将星絵巻 > 暖かい草履

武将名 内容
ナレーション ある寒い日。「大名」が外に出ようと
草履を履くと、ほかほかと暖かかった
ナレーション 「大名」は側にいた「武将」を叱った

武将名 大名の叱責 武将の反駁 大名の謝辞
真田幸村 もしや、私の草履の上に座っていた
…のではないでしょうか?
めっそうもありません。
足が冷えぬよう、懐に入れて温めておりました
これが忠…でしょうか?
先程は疑うようなまねをして申し訳ありません
前田慶次 あんた、俺の草履、尻の下にでも敷いてたのかい?
ま、寒いから、その気持ちもわからなくもないがね
- へえ、そこまでしてくれるたあ、感激だねえ。
が、体汚れちまったろ? 後で風呂、沸かしてやるぜ
織田信長 うぬは、予の草履を尻にでも敷いていたか? - …愛い奴よ
明智光秀 このぬくもり…
私の草履に座っていた証拠ではありませんか?
そんなことは…。この厳寒の折、おみ足を冷やさぬよう
我が懐に入れて、温めておりました
そこまで私のことを思ってくださるとは…。
あなたの忠義にふさわしい主君にならねばなりませんね
石川五右衛門 おうおうおうおう! てめえ、寒いからって
俺様の草履の上に、あ、座ってやがったな~?
ぎくっ! ば、馬鹿なこと言うな! 懐で温めたの!
義賊は嘘をつきません! ほら、この正直な瞳を見て!
嘘ついてねえだろうな?
嘘つきは泥棒の、あ、始まりだぜ~!
上杉謙信 謙信の草履を尻に敷いていたか? - …そうか。寒い中、大儀であった
お市 生温かい…私の草履をもしやお尻に敷いて… - そうだったのですか…。
寒い中、本当にありがとうございます
阿国 なんで、こないに生温こなっとるんどす?
おいどにでもあてとったんどすか?
- やあ、そうやったんどすか…えらいすんまへん。
どうどすやろ、お礼に出雲にお連れするっちゅうんは
くのいち げげ、にゃんであったかいの?
も、も、もしかして…お尻の下に敷いてた?
そんにゃあ…。寒い中、ご主君が冷たい思いをせぬよう
この懐に入れて温めていたんですよ…?
いやー、すみません。乙女の妄想全開でした。
寒い中、ほんとにご苦労様です
雑賀孫市 おいおい、まさか俺の草履を
尻に敷いてたんじゃねえだろうな?
- その気持ちもありがたいんだが、
寒いんだから、お前こそ体冷やさないようにな
武田信玄 もしかして、わしの草履があったかいのは
尻の下に敷いていたから、じゃなかろうね
- わかっておったよ。
おことは忠義者じゃね
伊達政宗 馬鹿め! この草履の生温かさ!
貴様が尻に敷いておった証拠じゃ!
- この寒い中、なんと忠義な…!
それを疑うとは、わしが未熟であった。許せ!
濃姫 私の草履で何をしていたのかしら? - 何しててもよかったのに。
でも、その気持ち、嬉しいわ、ありがとう
服部半蔵 拙者の草履で何をしていた? - 無用の忠義…されど、感謝する
森蘭丸 …生温かさとほのかなあなたのにおい。
蘭の草履に、何をなさっていたのです?
いえ、今日は特別寒いので、履物をお履きになった時
冷たい思いをさせぬよう、懐にて温めておりました
それであなたのにおいがしたのですね。
誤解をお許しください。そして一層の忠義を蘭に
豊臣秀吉 もしかしてわしの草履に尻つけて座っとったんか? め、めっそうもありません!
足を冷やさぬよう、草履を懐で温めておりました!
ほうかほうか! いや、そういやわしも昔やったわ。
同じように怒られてな…お前さんも出世するで!
今川義元 無礼者!
まろの草履にお尻をつけて座っておったのかの?
- 疑ってすまなんだの! まろは至らぬ主君。
そちはそんな麻呂にも赤心で仕える忠義の者じゃの!
本多忠勝 拙者の草履に尻をつけておったな? - …そなたほどの者なら功は戦場で稼げ
稲姫 正々堂々と白状なさい!
稲の草履を、お尻に敷いていたのですね?
