将星絵巻 > 過ぎたるもの

武将名 内容
ナレーション ある日、「大名」は、
「忠臣」を自室に呼んだ

武将名 大名 忠臣
真田幸村 幸村に 過ぎたるものが 二つあり…と言います。
真田の槍と、あなたです
ありがたき幸せ。
幸村、その世間の評判に恥じぬ働きをいたします
前田慶次 慶次には 過ぎたるものが 二つあり…って評判さ。
いたずら心とそれにもう一つは他ならぬ、あんただよ
そいつは嬉しいねえ!
これからも過ぎたるものの名に恥じぬ戦をしようか!
織田信長 信長に 過ぎたるものが 二つあり…と世に評判よ。
南蛮胴に、今ひとつは、うぬよ…
過ぎたる忠義、か。
よいぞ。クク…クハハ…ハーッハハハ!
明智光秀 光秀に 過ぎたるものが 二つあり…と世に申します。
一つはこの髪のようで…もう一つが、あなたです
もったいなきお言葉。
明智十兵衛光秀、いよいよ忠義に尽くすことでしょう
石川五右衛門 五右衛門に過ぎたるものが一つありって言うんでね。
怖いな…と思ってたら急に振り返ってお前だーっ! て
俺様がてめえにもったいないってわかったか?
もっともっと大事にしねえと消えっちまうぜ?
上杉謙信 謙信に 過ぎたるものが 二つあり…と言う。
毘沙門天の加護と、今ひとつは汝なり
むしろ汝こそ、我には過ぎた主
お市 この市に 過ぎたるものが 二つあり…と言います。
兄の信長と、もう一つが、あなたです
その言葉、市は嬉しいです。
過ぎたるものの名にふさわしい忠義を捧げますね
阿国 阿国には 過ぎたるものが 二つあり…言うそうどす。
日本(ひのもと)一の評判と、もう一つが、あんたはんやて
おおきに。せやけど…
うちみたいな浮草にそないなこと言うてええんどすか?
くのいち こんなあたしにも過ぎたるものってのがあるんです。
それは、あなた…かなって
しがない忍びにもったいないお言葉…。
忠誠に命を捨てる覚悟にござります
雑賀孫市 孫市に 過ぎたるものが 二つあり…って言うんだと。
なんだ? 顔と鉄砲の腕とモテることと…お前か…?
よせよ、そんな俺を縛るような言葉…って言いたいが、
あんただったら、ま、それもいいかな
武田信玄 信玄に 過ぎたるものが 二つあり…と言うそうじゃ。
武田騎馬隊とおことじゃ
ほう、持ち上げてくれるもんじゃね。
いいよ! 過ぎたるものの名に負けぬ働き、期待してよ
伊達政宗 政宗に 過ぎたるものが 二つあり…と申すそうじゃ。
馬鹿め! たった一つ、貴様のみよ!
当然じゃ!
貴様もわしに過ぎたる主となるがよいわ!
濃姫 濃姫に 過ぎたるものが 二つあり…って言うそうよ。
永久(とわ)の若さと…あなたですって
そう。じゃあ、せいぜい大事にして頂戴?
私、あなたの下で、もっともっと尽くしたいの
服部半蔵 半蔵に 過ぎたるものが 二つあり…と言う。
伊賀忍軍と、お主だ
御意に応えましょう
森蘭丸 蘭丸に 過ぎたるものが 二つありと言うそうです。
おそらく、異形の焼物とあなたでしょう
主君に過ぎたるなどの評判を取るなど…。
出過ぎたまねをしすぎました。お許しくださいませ
豊臣秀吉 秀吉に、過ぎたるものが 二つありっちゅうそうじゃ。
朴葉(ほおば)の兜に、お前さんじゃ!
ははー! なんちゅうもったいないお言葉!
むしろ殿こそ、このサルめには過ぎたるご主君じゃ!
今川義元 義元に 過ぎたるものが 二つありと申すそうじゃの。
蹴鞠の才に、そちじゃの!
