将星絵巻 > 敵に塩を送る



冒頭

武将名 内容
ナレーション 「大名」の下に、密書が届いた。
「敵大名」の国が塩不足で困っているという
ナレーション 「敵大名」とは、つい最近も戦った仇敵の間柄。
家臣は「大名」に出陣を勧めた
家臣 敵国の兵も民も弱っております!
今攻め込めば、労せずして打ち破れましょう

大名の判断

武将名 内容
真田幸村 ならぬ。弱っている者を討つのは、武士(もののふ)の恥。
私は敵に塩を送る
前田慶次 そいつは粋じゃないねえ。
むしろ、敵に塩を送ってやりな!
織田信長 無価値!
信長は、敵に塩を送る
明智光秀 我々が戦っているのは民ではないのですよ。
すぐに敵領に塩を送ってあげなさい
石川五右衛門 困ってる民衆苦しめるなんざ、あ、許さねえぜ~。
敵に塩を送って、助けてやれよ!
上杉謙信 否。戦に関係のない民を攻めるは卑怯なり。
謙信は、敵に塩を送る
お市 そんな、敵の領民が可哀想です。
むしろ塩を送ってあげてください
阿国 もう、そんないけずなこと言うて。
あべこべに、敵さんのとこに塩送ってあげましょいな
くのいち あっしも民側の出自なんで、それ、笑えないにゃあ。
むしろ困ってる敵さんに塩を送ってやってよ
雑賀孫市 おいおい、民には当然女性もいる。ほっとけねえだろ?
敵だろうがなんだろうが女性のために敵に塩を送るんだ
武田信玄 情けは味方というじゃろ?
ここは敵だろうと困っておるなら塩を送るべきじゃ
伊達政宗 馬鹿め! そんなことをしては天下の笑い者じゃ!
むしろ、敵に塩を送ってやるがよいわ!
濃姫 敵領の民を地獄に落とすのも愉しそうだけど…。
ここは、ぬる~く、敵に塩を送ってあげましょう
服部半蔵 塩不足にあえぐ国を奪っても無意味だ。
まず、敵に塩を送れ
森蘭丸 よい手かもしれませんが、人の道に反します。
ここは、敵に塩を送るべきでしょう
豊臣秀吉 わかっとらんのう。ここで敵に塩を送れば、
敵領での人気も上がって、占領したとき楽じゃろが!
今川義元 それはまろの勝ち方ではないの。
むしろ、敵に塩を送るの!
本多忠勝 恥を知れ! 民を守るために我らはある。
民を苦しめるなど言語道断。即刻、敵に塩を送れ!
稲姫 不埒です! 即刻、敵に塩を送るのです!
稲は、その後、正々堂々挑んで勝利いたします!
徳川家康 そのようなやり方では泰平は導けぬ。
敵に塩を送ってやるがよい
石田三成 そんなやり方で勝ってどうするのだよ?
敵に塩を送れ。早急にだ
浅井長政 それは勝ちではない。民を苦しめてその先に何がある。
甘いと笑ってくれてかまわん。敵領に塩を送ってくれ
島左近 そいつはうまいやり方かもしれませんが、ま、
他にも手はあるでしょう。敵さんに塩を送ってください
島津義弘 勝ちが決まっておるバクチなぞ、つまらぬわ。
敵に塩をおくってやれ。負けの目もなくてはいかん
立花誾千代 立花はそのようなやり口を軽蔑する。
即刻、敵領に塩を送るのだ
直江兼続 それは不義である!
誰かある! 敵領の民に、塩を送ってやるのだ!
ねね めっ! そんなの可哀想でしょ?
敵領にお塩を送ってあげて!
風魔小太郎 つまらぬ。
むしろ敵領に塩を送り、敵の頭を混乱させよう…
宮本武蔵 うまく言えねえけどよ…それってまずいだろ?
敵領に塩を送ってやって、それからちゃんとしようぜ
前田利家 仁義欠いちゃ、この武士(もののふ)の世界、渡ってけねえよ。
敵に塩を送ってやんな
長宗我部元親 なるほど、その策を採るのが当然だろうな…。
ならばそれに抗おう。敵に塩を送れ、凄絶にな!
ガラシャ 教えよ。困っておる敵に塩を送ってはならぬのかのう?
困っておるのにつけ込むが兵家の習いとは知っておるが
佐々木小次郎 塩不足で満足に戦えない国攻めても、あまり斬れない。
敵領に塩を送れば、戦でたくさん斬れるようになるよ!
柴田勝家 うるさいわ!
…敵に塩を送れ
加藤清正 その辺、きっちり備蓄してなかった敵が悪いんだが…
今回だけ、今回だけ、敵に塩を送ってやろうぜ
黒田官兵衛 それが上策だとは思うが…私は敢えて下策を採る。
敵に塩を送り、敵の領民を手なずけるとしよう
