが出さねえ意味…わかってると思うしな
わかってるねえ。
仕えがいがあるってモンだ
織田信長 うぬには感状をやらぬ…。
欲しくあるまい?
無用よ
明智光秀 あなたの功を鑑みれば感状を出さねばなりませんが、
あなたはお断りになるのでしょうね
感状は他家に仕えるとき有利になる武功の証明です。
殿に生涯つき従うつもりの私には無用の長物です
石川五右衛門 てめえも変な奴だよな、感状要らねえって。
ま、その理由ってのが泣かせるんだがよ!
今さら他家につもりもねえから要らねえけどよ…。
箔づけとしては、要らないわけでもないかもよ…
上杉謙信 汝ほどの忠臣に感状は無用 謙信の闘争は呼吸と同じ。
呼吸に感状は無用
お市 あなたはとても忠義で功も厚い方ですが、
感状はあげません。それでいいんですよね?
ええ、必要ないでしょう。
殿にはずっとお仕えするつもりでいますから
阿国 うちの大事な忠臣はんは、えらい功立ててんのに
また感状やら要らん言わはるんどっしゃろ?
へえ、他家に行く用の感状なんて要りまへんよって。
代わりになんぼか勧進しておくれやす
くのいち 功はすごいけど、君には感状あげられないにゃあ。
だって…ね?
忍びの働きが文書に残っちゃうのはマズいんで…。
それに、ま、他家に行く気もないんで
雑賀孫市 すげえ功だが、今回も感状はなしだ。
…てめえほどの忠臣に感状出さねえ俺の立場考えろよ
確かに感情があるとモテるらしいが、
この俺には、魅力ってモンがあるんでな。必要ないのさ
武田信玄 おことほどの将ならば、これぐらい当たり前。
だから、感状は要らんよね?
感状は武功を証明する書状。
おことに限ってわしの功を忘れたりはせんじゃろうしね
伊達政宗 この馬鹿忠臣は、感状なぞ要らんと抜かしおる。
まったく愛すべき馬鹿忠臣よ!
感状は他家に仕える際に武功の証明として必要なもの!
無論要らぬわ!
濃姫 今回ほどの功でも感状は出さないわ。
…そう望んでいる、そんなあなたが好きなんだけど
感状と退屈は要らないわ。
地獄と興奮を頂戴
服部半蔵 お主に感状は不要だったな …無論
森蘭丸 あなたの忠節も今回の功もすばらしいものでしたが、
感状は出しません。その意味はおわかりでしょうから
ええ、殿に命まで捧げるのが蘭の忠義。
他家に仕える際に有用な感状など、無用のものです
豊臣秀吉 お前さんの功はでらすげえモンじゃったが、
感状は出さんわ。出す必要もないで
んなモンなくってもわしの手柄を知っとりゃあす!
…ありゃああったでお店でモテるんじゃが
今川義元 そちの功、まろは真に満足しておるの。
じゃが、まろがそちに感状を出すとそちは満足せぬの!
無論。
感状なぞ千枚あっても蹴鞠の免状一枚にならんの!
本多忠勝 そなたの功、真にあっぱれ!
だが、その功に拙者は感状で報いぬ。わかるな?
愚問!
他家に仕える気のない拙者には無用でござる
稲姫 見事な功でした。さすが稲の忠臣です!
しかし、あなたは稲の感状をお望みにならぬのですよね
はい、要りません!
感状千枚に勝る、殿の信頼をいただいておりますゆえ
徳川家康 お主の働き、感状を与えるにふさわしい。
だが、お主は受け取るまいな…
ご無用に。他の主君に仕えとうもござらぬし、
我が勲功はそのまま家の発展が証明してくれまするゆえ
石田三成 これだけの功を立てておいて感状は要らぬのだな?
まったく俺の忠臣だけあって、困った平懐者だ
ええ、要りませんね。他家に仕官する気もないですし、
個人の勲功を誇るがごとき愚劣な生き方もしていません
浅井長政 こたび、抜群の功を立てたそなたに、感状をやらぬ。
よいな?
感状をやるなら他の家臣にやってくれ。
某は、感状が要るほどの仕え方はしておらぬ
島左近 あんたに限っちゃ、こたびの功でも感状はなしです。
それが俺が求めるもので俺が求められてるものなんでね
感状がないと牢人した時それは苦労するんですよ…。
でも、俺には必要ないモンです…生涯殿に仕えるんで
島津義弘 お主に感状は要らぬ。
その意味はわかっておるようだしな
ああ。要らんよ。
お主の下でまずは満足しておるからな
立花誾千代 感状は出さぬ。
貴様は立花という生き方をよく理解している忠臣ゆえな
ああ。立花の戦いはただ名誉のためのものではない。
お前はそこをわきまえているよい主君だ
直江兼続 お前には感状は要るまい!