- そうですか。そんなに不埒でもなかったんですね。
それでも、少しだけ不埒なような…
徳川家康 きりきり白状いたせ!
わしの草履に、不届きなことをしていたのであろう!
- いや、普段、耐えに耐えておるもので妄想が炸裂した。
許せよ。一層、忠義に励んでほしい
石田三成 貴様…俺の草履に何をした!? いえ、草履を履いていただいたときに足が冷えぬよう、
まずぬるめに、次は温かく、最後は熱くする予定でした
そうか…これからはやめるように
浅井長政 草履を尻に敷かれるとは…。
やはり、某には主君としての威厳が足らないのだろうか
- それほどまでに某を主君として認めてくれていたのか!
すまぬ! 某は、そなたの忠義にふさわしい主となる!
島左近 主君の草履を、尻に敷く…か。
やれやれ、家臣に恵まれたもんだ
なに、殿のために、胸元で温めておいたんですよ あんたの忠義はありがたいんだが…
そういうの喜べる趣味はないんで、以後、ご無用に
島津義弘 主君の履き物を尻に敷く奴があるか!
ぴりっとせい! チェストー!
- そうか…。
ま、お主らしい忠義の示し方かもしれんな
立花誾千代 立花の履き物を尻に敷いていたのか?
貴様…
- 愚か者! 貴様が冷え切ってしまうではないか!
貴様は私が貴様より自分の足を大事にすると思ったのか
直江兼続 まさか…!
私の草履に不義の念を送り、焼き払おうとしていたのか
断じて否でございます! 兼続が義の念を送り、
おみ足が冷えぬよう義の力で草履を温めておりました!
そうか! いや、そうであろう!
忠義なお前から不義光線など出るはずもない。許せ!
ねね こら!
あたしの草履をあっためて食べようとしたでしょ!
ひどいよ…! あたしの懐に挟んであっためてたの!
今日は特別寒いし、履物履いてひやってしないように
え? そんな、悪いことしちゃったね。
寒かったでしょ。ほら、手を握って温めたげる
風魔小太郎 …我の草履に何をしていた?
混沌よ…
- そんなことをせずとも、混沌に寒さはないものを…。
可愛い子犬よ
宮本武蔵 お前…俺の草履を直に尻に敷いてたのか? そう言うと思ったぜ。実は懐で温めてたんだ。
お前の足が、草履履いた時、ひやってしないようによ
そっか、お前の忠義、感じ入ったぜ!
前田利家 俺の草履の上に座ったのか?
落とし前、つけてもらうぜ?
ち、違うんです! 寒いといけないと思って
懐に入れて、気合い入れてあっためてました!
そうだったのか…悪い。
疑っちまった落とし前は必ずつけさせてもらうぜ
長宗我部元親 貴様…俺の履き物を尻に敷いていたのか!
ならばそれに抗い、その草履を頭に乗っけよう、熱く!
- よく聞かせてくれた…。
ならば俺は草履を背負うことで応えよう! 凄絶に!
ガラシャ 教えよ! なぜこの草履は温かい!
尻に敷いておったのか?
- なるほど、そのようにして発熱させたのか!
そちの忠義には感謝しておるぞ!
佐々木小次郎 僕の草履を尻に敷いていたのかな?
返答次第では、斬るよ?
- そうなんだ! とっても嬉しい!
じゃ、お礼にとっても綺麗に斬ってあげるからね!
柴田勝家 わぬし、草履に何をした - …そうか。忠義、疑ってすまぬ
加藤清正 お、おい、この人肌のぬくもり…。
まさか…まさかとは思うがこれって…!
- いや、すまん。俺の考えすぎだった。
どうも俺って潔癖症なところがあって…
黒田官兵衛 卿が私の履き物を尻に敷いていたこと
記憶させてもらおう
- 卿の忠義はわかった。以後禁止だ
立花宗茂 主君はなめられるわけにはいかないんでな。
たとえ履き物でも尻に敷かれては…どう処罰すべきか
- それも相当主君をなめてると思えるが…
少し笑えたのでよしとする。忠節、感謝するぞ
甲斐姫 乙女の履き物を…お尻に敷くんじゃねえ! - あ、あら、勘違い! ごめんあそばせ?
