台詞集 > 特殊対話3

対象武将 内容
話者 発言
阿国 くのいち 阿国 かいらしわぁ。うちと一緒に出雲においやす
くのいち お仕事の邪魔なんだなー。
消えてくれる?
阿国 その真面目で凛としたとこが、またええなあ
雑賀孫市 雑賀孫市 美しいお嬢さん、ここは危ない。
さあ、俺と一緒に
阿国 タラシやわぁ。だまされたわぁ。
恋のだましあいやったら負けまへんえ?
武田信玄 阿国 わ、おヒゲ触ったら気持ちよさそやわぁ
武田信玄 ちょっとだけなら、いいよ
阿国 うちと気が合いそうや。連れて往の
伊達政宗 阿国 かいらしわぁ。うちと一緒に出雲においやす
伊達政宗 わしには野望がある!
そんな所に行く暇はないわ!
阿国 大丈夫。そんなん忘れさせたげますよって
濃姫 濃姫 あら、可愛い仔猫ちゃんね。
たっぷり、可愛がってあげるわ
阿国 ややわぁ、てんご言わはって
服部半蔵 服部半蔵 滅…
阿国 やぁ、恥ずかして言葉出ぇへんのんや。
おぼこい人、かいらしわぁ
服部半蔵 違う…
森蘭丸 阿国 かいらしわぁ。
うちと一緒に出雲においやす?
森蘭丸 戯言を! 参ります!
阿国 その真面目で凛としたとこが、またええなあ
豊臣秀吉 阿国 うわ~、かいらしお猿さんや
豊臣秀吉 こんないい男を猿呼ばわりかい?
阿国 なんや人か。つまらんな~
豊臣秀吉 つまらんって…
今川義元 今川義元 まろの鞠をその傘に乗せて、
くるくると回してくれんかの? の?
阿国 うちと気が合いそうや。連れて往の
本多忠勝 阿国 ハァ…たくましいお方や。
うち、その胸に埋もれとおす
本多忠勝 よかろう! 我に挑め! 其こそ無双が証!
稲姫 阿国 なんや、堅そなとこがかいらし娘はんや
稲姫 また、おかしな人が…。
あなた、ちょっとそこに直りなさい!
徳川家康 徳川家康 出雲の阿国…なんと艶やかな女性よ!
徳川家康、参る!
阿国 耐えてはった分、爆発してはるわ。
かいらしこと
石田三成 阿国 冷たい目ぇがステキやわぁ
石田三成 な…! ふざけたことを言うな!
阿国 かいらしわぁ。
うちと一緒に出雲においやす?
浅井長政 阿国 はぁ。ええ男はんや。
うちと一緒に出雲においやす?
浅井長政 嬉しい申し出だが、すまぬ。
皆が仲よく暮らせる国を作らねばならぬのだ
阿国 純な子
島左近 阿国 ハァ…たくましいお方や。
うち、その胸に埋もれとおす
島左近 悪いが、追われる恋は好きじゃなくてね
島津義弘 阿国 わ、おヒゲ触ったら気持ちよさそやわぁ
島津義弘 …やめんか
阿国 ほな、出雲に連れて往んで触らしてもらお
立花誾千代 阿国 こんな凛々しい方、男はんにもいてないわ
立花誾千代 黙れ!
阿国 やぁ、凛々しいこと。もっかい言うて~
直江兼続 直江兼続 すまない、お嬢さん。
義と愛のため、そなたを倒さねばならぬ!
阿国 うわぁ…可哀想に。顔はええのになぁ
ねね ねね 誰も彼も出雲送りにして、悪い子だね!
阿国 かいらしわぁ。
うちと一緒に出雲においやす?
ねね 人の話を聞きなさいって、
教わらなかったの?
風魔小太郎 阿国 人らしないわあ、神さんと違います?
風魔小太郎 …神などではない。無秩序に住む魔よ
阿国 おんなしこっちゃ。
さ、出雲に往にましょ
宮本武蔵 阿国 うちと一緒に出雲においやす~
宮本武蔵 ダメだ。
俺は人を生かす剣を極めなきゃならねえ
阿国 なんも剣で生かさんでも
前田利家 阿国 はぁ。ええ男はんや。
うちと一緒に出雲においやす?
前田利家 誘われなくても行ってやんぜ!
軍勢連れて、出雲で一合戦してやらあ!
阿国 純な子
長宗我部元親 長宗我部元親 凄絶に貴女に送ろう…葬送曲を
阿国 顔きれいけど、言うこと面白どすなあ。
ほな、その曲で死の舞舞わしてもらいますぅ
ガラシャ 阿国 かいらしわぁ。うちと一緒に出雲においやす
ガラシャ 教えよ! 出雲とはどんな所なのじゃ?
阿国 出雲の根の国は、常世の国…。
言うたら、天国みたいなとこどすえ?
佐々木小次郎 阿国 なんちゅう悲しい魂してはんねやろ。
うちが出雲連れて往んで癒したげたい…
佐々木小次郎 ダメなんだ…だってこの世の可哀想な人、
みんな斬ってあげないといけないから…
柴田勝家 阿国 渋いお方やこと。
可愛いうちと往にましょいな?
