台詞集 > 特殊対話7

対象武将 内容
話者 発言
徳川家康 石田三成 徳川家康 三成…お主に
我が荷の重みはわかるまい
石田三成 貴様の荷、それほど重いというなら、
俺が砕いて楽にしてやろう
島左近 島左近 あんたと戦えるとは、嬉しいね。
俺の軍略で勝たせてもらう!
徳川家康 未来は軍略のみでは開けぬ!
それを教えてやろう、左近よ
柳生宗矩 徳川家康 参るぞ、宗矩
柳生宗矩 一対一の戦いなれば、拙者、人後に落ちず
柳生宗矩 請う、ただ天下の剣を極められよ
真田信之 徳川家康 時に恩も情けも捨てねばならぬ。
家を守るとはそういうことだ
真田信之 心得ています。私の覚悟、ご覧ください
井伊直政 徳川家康 井伊直政…お主を敵にしたくなかった…
井伊直政 徳川家康…その器量は尊敬に値する。
だが、敵である今、俺は最善を尽くすのみ
真田昌幸 徳川家康 お主は真田、昌幸…
真田昌幸 真田を見て震えておるか? 大狸
徳川家康 …なんの、これは武者震いよ
鳥居元忠 鳥居元忠 今川の人質時代、
お世話した昔が思い出されます…
徳川家康 奇しき縁で敵味方となったが、
今でも感謝しておる
石田三成 島左近 石田三成 左近、お前に言いたいことがあったのだ
島左近 なんですかい、言いたいことって?
石田三成 俺は…お前と…
島左近 おっと、その先は言わない約束ですよ
直江兼続 直江兼続 三成、お前を止めに来た…友として。
お前は変わらぬ夢を見ようとしているだけだ
石田三成 お前は、それを悪だと言うのか…?
直江兼続 …不可能だと言っている
ねね ねね こら、三成!
根は優しい子なのに、またこんな…
石田三成 別に優しくなんかありませんよ…
ねね もう! 口ばっかり大人になって!
お説教だよ!
ガラシャ 石田三成 なんだ貴様は…。
うろちょろされると、目障りなのだよ!
ガラシャ うろちょろなどしておらぬ!
そちに、勝負を挑んでおるのじゃ!
加藤清正 加藤清正 どけ、三成。
賢い頭で考えろ。お前は俺に勝てない
石田三成 足りぬ頭で思い出せ。
俺は昔から逃げるのが嫌いだ
加藤清正 ふっ、わかっていたさ。
いくぞ、昔のように手加減はせん!
福島正則 福島正則 敵は弱虫の頭デッカチかよ~。
泣く前にさっさと家に帰んな!
石田三成 帰るのはお前だ。
帰路を覚えているとは思えんがな
井伊直虎 石田三成 奇妙な武芸を使う。
鬱陶しいのだよ!
井伊直虎 ご、ごめんなさい!
そう言われても、これしかできないので…
石田三成 なぜ謝る?
敵が鬱陶しがるのはよい武芸ではないか
井伊直虎 ごめんなさい、ごめんなさい!
気まで遣わせてごめんなさい!
大谷吉継 石田三成 そ、そんな…!
吉継、お前と戦わねばならぬなど…!
大谷吉継 そんな流れはないと思っていたのか、三成?
だからお前は傲慢だというのだ
大谷吉継 これはそんなお前への愛のムチだ。
心して受け止めろ
浅井長政 前田利家 浅井長政 某は信義を貫きたい。
その結果どうなろうとも、悔いはない!
前田利家 覚悟ができてんなら、それでいい!
お前の生き様死に様、見届けてやんぜ!
長宗我部元親 長宗我部元親 夢見がちな坊やに興味はない。失せろ
浅井長政 某は愚かかもしれぬ…が、
坊やではない!
柴田勝家 浅井長政 ただひたすらに貫かんとする姿勢、
勝家殿と某は、通ずるものがある!
柴田勝家 さえずるな!
貫くべきもの、ずれて醜い!
竹中半兵衛 浅井長政 某は、ただまっすぐに貫きたいのだ!
いくぞ!
竹中半兵衛 まっすぐに過ぎるよ…。
なるほど、お市さんが目を離せないわけだ
綾御前 浅井長政 参るぞ!
某は愛では誰にも負けぬ!
綾御前 愛に溺れてはなりませんよ。
目を覚ましなさい?
福島正則 浅井長政 出たな、ごろつき!
福島正則 ごろつきじゃねえええ!
藤堂高虎 浅井長政 相手にとって不足なし!
高虎の力は某が一番よく知っている!
藤堂高虎 長政様、胸を借りるつもりでいきます
大谷吉継 大谷吉継 長政様…あなたという方は…。
かないもしない理想をひとり追い求め…
浅井長政 だから戦うのか…悲しいな。
だが戦おう、吉継…そなたの気持ちのために
大谷吉継 そんなあなたのことが、高虎は好きです。
そして三成も…
松永久秀 松永久秀 知勇兼備、容姿端麗。
義に厚く、信念をまっすぐに貫く…
松永久秀 実に結構!
お主とは別の場所で語り合うとしよう!
浅井長政 某もそなたも明日をも知れぬ身。
もう語らう機会など無いかもしれぬぞ?
松永久秀 ある。それが我輩の運命だからだ
島左近 ガラシャ 島左近 お嬢ちゃん、ここは戦場だ。
死にたくなけりゃ、隠れてな
ガラシャ ここが戦場であることくらい承知しておる!
わらわとて、命を張って戦っておるのじゃ!
島左近 そいつは悪かった。
じゃ、遠慮なくいかせてもらおう!
黒田官兵衛 黒田官兵衛 島左近…ああ、
あの主に恵まれぬ軍師か
島左近 おや、へぼ軍師は情勢を見誤っておいでだ。
俺には過ぎた主ですよ、あの方は
甲斐姫 島左近 こんな戦場で物騒な得物振り回して。
可愛い顔が台無しだ
甲斐姫 か、可愛い…? あたしが? そうかな?
てへへ…って、その手に乗るかあ!
井伊直虎 島左近 これまた、面白い姫武者がいたもんだな
井伊直虎 面白い? 私、面白い…?
こんな格好だから? は、恥ずかしい…
島左近 口じゃ恥じらってるが、凄まじい蹴りだ。
ますます面白いね
柳生宗矩 柳生宗矩 島殿ォ、拙者は一対一の立ち合いが
非効率で嫌いなんだがねェ
島左近 俺も軍略で一気に片付けるほうが好きだが
ま、腕っ節のほうも披露しとこうかね
大谷吉継 大谷吉継 左近が相手とは嫌な流れだ…
島左近 流れで戦が決まるとは限りませんよ。
でなきゃ軍略の出番がない