の! 過ぎたる、と申せば、飛び上がって
頭を過ぎたる上で蹴る蹴鞠の型を思いついたの
本多忠勝 忠勝に 過ぎたるものが 二つあり…と言うそうだ。
鹿角兜に、そなただと
冥加の至り。
本多平八、不変の忠義を誓いましょう
稲姫 この稲に 過ぎたるものが 二つありと言うそうです。
父・忠勝と、あなただと
そんな…照れます。
稲はこれからも正々堂々、忠義に尽くすのみです!
徳川家康 わしには過ぎたるものが二つある。
唐の頭と、お主よ
及ばざるはなお過ぎたるに勝れりと申す。
まだまだ、わしも精進が足りませぬな…
石田三成 お前には俺には過ぎたる家臣だ。
これからも…俺を支えてくれるか
は、ありがたきお言葉でございます。
そこらの者どもに忠義でも成果でも負けません
浅井長政 長政に 過ぎたるものが 一つあり…と申すそうだ。
某には、そなたしかいない!
こんな嬉しい評判はないな!
いよいよ忠義に励み、主君の誉れとなろう!
島左近 左近には 過ぎたるものが 二つあり…ってね。
なんでも軍略と、あんただそうですよ
ありがたきお言葉。
この左近、支えてみせますよ、最後まで
島津義弘 義弘に 過ぎたるものが 二つあり…と言うそうな。
四兄弟にお主だと…。五人になるではないか
過ぎたる家臣がおる…すなわちその過ぎたる家臣より
器の大きい、よき主君がおるということよ
立花誾千代 立花に 過ぎたるものが 二つあり…と世で騒ぐ。
父・道雪に貴様だそうだ。まったく口さがない…
世評など、今日褒めていても明日はけなすもの。
気になどしておれぬ。ただ立花として尽くすのみだ
直江兼続 兼続に 過ぎたるものが 二つあり…と世に言う!
すなわち、義、愛、気概、愛の前立、札、そしえお前!
おお! なんという高き評価! 感動しました!
不肖兼続! 殿の義のために一層尽くす所存ですぞ!
ねね おねね様 過ぎたるものが 二つあり…だって!
ひとつはあなたで決定だね!
あたしが支えてあげないとダメってことだね!
よーっし! これからもぴったり寄り添ってあげるよ
風魔小太郎 小太郎に 過ぎたるものが 二つあり…と言う。
忍犬軍団、そして、うぬだそうだ…
…そんな世評を取るとは、忍びとしては目立ちすぎたか
宮本武蔵 宮本に 過ぎたるものが 二つありって言ってさ、
無双の名とお前なんだとよ
うまく言えねえけどよ…嬉しいぜ!
これからも頑張るからよ! 期待しててくれ!
前田利家 利家に 過ぎたるものが 二つありっつってよ、
貯金算盤、そしてお前なんだが…仁義とかないのな
よっしゃ! 忠義尽くしてきたかいがあったぜ!
過ぎたるもの・前田利家、これからも突っ走ります!
長宗我部元親 元親に 過ぎたるものが 二つあり…と言う。
すなわち、お前と…そう、お前だ!
反骨の調べが、行き着く先が、過ぎたるものか…
上等! これからもお前に過ぎ続けよう!
ガラシャ わらわには 過ぎたるものが 二つあり…なのじゃ!
一つはそちじゃが、もう一つはなんじゃ? 教えよ!
落ち着きのないわらわには、もったいないのじゃ!
その言葉にふさわしくなるよう、精進するのじゃ!
佐々木小次郎 小次郎に 過ぎたるものが 二つあり…だってさ。
物干竿と、君だって。ね、嬉しい? 斬ってもいい?
ほんと!? 嬉しいよ!
過ぎたるものの名にふさわしい人の斬り方を考案するね
柴田勝家 鬼柴田 過ぎたるものが 二つあり…と言うそうな。
柴田の髭とわぬしだそうな…
…今後も変わらず忠に尽くすのみでござる
加藤清正 清正に 過ぎたるものが 二つあり…って評判でな。
蛇の目兜に片鎌槍、築城術にお前だそうだ
忠義に尽くすのは、家臣として当然のこと。
…それを過ぎたるものなんて…面はゆいです
黒田官兵衛 官兵衛に 過ぎたるものが 二つありと言う。
二つも必要ない。卿だけで十分だ
主君に過ぎた…主君より優れた家臣など粛清の対象だ。
以後は、水のごとくに、淡々と控えることにしよう
立花宗茂 宗茂に 過ぎたるものが 二つあり…と言うが、
恵まれすぎててどれかわからんな…ま、一つはお前だが
まあ、事実がそうなのだから、評判もそうなのだろう。
これからも自然体で尽くしていきますよ
甲斐姫 甲斐姫に 過ぎたるものが 二つありって噂でさ!