私とお前は、義で結ばれた君臣、義君臣だからな!
おお! 主君が家臣を信じるそのお姿に義を見ました!
なんと! なんと美しい光景か!
ねね すっごく忠義だし、今回もガンバってくれてたけど
感状はなし…それがいいんだよね?
もう、あたしたちの仲でそんな…。水くさいよ!
風魔小太郎 うぬには感状はなしだ… さような犬も欲しがらぬもの…我も要らぬ
宮本武蔵 功はすごかったけど、感状、要らねえよな。
わかってるわかってる
俺が求めてるのは人を活かす剣!
そんな、他家に仕える時に役立つ紙切れじゃねえ
前田利家 なんか仁義にもとる気がすんだがよ、
逆に感状出さねえのが、俺とお前の仁義なんだよな
要りません…家臣はただ主君のためだけに手柄を立て、
主君は家臣の手柄を忘れねえ…これが君臣の仁義でさあ
長宗我部元親 お前は当然感状を出すべき功を立てた。
だが俺はそれに抗い、感状を出さない…いいな
俺のことをよくわかっている主君に仕えられて幸せだ。
与えようと言っても俺は凄絶に抗うだろう
ガラシャ ほむ、すごい武功なのじゃ!
じゃが、そちほどの将に感状は出さないのじゃ!
要らぬ。わらわは忠を知っており、
そちはわらわを知ってくれておる、それで十分じゃ!
佐々木小次郎 ああ、君には感状は要らない。
そうだったよね
要らないよ、僕はそんなもののために人を斬ってない。
もらっても人を斬った血をぬぐう懐紙になるだけさ
柴田勝家 わぬしほどの将に感状なぞ出さぬ 聞かれるまでもなく無用でござる
加藤清正 お前には感状をやらない。
功は他人より優れてるが、そうする意味があるからな
もらえないのは残念だが、特別な信頼の証…だから…!
はい、まったくもって不要です!
黒田官兵衛 卿ほどの将には感状は不要だろう たとえば感状として褒賞を約束した書状を頂いたら、
大事に保存し履行を願いますが、それでもよろしければ
立花宗茂 普通の将ならば、感状を欲しがるものだが、
お前に限っては違う…そうだな
ああ、要らないな。
武功のたびにもらっていたのではしまう場所に困る
甲斐姫 あんたほどの将には感状はあげない。
あげないんじゃないわね…要らないのよ
あ、はい…。
あんまそういうの多いと狂暴な印象強まるんで…
北条氏康 今回の戦もあっぱれな功を立てやがったな。
だが、てめえにゃ感状は出さねえぜ?
おう、んなもなあ要らねえよ。
俺の功はてめえが覚えていてくれりゃあそれでいい
竹中半兵衛 君には感状を出さない。
今回の戦ですばらしい功を立ててくれてるのに、ね
俺ってばこ~んなすごい功を立てましたなんて書類、
あってもいいことないよ。もらっても破って捨てるから
毛利元就 君には感状を出さない。この意味を解説するとだね、
まず感状とはどういうものかということになるんだが…
ああ、不要かな。感状は他家に仕官する時に有利になる
武功の証明だ。そんなもの私には必要ないからね
綾御前 すばらしい功…でも、感状はあげません。
あなたには感状は要らないでしょう
感状だなんて…綾に他家に仕えよと仰せですか…。
なんだか…悲しいです…
福島正則 やっぱお前くらいになるとよ、
感状とか要らねえよな! わかってるよな、お前!
んなモンなくったって、俺と殿は
暑苦し~い絆で結ばれてます! だから要りません!
藤堂高虎 お前ほどの将になれば感状は要るまい。
…その意味、得心しているな?
そのようなものが必要な仕え方はしておりません。
俺の忠義を信じてください
井伊直虎 すみません、すみません! ほんと、すみません!
私なんかの感状なんてほんっと要りませんよね!
すみません、すみません! ほんと、すみません!
私なんかに感状だなんておこがましすぎます!
