将星絵巻 > 屋敷の広さ

武将名 内容
ナレーション 「武将・甲」と「武将・乙」は
大きくなった城を眺めていた

武将名 武将・甲 武将・乙
真田幸村 居城が発展したのは嬉しいですが、寂しさもあります。
狭かったときはにぎやかでしたので…
いえ、狭いままでは我らは外にあふれてしまいます。
鍛錬以外、することがなくなってしまうかと…
前田慶次 城が大きくなったのは大歓迎だが、
狭かったときより人の距離が遠くなるようで寂しいねえ
そこは俺らで新しくなんとかしていこうぜ。
やりがいがあるってモンさ!
織田信長 城が広くなったはよいが、
人と人との距離が離れぬか…?
新しき秩序、風情を創るまで。
それができぬならば…去ね!
明智光秀 城が大きくなり真にめでたき限りですが、
もとの狭い城の風情も、捨てがたいものがありましたね
そうですね…。だからこそ、そこを回復するよう、
我らで頑張っていきましょう
石川五右衛門 城がでっかくなったのはいいけどよ、
箱ばっか大きくなって中身が追っつかねえことはねえか
でもよ、でっかい城のほうが、なんかこう、
でっかいお宝ざっくざくって感じがしてよくねえか?
上杉謙信 城、大になり、人、疎とならんか? 城、小にして、人、密なれば、衝突多からん。
大なるにしかず
お市 城が大きくなり、人と人との距離が離れると
心まで離れていかないか、少し…心配です
そうですね…。でも、これから私たちで、
絆や風情を新しく創っていくと思えば愉しみでしょう?
阿国 大きなった城もよろしけど、
小さかったころのお城も、また風情がおしたなあ
そうどすなあ…。どうしてもしんどかったら、
うちが出雲の根の国に連れて往んであげましょか?
くのいち 城が大きくなって、嬉しいような…
ちょっと昔を思い出して寂しいような…
いや、そこは空気読みましょうぜ。
大きいことはいいことだ! って感じで、ね?
雑賀孫市 おいおい、城をでかくすりゃいいってモンか?
俺との距離が離れて悲しむ女性がいるかもだぜ?
ま、その分、新しい城の新しい出会いに期待だな。
新しく可愛い娘が入ってきたりして…!
武田信玄 人が城なんじゃ。大きくなって人の距離が離れては
密度の薄い、もろいものになるよ
うむ、温故知新じゃね。そうやって古きを元に
新しきを構築していくことが大事なんじゃ
伊達政宗 城は大きゅうなったが、昔のものにくらべ
なんというか風情のようなものがまだまだ足らぬわ!
ならば、己がそこをなんとかする気概を持たぬか!
馬鹿め!
濃姫 あら、城が大きくなったのね。
昔のあの密着感、好きだったのに
狭っ苦しいベタベタした関係が嫌いだから、
私はこの新しくて大きい城のほうがいいわ
服部半蔵 城が大きくなり、人の間に隙が生まれぬか…? 拙者はこの城のすべてを把握した。大丈夫だ
森蘭丸 城が大きくなり、真に祝着至極には存じますが、
人と人との距離まで大きくなるのが気にかかりますね
そうですね…。ですが、いえ、だからこそ、
その部分を、これからなんとかしていかねばなりません
豊臣秀吉 城がでっかくなったんはまっことめでたいこっちゃが
これで、人と人との隙間までできてまったらいかんで
なに言うとるんじゃ!
城は大きゅうなったほうがでらええに決まっとる!
今川義元 城が大きゅうなって真にあっぱれじゃの。
じゃが、ちとこう風情に欠けはせぬかの?
古きにこだわっておっては何もなしえんの!
次の改築では、室内蹴鞠場を作ってもらうの!
本多忠勝 城が大きくなり真に重畳。
ただ、家臣団に間隙が生まれぬかが懸念よ
ゆえにこそ、新しき城で、我らが励まねばならぬ…。
違うか?
稲姫 大きいお城になりましたね。
少し、以前の小さなお城が懐かしくはありますが…
ええ、稲も確かにそう思います。
しかし、そう思ってばかりもいられません!
徳川家康 城が大きくなり、お家いよいよ栄えめでたい限り。
ただ、油断して家臣間に間隙が生まれねばよいが…
古きを温めつつ、新しきを取り入れねば。
これよりは、この城にて励んでまいりましょうぞ
石田三成 城が大きくなり、変化に対応できかねている箇所で
さまざま小さな問題が発生している…鬱陶しいのだよ
くだらん感傷だな。
…仕事をするのだよ
浅井長政 城が大きくなったな。めでたい。
めでたい…のだが、なんだか昔を思い出すと寂しいな
そうか、わかった。そういう感傷はばっさり捨てよう!
この新しい城、新しい木のいいにおいがするぞ!