熊軍団にあなただって! 熊軍団ってなんじゃい!
そうなのよ、あたしってよく尽くすいい女なのよ!
よっしゃ! 自信出てきた! 今後も頑張ります!
北条氏康 氏康に 過ぎたるものが 二つあり…つってな。
氏康傷にてめえだとよ。威張るほどじゃねえが嬉しいぜ
ド阿呆、俺ごときがてめえより過ぎてるって言われて
にこにこしてんな。主君として上いく精進しやがれ!
竹中半兵衛 半兵衛に 過ぎたるものが 二つあり…だってさ。
俺に分不相応なものなんて、君くらいのものなのにね
ま、俺って天才なんで、しょうがないんですけど…
殿が、自分より優れた家臣ありな人ならいいんですがね
毛利元就 元就に 過ぎたるものが 二つありって言うらしいけど
何かな? 私は自分の著作と君だと思うんだけど
主君に過ぎた家臣なんて、歴史上、粛清対象だよ。
身を慎まないと、安穏たる老後は望めないかな…
綾御前 綾御前 過ぎたるものが 二つあり…と世で申すそう。
可愛い謙信と、可愛いあなた…
うろたえ者、綾に劣ると世間に言われているのですよ。
それで喜んでいるとは…薫陶が必要ですね
福島正則 正則に 過ぎたるものが 二つあり…だってよ!
槍の日本号、そしてお前だ! ガチで!
しゃあ! やっぱ世間ってちゃんと見てんな~!
これから、男福島、過ぎたるものとして頑張ります!
藤堂高虎 高虎に 過ぎたるものが 二つあり…と世に言う。
万能手ぬぐい そしてお前だ
主君に過ぎた、などとの世評…恥ずかしき限り。
出過ぎた忠義、お許しください
井伊直虎 直虎に 過ぎたるものが 二つあり…と言うそうです。
一つはあなたで…もう一つは恥ずかしくて言えません
すみません! 主君に過ぎたという世間の評価って
主君をないがしろにしてますよね…すみません!
柳生宗矩 宗矩に 過ぎたるものが 二つあり…って言うよねェ。
新陰の剣と、お宅だってさァ
過分なお言葉ではござりまするが、
殿に拙者の忠を評価していただき、恐懼(きょうく)の極みにござる
真田信之 信之に 過ぎたるものが 二つありと世に言うそうだ。
一つはもちろん幸村だ! そしてもう一つは、お前だ
ありがたきお言葉を賜った…
以後過ぎたるものの名に名前負けせぬように精進します
大谷吉継 吉継に 過ぎたるものが 二つあり…と言うそうだが、
一つはお前で決まりだ。もう一つは想像に任せる
そうか、素直に感謝しておこう
松永久秀 久秀に 過ぎたるものが 二つあり…と言うそうだ。
平蜘蛛の茶釜に九十九(つくも)茄子そして…お主だよ!
…世間なんぞが、我輩の何をわかっておるというのだ。
無責任なことを抜かすことよ
片倉小十郎 小十郎 過ぎたるものが 二つあり…と申します。
金の眼鏡と銀の眼鏡と、あなた様でございます
ご無礼ながら、我がご主君こそ、
この小十郎に過ぎたるご主君でございます
上杉景勝 …景勝に 過ぎたるものが 二つあり…と言う。
無言の威圧とお前だ。…そんな威圧感要らないのに
…精進いたす
小早川隆景 隆景に 過ぎたるものが 二つあり…と申します。
数万巻の蔵書とあなたです
主君に過ぎた…つまり出しゃばって見えたのですね。
これよりは控えますので、お許しください
小少将 このあたしに過ぎたるものが二つあり…ですって。
永久(とわ)の若さとあなただって…誰かとかぶってそう…
じゃあ、あたしのことうーんと大事にしてね♡
欲しいものがたっくさんあるの!
