台詞集 > 特殊対話11

対象武将 内容
話者 発言
甲斐姫 北条氏康 甲斐姫 よりによってお館様が相手だなんて…!
これは胸を借りると思って突っ込むしか…!
甲斐姫 お館様ー! そのぱっくり開いたお胸に
甲斐、飛び込みまーすっ!
北条氏康 ド阿呆、百年早ええ
藤堂高虎 藤堂高虎 ふむ、めかし込むのはいいことだ。
男は武芸を、女は容姿を磨かねばならん
甲斐姫 むっ…。自分じゃそう思ってるけど、
他人に言われると何かムカツク…
井伊直虎 甲斐姫 わ、あんたからもモテない感じがする!
井伊直虎 ごめんなさい!
モテなくてほんとごめんなさい!
甲斐姫 あ、あの、モテないことは悪じゃないのよ?
お願い、モテなくてもいいって言って~!
井伊直虎 ごめんなさい!
なんか絶望させたみたいでごめんなさい!
片倉小十郎 片倉小十郎 ご無礼ながら…
奥州のツキノワグマでいらっしゃいますか?
甲斐姫 ほんとに無礼じゃ! ぐおおお!
片倉小十郎 失礼いたしました。
関東一の美女でいらっしゃいましたね
甲斐姫 え!? あの…その…もじもじ…
って、乙女の純情弄びおって、鬼畜眼鏡!
上杉景勝 上杉景勝 …女性は苦手だが、お前なら大丈夫だ
甲斐姫 どーゆーことじゃい!
事と次第によっちゃ承知しねえぞ、ゴラア!
上杉景勝 …そこがいい
早川殿 甲斐姫 姫様! 乙女の勝負です!
早川殿 うん。
けど甲斐、なんかちょっと太った?
甲斐姫 うがっ!
乙女の勝負…言葉の攻撃は反則です
北条氏康 綾御前 北条氏康 戦馬鹿んとこの嬢ちゃんじゃねえか。
恋のお誘いに来てくれたのかい
綾御前 よくしゃべるその口を
縫いつけに来たのですよ
井伊直虎 北条氏康 ほう…身の丈、六尺てとこか
井伊直虎 な、な、何ですか、いきなり!
身の丈、六尺じゃダメ…ですか?
北条氏康 ああ、堂々としてりゃ押し出しもいいのに
そうビクビクしてちゃ台無しだな
早川殿 早川殿 お父様!
娘だからって手加減は無用です!
北条氏康 へっ。
獅子は子を谷底に突き落とすもんだぜ
竹中半兵衛 毛利元就 竹中半兵衛 元就公、お会いできて光栄だなあ
毛利元就 やれやれ、また何か企んでいるのかな?
竹中半兵衛 人聞きが悪いなあ、倒しに来ただけですよ
井伊直虎 井伊直虎 あ、あの、いい子だから、暴れないで
竹中半兵衛 潰す
井伊直虎 え? ちっちゃくて可愛いなあ…って
あの、ダメ…ですか?
竹中半兵衛 はい、潰す
小早川隆景 竹中半兵衛 その見かけで頭が切れて腕も立つ…いいね。
君なら官兵衛殿とうまくやれるよ
小早川隆景 官兵衛殿の話は後で。
今はあなたを破ることで頭がいっぱいです
毛利元就 井伊直虎 毛利元就 なるほど、乱世を生きる女城主か…。
歴史譚としては格好の題材になりそうだ
毛利元就 いずれ君の話を聞かせてくれないかな。
私は駿遠の歴史にも興味があってね
毛利元就 だが書きたくても史料が集まらないんだ。
…私の話、聞いてくれているかな?
井伊直虎 ご、ごめんなさい!
冗長で把握できていません!
松永久秀 松永久秀 謀略で手が真っ黒な大悪人・元就爺対
天下の大悪党の戦いか…救いがない戦いよ~
毛利元就 確かにそうだね、でも、戦わないよりマシ
というのが私の結論だよ
毛利元就 そして少しでもマシになるというのなら、
私は手を黒く染めて「悪」をやれるさ
松永久秀 ああ~やだやだ!
我ら二人は悪の方向性が違う!
小早川隆景 小早川隆景 父上、謀神の戦、学ばせていただきます
毛利元就 だったら私の著書を読んでくれてるだろ?
実戦は勘弁してほしいんだがね
山中鹿介 山中鹿介 元就、俺は憎む!
お前の卑怯を、怠惰を、悪を!
毛利元就 そうかい…。
私だけならどう思おうと構わないよ