島左近 城が大きくなり、お家安泰ってとこですか。
人の距離が離れてその安泰が揺らがなきゃいいですがね
ま、敵がそこをついてきたとしても、
それを逆手にとる策は万事、この俺の頭にありますよ
島津義弘 城が大きくなり、互いの顔が見えぬようになっては
お家にとってようないのではないか?
うむ…。
環境が変わって猫が少しおびえておってな…
立花誾千代 城は大きくなったが、家の安定は大きさにはない。
人の結束だ。そこは大丈夫なのか?
くだらぬ感傷はやめよ。時は戻らぬ。
ゆえに前進し制圧あるのみ、人はそうあらねばならぬ
直江兼続 ううむ、城が大きくなった分、義が希薄にならないか?
皆の義を城の体積で割ると…こ、これはいかん!
なるほど! 城が大きくなった分、そこを埋めるように
我らの義をも大きくせねばならんという話だな!
ねね ううん、城がおっきくなって嬉しいんだけど、
なんだか顔を合わせてた人と会わなくなって寂しいよ
広くなるとお台所から部屋までが遠くなるし、
ご飯が冷めないよう、昔より速く届けないとだしね
風魔小太郎 城が大きくなった分、
人との間にすきま風が吹いてはおらぬか…?
寒々しい空気は前の城からさして変わらぬ…
宮本武蔵 城がでっかくなったな! めでたい!
めでたいが…なんかこう…ああ! うまく言えねえ!
うーん、確かに迷うことが多いよな。
ところで今、俺はどこにいるんだ?
前田利家 城がでっかくなったぶん…なんつーかよ、
人と人との距離っつーのができちまった気がしてよ…
いや、俺もよ、なんかやだな~やだな~と思いながら
城歩いてたんだよ…そしたら、女の子が泣いててさ…
長宗我部元親 城が大きくなった…。
魂の距離まで増えていないか…!
確かに人と顔を合わせなくなったかもしれんな…。
ならばこの増加した空間に抗え! 己の二本の脚で!
ガラシャ 城は大きゅうなったが、ちと寂しいのじゃ…。
なぜじゃろうのう…教えよ!
ならば教えよ、それを解決するにはどうすればよい?
その答えを、わらわと共にやっていこうぞ!
佐々木小次郎 城が大きくなって、人と顔を合わせる機会が減ると、
あれ、あの人もう斬っちゃったっけ…ってなるよね?
ごめん、わかんないや。
あんま、人を斬ること以外、興味なくってさ
柴田勝家 大きい城か…慣れぬわ うるさいわ!
…慣れよ
加藤清正 大きくなった城の石垣が気になって仕方なくてな…。
そう言えば、最近会ってない奴もいるな
そんなことより、この新しい石垣どう思う?
俺、とにかく誰かとこのことについて語り合いたくてな
黒田官兵衛 居城が大きくなり、
人と顔を合わせることが少々減ったか
卿の個人的な感情などどうでもよい。
必要に応じて変化しただけだ
立花宗茂 居城は狭いままのほうがよかったかな。
家族のように皆と毎日顔を合わせられたから
この新しい城からさらに大きな城に改築した時、
またそんな感慨が生まれるようになるといいな
甲斐姫 城が大きくなって嬉しいっちゃ嬉しいんだけど、
なんか人の距離まで大きくなった気がして寂しいわね
あんたね~、そんなこと言ってたら取り残されるわよ?
今から一緒に新しい城の話題の場所に突撃しましょ!
北条氏康 うさんくせえ野郎が言ってたが、人が城だぜ。
城のでかさに、人が追いつかねえとかねえだろうな?
でも、そのでかい城恐れて敵が戦しかけてこなけりゃ
その分、民が涙流さずに済むんだぜ?
竹中半兵衛 城が大きくなったね…。
なんだろう、慣れ親しんだ昔の城が少し懐かしいや…
でも、大きくなった分、隠れて昼寝しやすくなったよ!
これってとってもいいことじゃない?
毛利元就 城が大きくなって、お家いよいよ樊城ってとこだけど、
ううん、歴史がないからかな、昔の城ももったいないね
歴史の新しい扉を開く時の感慨だね。
それでも私たちは勇気を出して踏み出していかないと
綾御前 城が新しく、大きくなりましたね…。
少し、昔を懐かしんで、寂しいです…
ならば、これから私たちで思い出を創りましょう。
ここで薫陶を授けた、ここで折檻をした…というように
福島正則 城がさ、でっかくなってさ…なんてえの?
最近、なんか会ってねえ奴とかいてよ、寂しくね?
そんなん、声出してけばなんとかなるって!
城が倍になったなら、音量も倍! しゃああ!
藤堂高虎 城が大きくなり、顔を合わせない奴も出てきた。
結束が失われないか、そこが心配だ
築城術的な観点から見て、新しい城のほうがよい。
それしきのこと、かまうほどのことか?
井伊直虎 城が大きくなった分、人との距離があいたような…。
すみません! めでたいことなのに不足なんか言って!
