将星絵巻 > 仁心

武将名 内容
ナレーション 「大名」の領内は、凶作の影響で
民が飢えに苦しんでいた
ナレーション その様子を見かねた「大名」は、
「家臣」に相談を持ちかけた

武将名 大名 家臣
真田幸村 民は食うものもなく困っているとか…。
すべての者に粥を振舞ってやりたい
なんと慈悲深い…。
この幸村、喜んで協力させていただきます!
前田慶次 この凶作だ。
飢えに苦しむ者皆に粥を振る舞ってやりたいんだがねえ
委細承知。
俺もあんたの心意気に打たれた、協力するぜ!
織田信長 凶作に苦しむ民に
粥を撫で振る舞いにしようか
微妙、よ…
明智光秀 凶作に苦しむ民を捨て置けません。
皆に粥を振る舞いたいのですが…
ええ、おっしゃるとおりです。
急ぎ、お心にかなうよう手配しましょう
石川五右衛門 民は凶作に苦しんでる!
なあ、せめて粥を振る舞ってやれねえか?
わっかりました~! ぐらぐら煮え立ってる釜の中に
俺様が入って出汁になります…って、おい!
上杉謙信 民に粥を振る舞いたい …是
お市 苦しむ民に粥を振る舞いたいのです。
できれば小豆の…
お優しいのですね。
わかりました、市も全力でお手伝いいたします
阿国 飢えてはったら、舞どこやないし勧進も無理どす。
粥なとこさえたげられまへんか?
どうしても力の強い人が先になりがちどすよって
子供を優先するように段取りしときます
くのいち なんか…見てられないっすよね…。
せめて粥でも振る舞ってあげられませんかね
げっ、民全員に? めんどくさ…。
い、いえ、やります。やりますってば!
雑賀孫市 雑賀孫市は弱い者の味方だ。
困窮している奴らに、粥でも振る舞ってやれねえか
おう! 雑賀衆は弱い者の味方だ。
俺も精一杯協力させてもらうぜ!
武田信玄 民は王道の地盤じゃよ。
それが崩れては王道は成らぬ。粥を振る舞えぬかね?
うむ、それがよかろう。…じゃが本来なら、
上に立つ人間が飢えさせぬようにせねばいかんのだがね
伊達政宗 わしとしたことが民を飢えさせるとは…!
ええい、せめてなんなりと食う物を振る舞えぬか?
その言葉、待っておったぞ!
わしが直々に腕を振るってやるわ! 馬鹿め!
濃姫 このままでは本当にちまたは地獄になるわ。
みんなに食べるものを配ってあげたいのだけど
手伝うわ。
本当に苦しむ人の所まで行き届かせてよ、必ず
服部半蔵 …食う物を民に授けられぬか? 御意…
森蘭丸 民は飢えに苦しんでいる様子…。
せめて粥を振る舞うことだけでもできませんでしょうか
では、そのように取り計らい、民の救済を急ぎます。
…お優しいお心、蘭は殿にお仕えできて嬉しく存じます
豊臣秀吉 いかんわ、こりゃ見ちゃおれん!
民を救う…それがわしの使命じゃ! 粥を振る舞えや!
お任せくだされ!
しこたま作って、腹いっぱい食わせてやりますわ!
今川義元 民草が飢えておるの。
なにぞ食べられるものを施してやれぬものかの
腹が減っては蹴鞠もできぬの!
それはよいと思うの!
本多忠勝 このままでは民が飢えよう。
粥なと振る舞ってやれぬか
かしこまったり。
…殿の慈悲、拙者の誇りにござる
稲姫 民が可哀想です。なんとか救ってあげたい。
炊き出しを行えませんか?
これで民も救われます!
稲は、殿にお仕えできたことを誇りに思います!
徳川家康 このままだと民は来年の種籾まで食うてしまう。
早急に食料を与えねば、凶作が恒常化しかねんぞ
急ぐことも大事だが、公平に行きわたらせること、
また不安を除くべく情報を与えることも重要でござるぞ
石田三成 食べるものを民に援助してやれぬか。
…あくまで来年からの生産力低下を恐れてのことだ
…仕事を増やすのが好きなお方だ。
迅速かつ公平にいきわたるよう計画し、執行します
浅井長政 民を救ってやりたい。
せめて炊き出しでも行えないだろうか
うむ、これで民は救われよう。
そなたは優しいのだな
島左近 飢えが不満となり暴発する前に手を打たないと…。
とりあえず、炊き出しをやるべきかな…?
