台詞集 > 特殊対話8

対象武将 内容
話者 発言
島津義弘 立花誾千代 立花誾千代 覚悟しろ、島津!
今日こそ一族の仇を取ってくれる!
島津義弘 吠えるな、お嬢。
逃げも隠れもせんわ…負けもせんがな
直江兼続 島津義弘 来い。鬼が閻魔の元へお連れしよう
直江兼続 いや、
私が鬼を閻魔の元へ送り返してやろう!
長宗我部元親 島津義弘 土佐の蝙蝠が、バタバタと騒ぎおる
長宗我部元親 乱世の闇を貫く声なき歌を
凄絶に歌いながらな
柴田勝家 柴田勝家 鬼柴田が軍の魂、
冥土の土産に見せてやろうぞ
島津義弘 鬼と鬼との果し合い…
武者震いが止まらぬわ
黒田官兵衛 黒田官兵衛 戦を好み、バクチを愛す。
…即刻排除の対象だな
立花宗茂 島津義弘 鬼の首が欲しいか、坊っちゃん
立花宗茂 もらっておこうか。
その首なら、魔除けになりそうだ
甲斐姫 島津義弘 ほう、お嬢よりたくましい娘がいようとは
甲斐姫 た・く・ま・し・い?
乙女に対してひっどーい! …ぶっ倒す!
毛利元就 島津義弘 毛利の爺様と戦えるとは、まずは満足
毛利元就 若者は元気でいいね
藤堂高虎 藤堂高虎 油断できんな…。
運だ何だと言いながらバクチ打ちは計算高い
井伊直虎 井伊直虎 島津さん…っ!
…やり…ますね…!
井伊直虎 槌で、そんなに地面を揺らされる…と…っ!
胸が揺れて…戦い…にくい…ッ
島津義弘 …こっちが戦いにくいわ
島津豊久 島津豊久 伯父上、勝負だ!
島津義弘 吠えるな、兜の緒が緩んでおるぞ
島津豊久 えっ?
島津義弘 隙あり! ばくちにイカサマは付き物よ
早川殿 早川殿 鬼は…嫌い
島津義弘 そのむき出しの敵意、たまらぬわ
井伊直政 井伊直政 鬼島津…今日こそ地獄へ送り返す!
島津義弘 人斬り鬼に、鬼は斬れぬよ
高橋紹運 島津義弘 我らは最高の友人になれたものを…。
残念なことよ
高橋紹運 鬼の友になろうより玉砕を選ぼうぞ
島津義弘 言いおるわ
立花道雪 島津義弘 お嬢のしつけ、間違えたのではないか?
道雪殿
立花道雪 いや、誾千代は立派な将に成長したわ
立花道雪 勇将の下に弱い娘なし、よ
島津義弘 さすがの雷神も、愛娘には弱いか
立花誾千代 風魔小太郎 風魔小太郎 …我は風。何人にも斬れぬ
立花誾千代 それはどうかな。我が太刀は雷をも斬るぞ
長宗我部元親 立花誾千代 貴様の軟弱な三味の音など、
雷でかき消してやる!
長宗我部元親 たとえ楽の音が消し去られても、
楽の魂が、乱世ごとお前を震撼させる!
ガラシャ 立花誾千代 そこをどけ!
貴様、怪我をしたくはあるまい!
ガラシャ どかぬのじゃ!
でも、怪我もしたくないのじゃ!
立花宗茂 立花誾千代 貴様…なぜここにいる!
立花の怒りを買いたくなくば、去れ!
立花宗茂 無理だな。俺が天下で二番目に好きなのが、
お前の怒った顔なのだから
立花誾千代 な…!?
立花宗茂 そして一番好きなのが、お前のその顔だ
毛利元就 立花誾千代 立花が勝ったら、
冗長でつまらぬ執筆をやめてもらう!
毛利元就 冗長でつまらぬって…。
価値観は人それぞれじゃないかな…?
井伊直虎 立花誾千代 貴様、いい戦ぶりだな
井伊直虎 いえ…私なんて、そんな…
誾千代さんの足元にも及びません
井伊直虎 誾千代さんは、素敵です!
立花誾千代 う…ああ…ありがとぅ
柳生宗矩 柳生宗矩 自然体が一番だよォ、
変な格好のお嬢ちゃん
立花誾千代 お嬢ちゃんではない、立花だ!
柳生宗矩 くだらんこだわりだねェ
上杉景勝 上杉景勝 …女性は苦手だ
立花誾千代 女ではない、立花だ!
