将星絵巻 > 蘭奢待獲得

武将名 内容
ナレーション 大和の国を支配していた「大名」は
正倉院秘蔵の蘭奢待を切り取る許可を得た
ナレーション 蘭奢待は足利義政など、時の権力者のみが
切り取ることを許された天下一の香木である
朝廷使者 そちの功に鑑み、
恐れ多くも蘭奢待を下賜するぞよ

武将名 内容
真田幸村 謹んで。
大切に保管し、我が家宝といたします
前田慶次 おお、こいつが噂の名香木か!
どんだけいいにおいがするのか、早く聞きたいねえ
織田信長 うぬらが信長の威光に屈したという印、か。
くだらぬ
明智光秀 恐れ多きこと。これからも励み、
必ずや、戦なき世を築いてみせまする
石川五右衛門 お宝…つっても、なに、このボロっちい木!
金銀財宝がよかったぜ
上杉謙信 世はいまだ乱れている。
謙信はこれを平定したのち、この栄誉にあずからん
お市 よい香りのする銘木だとか。
ありがたく頂戴いたします
阿国 こんなんもらうより、
神さんのため、なんぼか勧進しとくれやすいな
くのいち んにゃ? 言われてるよりたくさん切られてますが、
その辺、管理がいい加減なんだにゃあ
雑賀孫市 香木だあ? んなモンどうしろって…。
あ、あの娘とか贈り物すれば喜びそうだな
武田信玄 いまだ戦火やまず。
王道成りてのち、頂戴いたそう
伊達政宗 ははーっ! ありがたく頂戴いたします。
これも竜が天に昇るための通過点よ…
濃姫 じゃあ、頂こうかしら?
中途半端な量が気に入らないけど
服部半蔵 頂こう…
森蘭丸 我らの勢力もここまで大きくなったのですね。
喜んで、この栄誉に浴します
豊臣秀吉 わしの望みはこんなモンじゃ止まらんわ…。
あの使者もいつまでもそっくり返らせてはおらんで
今川義元 おお、これは雅な!
喜んで拝領いたすの!
本多忠勝 たかが木っ端に…大仰なことよ
稲姫 たかが香木をこんなにもったいぶって…?
軟弱です!
徳川家康 はは、ありがたく頂戴いたします。
以後、天下の平穏を乱す輩の討伐はこの家康にお任せを
石田三成 これも俺の力が黙視しえなくなった証だろうが…
儀式というのは実に馬鹿馬鹿しいものだな…
浅井長政 あらがたき御意にござりまする。
調停に仇なす者、長政が必ず滅ぼしてみせましょう
島左近 これで朝廷を背負って戦ができるってわけだ。
ありがたいね
島津義弘 これで晴れて朝廷のお墨つき、官軍というわけか…
立花誾千代 我らの勢力を無視しえなくなった…ということか。
よかろう、ありがたく頂戴する!
直江兼続 軟弱な! かような香木遊び、実に軟弱である!
義にかなわぬこのようなものがありがたがられるとは!
ねね これを少しばっかりもらっても、
ご飯を炊く薪にもならないよ…
風魔小太郎 これで犬のように飼い慣らすつもりか…。
犬は、その木をくわえて襲いにくるやもしれぬぞ…
宮本武蔵 こ…こいつはまさしく天下無双の香木!
こんなすばらしい銘木を頂いても…!?
前田利家 あ…傾奇者だった時、香をつけすぎて、
すげえ嫌がられたの、思い出しちまった…
長宗我部元親 我らの勢力を認め、与えようというのだな…。
だが、それに抗おう! 凄絶にな!
ガラシャ 音に聞く銘木、わらわなどにはもったいないのじゃ。
わらわは兵火を鎮め、かようの宝を必ず守ろうぞ
佐々木小次郎 ありがたく頂戴いたします。
ああ、いい香りがするといいな…
柴田勝家 …しからば、頂戴いたす
加藤清正 俺らの勢力も朝廷に認められるまでになったか…。
香木は厠においておこう
黒田官兵衛 これで朝廷の威光を背景に敵と戦える。
この意味は小さくない
立花宗茂 権威づけ…か。
馬鹿馬鹿しいが、侮れない。頂くとしよう
甲斐姫 天下の香木を手に入れちゃったら、