飢えさせた時点で為政者失格、あと何をしようと偽善。
…が、それでも、やらないよりはよっぽどいい
島津義弘 民が来年の種籾まで喰らってしまう前に、
炊き出しでもせねば、来年も凶作となろうぞ
ならば弱い者に行き渡るようじっくり策を立てねば。
強い者が横領しておっては事態は好転せぬゆえな
立花誾千代 飢えた民を放っておけば、反乱、生産力低下など
事態はなお悪化する。食料を早急に配給せよ!
巧遅は拙速にしかず。急ぎ実行に移そう。
手をこまねいていては事態は悪化するばかりだ
直江兼続 ここで飢える民を捨て置くは義にあらず!
早急に食料を配給し、民を安んじる必要がある!
おお! その義心、まさに神!
領民も殿の慈悲に涙するでしょう!
ねね みんな、お腹すかせて可哀想だよ…。
ね、なにか食べさせてあげられない?
うんうん、優しい子だね!
あたしも、腕を振るって精一杯手伝うよ!
風魔小太郎 人が増えすぎた当然の帰結だ。
さて、気休めに炊き出しでもしてやるか…?
…人が増えすぎたのだ
宮本武蔵 このままじゃまずいぜ…。
とにかく、なんか食うものを配ってやらないと
多目に用意しとけよ。
何度もおかわりする奴がいても、大丈夫なようにな
前田利家 飢えた民を放っておくのは仁義にもとる。
粥を炊き出してやれ! こんな時にけちんじゃねえぞ!
ああ、ここで黙ってちゃ仁義がすたるってモンだ!
俺も全面的に協力させてもらうぜ!
長宗我部元親 食わせられぬ者に、人の上に立つ資格はない。
民にせめて、何か食うものを…
わかった、緊急事態だ。
俺もお前に抗うまい、凄絶に!
ガラシャ むむ、このままでは民が危ういのじゃ!
粥なと振る舞うて、助けてはやれぬか?
ほむ、そちは優しいのう!
わらわも全面的に協力させてもらうのじゃ!
佐々木小次郎 可哀想な人をみんな斬っちゃおうって案と
みんなに粥を振る舞おうって案があるけど、どうしよ?
わかったよ、協力する!
…君って優しいんだね
柴田勝家 ………………。
察せい! 民に粥を振る舞いたいのだ!
うるさいわ!
…黙って振る舞え
加藤清正 治水などの本格的な凶作対策は行っていくとして、
とにかく今、民が生きのびるための食糧が必要なんだ
弱い者に限定せず、皆、と一括することで、
早急に食料給付を行うわけか…さすがだな
黒田官兵衛 困窮した民が一揆を企てるかもしれぬ。
粥でも与え、不満を和らげ、火種を未然に防ぐべきだな
民は、飢えて、先に不安を抱いている。
不安を増長させぬよう、執り行わねば…
立花宗茂 困窮する民に食料を与えないといけないんだが、
やっぱり雑炊にすると、俺のように怒るだろうか?
俺はたいていのことができるんだが、
偶然、料理もできるんだ。協力しよう
甲斐姫 なにぼやぼやしてんのよ! 急いで炊き出しして!
こうしてる間にも子供みたいな弱い者から…!
任せて! あたし、結構料理には自信あんのよ!
善は急げよ! さっそくかかりましょ!
北条氏康 俺の目の届くとこで飢え死になんざさえやしねえ。
炊き出ししやがれ! かまわねえから蔵を開け!
んなことせずにすむのが一番だったんだが…。
わかった、俺も腕を振るってやらあ!
竹中半兵衛 治安の悪化、生産力低下、飢饉の恒常化…
とにかくこれを防ぐ最初の一手は炊き出しだね
不安で一杯の民が我先に押しかけ反乱になっちゃうよ?
ま、そうならないようにするのが俺らの仕事だけどさ
毛利元就 飢えが暴発して反乱になったら罪なき人名が失われる。
そうならないよう、早急に食料を配布したいんだが
歴史上、民の扱いに失敗して生きのびた政体はない。
私も君の意見に賛成だよ
綾御前 ああ、飢えに苦しむ民集に愛を…。
綾の手料理を食べさせてあげたいのですが、どうですか
ならば、綾の手製を振舞いましょう。
きっと皆、痺れるほど喜ぶことでしょう
福島正則 腹が減ってはケンカもできねえ!
とにかく早く、民みんなに粥でも振る舞ってやろうぜ
しゃあ! さすが殿! 任せてください!
ケンカ奉行改め、給食奉行としてガチで働きます!
藤堂高虎 凶作に苦しむ民に、せめて粥を…! わかりました。この高虎にも手伝わせてください。
まず、大量に手ぬぐいが必要になりますね…
井伊直虎 凶作になってしまってすみません、すみません!
あ、誤ってないで、炊き出しでもしろって話ですよね
井伊家家訓! 苦しむ民を見捨てぬはよき主君なり!