立花宗茂 んー、今はそんな気分じゃないな。
敵に塩を送ってやれ。敵領の民はさぞ困っているだろう
甲斐姫 あんたね~、民が困ってるのにつけこんでどうするの?
民の恨みは怖いのよ! さっさと敵に塩を送んなさい!
北条氏康 ド阿呆が! 民が困ってんのにつけこんでどうする。
民の恨みは怖えんだよ。とっとと敵に塩を送りやがれ!
竹中半兵衛 それは下策だね。上策は心を攻めることにあり!
敵に塩を送って、敵と敵領の民をわしづかもう!
毛利元就 略奪のみを目的とするならいい策だが、統治を目的と
するなら話は別かな。だから敵に塩を送ってくれないか
綾御前 うろたえ者! 誰がさような愛のない戦を教えました?
敵に塩を送りなさい。そしてあなたは薫陶ですよ?
福島正則 それって卑怯じゃね? やっぱ戦はガチに限るぜ!
敵にさ、塩送っといてやれよ
藤堂高虎 窮する敵を追い詰めるのは得策ではない。
敵に塩を送ってやれ
井伊直虎 すみません! そんなことしちゃ、やっぱダメです。
敵に塩を送って、敵領の皆さん、助けてください
柳生宗矩 もっと大きな視野で、天下の視野でものを見なよォ。
ここは敵に塩を送るのが、一番得策じゃないかねェ
真田信之 それは、私向きの策ではないな。すまない…。
それどころか、敵に塩を送ってほしいのだが…
大谷吉継 そんなやり方で勝っても三年以内に報いを受けよう。
ここは敵に塩を送る流れだ
松永久秀 悪党ならば塩を送らず高笑いをするであろう…。
我輩はそんなチンケな想像に逆らい、敵に塩を送るぞ!
片倉小十郎 ご無礼ながら、あなた様は馬鹿でいらっしゃいますか。
ここは、敵に塩を送るのが良策というものです
上杉景勝 …いや、敵に塩を送ろう。
小早川隆景 民を苦しめるのは私の流儀ではありませんね。
敵領の民に、塩を送ってください
小少将 ばっかじゃない? せっかくの好機を潰す気?
ここは敵領に塩を送って、みんなあたしの虜にするのよ
島津豊久 お前、頭いいよな…。感心する!
でも、俺、敵に塩を送ることにするよ
早川殿 敵領の民は、未来の家族よ。
だから敵領に塩を送ってあげて
(II)井伊直政 ダメだ、ダメすぎる! それで泰平を築けるか?
敵に塩を送れ、これが俺の思う最善だ
新武将(男・熱血) それはないぜ! 敵領の民になんの罪もない。
だから、敵領に塩を送ってやってくれ!
新武将(男・冷静) 良策だが、占領後の統治に支障をきたしかねぬ。
それを防ぐため、まず、敵領に塩を送ってやれ
新武将(男・生意気) 大丈夫だよ、そんなせこいまねしなくても勝てるから。
だから敵に塩でもなんでも送ってやってよ
新武将(男・老練) 経験上、それをして敵の怒りに火をつけるのは危険だ。
むしろ、敵に塩を送り、敵意を和らげるに限る
(E)新武将(男・威厳) それは、やはりやりすぎだろう。
敵に塩を送っておけ
新武将(女・活発) 敵領、自領関係ない。天下の民だよ。
苦しんでるなら助けなきゃ。敵に塩を送って
新武将(女・冷静) いずれ自領になる民だ。恩を売ることを考えよ。
敵領に塩を送り、歓心を買え
新武将(女・生意気) そんなの絶対ダメだかんね!
敵の民に、塩を送ってあげてよ!
新武将(女・妖艶) そんなのなくたってあたしの魅力で皆メロメロよ。
だから、かまわない。敵領に塩を送ってあげて
(E)新武将(女・優美) それはいくらなんでも可哀想です。
どうか、敵領の皆さんに塩を送ってください
汎用武将(熱血) それは…戦のやり方としてどうかな…。
とにかく、敵領に塩を送ってやってくれ
汎用武将(冷静) その策では敵領を奪い取った跡が大変じゃ。
まずは敵領に塩を送ることじゃな
汎用武将(猪突) それはまずい。
むしろ、敵に塩を送れ
汎用武将(若輩) それはやりすぎでしょう。
ひとまず、敵領に塩を送ってください
汎用武将(老練) それは得策ではない。
敵に塩を送る…これが上策じゃ
汎用武将(猛将) せこいまねをするな!
敵にばんばん塩を送ってやれい!
汎用武将(知将) さようなまねをせねば、わしが勝てぬと思うたか?
かまわぬ! 敵に塩を送り、わしの度量を見せよ!

