将星絵巻 > 相撲

武将名 内容
ナレーション 「大名」は戦に疲れた民や将兵を慰撫するため、
家中の力自慢による相撲を行うとの触れを出した
ナレーション 選ばれたのは「武将・甲」と「武将・乙」。
この好取組を見ようと、多くの人々が城に詰め掛けた
ナレーション そして結果は…
白熱の大相撲の末、「武将・甲」が勝った

武将名 武将・甲 武将・乙
真田幸村 皆さんの前で、いい相撲を見せられて嬉しいです。
武士(もののふ)たる者、武器がなくとも強くあらねばなりませんね
相撲とはいえ、負けると悔しいですね…。
次こそは、土俵際で粘って勝ちたいと思います
前田慶次 あん? 楽勝よ。
本気の半分も出さずに勝っちまったぜ
俺が負けちまうとはな。
明日は、星でも降ってくるんじゃないかねえ
織田信長 信長は相撲好き、ぞ。
負けようはずもない
相撲が好きでも、負ける時もある
明智光秀 途中、髪をつかまれそうになりましたが…。
なんとか振り切って、勝てました
負けて当然です…。
私に相撲をさせようとすること自体が間違っています
石川五右衛門 はふ…そうですね…勝因はですね…ふう…。
ほふっ…息整ってから…答えさせてもらえますか
なんだよ、蔑んだ目で見るなよ!
こういう体型だからって相撲が強いとは限らないの!
上杉謙信 勝因は天の加護なり 敗因は、昨日の酒なり
雑賀孫市 勝った理由なんてどうでもいい!
とにかく今は、野郎の汗を綺麗さっぱり流したい!
誰が野郎の取っ組み合いに、本気出すかって…
武田信玄 わし、こう見えても相撲はうまいんじゃよ。
ほら、体型もあんこ型じゃし?
こんな体型で負けちゃうなんて、わしかっこ悪いのう…
伊達政宗 馬鹿め!
相撲でわしの右に出る者などおらぬわ!
馬鹿め! 今のは余興、負けは認めん!
もう一番、勝負せい!
服部半蔵 勝因は素早い、いなし… 残念…
森蘭丸 …まさか蘭が勝てるとは思いませんでした。
相手の方の目が少し怖かったので、どうなるかと…
対戦相手の鼻息がすごく荒々しくて…。
戦意を喪失してしまいました…
豊臣秀吉 わしゃすばっしっこいからのう!
土俵際でひらりとよけったったわ!
見事に負けてまった…。
じゃが、白熱の大一番で盛り上がったわ!
今川義元 相撲の極意は押さば押せ、引かば押せ…。
とにかく押せばよいの!
鞠に気を取られておったら、負けていたの…
本多忠勝 ただぶつかってきた者をわしづかみ、投げ飛ばしたのみ よもや相撲で不覚を取るとはな…
徳川家康 いやはや、お恥ずかしい。
わしはこの体格ゆえ、押し出しが強くてな
この腹はほぼ筋肉ゆえ…。
相撲には適していなかったようだ…
石田三成 なんで勝ったかだと? 知るか。
こっちは必死にもがいていただけだ…
負けるに決まっている!
どう見ても相撲向きの体ではないだろう…
浅井長政 まっすぐの突き出しで勝負あり、だったな! 負けはしたが…手に汗握る、いい勝負ができた!
島左近 なに、耳元でささやいてやったんですよ。
まわしがずれてますよってね
途中で面倒くさくなっちゃいましてね。
手を抜いちまいましたよ
島津義弘 猫だましを打ってやったわ 相手の一か八かのバクチにやられたわ…
直江兼続 義の上手を取り、愛の下手を取り、
がっぷり四つの体勢から投げ飛ばしてやったぞ!
勝敗に異議あり!
行事よ! 相手の不義の手、見えなかったか?
風魔小太郎 肩透かしで勝った… すべて座興…
宮本武蔵 万里一空…日頃の鍛錬が物を言ったぜ! まあ、剣みてえにはいかねえよ…