柳生宗矩 拙者、一対一のやり合いにさほど意味感じないんでね、
お宅が感状要らないっての? 結構好きなんだよォ
…は、恐れながら、ご無用にござる。
拙者、二君に見えるつもりはござらぬゆえ
真田信之 私が感状をやらない理由、
お前ほどの将ならば、当然、わかっているか
ええ、要りません。
殿への忠誠にそんなものは必要ございませんので
大谷吉継 お前に感状は出さない。
この流れ、わかっているな
ああ、冥府に持って行けるものでもないからな。
お前からの信頼は十分もらっている
松永久秀 普通なら、お主には感状を出さねばならんよな~。
だったらなおさら感状を出したくなくなってきたぜ~
感状なんてそんなもん、確かに要らんけど、
やらんと言われれば、なおさら欲しくなったぜ~
片倉小十郎 ご無礼ながら、あなたには感状をお出ししません。
なぜかは、あなたほどの将であればご存じでしょうから
感状が必要となるのは他家に行く際でございます。
私にとっては無用のもの。眼鏡を拭く紙にもなりません
上杉景勝 …感状は要らんか …我らの間には無用のもの
小早川隆景 感状は個人の武功を証明する書類です。
これが要らないというあなたが私には好ましいですよ
ええ、要りません。他家へ行く気もないですし。
…ただ、文字という意味では、欲しいです
小少将 すごい功だけど、あなたは感状要らないんでしょ?
じゃ、代わりに髪に入れてる飴ちゃんあげよっか?
要らないわ。
どうせ不幸に巻き込まれて燃えるか破れるか水浸しだし
島津豊久 お前って、意識高いよな!
こんだけの功立てても、感状とか要らないんだろ?
ああ、感状なんてもらえないよ!
だって、お前のために死に損なっただけだもん、俺
早川殿 あなたなら、感状要らないって言うわよね。
仕方のない人
ええ、その通りよ。
よくわかってくれるご主君で嬉しいわ
(II)井伊直政 お前は感状は要らないのだったな。
欲しいと言われても、目の前で引き裂いてやるが
ええ、もちろん。
戦のたびに刻まれた傷の一つ一つが、俺の感状ですから
新武将(男・熱血) お前には、俺は感状をやらない。
その意味、わかってくれてるよな
はい、俺は要りません!
ただ俺の下の兵たちにはねぎらいの何かをもらえると…
新武将(男・冷静) 感状は要らぬか。
できる将は違うな
ええ。軍は集団で目標を達成する組織です。
個人の功を誇るための書状など、私には要りません
新武将(男・生意気) 君ほどの将に、僕ほどの主君が感状をあげると思う?
君も僕と同じくらい意識高いし、わかるよね?
ま、要らないよ。僕の功を書き連ねてたら、
いつまで経っても書き終わらないだろうからね
新武将(男・老練) 経験上、感状は持っていたほうがよいと思うが、
お主には無用…ということか…
あれば他家に仕える折、役立つこともござろうが、
必要ござりまするまい
(E)新武将(男・威厳) 感状など無用か。
なかなかの功だが、お主ほどの将ならばな
士は二君に見えずが信条でござれば、
要りませぬ
新武将(女・活発) あなたは私の大事な忠臣…だから感状は出さないわ。
私の思い…届いてる?
ええ…殿とは思いでつながってるから、大丈夫。
むしろ他の家臣を大事にしてあげて
新武将(女・冷静) 本来、感状を授けるべきところだが、
貴君ほどの将であれば、不要ということだな
他家に行く気もないのでまったく無用です。
紙の無駄です
新武将(女・生意気) 感状あ~げる! うっそ! あ~げないっと!
だって、他でもないキミなんだもん!
うん、要らない! だって殿はボクの功、覚えてるし。
だからまったくもって要らないね!
新武将(女・妖艶) あなた、感状は要らないわよね。
わかってるわ、そんなものが欲しいんじゃないってこと
そんなものは要らないわ。
あたしの欲しいものは、もっと別…
(E)新武将(女・優美) あなたには感状など不要なのですね。
その凛とした姿勢、あっぱれです
殿には生涯お仕え申す所存にございます。
感状は他家に仕官する際、有用なもの、私には無用です
汎用武将(熱血) お前には感状をやらない。
その意味、わかってくれてるよな
-
汎用武将(冷静) 見事な功であった。
だが感状はやらぬ。要るまいでな
-
汎用武将(猪突) 先の働き、見事よ。
だが感状を出すには及ぶまい
-
汎用武将(若輩) あなたは大の忠臣ですが、感状は出しません。
それでよいのですね
-
汎用武将(老練) こたびの功、抜群であったが、
そなたほどの将に感状は要るまい
-
汎用武将(猛将) 先の功、真にあっぱれなれど、
お主ならば感状は出すまい
-
汎用武将(知将) お主ほどの将には感状は要るまい。
ゆえにやらぬぞ
-
  • 忠臣が一般武将では発生しない。

武将名 内容
ナレーション 「大名」と「忠臣」の絆の強さに、
周囲の人々は感嘆の声をもらしたという