あたしの女子力も、天下級ってことよね? ね?
北条氏康 ド阿呆が! んなんで丸め込もうなんて腹は見えてらあ。
だが、ま、権威づけにこっちも利用させてもらうぜ
竹中半兵衛 ま、こんな木ぎれ、要らないんだけどね。
欲しいのは朝廷に権力者と認められたって事実だけだし
毛利元就 歴史上、私の前には四人しか切ってないはずなんだけど
うーん、結構切られてるものなんだね
綾御前 ありがたく頂戴いたします。
これより綾の敵は、朝廷の敵…
福島正則 しゃあ! って、何? このきったねえ木!
…え? そ、そんなにすごい木なの? マジで?
藤堂高虎 御意、ありがたく。
以後、朝廷の敵は、我らの敵。どうぞお心安く…
井伊直虎 これで朝廷の権威が背後についたってことですよね…。
すみませんすみません、腹黒いこと考えてすみません!
柳生宗矩 はは、ありがたき御意。
以後、朝敵を追討し、泰平を築くべく勤しみまする
真田信之 ありがたく頂戴いたしまする。
大事なものをしまっておくあの長持に保管しよう
大谷吉継 ありがたき幸せ。
…奴にくれてやれば、迷惑そうな顔をするだろうな
松永久秀 なんという! じつにありがたき御意よ!
この香木で茶会を開けば、名誉限りなしじゃ!
片倉小十郎 ありがたき御意、ご無礼ながら頂戴つかまつります。
家宝として末代まで大事にいたしまする
上杉景勝 …ありがたく
小早川隆景 これで以後は朝廷の権威を背景に戦えますね…。
とてもありがたい…ええ、とっても…
小少将 要らないわ、この香り、好きじゃないの。
もっと別のものをもらうかもだから、覚悟しててね♡
島津豊久 すげえ! いや、すごさちっともわからないけど、
多分、すっごくすげえモンなんだろうな!
早川殿 お母様に差し上げたら、喜んでくれるかしら?
ありがたく頂戴いたします
(II)井伊直政 ありがたく頂戴いたしますよ。
今はまだ、朝廷の威光が必要だと思うので
新武将(男・熱血) まだ、天下は治まってません。
俺にはまだこれをもらう資格なんてありません
新武将(男・冷静) 朝廷の権威は今や我らにあり、ということか。
では、ありがたく頂くとしよう
新武将(男・生意気) ま、君の顔立ててもらっといてやるよ。
全然、嬉しくなんかないよ。本当だよ!
新武将(男・老練) かようなことが経験できるとは…。
我らの勢力も大きくなったものよ
(E)新武将(男・威厳) ありがたく頂戴いたしまする。
必ずや御意にかなう働きをいたしましょう
新武将(女・活発) これって、私たちの勢力が大きくなったってこと。
私たちの思い…天下泰平に近づいたってことだよね
新武将(女・冷静) 以後、我らは朝廷の旗の下戦うことになるわけか。
よろしい、ありがたく頂戴しよう
新武将(女・生意気) こ、これ…触っても大丈夫?
ご、五百年以上前の木なの? ちょと怖い…
新武将(女・妖艶) もったいぶっちゃって…。朝廷は欲しいんでしょ?
あたしの力が…いえ、あたしの美貌が…
(E)新武将(女・優美) 恐れ多きことなれど、
かしこき御意なれば、謹んで頂戴いたします
汎用武将(熱血) ははーっ!
俺たちもここまで大きくなったんだな…
汎用武将(冷静) ははーっ!
…これで、朝廷の権威つきで戦ができる
汎用武将(猪突) ありがたき幸せ。
御意に従い、謹んで頂きまする
汎用武将(若輩) ありがたき御意!
謹んで頂戴いたしまする!
汎用武将(老練) ありがたき幸せ。
…この意義は大きい。せいぜい利用させてもらおう
汎用武将(猛将) では! 頂きまする!
汎用武将(知将) なるほど…天下の銘木には
天下の器を持つこのわしがふさわしいということですな

武将名 内容
ナレーション 以後、朝廷に認められた「大名」の
影響力は増していくこととなる