将星絵巻 > 永き評定

武将名 内容
ナレーション 勢力を拡大する敵国にどう対抗すべきか…
重臣が集まり、評定が開かれた

武将名 交戦派 籠城派 和平派
真田幸村 - 敵が強大過ぎて戦えぬなら籠城もやむを得ません。
ただ、この城の弱点に出丸を築かせてもらえれば…
-
前田慶次 このままじゃ、じわじわと追いつめられるだけだぜ?
なら、勝負に出て、一花咲かせた方がすっきりする!
- -
織田信長 自領にて戦うは予のあり方にあらず。
打って出よ
- -
明智光秀 我らの究極の目的は戦なき世を築くことのはず。
一時的和平や籠城ではそれは不可能…戦わなくては
- -
石川五右衛門 - - てめえの体面ばっかでもの言いやがって!
戦なんざねえほうがいいんだ! 和平和平、和平だ~!
上杉謙信 攻めるべし - -
お市 - - 誰も傷つけず、傷つかない道を探すのが先でしょう。
まず、和平。話はそこからです
阿国 籠城したり、和平して屈服したりすると、
魂がよどんでしまう人がおすよって…戦しましょ?
- -
くのいち - - 和平でいいんじゃないですかねえ。
ガチでやりあわなくても、ほら、暗殺とか手があるし
雑賀孫市 - 籠城だな。無敵の鉄砲傭兵である俺ら雑賀衆がいれば、
十年だって持ちこたえてみせるぜ?
-
武田信玄 - - 人は石垣という。このように人が割れていては
籠城しても石垣は崩れてしまう。和平しかないよ
伊達政宗 話し合うまでもないわ! いずれ戦わねばならぬ相手。
いつ戦うか、それだけではないか、馬鹿め!
- -
濃姫 うだうだ籠城とか、うわべだけの和平なんて嫌。
はっきり打って出て、さっさと白黒つけましょ?
- -
服部半蔵 - 城に籠もり、時を稼いでくれれば、
その間に影が闇に踊ろう…
-
森蘭丸 - - 皆様のお話を聞くにつけ、和平しかないと思えました。
これは一時のこと。この間に力を蓄えましょう
豊臣秀吉 - 和平しても、その条件に堀を埋められちまったら、
どんな名城も落とされてまう。はなから籠城一択じゃ!
-
今川義元 - - ならば間を取って、皆で蹴鞠をしようの!
それがよいの! それでよい…それでよいか…の?
本多忠勝 - - 愚問! 戦うばかりが我ら武士(もののふ)の道にあらず。
まず和平の道を探り、その後、戦の話をされよ
稲姫 - 籠城して徹底抗戦です! たとえ義理の父が
孫を見たいと言ってきても、稲は城門を開きません!
-
徳川家康 敵を黙って見過ごすことなど、三河武士の恥!
ここは打って出るべきぞ!
- -
石田三成 - 籠城してはどうか。たとえ十倍から二十倍の兵で囲み
水攻めしたところでなかなか落ちぬこともある
-
浅井長政 - 皆の意見が割れそうだな…。
ここは籠城して、その後ゆっくり決めるのではどうだ?
-
島左近 - - まあまあそんなに青筋立てんでもいいじゃないですか。
間取って和平でどうです。戦わないのも軍略ですよ
島津義弘 かなわぬ大敵なればこそ、一戦、大軍を中央突破し、
その後の和平の条件を少しでもよくすべきではないか?
- -
立花誾千代 立花は困難と闘うために存在している。
これは戦い、そして勝って乗り越えるべき敵だ!
- -
直江兼続 不義なる敵を見過ごすことは不義に味方するも同じ!
打って出るべし! 義の旗の下、勝利を! 勝利を!
- -
ねね - - もう…みんな、交戦でも籠城でもケンカはダメ!
仲よくするのが一番だよ!
風魔小太郎 - - 和平だ…。
…どうだ、我がこんなことを言うとは、混沌だろう
宮本武蔵 - 籠城だ。敵が強いなら籠城しかねえ。
俺みたいな剣豪も、籠城されちゃ手も足も出ねえ
-
前田利家 - 打って出たいのは山々だけどよ、現実的じゃねえ。
和平つってもうまくいくかわからねえなら籠城だろ
-
長宗我部元親 俺の内なる反骨魂が…乱世に影すら失った者が
俺にささやくのだ…抗え! 打って出ろ!…と!
- -
ガラシャ - 勝てぬ戦を行わば、勝つ算段もつかぬ阿呆と笑われ、
和平で膝を屈さば、いくじなしと笑われよう。籠城じゃ
-
佐々木小次郎 和平も籠城も、人が斬れない…。
打って出ようよ…敵が大勢ならたくさん斬れるよ?
- -
柴田勝家 城中の水瓶を皆、打ち割り、
敵に向かって突撃すべし!
- -
加藤清正 - 武者返しを施した、反った石垣があれば籠城できる。
うむ…やはり石垣は反りだな…
-
黒田官兵衛 - - 捕らえられ三年地下牢に閉じ込められることになろうと
