将星絵巻 > 慧眼



武将名 内容
ナレーション 天正十年(1582)、天下に最も近かった男、
織田信長が、京の本能寺で明智光秀に討たれる
ナレーション この凶報を聞いた「大名」は、
動揺を隠せなかった

大名の動揺

武将名 内容
豊臣秀吉 ま、まさか…信長様が無くなられるなんて…。
そんな、信じられん…
徳川家康 なんと、信長様が討たれただと…!
わしはなんとすればよいのだ…
柴田勝家 馬鹿な…! 大殿が光秀めに…!?
おいたわしや…!

武将の助言

武将名 内容
服部半蔵 落ち着かれよ。
大志を成さんとするならば、光秀を討つべし
島左近 光秀さんにつくか、それが嫌なら戦って仇を討ち、
その功で天下への道を進むしかない…どうします?
風魔小太郎 愉しい。世は再び戦乱の混沌に沈むぞ…。
さ、光秀を討ち、血塗られた天下への道を進め…
黒田官兵衛 ご運が開けましたな。すぐに光秀を討伐すべきかと。
それとも…ここで嘆き悲しみ、機を逃すのをご所望か
竹中半兵衛 さて、光秀さんを討ち、仇討ちの功を前面に押し立てて
その後の天下人の道を開くか、出遅れて滅びをたどるか
柳生宗矩 お心には沿わぬでしょうが、天下への道をお進みあれ。
光秀を討ち、その功で天下の第一人者となるのです
大谷吉継 落ち着かれませ。これは幸運です。
光秀を討ち、その功で天下の第一人者となる流れかと
松永久秀 やったー!
ほらほら、これを機会に天下取っちゃいなさいよ
片倉小十郎 まず、信長の仇を討ち、後の発言力を確保すべきかと。
ここで出遅れては滅びの道をたどりかねません
小早川隆景 信長の仇を討つ…あなたにはその義務があります。
心情的にも、次の天下を担う力を持つ者としても
新武将(男・熱血) あれだけ可愛がってくれてた信長様を討つなんて…!
光秀は許してはおけない! あいつを討つべきです!
新武将(男・冷静) 冷静に考えれば、これはむしろ好機です。
光秀を討ち、信長様の後継の座を手に入れるべきかと
新武将(男・生意気) なに言ってんの? 好機が転がり込んできたんじゃん!
光秀を討って、天下を手に入れなよ
新武将(男・老練) 自分の経験から言わせてもらえば、
どのみち、光秀とは敵対せざるを得んでしょうな
(E)新武将(男・威厳) どうすればよいかわかりませぬが、
どうにかして信長様の仇を討ちましょうぞ!
新武将(女・活発) 信長様の思い…これを継いでいかないと。
そのためには信長様の仇を討つしか、ない…
新武将(女・冷静) まず冷静にお考えください。これは危機ですが、
光秀を討てば、天下人となりうる好機とも言えます
新武将(女・生意気) だいじょうぶ! 光秀をバーンってやっつければ
ドーンって天下人に近づける好機だから!
新武将(女・妖艶) 内心、面白くなってきたって思ってるんじゃない?
光秀を討てば、仇討ちの功で…
(E)新武将(女・優美) ど、どうすればよいのかしら…。
と、とにかく落ち着いて…。そう! 仇討ちを…

大名の決断

武将名 内容
豊臣秀吉 …なんと冷静な判断力じゃ!
そうじゃな! 光秀はわしが必ず、討っちゃるわ!
徳川家康 …なんと冷静な判断力よ。
うむ…信長様の無念、この家康が晴らしてくれる!
柴田勝家 …なんと冷静な判断力よ。
うむ、大殿の仇はわしが討つ!

武将名 内容
ナレーション 信長が倒れ、各将の思惑が交錯する。
天下は再び動乱の兆しを見せ始めた
  • 豊臣家編も他家編も基本的内容は同じ。
    • 豊臣家編は豊臣秀吉と黒田官兵衛で実質固定。
    • 一部武将は将星絵巻限定。