柴田勝家 恋とは一を貫くこと…去れい!
阿国 純な子
加藤清正 加藤清正 相手が誰だろうと…狩ってやるぜ!
阿国 かいらしわぁ。
うちと一緒に出雲においやす?
黒田官兵衛 阿国 はぁ。ええ男はんや。
うちと一緒に出雲においやす?
黒田官兵衛 卿の認識には誤りがある。
お断りしておこう
立花宗茂 阿国 お顔がきれいで、さらっとえげつない人や。
うち、出雲にご一緒しとおす?
立花宗茂 出雲か、いいね。
行きたくなったら自分で行くよ
甲斐姫 阿国 かいらしわぁ。うちと一緒に出雲においやす
甲斐姫 うがー!
そんな施しみたいな愛は要らねえ!
北条氏康 阿国 渋いお方やこと。
可愛いうちと往にましょいな?
北条氏康 ど阿呆が。女は顔じゃねえ、心だ
北条氏康 義元の妹がかみさんの俺が言うんだ。
嘘じゃねえ
竹中半兵衛 阿国 かいらしわぁ。うちと一緒に出雲においやす
竹中半兵衛 やっぱ行かなきゃダメ…?
もう少し、待ってほしいんだけど
阿国 待てまへん。
才のある人は、早よ連れて往なんと
毛利元就 阿国 あ、元就様! もう逃がさしませんえ?
すぐ嘘ついて逃げはんねやから!
毛利元就 行くとなるとごめんを言わなきゃならない
人が多すぎるんだ…。今度じゃダメかな?
綾御前 阿国 お顔がきれいで、さらっとえげつない人や。
うち、出雲にご一緒しとおす?
綾御前 うろたえ者。
お口がおもらししていますよ
福島正則 阿国 気合入ったお髪やこと。
うちと出雲におこしやす
福島正則 っしゃあ!
やっぱわかる人にはわかんだよ!
福島正則 行ってみてえな…俺は弓みたいなモンでよ、
泰平になったらお払い箱だろうしよ!
藤堂高虎 阿国 やあ、お首に巻いたはる手ぬぐい、
ようお似合いや、一緒に出雲においやす
藤堂高虎 あんた、これのよさをわかってくれるのか!
阿国 純な子
井伊直虎 阿国 恋は、しやはらへんのどすか?
井伊直虎 今はお家のことでいっぱいで…。
それに、向いてないみたいで…
阿国 そうどすかいな…ほな、
家が落ち着いたら連れて往んだげましょ
柳生宗矩 阿国 やぁ、渋くて腹黒そうなお人!
うちと一緒に出雲においやす~
柳生宗矩 悪いがおじさん、枯れ果ててるんでねェ。
女性には惑わされないよォ?
真田信之 阿国 …なんや信之様ってうちのこと嫌いそう
真田信之 そんなことはないさ
阿国 ほな、うちと出雲の根の国へ…
真田信之 それはちょっとごめん
大谷吉継 阿国 やあ、綺麗なお人…魂も最高にお綺麗や。
うちと一緒に出雲においやすいな
大谷吉継 …これも流れか。
そうだな、三年待ってくれ
松永久秀 阿国 うちと一緒に出雲においやす~
松永久秀 …で、のこのこついていったら、
死んだ女房とご対面とかだろう…コワイ!
片倉小十郎 阿国 うちと一緒に出雲においやす~
片倉小十郎 困ったご主君を置いては参れません。
ところで、ご無礼ながらこの世の方ですか?
阿国 やあん、この世のモンと思えんほど綺麗て。
お上手やこと、意地でも連れて往の
上杉景勝 阿国 うちと一緒に出雲においやす~
上杉景勝 …む
阿国 やあ!? 来てくれはるん?
やあん、うちめっちゃ嬉しい!
上杉景勝 え、いや…あの…違…
小早川隆景 阿国 やあ、かいらし人! うちとおいやすいな。
出雲の根の国はええとこどすえ?
小早川隆景 いい所!?
…読み切れないほどの書物が読み放題とか?
小早川隆景 冷静になれば、そんな所あるはずもない…。
失礼しました。では、いざ
小少将 阿国 やあ、艶やかな人! うちとおいやすいな。
出雲の根の国は幸も不幸もおへんえ?
小少将 お断りするわ。
不幸から逃げたら、不幸に負けたことになる
島津豊久 島津豊久 わっ、わっ、すっごく綺麗な人…!
ドキドキしちゃう…。俺…
阿国 やぁ、かいらしこと。
さ、出雲の根の国へ連れて往のか
早川殿 阿国 やあ、可愛いおでこさん。
出雲の根の国へ連れて往にたいわ
早川殿 うう…気にしてるのにい…。
おでこの広さだけなら、連れてってください
井伊直政 阿国 やあ、えらい美男子のご登場やわ~。
うち、惚れてしまいそうどす
井伊直政 どうかお引きください。
美しき女性を討つのは本意ではありません
阿国 受け答えも完璧やわあ~。
是が非でも、出雲に連れて往の