それでも、私が和平の使者となってもよい。どうか?
立花宗茂 寡兵で大敵を打ち破るのは得意でね。
評定に日を費やすより、出撃させてくれないか?
- -
甲斐姫 - うちらには家族みたいに仲のいい領民のみんながいる。
一致協力して籠城すれば、負けるわけないわ!
-
北条氏康 - 籠城だ…できるかどうかわからねえ和平や、
バクチみてえな一戦交えようって話、してられっか!
-
竹中半兵衛 - - どんな堅城も俺なら二十人足らずで一日で落とせるよ。
ひとまず和平で行って、時期を窺うべきだね
毛利元就 - - だったらまず和平を結び隙を窺うべきじゃないかな。
はじめは処女のごとく後には脱兎のごとく、さ
綾御前 - - あらあら、皆、自分の愛にもっと自信を持ちなさい。
敵と和平し、しかして薫陶し愛で染め上げる自信を…
福島正則 ガチでやりあおうぜ!
…籠城の準備で城の修理とか、俺、なんか不吉でやだ!
- -
藤堂高虎 - 高い石垣があれば、籠城も可能だ。
うむ…やはり石垣は高いに限るな…
-
井伊直虎 - 籠城ですかね…。正面から戦っても勝てないし、
圧倒的強者の敵さんに和平する利点もありませんから
-
柳生宗矩 - - 交戦、籠城、どっちにしろチャンバラってことさァ。
不殺の戦い…すなわち和平して政治の戦をすべきだよォ
真田信之 - 戦えばかえって敵に我らを討つ口実を与えてしまう。
周辺諸国の動向を見つつ、静観すべきだと思う
-
大谷吉継 ここは打って出る流れだ。籠城しても三年以内に落城し
和平しても三年以内に盟は破られるだろうからな
- -
松永久秀 - 籠城しよう! 愉しいぞ~!
落城の日には、皆で火薬の大茶会を派手にやればよい!
-
片倉小十郎 - - 皆様、夢妄想を十分吐き出していただけたでしょうか。
では、現実的な和平のお話を始めましょう
上杉景勝 - - …皆、仲よく。…敵とも
小早川隆景 - - 同盟を結んではいかがでしょうか…。
…皆、頭に血が上って聞いてくれませんね
小少将 - - 血なまぐさい戦も、汗くさい籠城もゴメンよ。
和平しましょ。あたしが敵をたらし込んであげる♡
島津豊久 - 籠城って漢字難しいよな…って、あ、俺、籠城です!
和平するにしても籠城頑張って条件よくすべきだって
-
早川殿 - - そんなに心配なら同盟を結べばいいんじゃない?
…悲しいわ、誰も話を聞いてくれない
(II)井伊直政 皆さん、自分が傷つくのが怖いんですか?
最終的に何が最善か考えれば打って出るしかありません
- -
新武将(男・熱血) 戦おう…俺たちは戦うためにここにいるんだ。
領民を戦禍に巻き込まないためにも打って出よう!
- -
新武将(男・冷静) - - かなわぬ相手なら、戦わぬがよい。
交戦も籠城もありえぬ
新武将(男・生意気) 聞きたいんだけど、今から弱気になっていいことある?
和平も籠城もなし。まず打って出る線で話しない?
- -
新武将(男・老練) - 戦ってすんなり勝てる相手なら評定も必要あるまい。
ならば籠城するよりないのではないか?
-
(E)新武将(男・威厳) - とりあえず交戦、というのはいささか危険では…。
…とりあえず籠城で
-
新武将(女・活発) 私たちは、大事な思いを胸に今、乱世を生きてる。
一度も刃を交えることなく、思いを引っ込められないよ
- -
新武将(女・冷静) - - 戦って勝利する確率は低く籠城して援軍のあてもない。
ならば、結論はおのずと出ているのではないか?
新武将(女・生意気) どーんと打って出ちゃおう! 勝てばよし!
和平とか籠城とか、負けてから考えればいいよ!
- -
新武将(女・妖艶) - 籠もっちゃいましょ、しっぽり…。
ね、それもいいと思えてきたでしょ?
-
(E)新武将(女・優美) - - わ、私はどうしたらよいのかわかりませんが…。
とにかく戦わずに済めば、それに越したことはないと…
汎用武将(猪突) 打って出ねば、いずれのみ込まれるだけ!
窮地の今こそ、敵地に攻め込むべし!
- -
汎用武将(知将) - 下手に相手を刺激しては、滅亡を招く。
ここはじっと耐え、反撃の機をうかがうべきだ
-

武将名 内容
ナレーション 議論はいつまでも続いた。
だが、結局、結論は出なかったという
  • 各武将ごとに所属する派閥の発言をするため、三派揃わないと発生しない。
  • 汎用武将は、猪突(北条氏照)と知将(北条氏政)のみ例外的に発生する。