将星絵巻 > 日本号呑取り

武将名 内容
ナレーション 「武将」は、仕事のため福島正則の屋敷を訪れた。
だが正則は酔っぱらっており、「武将」に酒を勧めた
ナレーション 仕事中の「武将」は固辞したが、正則は許さない。
大きな盃に並々と酒を注ぎ「武将」に重ねて勧めた
福島正則 これ飲んだら天下一の槍・日本号やるから! マジで!
それとも…てめえは、これすら飲めねえの?

武将名 内容
真田幸村 私はこう見えても焼酎愛好家なのです。
それぐらいの酒、すぐに飲み干してしまいますよ?
前田慶次 あ~あ、言っちまったねえ。
日本号は俺のモンだ。まあ、見てな!
織田信長 元は信長が有したる日本号。
これで奪い返すこととなるか…
明智光秀 そこまで言われては…
この光秀、下戸ですが挑ませてもらいます!
石川五右衛門 こんな盃、小せえ、小せえ!
この五右衛門のお口には、値万両、万々両!
上杉謙信 …その挑発、受けん。
日本号はすでに謙信の物なり
雑賀孫市 言ってくれたなあ…。
あとで吠え面かいても知らねえぞ?
武田信玄 酒はたしなむ程度なんじゃけどね。
そこまで馬鹿にされたら、ぐびっと飲んじゃうよ?
濃姫 あなた、太っ腹ね。
こんないいお酒と日本(ひのもと)一の槍をくれるなんて…
服部半蔵 笑止…日本号は拙者がもらう
豊臣秀吉 ったく、調子に乗りおってえ…。
がっつり飲んで、日本号を取り上げちゃるわ!
今川義元 仕事中に飲むのはようないの…。
されど侮られてばかりもおれぬの…飲んじゃうの!
本多忠勝 それは冥加な申し出。
飲み干さば、天下三大名槍のうち二つがそろう
徳川家康 お主は酒の飲み方を間違っておる。
それをわかってもらうため、敢えて頂こう
石田三成 後の政務に支障をきたすかもしれんが…飲もう。
痛い目を見なければ、こいつの馬鹿は直らぬようだしな
浅井長政 その槍は前から欲しいと思っていたのだ。
処罰も覚悟の上、その盃を飲み干そう!
島左近 ひどい悪口だ…。
日本号を失っても、文句は言えませんよ?
島津義弘 そのバクチ、お主の負けよ。
見ておれ、日本号はわしのものだ
直江兼続 抜かしたな!
その大酒、義の力で飲み干してくれん!
ねね もう、絡み酒なんて最悪だよ…!
忍法でお酒を飲んで、懲らしめちゃおう…
風魔小太郎 我を侮るか…お馬鹿さん
宮本武蔵 酒は飲みたくねえんだが…あんたは負かさねえとな。
剣の勝負でも、酒の勝負でも、俺は無双だ!
前田利家 笑わせんな!
こんなもん、あっという間に飲み干してやんぜ!
長宗我部元親 お前は、俺が大酒を飲めないと思っている。
俺はそんなお前に抗おう、凄絶に!
佐々木小次郎 可哀想に…。
僕は飲んでもまったく変わらない人なんだ。見てて
柴田勝家 これしきの酒、酔うこともできぬわ。
わしを酔わそうとあらば、(かめ)ごと持てい!
加藤清正 お前の悪い癖がまた出たか…。
荒療治だが仕方ない…日本号を頂くぞ!
黒田官兵衛 その程度の酒、私にとっては水のようなものだ。
絡むのを止めぬのであれば、飲み干してしまうぞ?
立花宗茂 日本号、か。お前にはもったいないと思っていた。
では、頂くとしよう
北条氏康 言ったな、ド阿呆…。
俺の飲みっぷりを見て、後悔しても遅せえぞ?
竹中半兵衛 あ~もしかして外見で飲めないと判断しちゃった?
そんな悪い子には、お仕置きだなあ…
毛利元就 私は飲みたくないんだよ…父も兄も酒で死んでるし。
でも、飲まないと解放してくれないんだろう…?
綾御前 たったこれだけで、名槍をもらえるのですか?
ならばすぐに、飲んで差し上げましょう…
藤堂高虎 馬鹿野郎! 大酒は百害あって一利もない。
貴様には反省が必要なようだな…
井伊直虎 あの…私、ちょっぴりだけ体が大きいんで…その…。
これぐらいのお酒なら飲めちゃいます…すみません
柳生宗矩 酒ってのは、じっくりたしなむものだよねェ。
こんなもったいない飲み方、普段はしないが…
真田信之 私個人のことなら、何を言われてもよいが…
お役目を蔑ろにするその態度は許せないな
大谷吉継 仕方のない奴だ…。
男福島に、二言はないな?
松永久秀 うわっ酒くさ…こんな奴ともうつきあってられん!
早いとこ日本号を頂いて、去るとしよう!
片倉小十郎 仕事中ながら、ふつふつと怒りがわいてまいりました。
日本号、必ず頂戴いたします
上杉景勝 …飲む…盃を貸せ
小早川隆景 こんな飲み比べなどはしたくないのですが…。
どうしてもと言うのであれば、仕方ありませんね
小少将 美女はちょっとやそっとじゃ酔わないものよ。
今からそれを教えてあげる♡
(II)井伊直政 酔っぱらって任務の邪魔をするとは…最低ですね。
今から相応の罰を与えますよ
新武将(男・熱血) よくも馬鹿にしたな…?
いいだろう、その大酒、すぐに飲み干してやる!
新武将(男・冷静) 酔っぱらいの言いがかりに乗りたくはないが…。
一度、懲らしめねばなるまいな
新武将(男・生意気) 僕にケンカ売って、ただで済むと思わないでよ。
そんな酒なんか、ひと飲みだ!
新武将(男・老練) その言葉、忘れるなよ?
酔っていて覚えておらぬ、とは言わせぬぞ
(E)新武将(男・威厳) そこまで言われては、黙っておるわけにもいかぬ。
酒と日本号を頂いた後に、政務に戻るとしよう
新武将(女・活発) なめないで。
そこまで言われて、引き下がると思う?
新武将(女・冷静) 貴君の馬鹿騒ぎにはつきあいきれん。
さっさと片付けて、終わりにしよう
新武将(女・生意気) 言ったなあ!
ボクだってお酒ぐらい飲めるもん!
新武将(女・妖艶) あたし、飲めない女に見える?
残念ながら…うわばみよ?
(E)新武将(女・優美) 無体なことを…。
いかに酔うておるとはいえ、許せませぬ!
汎用武将(猪突) そこまで言われて引き下がっては面目に関わる。
殿からお叱りは受けようが…盃を頂戴いたそう

武将名 内容
ナレーション そう言うと「武将」は一気に盃を飲み干した。
赤かった正則の顔も、一気に青ざめた
福島正則 ぶ、武士に二言はねえ!
や、やるよ、日本号…ガチで…
ナレーション 涙目の正則を可哀想に思った「武将」は、
日本号を取らずに、すぐさま仕事へと戻っていった
  • 酒に関するイベントのため、設定年齢が未成年の無双武将では発生しない。
  • 一般武将では、猪突(母里太兵衛)のみ例外的に発生する。