武将名 内容
ナレーション 「大名」は、対立している「敵大名」の国へ、
大量の塩を送った
ナレーション それを見た「敵大名」の家臣は諫言した
兵士 これは敵国の罠かもしれません。
もしや…塩には毒が盛られておるやも!

敵大名の反応

武将名 内容
真田幸村 疑う必要はない。
さようなことは決してせぬ御仁だと知っている
前田慶次 慎重なのは結構なこった。だが、大丈夫だよ。
戦場でやりあって、そこだけは俺にゃわかってるさ
織田信長 無価値!
その程度の者ならば、信長の敵にあらず
明智光秀 それほどの卑怯者なら最初から攻め込んでくるはず。
そうしなかったのは、信用に足る証拠ですよ
石川五右衛門 疑ってたらきりがねえ!
俺はあいつを、あ、信じるぜ~
上杉謙信 破邪顕正。
敵はさような者にあらず
お市 …私はあの方を信じます。
とにかく、皆に一刻も早く塩を配ってください
阿国 大丈夫。もしそうやったとしても
必ず神さんが罰当てて仇取ってくれはりますよって
くのいち 毒見なら一応、あたしが済ませといたよ。
大丈夫。とにかく、おかげで国のみんなが救えるにゃ!
雑賀孫市 ねえよ。毒盛って攻めてここ占領して、
そのあと毒入りの塩、どう選別して処理すんだよ…
武田信玄 馬鹿なことを言っちゃいけないよ。
敵とはいえ、そんな卑怯なまねをする将ではない
伊達政宗 馬鹿め! わしと覇を競うほどの者、
さような卑劣なまねをするはずもないわ!
濃姫 今は、あの人の厚意にすがるしか民を救えないの。
毒だった時には…必ず報いを受けさせましょ?
服部半蔵 無用の詮索より、民に塩を配れ
森蘭丸 対立を越えてやってきた善意です。
信じる価値はあるかと。信じられねば領民は死にます
豊臣秀吉 大丈夫じゃ、わしにゃあいつを信じられるで!
それとも、わしの人を見る目まで疑うんか?
今川義元 そちのような慎重な家臣を持って幸せじゃの。
さりながら、かの者の施しは信じてよいと思うの
本多忠勝 愚問…戦交えし我の見るところ、その心配はない。
安心して、民を救ってやれ
稲姫 他人(ひと)の善意を疑うだなんて、不埒です!
一刻も早く、塩不足にあえぐ民を助けてください!
徳川家康 お主のような諫言してくれる家臣はありがたいもの。
そしてまた、対立を越えて救いの手を差しのべる敵もな
石田三成 俺ならそのような迂遠な手を使う前に攻め込むがな。
この善意は信じてよい。感謝して民に配給せよ
浅井長政 さようなことをしては天下万民の憎しみを受けよう。
かの者を信じ、感謝してこの塩を受け取ろう
島左近 そいつは軍略的に得しない、ありえませんな。
敵さんのご厚意に感謝しつつ、民を助けてください
島津義弘 毒か善意か…? お主は毒の目に張るのだな。
わしは善意に賭けよう。民に塩を配れ
立花誾千代 立花自身が無作為に毒見を行った結果、否であった。
彼奴の甘さに感謝しつつ、民に塩を届けるのだ
直江兼続 疑うとは不義である。
誰かある! 我が愛する民の皆に、この塩を配るのだ!
ねね うーん、あの子はそんな悪い子じゃないと思うけど…。
一応、毒見をして大丈夫なものからみんなに配って!
風魔小太郎 それはない。民に配れ。
…敵に塩とは…混沌な者よ
宮本武蔵 うまく言えねえけどよ…俺の見るとこ、それはねえわ。
だから、敵に感謝して、その塩、民に届けてくれ
前田利家 敵の施し疑っちゃ、仁義にもとるぜ。
俺は一か八かなら、奴を信じてみたいんだ
長宗我部元親 お前のその言葉に抗い、敵を信じよう…!
さあ、お前の手でその塩を民に届けるのだ!
ガラシャ かの敵はさようなことをせぬと信じておるわらわを
そちは、信じてほしい。この塩で民を救うのじゃ!
佐々木小次郎 僕だったら、毒を送って殺すより、攻め込んで斬るよ。
だから大丈夫。この塩で可哀想なみんなを助けてよ
柴田勝家 …奴はさようなことはせぬ。
民をこれで救ってやれ
加藤清正 ねえよ。早く民に配ってやれ。
…感謝するぜ、敵だってのに、こんな
黒田官兵衛 さような愚かなまねをする敵ではない。
ありがたく使わせてもらえ
立花宗茂 そんなまねはしないさ。
民に配ってやれ。みんな一刻も早く塩が必要だろう
甲斐姫 あんたね…。んなことして、敵に何の得があんのよ。