上杉景勝 …立花も苦手だ
島津豊久 島津豊久 いたな立花! 今日こそ勝つ!
立花誾千代 ふん。
自分の尻尾でも追いかけていろ!
島津豊久 尻尾? …あっ! 俺は犬じゃない!
直江兼続 風魔小太郎 直江兼続 世を乱す魔物よ、私が相手だ!
風魔小太郎 来い…本物の閻魔に会わせてやろう
柴田勝家 直江兼続 大勢をも覆す気概、見せずば上杉の名折れ!
柴田勝家 気概を見せるに言葉は無用ぞ! 参れ!
綾御前 綾御前 兼続、この綾に手向かうつもりですか
直江兼続 け、決してさようなつもりは…
綾御前 うろたえ者。愛ある戦と信じるならば
たとえこの綾であれ、斬りなさい
藤堂高虎 藤堂高虎 最近はハレとケを心得ぬ者が多くて困る、
その点、あんたはきちんとしている
藤堂高虎 戦場で死ぬと想定して、白装束とは潔い
直江兼続 違う! これは死装束ではない!
義と愛の清らかさを表す純白だ!
柳生宗矩 直江兼続 直江山城、
愛と義の名の下、陰の剣を討つ!
柳生宗矩 あれェ~? 愛とか義とかって、
とってもいい言葉のはずなんだけどなァ
柳生宗矩 おじさん、スレちゃったのかなァ。
とっても空疎に聞こえるよォ?
上杉景勝 直江兼続 この兼続には見えまする!
義戦士同士の戦いに流す景勝様の心の血涙が
上杉景勝 …いや、その
直江兼続 義と愛に満ちた景勝様のその刃…
兼続が全身全霊で受け止めますぞ!
上杉景勝 …む
小早川隆景 直江兼続 天下を治める才がある仁と見た。
惜しむらく知恵と大気はあるが勇気が足りぬ
小早川隆景 あなたこそ、天下すら治められる才人です。
惜しむらくは大気勇気はあれど知恵が…
ねね 風魔小太郎 ねね こら、小太郎! 犬好きのいい子なのに、
戦場を混沌に陥れるなんて、ダメじゃない!
風魔小太郎 うぬの存在こそ、混沌…
加藤清正 ねね さあおいで、清正。
あたしは何でも受け止めたげるよ?
加藤清正 おねね様…。
すみません、胸を貸していただきます!
ねね うん、清正!
あたしの胸にどーんと飛び込んで来なさい!
福島正則 ねね こら、正則!
またケンカして! お説教だよ!
福島正則 んなっ! おねね様あ~!
これ、ケンカじゃなくて戦…
ねね 言い訳する子はもっとおしおきだよ!
藤堂高虎 ねね 人を困らせるようなことしちゃダメだよ!
悪い子にはお餅あげないよ!
藤堂高虎 餅…。いやいや、今は戦場。
食い物に気を取られている場合か
風魔小太郎 黒田官兵衛 黒田官兵衛 争乱の火種は消しておかねばな
風魔小太郎 せいぜい天下をついばめ、鴉
甲斐姫 風魔小太郎 可愛い子犬よ、鳴け。伏せ
甲斐姫 わんわんわんっ…ってちがーう!
ゼッタイ、噛みついてやるう!
北条氏康 北条氏康 戦をややこしくしに来てやったぜ。
てめえの好みだろうが
風魔小太郎 歓迎する
早川殿 早川殿 風魔さん、私、戦いたくない…。
覚えてるよ、いろんな思い出…
早川殿 おしめを替えてもらったこと、子守歌…。
化粧が強烈だったからかな…一番最初の記憶
風魔小太郎 …頭を狙って忘れさせる
宮本武蔵 佐々木小次郎 佐々木小次郎 武蔵…さ、斬り合おう。
僕が認めた、たった一人の強者…
宮本武蔵 小次郎…てめえ!
剣は人を斬る道具じゃ…ねえ!
黒田官兵衛 宮本武蔵 ご隠居、俺の剣、見てもらうぜ。
どれほど人を生かす剣に近づいたか
黒田官兵衛 人を生かす剣か。
もしそれが泰平を乱す火種ならば排除だ
柳生宗矩 宮本武蔵 さあ、抜きな、糸目のおっさん。
それとも無双の剣相手じゃ怖くて抜けねえか
柳生宗矩 一対一の仕合なんて趣味じゃなくてねェ。
天下の剣、わかるかなァ、僕?