いえ、乙女はこれくらいのことで怒りはしないことよ?
北条氏康 てめえ、俺の草履、尻に当ててやがったな? - ド阿呆が! てめえが体壊すぞ!
尻に当てて寒さしのいでくれたっていいんだよ
竹中半兵衛 うーん、この温かさの原因って、尻に敷いてたのかな。
実際、どうなの、これ?
- ま、想定された最悪の事態ではなかったね。
とりあえず、忠義に感謝しておくべきなのかな?
毛利元就 うーん、ある種の毒は塗布すると空気に触れて
発熱するっていうけど、暗殺なのかな、これ?
- 忠義な君の言うことだからね、信じるよ。
むしろ疑うようなことを言ってすまなかった
綾御前 この温かさ…。
綾の草履をお尻に敷いていたのですか?
- あらあら。では綾の足も冷えていますから、
ご褒美です、あなたの顔で温めてもらいましょう
福島正則 てめ、俺の草履を尻に敷いて…!
俺のこと、尊敬してねえだろ?
違うっす! 誤解です! 俺の懐に入れて
大事にことことじんわりじっくり温めてたんすよ!
くーっ! 泣けるー! 忠義ー!
こんな家臣持てて、俺ってなんて幸せ者!
藤堂高虎 お前に手ぬぐいで草履を温める方法は教えていない。
…ということは、尻にでも敷いていたか?
- そうか。それは寒いのにつらい思いをさせたな。
今度、手ぬぐいで温まる方法を伝授してやろう
井伊直虎 すみません! すみません! 私なんかの草履を
お尻に敷いていただいてすみません!
- そうですか…。い、いえ! 忠義にはとても感謝です!
もうほんと、こんな私のためにごめんなさい!
柳生宗矩 うわあ…まさか、おじさんの草履を…?
お宅、そういうことする人なの?
- うわあ…まさか、おじさんの草履をほんとに…?
うーん、忠義って、すごいんだねェ
真田信之 このぬくもりは…尻の下に敷かれていた?
私は草履まで尻に敷かれねばならないのか?
- いや、さっきは取り乱してすまない。察してくれ。
それよりもお前の忠義にとても感謝している
大谷吉継 この人肌のぬくもりは、尻の下に敷いた流れか? - …冗談だったのだが。
そうか…お前の忠節、見上げ果てたものだな
松永久秀 え? もしかして尻に敷いてたの?
おっさんの草履を? まさか直じゃないよね? ね?
- え? おっさんの草履を…そんな?
いや、むしろ引くわ~
片倉小十郎 私の草履に何をしたのでございますか?
眼鏡なら許しませんが、草履なので白状すれば許します
ご無礼ながら、殿の目は節穴でございますか。
おみ足が冷えぬよう、懐にて温めたのです
素直に白状していただいたので許します。
忠義から出た行為とは思いますが、以後はお慎みを
上杉景勝 …尻のぬくもりか? - …忠義のぬくもりか
小早川隆景 昔、人質に出て小姓をしていた時、嫉妬されて履き物を
隠されたことがありましたが…新手のいじめですか?
- 忠義なあなたのことですし、信じますね。
むしろ(うたぐ)るようなことを言ってすみませんでした
小少将 もしかして、あたしの草履に頬ずりしてて
それであったまってるの?
- そ? おかげであったかいわ。
ありがと。ちゅ♡
島津豊久 あ、このぬくもり。今までここに猫がいたんだろ?
ずるい! 一人で猫と遊ぶなんてさ!
ち、違う! 殿が寒い思いをなさらないように
懐で…俺、服の布少ないから必死で…温めてたんです!
ほんとだ! かいでみたら、お前のにおいがする!
ありがとな! 俺、こんな忠臣がいて嬉しい!
早川殿 もしかして…私の草履を…お尻に…敷いてたの? - う…うん。気持ちはとっても嬉しかった。
そう、そうなの…。それでこの温度か…。ありがとう
(II)井伊直政 家臣に厳しい俺のあだ名は人斬り兵部。
その上で聞こう。俺の草履を尻に敷いていたのか?
- これがお前の思う最善か…。
ダメだ、ダメすぎる
新武将(男・熱血) …このぬくもり、お前の尻のぬくもりだな?
