将星絵巻 > 鳴かぬなら…

武将名 内容
ナレーション 「武将・甲」と「武将・乙」が歓談をしていると、
近くの木の枝に、ほととぎすが止まった
ナレーション そこで二人は、
ほととぎすを使って一句、詠むことにした

武将名 内容
真田幸村 鳴かぬなら 己を貫け ほととぎす
前田慶次 鳴かぬなら まねして鳴こう ほととぎす
代わりに俺が鳴いてやるさ
織田信長 鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす
明智光秀 鳴かぬなら 本能寺です ほととぎす
…いえ、本能寺とは何かと言われましても
石川五右衛門 鳴かぬなら どうしようもねえ ほととぎす
…だろうがよ
上杉謙信 鳴かぬなら 闘争だ ほととぎす
お市 鳴かぬなら 別れを誘う ほととぎす
…仕方のない時は、仕方ないのです
阿国 鳴かぬなら 出雲においやす ほととぎす
環境変えたら鳴くかしらん思て
くのいち 鳴かぬなら 忍び向きかも ほととぎす
いや、無口なら、潜入や潜伏向きかな~って
雑賀孫市 鳴かぬなら そんな貴女も素敵だぜ ほととぎす
あ、ほととぎすって女性の比喩な
武田信玄 鳴かぬなら なせばなるなる ほととぎす
やってみれば、案外、鳴けるかもよ
伊達政宗 鳴かぬなら 料理いたすぞ ほととぎす
珍しき食材よ! わしの料理心が踊るわ!
濃姫 鳴かぬなら 覚悟あるのね ほととぎす
服部半蔵 鳴かぬなら 警戒すべし ほととぎす
…きっと何か企んでいる
森蘭丸 鳴かぬなら 蘭が鳴きます ほととぎす
つられて鳴いてくれるかも…
豊臣秀吉 鳴かずとも 鳴かせてみしょう ほととぎす
今川義元 鳴かぬなら 蹴鞠しようの ほととぎす
鳴かずとも、足さえあれば蹴鞠はできるの!
本多忠勝 鳴かぬなら 我に挑めよ ほととぎす
武で語れい!
稲姫 鳴かぬなら まげをつかんで ほととぎす
お顔を確かめたくて…あ、鳥にまげはありませんね
徳川家康 鳴かぬなら 鳴くまで待てよ ほととぎす
石田三成 鳴かぬなら 仕事に戻る ほととぎす
…俺は忙しいのだよ
浅井長政 鳴かずとも まっすぐ貫く ほととぎす
…それでも某は、まっすぐにしか生きられないから
島左近 鳴かぬなら 伏兵疑え ほととぎす
敵兵がいて警戒してて鳴かないことがあるんでね
島津義弘 鳴かぬなら まずは満足 ほととぎす
思い通りにいかぬ、それもよいものよ
立花誾千代 鳴かぬなら それでも可愛い ほととぎす
…小鳥というものは黙っていても可愛いものだ
直江兼続 鳴かぬなら 義を謳おうぞ ほととぎす
さあ、お前も共に高らかに義を叫ぼう!
ねね 鳴かぬなら もっとガンバれ ほととぎす
ガンバったらきっと綺麗に鳴けるよ!
風魔小太郎 鳴かずとも 殺したり無理に鳴かしたりするのは
動物いじめだから許さんぞ ほととぎす
宮本武蔵 鳴かぬなら 絵でも描こうか ほととぎす
俺が描いた鳥は絵の中で生きてるみたいに鳴くんだぜ?
前田利家 鳴かぬなら 気合い入れろよ ほととぎす
ま、多分、気合いが足んねえんだよ
長宗我部元親 鳴かぬなら 反骨貫け ほととぎす
…上等!
ガラシャ 鳴かぬなら なぜ鳴かぬのじゃ ほととぎす
教えよ!
佐々木小次郎 鳴かぬなら 斬っていいかな ほととぎす
秘剣・ほととぎす返し…
柴田勝家 鳴かぬなら 雲井に上げよ ほととぎす
鳴かずとも高く上がればよい