でも、城が大きくなった分、私が小さく見えますよ!
すみません! 個人的な感想ばっか言ってすみません!
柳生宗矩 城が大きくなったねェ。いいよォ…いいんだが…
拙者、おじさんだからかなァ、少し昔が懐かしいよォ
重厚長大ばかりでなく軽薄短小も考えるべきかなァ。
あ、こういうこと言うの、おじさんだねェ
真田信之 城が大きくなった分、どうも人と人との距離が開いた…。
そんな気持ちになってしまうのは私だけだろうか
確かに、城が大きくなった分、
人に声をかけられることも減った気がする…
大谷吉継 城が大きくなれば、人との距離もあく…。
これは避けられない流れだな
俺は前の城でもひきこもりがちだったから、
その辺、さほど変わった気がしない…
松永久秀 城が大きくなって、落とし穴をしかけてもかかる率が
格段に下がったのだが…どうしてくれるのだ!
たいしたことではない、そのうち慣れるさ…
我輩、この台詞が大っ嫌いだし、絶対許せんのよ!
片倉小十郎 城が大きくなり、真に重畳の限りではございますが、
いささか人と人とのつながりが薄くなったかと危惧します
ご無礼ながら、気のせいかと。
防衛上も衛生上も新しき城は優れていると思われます
上杉景勝 …最近寂しい …わしもそう思う
小早川隆景 大きい城になって人と人との距離が開いた気がします。
まるで大きい本棚になって本と本との間があいたような…
そうですねえ、城が広すぎるのが問題なら…
たくさん書物を購入して、増加体積分を埋めては?
小少将 城が大きくなって…でもなんか昔のが懐かしいの…。
あ、愚痴みたいでごめんね
いいんじゃない?
古い城にもいろいろ不都合はあったわ
島津豊久 城が大きくなってさ、顔合わせなくなった奴増えてさ、
なんかさ、うーん、なんかさ…
そうか? 俺さ、新しい城、探検しまくっててさ、
いろんな人に会うし、いろんないいとこ見つけた!
早川殿 城が大きくなって、人と人との距離が大きくなった。
それは寂しいことだと思うの
私も同じように思ったけど、なんとかできると思う。
気の持ちようじゃないかしら?
(II)井伊直政 城は大きくなって、人との距離も大きくなりましたね。
率直に言えば、ダメな気もしますが…
ダメだ、ダメすぎる…。
お家を思えばそんな感慨を抱く暇などないはずです
新武将(男・熱血) 城が大きくなって、合わない奴が増えた。
これって、家の結束的にはまずくないか?
それを俺たちでこれからなんとかしないとな。
一緒に頑張っていこうぜ!
新武将(男・冷静) 城が大きくなったのはいいことだが、
そのぶん、人と人とのつながりが希薄になっていないか
たいしたことではない、そのうち慣れるさ。
それよりこの家の繁栄をこそ祝うべきだろう
新武将(男・生意気) 城が広くなった分、人に間隙が生まれた気がする。
みんな、その辺、意識低くない?
大丈夫だよ。大昔から、昔はよかったーって
ずーっと繰り返してきたんだし、愚かな人間どもは
新武将(男・老練) 城が大きくなったのはよいことだが…
これまでの経験どおりでは立ちゆかなくなったな
新しい環境で、必要のなくなった者とは会わなくなる。
寂しいかもしれぬが、経験上、そういうものだ
(E)新武将(男・威厳) 城が大きくなり、お家の発展、真に重畳。
されど、人と人との距離までも開いてはおらぬか?
その感慨はもっともだが、
新しい環境にも順応してゆかねばな
新武将(女・活発) 城が新しく、大きくなったね。…それはいいんだけど
人の距離…みんなの思いまで離れないかな?
大丈夫、小さな昔のお城はみんなの心の中にあるから。
これからはこの大きなお城も好きになってあげよ?
新武将(女・冷静) 城が大きくなった分、人と人との距離が離れる。
これは理の行き着くところだ
そこをこれからなんとかするのが我らの役目だろう。
貴君も励むといい
新武将(女・生意気) 大人の淑女みたいだった昔の城に比べて、
新しい城は、おっきいけど、隙の多い小娘みたいだなあ
うん、古いものがなくなる時、胸がきゅってなる。
でも、新しいものに出会う時、胸がドキドキしない?
新武将(女・妖艶) いろんなことをした思い出の場所もなくなって…
城が大きくなるのはいいことだけど、寂しいな…
でも、あたし、おっきいほうがいいわ…
(E)新武将(女・優美) 城が大きくなり、真に祝着には存じますが…。
おこがましき申しごとながら人の心の距離も開いては…
そうですね…昔の城を思うと
懐かしさに、はらはらと涙がこぼれます…
  • 一般武将では発生しない。

武将名 内容
ナレーション 「武将・乙」の言葉に、
「武将・甲」は笑ってうなずいた