島津豊久 豊久に 過ぎたるものが 二つあり…だってさ!
一個は忘れたけどもう一個は忘れない! お前だもん!
こんなにまで認めてくれてるんだ…俺のこと!
俺、もっともっと忠義に励んで、期待に応えます!
早川殿 早川に 過ぎたるものが 二つあり…だって。
お母様にあなた。二人とも大好き!
当然よ、お母様の娘なんだもの。
今後は、過ぎたるものの名に負けない働きをするわね
(II)井伊直政 直政に 過ぎたるものが 二つあり…と言うそうだ。
醤油とお前だ
殿が馬鹿にされて俺が喜ぶとでも思っているんですか?
…頑張ってください、俺が支えますから
新武将(男・熱血) この俺に 過ぎたるものが 二つあり…と言うそうだ。
熱き志と、お前だ
俺の忠義が、世間にも認められたということか。
いよいよ励みます!
新武将(男・冷静) 私には 過ぎたるものが 二つあり…と言う。
お前だ。あと一つはどうせどうでもよいものだろう
ありがたきお言葉。
過ぎたるものの名にふさわしき活躍をいたしましょう
新武将(男・生意気) この僕に 過ぎたるものが 二つあり…だってさ。
君と僕だ! こんなのでお箸を落とす話、あったよね
僕が君にはもったいないなんてわかりきってるよ。
そんな僕を、君はもっともっと大事にしてね!
新武将(男・老練) 自分には 過ぎたるものが 二つあり…と言う。
経験とお主だ
ここまで自分の忠義が評価されるとは。
いよいよ励むことにしよう
(E)新武将(男・威厳) 拙者には 過ぎたるものが 二つあり…と言う。
一つはお主だが、もう一つは思い浮かばぬな
過ぎたるものなど、
その名こそ拙者には過ぎたものだ
新武将(女・活発) 私には 過ぎたるものが 二つあり…って言うの。
この胸の思いとあなた。大事にしたいな…
私の忠義の思いが届いて、得られた名誉だ…。
もっともっと頑張って、この名に負けないようにします
新武将(女・冷静) 私には 過ぎたるものが 二つあり…と言うそうだ。
貴君と、貴君の忠誠だろう
貴君に過ぎたるものなど大げさだが、
忠義にこれまで以上に励む動機づけにはなりました
新武将(女・生意気) ボクにはね 過ぎたるものが 一つある!
それはね…キミだよ!
ボク、嬉しい…。ボク、嬉しいよ!
キミはほんとにボクのこと大事に思ってくれてるんだ
新武将(女・妖艶) あたしには 過ぎたるものが 二つあり…だって。
もちろんあ・な・た。もう一つはひ・み・つ
あんなことや、こんなことや、
通常の家臣に過ぎた働きが認められたのかしら?
(E)新武将(女・優美) 私には 過ぎたるものが 二つあり…と申します。
ついてきてくれる家臣や民、そして、あなたです
私ごときが、そのような名誉な評判を取るなんて、
もったいないことでござります…
汎用武将(熱血) この俺に 過ぎたるものが 二つあり…と言うらしい。
一つはお前で決まりだな
-
汎用武将(冷静) このわしに 過ぎたるものが 二つありと言う。
お主の忠誠心であろうか
-
汎用武将(猪突) このわしに 過ぎたるものが 二つありと言う。
お主以外にありえぬな
-
汎用武将(若輩) 私には 過ぎたるものが 二つありと世で言います。
その一つは、あなたでしょう
-
汎用武将(老練) このわしに 過ぎたるものが 二つありとのことじゃ。
それはそなた。わしの宝よ
-
汎用武将(猛将) このわしに 過ぎたるものが 二つありとのことじゃ。
お主の忠義、そしてわしの剛胆よ!
-
汎用武将(知将) このわしに 過ぎたるものが 二つありと言うそうな。
わしのこの英才と、やはり忠臣たるお主じゃ!
-
  • 忠臣が一般武将だった場合は発生しない。

武将名 内容
ナレーション 「忠臣」は「大名」の言葉に感銘を受け、
より一層の忠を尽くそうと決めた