無双極意


概要

本作で採用された、練技ゲージによるブーストモード。
『真・三國無双』シリーズにおける「無双覚醒」にあたる状態。

練技ゲージが最大の時のみ発動可能であり、以下のような能力が発動する。
  1. 自身が無敵になる。
    (II)敵将の無双奥義もきかなくなり、攻撃で割り込み可能。
  2. すべての攻撃がガード不能になる。
  3. 攻撃速度上昇。
  4. 神速攻撃が弾かれなくなる。
  5. 武将を除く、周囲の敵のスローモーション化(旧作までの無双奥義のオリコン機能)。
  6. 無双奥義が無双奥義・皆伝になる。
  7. 固有属性の常時発動(レア武器の属性技能と同一内容)。
  8. コンボカウントの維持。
  9. 敵が砂金をドロップするようになる(お守り・千金と同じく自動回収)。
    (E)仕様の都合上、ドロップは無い。

一瞬で状況を逆転可能な大技の反面、それ故にこそ発動条件は厳しい。
そのため、練技ゲージを維持可能な秘伝之書(4-IIでは秘伝)の効果や、技能「克己」はとてつもなく優秀と言える。

(S)真田丸での変更点

真田丸では、無双極意に 1-5までの極意段位が追加 された。
発動時に極意ゲージと段位レベルと残り時間が画面上部中央に表示され、残り時間以内に敵を攻撃していく(死体蹴りでも可)と極意ゲージが溜まっていく。
ゲージが溜まると極意段位が上昇し、残り時間も少し回復する。
なお、発動時の練技ゲージの数がそのままの段位レベルになる。

これに伴い、 練技ゲージが1からでも発動可能 になった。
同時に、極意の発動台詞が発動後ではなく、その時点での極意段位の最大に到達時に変更された。

ただし、段位レベルが低いうちは上記の効果がいくつか失われているので注意。
段位レベルが上昇していくごとに効果が徐々に表れてゆき、段位レベルが4からようやく本領が発揮される。
練技ゲージは階級によって上昇し、極意段位は階級が一定以上上昇した時に道場の極意稽古によって上げることができる。

段位レベル1-5
  1. 自身がスーパーアーマーになり、怯みにくくなる。
  2. すべての攻撃がガード不能になる。
  3. 神速攻撃が弾かれなくなる。
  4. 無双奥義が無双奥義・皆伝になる。
  5. コンボカウントの維持。
  6. 敵が砂金をドロップするようになる(自動回収)。

段位レベル3-5
  1. 攻撃速度上昇。
  2. 固有属性の常時発動。

段位レベル4-5
  1. 自身が無敵になる。
  2. 武将を除く、周囲の敵のスローモーション化(旧作までの無双奥義のオリコン機能)。
  3. 攻撃力が上昇する。

段位レベル最大時
  1. 全ての攻撃に修羅属性が付加される。


固有属性一覧表

武将名 属性
真田幸村 紅蓮
前田慶次 閃光
織田信長 修羅
明智光秀 閃光
石川五右衛門 金剛
上杉謙信 金剛
お市 閃光
阿国 紅蓮
くのいち 烈空
雑賀孫市 紅蓮
武田信玄 烈空
伊達政宗 金剛
濃姫 凍牙
服部半蔵 烈空
森蘭丸 凍牙
豊臣秀吉 金剛
今川義元 閃光
本多忠勝 紅蓮
稲姫 烈空
徳川家康 紅蓮
石田三成 凍牙
浅井長政 閃光
島左近 金剛
島津義弘 金剛
立花誾千代 閃光
直江兼続 閃光
ねね 金剛
風魔小太郎 修羅
宮本武蔵 閃光
前田利家 閃光
長宗我部元親 凍牙
ガラシャ 金剛
佐々木小次郎 凍牙
柴田勝家 紅蓮
加藤清正 紅蓮
黒田官兵衛 凍牙
立花宗茂 烈空
甲斐姫 凍牙
北条氏康 紅蓮
竹中半兵衛 烈空
毛利元就 烈空
綾御前 凍牙
福島正則 紅蓮
藤堂高虎 凍牙
井伊直虎 烈空
柳生宗矩 烈空
真田信之 凍牙
大谷吉継 烈空
松永久秀 紅蓮
片倉小十郎 閃光
上杉景勝 金剛
小早川隆景 烈空
小少将 閃光
島津豊久 紅蓮
早川殿 凍牙
(II)井伊直政 紅蓮
(S)真田昌幸 閃光
(S)茶々 凍牙
(S)佐助 紅蓮
(S)武田勝頼 紅蓮
(S)徳川秀忠 凍牙
新武将(刀) 紅蓮
新武将(槍) 紅蓮
新武将(薙刀) 紅蓮
新武将(大太刀) 紅蓮
新武将(双剣) 紅蓮