加藤清正 鳴け聞こう 我が領分の ほととぎす
黒田官兵衛 鳴かぬなら 静かでよいな ほととぎす
立花宗茂 鳴かぬなら そんなもんかな ほととぎす
…多分、見た目だけでほととぎすと気づけないしな
甲斐姫 鳴かぬなら 女子力上げよ ほととぎす
歌がダメでも、料理とかいろいろ道はあるわよ!
北条氏康 鳴かぬなら それがどうした ほととぎす
そんなにたいしたことでもねえだろ?
竹中半兵衛 鳴かぬなら 昼寝していい? ほととぎす
…だって、起きて待ってる必要ないわけじゃん?
毛利元就 鳴かぬなら 刺客が来たか ほととぎす
殺気で鳴かないのかもしれないし、気をつけないとね
綾御前 鳴かぬなら 薫陶ですよ ほととぎす
福島正則 鳴かぬなら ガチでケンカだ ほととぎす
やっぱゲンコで語らねえとわかりあえねえからよ!
藤堂高虎 鳴かぬなら 手ぬぐい使え ほととぎす
たとえ鳴けなくなっても手ぬぐいさえ使えば鳴けるぞ
井伊直虎 鳴かぬなら すみませんです ほととぎす
私なんかのために鳴く気起きませんよね、すみません!
柳生宗矩 鳴かぬなら それでもいいさ ほととぎす
自然体が一番だよォ
真田信之 鳴かぬなら 地味だがいいか? ほととぎす
そういう生き方もある。だがそれでよいか問いたかった
大谷吉継 鳴かぬなら それも流れか ほととぎす
松永久秀 鳴かぬなら 爆発だ! ほととぎす
五七五守らない悪党って、我輩だけだろ…
片倉小十郎 鳴かぬなら 鳴かせるため暗躍します ほととぎす
黒脛巾(くろはばき)組の出番でございますね
上杉景勝 …すまぬ、思いつかぬ
小早川隆景 鳴かぬなら 本で調べる ほととぎす
なぜ鳴かないのか本で調べれば原因もわかるかと…
小少将 鳴かぬなら 鳴いてほしいな ほととぎす
お・ね・が・い♡
島津豊久 鳴かぬなら 俺も鳴かない ほととぎす
そっちがその気なら、島津も動かない!
早川殿 鳴かぬなら それでも家族 ほととぎす
大事な人は何があっても大事な人だと思うの
(II)井伊直政 鳴かぬなら それが最善かと問い詰める ほととぎす
納得いったならば、鳴いてもらわずとも結構
新武将(男・熱血) 鳴かぬなら じっと見つめる ほととぎす
期待込めてじっと見つめてやるんだ!
新武将(男・冷静) 鳴かぬなら 他を当たろう ほととぎす
世界に一羽しかいないわけではない
新武将(男・生意気) 鳴かぬなら おもちゃじゃないの ほととぎす
偽物のどっきりでした~…なんてね?
新武将(男・老練) 鳴かぬなら 耳を疑う ほととぎす
…いや、聞こえていないだけかもしれぬのでな
(E)新武将(男・威厳) 鳴かぬなら 仕方がないな ほととぎす
潔く諦めよう
新武将(女・活発) 鳴かぬなら 心で聞こう ほととぎす
鳴かなくても伝わる思いはあるはずだから…
新武将(女・冷静) 鳴かぬなら 確認しよう ほととぎす
…それは本当にほととぎすかな?
新武将(女・生意気) 鳴かぬなら 笑えばいいよ ほととぎす
…え、なんか間違ってる?
新武将(女・妖艶) 鳴かぬなら 撫で撫でしよう ほととぎす
…きっと甘い声で鳴いてくれるわ
(E)新武将(女・優美) 鳴かぬなら どうしましょうか ほととぎす
…ほんとどうしましょう

武将名 内容
ナレーション ほととぎすは、慌てたように飛び去った。
二人は顔を見合わせた笑った
  • 一般武将では発生しない