民が困ってんの。早くこの塩を届けてあげて!
北条氏康 …ひねくれ者の俺が、敵の情け受け取らねえと思って、
わざとひねたこと言いやがったな…ありがたく受けらあ
竹中半兵衛 確かにこの天才の裏をかくためにはそこまでの奇策に
出ないとねえ…でも大丈夫だよ、敵に素直に感謝しよう
毛利元就 もしそうなら歴史に残る悪事にして愚行だね。
だけど、あの敵は信じていいと思うよ
綾御前 敵の善意を信じて死ぬのもよいものです。
それとも信じる以外の選択肢が残されているのですか?
福島正則 わかってねえなー! 交える拳! 深まる友情!
敵の危機を颯爽と救うあいつ! かっけー!
藤堂高虎 奴を信じろ。敵の悪意を疑って自滅するより
敵の善意を信じてだまされて死ぬほうがましだ
井伊直虎 はうう…すみません。うかつに信じるところでした。
…でも、信じて、民を救いたいんです! すみません!
柳生宗矩 だったらその塩捨てて、困窮した民の反乱を待つかい?
信じなよォ。そこから開ける道だってあるだろうしさ
真田信之 大丈夫だ、信じよう。
あの者はそんな卑怯な真似はしない
大谷吉継 そういう流れではないし、誰も流れには逆らえない。
今は、敵の善意に感謝しつつ、民を救える流れだ
松永久秀 この世に我輩以上の悪の天才がいるわけないわ~。
きっと甘ちゃんだから敵に塩を送ってきただけよ~!
片倉小十郎 ご無礼ながらあなたは器の小さい阿呆でございますか?
敵の善意をありがたく受け取り、民に施すのです
上杉景勝 …違う。早く民を救え
小早川隆景 もしそうだったとしても、その塩を捨てて自滅すれば
度量が狭く、愚かだったと後世の失笑を買いますね…
小少将 それはないわ。きっとあたしの魅力にメロメロになって
それで塩を送ってきたのよ。さ、民に配っちゃって♡
島津豊久 お前、頭いいよな…。感心するよ!
でも、俺、馬鹿だから、敵の厚意に感謝することにする
早川殿 もし毒だったら、私もこの塩を食べて一緒に死ぬわ。
だから、早くこの塩で領民のみんなを助けてあげて
(II)井伊直政 今、くだらないお前の妄想をひけらかすのが最善か?
さっさとこの塩で民を救うのが俺の思う最善だが?
新武将(男・熱血) 違うな。敵に塩を送るっていう熱い展開だ。
これで民が救えるってモンだ。奴に感謝しようぜ!
新武将(男・冷静) 冷静に考えて、その必要が見当たらぬ。
敵に感謝し、この塩で民を救うのだ
新武将(男・生意気) 君って何にでもとりあえず文句つけたいだけだよね。
見失いすぎ。ぐずぐずしてないで民を救ったら?
新武将(男・老練) 経験上、それはない。
敵に感謝しつつ、この塩を民に届けるとしよう
(E)新武将(男・威厳) その可能性はなくもないが、低いだろう。
今は、敵に感謝し、この塩で民を救おうではないか
新武将(女・活発) 大丈夫、この塩に込められた思いは善意。
敵に感謝しつつ、急いで民を救いましょう?
新武将(女・冷静) その確率は限りなく低く、無視することが推奨される。
急ぎ民を救え。そして敵には感謝を
新武将(女・生意気) 乱世だもんね。悲しいけど疑っちゃうよ。
でもね、ボクは信じたい。そこから泰平が始まると思う
新武将(女・妖艶) そんなことしたら、あたしに決定的に嫌われるのよ?
それはないわ
(E)新武将(女・優美) いえ、私は敵の善意を信じたい…。
このお塩を、急いで民の元に届けてください
汎用武将(熱血) 今はそんなことを疑ってる場合じゃないだろ。
早く民を救うんだ
汎用武将(冷静) 敵にそこまでする利がない。
奴の善意を信じ、民を救わせてもらおう
汎用武将(猪突) 敵を信じる。
この塩で民を救うのだ
汎用武将(若輩) 大丈夫だと思います。
ありがたい施し、民に届けてください
汎用武将(老練) 戦を交えておれば、相手のことも知れる。
この善意、信じてよい。民を救うのだ
汎用武将(猛将) せこいことを言うな。
奴に感謝し、塩を民に与えろ
汎用武将(知将) そのようなことを見破れぬほど阿呆ではないわ。
これは純然たる塩じゃ。早う民に届けよ!

武将名 内容
ナレーション 「敵大名」は、送られてきた塩を、
自国の領民に分け与えた
ナレーション 「敵大名」の国の民は、涙を流して喜んだという