将星絵巻 > 芸に足を取られる

武将名 内容
ナレーション 合戦の直前、「武将・乙」は「武将・甲」の陣で、
布陣の最終確認を行っていた
ナレーション 突然、「武将・乙」は陣をふらっと出て、
前方にあった竹やぶに入っていった
ナレーション 「武将・甲」は
竹やぶの闇の中、一瞬の光を見逃さなかった

武将・甲の警告

武将名 内容
真田幸村 危ない!
前田慶次 伏せな!
織田信長 ならぬ!
明智光秀 危ない!
石川五右衛門 危ねえ!
上杉謙信 待て
お市 危ない!
阿国 危ない!
くのいち 危ない!
雑賀孫市 危ない!
武田信玄 待つんじゃ!
伊達政宗 馬鹿め!
濃姫 危ない!
服部半蔵 待て
森蘭丸 危ない!
豊臣秀吉 危ない!
今川義元 危ないの!
本多忠勝 伏せよ!
稲姫 危ない!
徳川家康 危ない!
石田三成 危ない!
浅井長政 危ない!
島左近 危ない!
島津義弘 伏せろ
立花誾千代 危ない!
直江兼続 危ない!
ねね 危ないよ!
風魔小太郎 伏せよ!
宮本武蔵 危ねえ!
前田利家 危ねえ!
長宗我部元親 待て!
ガラシャ 危ない!
佐々木小次郎 ダメ!
柴田勝家 こら!
加藤清正 おい!
黒田官兵衛 待て
立花宗茂 危ない!
甲斐姫 ダメ!
北条氏康 こら!
竹中半兵衛 危ない!
毛利元就 危ない!
綾御前 いけません!
福島正則 待てよ!
藤堂高虎 伏せろ!
井伊直虎 ダメ!
柳生宗矩 危ない!
真田信之 危ない!
大谷吉継 危ない!
松永久秀 いかん!
片倉小十郎 危ない!
上杉景勝 …む!
小早川隆景 危ない!
小少将 ダメ!
島津豊久 危ない!
早川殿 危ない!
(II)井伊直政 ダメだ!
新武将(男・熱血) 待て!
新武将(男・冷静) 危ない!
新武将(男・生意気) 危ない!
新武将(男・老練) 伏せろ!
(E)新武将(男・威厳) ならぬ!
新武将(女・活発) ダメ!
新武将(女・冷静) 危ない!
新武将(女・生意気) ダメ!
新武将(女・妖艶) 危ない!
(E)新武将(女・優美) いけません!
  • 一般武将では発生しない。

武将名 内容
ナレーション 「武将・甲」の声と同時に銃声が鳴った。びっくりして
かがんだ「武将・乙」の頭上を銃弾がかすめた

武将・乙の安堵

武将名 内容
前田慶次 あんたのおかげで助かったよ。
茶杓によさそうな竹があったんでつい…すまねえ
武田信玄 おことのおかげで助かったよ!
笛の美しい音色が聞こえた気がして、ついふらっと…
今川義元 そちの一声で助かったの!
雅な竹があったゆえ、つい前に出てしもうたの
松永久秀 よくも我輩の運命をねじ曲げたな~!
茶杓によいあの竹を手に討死しても本望だったものを…
片倉小十郎 危うく敵の卑怯な銃弾の餌食となるところでした。
笛によさそうな竹があったものでつい…
新武将(男・熱血) 危なかった…! 助かったぜ!
茶杓になりそうな竹を見つけてつい出過ぎちまった
新武将(男・冷静) 私としたことが、すまない。
茶杓になりそうな竹を見つけてつい周囲を見失った
新武将(男・生意気) 心配かけた? 茶杓にいい竹を見つけちゃったんだ。
ま、君が声かけなくても弾は当たってなかったけどさ
新武将(男・老練) すまぬ。戦場を経験している自分ともあろう者が
茶杓によい竹を見つけ我を忘れてしまうとは…
(E)新武将(男・威厳) 相済まぬ。竹を取ろうと出過ぎてしもうた。
あまりに茶杓にぴったりの竹であったゆえ…
新武将(女・活発) ごめんなさい。とても茶杓にぴったりの竹があって…。
思いが先に出ちゃったのね…
新武将(女・冷静) すまない。貴君の声がなくば私は死んでいた。
なぜ戦場で竹を採ろうとしたのか自分でもわからぬ…
新武将(女・生意気) ごめんなさい! とってもすごい竹があったの!
それはもうすっごい竹なの! だからつい…!
新武将(女・妖艶) ありがとう。おかげで助かったわ。
すごい竹があったものでつい採ろうとしたの
(E)新武将(女・優美) 申し訳ありません…。私はどうしたのでしょう。
茶杓によい竹があったからといって、戦場でこんな…!
汎用武将(老練) いやあ、面目ない。
茶杓になりそうないい竹を見つけたのでつい…
  • 条件となる古田織部は汎用武将(老練)の声である。
    • 汎用武将(老練)の声の武将のみこちらで再生可能。

武将名 内容
ナレーション 九死に一生を得た「武将・乙」は、
慌てて陣に戻り、作戦会議を続けた