前田利家 突っ張りかまして、一直線よ! 相撲でもよ…負けるとめちゃくちゃ頭に来るよな…
長宗我部元親 勝つことはわかっていた。
俺と相撲は魂でつながっている…
負けたか…。
だが、俺の相撲の魂は相手の上を行っていた…激しく!
佐々木小次郎 よくわかんないうちに勝ったよ よくわかんないうちに負けてたよ
柴田勝家 頭を低くし、おっつけて寄り切ったわ …途中、まわしがずれたのよ
加藤清正 虎すら倒すこの肉体、なめんなよ! 力任せにいきすぎて、逆転された…
黒田官兵衛 …播磨投げで勝った なすすべもなく、敗れたな
立花宗茂 俺は相撲にも通じていてね。余裕だったよ 急に飽きてね。
勝ちを譲ってやったのさ
北条氏康 力勝負は御免だからな。
ちょいと足を引っかけてやったぜ
んなモン、真面目にやっかよ。
お遊びだ、お遊び
竹中半兵衛 立会い、当たると見せかけてひらりとかわしました~ 逃げ回ってたらさあ、
いつの間にか土俵の外に出ちゃった
毛利元就 相手の力を利用しての引き落としだよ。
なんせこっちは老体なんでね
ひどい目に遭ったよ。
年寄り相手に容赦なしだからね…
福島正則 勝因か…
立会いのメンチの切り合いで決まってたな! ガチで!
ガチの相撲で負けた…でも、悔いはねえ!
藤堂高虎 八回、土俵際に追い詰められたが、最後には勝った 馬鹿野郎!
すまぬ…今は負けて気が立っている
柳生宗矩 相手が腕を振って来たからねェ。
思わず剣だと思って両手で押さえて投げちゃったよォ
途中で息切れしちゃってね…吸いすぎかなァ…
真田信之 押し出しで勝った…堅実かな 堅実にいこうとしていたら、いつの間にか負けていた…
大谷吉継 かわし続けていたら、相手が倒れていた 途中で寒気がしてな。
あの格好はやはり寒い…
松永久秀 取り組み中にとあるツボを押してやったら、
あら不思議。相手の足は意志と無関係に後ろに進み…
わざと勝たせてやったのよ。
これも悪党の策略…内容は秘密なのだ
片倉小十郎 頭を使って勝たせていただきました。
…頭突きではございませんよ
ご無礼ながら、取り組み中に眼鏡がずれまして…。
何も見えぬまま、負けてしまいました
上杉景勝 …気迫の勝利だ …悔しい
小早川隆景 目をつぶって押していたので…何が何やら… どちらにせよ…無事に終わってよかったです
島津豊久 とにかくガツンと当たって、
がむしゃらに押して…気がついたら倒してたんだ!
全力でぶつかって負けた!
今度はもっと相手をよく見て当たる!
(II)井伊直政 立会い鋭く突っ込んで、そのまま速攻で決めましたよ 少し先走りすぎたようです。
俺もまだまだですね…
新武将(男・熱血) 押して、押して、押しまくってやったぜ! 途中で少し引いてしまった…悪い癖が出たな
新武将(男・冷静) 相手をよく見て、
相手の足が出た瞬間、引っかけたのだ
相手は私をよく研究してきたようだ。
手の打ちようがなかった…
新武将(男・生意気) 僕はなんでも強いんだよ! 相撲でも負けるわけないし 何でこの僕の負けなの? 納得いかない!
新武将(男・老練) 相手の疲れを待ち、引き落とした 相手にうまく攻められたわ…次あらば負けぬ!
(E)新武将(男・威厳) 押しに押されていたが、土俵際で逆転したぞ ただ拙者に力がなかった…それだけのことだ

武将名 内容
ナレーション 相撲は大盛況のうちに終わり、
多くの領民が安らぎを得られたという
  • 一般武将では発生しない。