私も、民の皆さんもよい主に恵まれました!
柳生宗矩 早急な対策が必要だ。
偽善と言われるだろうが、炊き出しをやりたい
では急ぎ、そのように手配いたします。
動きが早い…いいご主君だねェ…
真田信之 このままでは民を飢えさせてしまう…。
粥を民すべてにふるまうのだ!
なんと慈悲深い…。
この信之、喜んで協力させていただきます!
大谷吉継 これを放置しておいては事態は悪化するばかりだ。
急ぎ民すべてに粥を与え、悪い流れを止める
…仕方のない奴だ。
根本的な施策も行うとして、まずは協力しよう
松永久秀 民は凶作で食うにも困っておる…。
我輩はそんな民に粥を振る舞いたいのだが…
わかった、我輩も腕を振るおう。
最高級ではないが最高にうまいものを食わせてやるわ~
片倉小十郎 このままでは民が飢え、我らにもよろしくありません。
民に粥を与え、飢饉を防止するにしくはないかと
かしこまりました。万事お任せくださいませ。
…賢明なる主君に恵まれ、この地は安泰でございます
上杉景勝 …民に粥を …優しい
小早川隆景 焼け石に水かもしれません、偽善かもしれません。
それでも苦しむ民に、せめて粥を振る舞いたいのです
ええ…ええ! 民のことを本当に考えてくれる主君で、
この地の民は…無論、私も喜んでいます
小少将 凶作らしいわね。
民に粥を振る舞ってあげましょう
そうね…。これ以上、不幸が広がらないうちに
対策しなきゃ…あなた、少しかっこいいわよ…
島津豊久 なあ! 飢えに苦しんでるみんなに
なんか食わせたいんだけど
うん、わかった! すぐに取りかかる!
…にしても、お前、本当に優しいんだな!
早川殿 苦しむ民に粥を振る舞いたいの。
ねえ、手伝ってくれない?
わかったわ! お母様にお願いしてみる
(II)井伊直政 一軍の将たる者、常に領民を思いやらねば…。
醤油抜きの芋汁でもいい、皆に振る舞えませんか
わかりましたから、少し落ち着いてください…。
すぐ取りはからいます。待っていてくださいよ
新武将(男・熱血) このまま民を放ってはおけないだろう。
民に粥を振る舞ってくれ
わかった、俺も協力させてもらう。
…この国はいい主君に恵まれたな
新武将(男・冷静) 凶作からさらに事態を悪化させてはならぬ。
民に早急に粥でも振る舞ってやれ
かしこまりました。
急ぎ、殿のご意志に沿うよう、手配いたします
新武将(男・生意気) こうなることは僕にはわかってたのに…もう!
とにかく早く民みんなに粥でもあげて助けてやって
任せておきなよ、僕がうまくやってやるから。
こんなことにならないよう、これからはちゃんとしてよ
新武将(男・老練) 経験上、飢えた民には粥を振る舞うべきだと思うのだ… すぐにやりましょう。
想定される混乱や横領は、自分の経験で防ぎまする
(E)新武将(男・威厳) 民に食う物を振る舞いたいが…。
お主はどう思う
かしこまってござる。
殿の温かきご意志に領民も喜びましょう
新武将(女・活発) みんな…ごめんなさい、こんなことになって…。
今はとにかく急いでお粥でも振る舞って助けたいの
あなたは優しいんだね。
その温かい気持ち、きっとみんなに届くと思う
新武将(女・冷静) 早急な食料配布などの飢餓対策が必要だろう。
ついては貴君の力が借りたいのだが
貴君のお気持ちは尊いが…。
今は愚痴を言ってる場合ではないか、早急にかかります
新武将(女・生意気) みんな、お腹すかせて可哀想…。
ねえ、お粥を振る舞ったりして助けてあげられない?
うん、急がないと手遅れになっちゃうモンね!
…キミって優しいんだね
新武将(女・妖艶) ねえ、苦しむ民に炊き出ししてあげたら、
みんな、ますますあたしの虜になると思わない?
かしこまりましたわ。
…この機に、民の人気をいただきよ!
(E)新武将(女・優美) 民は食うにも困っているとか…。
どうか炊き出しを与えてください
なんと慈悲深いことでしょう…。
そのお優しい心に民は感激いたすことでしょう
汎用武将(冷静) 領民は飢えに苦しんでいると聞く。
領民の数を調べ、全員に粥を作ってやろうではないか
-
  • 一般武将では、例外的に大名が汎用武将(冷静)の場合のみ発生する。
    • 島津義久・最上義光ら。

武将名 内容
ナレーション 領民は「大名」たちの慈悲に
心から感謝したという