尻の下に敷いてたろ
そんな無礼なことをすると思ってたんですか?
履いた時寒くないよう、俺の懐で温めてたんです
そうか。お前の忠義のぬくもりだったんだな。
ありがとう。あったまるぜ…心がな
新武将(男・冷静) 私の履き物を尻に敷くか。
主君を主君とも思わぬ行為だな
…そんな真似はしません。
殿の足が冷えぬよう、温めておいたのです
そうか…。
冷静に考えれば、そんなまねをする家臣ではなかったな
新武将(男・生意気) 可愛い僕の草履に何してたのかな~、変態! 僕ほどの忠臣疑うなんてどうかしてるよ。
履いた時冷たくないよう、そこらの奴の懐で温めたの!
わー忠義~。じゃ、ご褒美に僕のその草履あげるしさ。
好きに使っちゃってよ、ね?
新武将(男・老練) 経験上、このぬくもりは…尻だな! いえ、これは自分の懐にて温めていたもの。
どうです、履いた時、ひやりとせなんだでしょう
自分の経験もあてにならぬものだな…。
そうか、この温度は…そうだったのか…
(E)新武将(男・威厳) 履き物とはいえ、拙者のものに尻を乗せるとは
無礼だとは思わなかったのか?
お怒りはごもっとも。
されど、我が懐にて温めていたのです
そうか。あっぱれ、大儀である。
その忠節、記憶にとどめおくぞ
新武将(女・活発) わ、わたしの草履に何をしていたの…? 違います…殿の足が冷えないようにと
思いを込めて、私の懐で温めておりました
ご、ごめんなさい、私ったらあらぬ妄想を…。
あなたの忠義、とっても嬉しかった!
新武将(女・冷静) 冷静に考えて、まず思いつくのが
主君たる私の履き物をお尻に敷いていたということだが
いえ。今日は特別寒いため草履を人肌温度に調整すべく
私の胸元にて温度を上昇させておりました
そうか。
貴君はもっと冷静に忠義について考えた方がいい
新武将(女・生意気) もしかして、ボクのことが嫌いで
ずっとキミが、草履にお尻を押し付けてたの…?
ううん、懐であっためてあげてたんだよ。
喜んでくれる笑顔が見たくって…
よかった。むしろボクのこと好きでいてくれたんだ。
ありがとう。とーってもあったかいよ!
新武将(女・妖艶) こ~ら。
あたしの履き物をお尻に敷いてたのかな?
ううん、あたしの懐で温めてあ・げ・た・の そんないいわけじゃ、だーめ。
ちゃんと白状して…お姉さんの草履で何してたのかな?
(E)新武将(女・優美) この履き物…お尻に敷かれていたのでしょうか。
もう、履けません…
卒爾(そつじ)ながら、おみ足が冷えてはなるまいと
胸元にて温めておりました
この寒い中、そんなことをしては…!
あなたは大事な家臣です。体をいたわってください
汎用武将(熱血) 俺の草履を尻に敷くとはいい度胸だな? - そうか、感謝するぜ!
なるほど温かい…いや熱い、お前の忠義みたいにな
汎用武将(冷静) まさかとは思うが、
主君の履き物の上に座しておったのではあるまいな?
- いや、疑ってすまなかった。
お主の忠義には常々感謝しておるぞ
汎用武将(猪突) もしや、我が草履に尻をつけておったのではないか? - そうか。お主の忠義、感じ入ったぞ
汎用武将(若輩) これは…もしや私の草履は今まで
尻に敷かれていたのでしょうか?
- なんという忠義な…!
私が至りませんでした。今後も忠節を尽くしてください
汎用武将(老練) 家臣が主君の草履をないがしろにし
尻に敷くなど、言語道断!
- 勘違いか。すまなんだ。
そなたの忠義、いつもながらあっぱれよ
汎用武将(猛将) 主君の草履を尻に敷く奴があるか、痴れ者め! - せこいまねをするな!
忠は戦場で示せ!
汎用武将(知将) 我が履き物の上に座っておったな!
この無礼者が!
- そ、そのくらい、とうに気がついておったわ!
お主の忠義を、名君たるわしが疑うわけあるまいが!
  • 一部武将が家臣の場合、発生しない