将星絵巻 > 瓢箪から駒

武将名 内容
ナレーション 暇を持て余していた伊達政宗は、
「武将」や家中の者と双六遊びをした
ナレーション めいめい、刀や弓などを景品として提供する中、
政宗はただの瓢箪を出した
家臣 瓢箪だけとは…。
いやはや、せこいこと、この上ない!
ナレーション やがて双六が終わり、
勝った「武将」には政宗の瓢箪が当たった…
ナレーション すると、政宗は一頭の名馬を、
「武将」に贈った
伊達政宗 受け取れ!
ことわざどおり、瓢箪から駒が出たわ!
ナレーション 周囲が騒然とする中、
馬を受け取った「武将」は心中思った

武将名 内容
真田幸村 なんと器の大きいお方だ。
独眼竜と称えらえることはある…
前田慶次 さすが伊達者だねえ。
いつか、どでかいことを成し遂げるだろうよ
織田信長 十年早く、生まれてきた姿を見たかったものよ…
明智光秀 皆を試すため、わざと瓢箪を出したのでしょうか…。
恐るべき方だ…
石川五右衛門 瓢箪でがっかりしたんだが…。
結果的に、あ、大もうけ~!
上杉謙信 やってくれる…
お市 底知れぬ野心を感じさせるお方ですね。
でも…少し茶目っ気があって可愛いところもある…
阿国 ほん太っ腹こと…。
その上、出し方も粋でよろしなあ
くのいち いや、確かにすごいんですけど…。
なんかあの褒めてくれ感がちょっと…
雑賀孫市 政宗の奴、せこいって言われて頭来て、
急いで馬を用意しやがったな…可愛い奴だぜ
武田信玄 とんちも利いて、豪胆で、いい男…。
わしの若い頃を見ているようじゃのう…
濃姫 若造の手のひらの上で踊らされた感じね。
でも、嫌いじゃないわ…
服部半蔵 やるな…。
影すら意表を突かれた
森蘭丸 あの方のおかげで、生涯忘れられぬ双六となりました。
そのもてなしの心…見習いたいものです
豊臣秀吉 伊達の小僧、おもろいことしよる…。
何かしかけてくるとは思っとったがな!
今川義元 いや、まろは本当に瓢箪が欲しかったの…。
でも、今さら言える空気ではないの…
本多忠勝 ほう、見所がある。
並み居る将を手玉に取るとはな
稲姫 嬉しいですけど不埒です!
騙すようなやり方はよくありません!
徳川家康 知勇に優れ、皆を惹きつける魅力もある。
油断ならぬ将よな…
石田三成 回りくどいことをする。
最初から馬を景品にすればよかったではないか…
浅井長政 趣向を凝らした双六を愉しめた。
その上、馬までもらえるとは…幸せだ
島左近 最初から仕組まれてたってことですかい。
ニヤニヤしてたから、怪しいとは思ったんだが…
島津義弘 このバクチ、わしの勝ちかと思うておったが、
全体を見れば、政宗の勝ちか
立花誾千代 格好をつけおって…。
だが、そんな人間は嫌いではない
直江兼続 たとえ名馬をもらっても会釈すらせぬ!
彼奴は不義の男である!
ねね 人をびっくりさせるのが好きな子なんだね!
なんか可愛くていいよ!
風魔小太郎 見栄っ張りさん…
宮本武蔵 してやられた…。
俺もまだまだ修行が足りねえぜ…
前田利家 たいしたモンだ。
若え頃は、これくらい傾奇(かぶ)いてるほうがいい
長宗我部元親 なかなかの反骨心だな。
皆の思惑に抗い、馬を出すとは…
ガラシャ おお! 思いもかけぬことが起こったぞ!
真に瓢箪から駒のことわざどおりじゃ
佐々木小次郎 今のって、驚いたふりをして、
政宗を斬ってもおとがめなしの好機だったんじゃ…!
柴田勝家 何を賢しら顔で。
黙して馬を出せばよいものを…
加藤清正 やるな、政宗…。
きっと昨日、厠で一晩考えた計画に違いない
黒田官兵衛 余興の中に野心が見え隠れしている…。
天下の火種になり得る才だな…
立花宗茂 政宗はああいうガキじみたところがある。
まあ、そこが可愛いところでもあるがな
甲斐姫 こんなしかけで乙女はグラッとは来ないわよ。
馬じゃなくて、小袖とかだったらわからなかったけど…
北条氏康 …やりやがる。
伊達の小僧に一杯食わされたか
竹中半兵衛 ま、なんとなくは読めてたよ。
知らぬ顔をしてたけど、ね
毛利元就 双六という遊びの中で、自分の器を見せつけるとはね。
これは末恐ろしい傑物だ…歴史を動かすかもしれない
綾御前 見事ですね…。
あのしたり顔が、若干、踏みつけたい気にさせますが
福島正則 うわあ…政宗、超いい奴!
俺、瓢箪取ってマジよかったー!
藤堂高虎 派手な奴だ。
だが人心をつかむのはうまいな
井伊直虎 本当を馬をもらっちゃっていいのかな…。
政宗さん、実は無理してるんじゃ…ああ、どうしよう
柳生宗矩 そう来たか…。
こういった思い切りのよさも魅力だねェ
真田信之 たかが双六の景品が馬とは大仰にすぎるが、
突き返すのも…いったんもらった後、返すとしよう…
大谷吉継 実は瓢箪が欲しかったとは言えない流れだな
松永久秀 要らんことをしおって…。
瓢箪もらったらコケにしようと思っておったのに!
片倉小十郎 政宗様、その華麗にしてお見事なる立ち振る舞い、
この小十郎、感無量でございます…
上杉景勝 …? あ…! ああ! なるほど…
小早川隆景 大きい馬は竜になると、昔から言われています。
双六の駒が馬となり馬が独眼竜となった…面白いですね
小少将 小生意気な坊やね…。
お姉さんをびっくりさせようだなんて百年早いわ
島津豊久 やった!
いったんがっくりしただけに、嬉しさ倍増だ!
早川殿 どうしよう…軽い気持ちで参加した双六で、
馬をもらってしまうなんて…
(II)井伊直政 奴の器量は認めざるを得ない。
だが、無益な争いを起こしそうな雰囲気もある…
新武将(男・熱血) まさか、馬をもらえるとは…!
なんて豪気なんだ…
新武将(男・冷静) あっぱれだ。
せこいと言っていた者も今頃、赤面しているだろう
新武将(男・生意気) よ、喜んだり驚いたりしちゃダメだ。
政宗よりだいぶ下に見られちゃう…
新武将(男・老練) 粋な計らいよ。
なかなかできるものではない
(E)新武将(男・威厳) すべては政宗の術中であったか…。
いやはや、恐るべし
新武将(女・活発) やられた…!。
でも、こんな騙され方だったら大歓迎!
新武将(女・冷静) 違和感はあったのだが…。
たかが双六と思い、読み切れなかった…
新武将(女・生意気) びっくり! びっくり! どっきり!
双六するだけなのに、ここまで趣向を考えられるなんて
新武将(女・妖艶) 実は瓢箪をその場で叩き割ろうと思ってたの…。
早まらなくてよかったわ
(E)新武将(女・優美) 余った景品を頂いたのですが…。
皆さんには悪いことをしてしまいましたね
  • 一般武将では発生しない。
  • 新武将(女・活発)の台詞は原文ママ。