関ヶ原の戦い(争覇演武)


概要

関ヶ原前夜を時代背景としたシナリオ。
豊臣の天下は儚く、再び割拠の時代が訪れる。
年代設定の都合に救われて登場している武将もちらほら。

東軍の長である、徳川家が立地・人材共に頭一つ有利だが、
西軍側の石田家も同盟を活かせば対応は可能。
どちらの側に立つにせよ、決戦に際しては後背の安全を確保するのが先決であろう。

また、晩年のシナリオだけあり、そろそろ全体的な登場武将不足が顕在化しつつある。
一部地域では在野の牢人すら払底し始めているので、人材の確保には抜かりなく。


勢力一覧

勢力図

国名 城名 大名家 所属武将
陸中陸奥 堀越城 津軽家 津軽為信  兼平綱則 沼田祐光 服部康成
出羽 山形城 最上家 最上義光   大崎殿  鮭延秀綱 里見民部 最上義康 志村光安 楯岡光直
陸前羽前 岩出山城 伊達家 伊達政宗 片倉小十郎  片倉重長   愛姫   飯坂の局  鬼庭綱元 屋代景頼
磐城岩代 若松城 上杉家 上杉景勝 前田慶次 直江兼続 綾御前 志駄義秀 本庄繁長 上泉泰綱
越中越後 春日山城 堀家 堀秀治 三善一守 溝口秀勝 堀直清 堀直政
能登加賀 金沢城 前田家 前田利家  まつ  山崎長徳 前田利長 奥村永福 高山重友 津田重久
越前若狭 敦賀城 大谷家 大谷吉継 湯浅五助 赤座直保 平塚為広 戸田勝成 大谷吉治 朽木元綱
常陸 太田城 佐竹家 佐竹義重   佐竹義宣    小貫頼久 和田昭為 真壁氏幹 佐竹義久
下野 宇都宮城 蒲生家 蒲生秀行 関盛吉 三雲成持
上野 沼田城 真田(信之)家 真田信之 稲姫 大熊秀行 鈴木忠重 小山田茂誠
武蔵下総 江戸城 徳川家 徳川家康 柳生宗矩 井伊直政  徳川秀忠   鳥居元忠  板部岡江雪斎 本多正信 酒井忠世
上総安房 大多喜城 徳川家 本多忠勝  乙女  本多忠政 本多忠朝 青山忠成 板倉勝重 土井利勝
相模伊豆 小田原城 徳川家 結城秀康   榊原康政   渡辺守綱  酒井家次 本多正純 石川家成 山口重政 小笠原秀政
甲斐 甲府城 浅野家 浅野長政  やや  京極高知 徳永寿昌 浅野幸長
信濃 上田城 真田(昌幸)家 真田昌幸  真田幸村 くのいち  山手殿  矢沢頼康
駿河遠江 掛川城 山内家 山内一豊  中村一氏 堀尾忠氏 山内康豊
三河 吉田城 池田家 池田輝政 池田利隆 池田長吉 池田長政 有馬則頼 有馬豊氏
美濃飛騨 岐阜城 織田家 織田秀信  日根野弘就   織田信雄  稲葉貞通 木造長正 河尻秀長 古田織部
尾張伊勢 清洲城 福島家 福島正則  可児才蔵  大道寺直次 福島高晴 富田信高
近江伊賀 佐和山城 石田家 石田三成 島左近  うた  速水守久 脇坂安治 石田重家 蒲生頼郷
山城 二条城 豊臣家 小西行長  竹中重門 平野長泰 片桐且元 渡辺了 薄田兼相 岡本頼氏
大和 筒井城 筒井家 筒井定次 松倉重政 井戸覚弘 箸尾高春 井戸良弘
摂津河内 大坂城 豊臣家 豊臣秀頼  ねね 甲斐姫 大友義統  毛利勝永   淀殿  前田玄以 大野治長
紀伊 和歌山城 豊臣家 九鬼嘉隆  氏家行広 松野重元 増田長盛 斎村政広 吉弘統幸
丹波丹後 宮津城 細川家 細川忠興  ガラシャ  細川藤孝   麝香  松井康之 有吉立行 細川忠隆
播磨但馬 姫路城 豊臣家 織田信包 大野治房 大野治胤 新庄直頼 長束正家 三好政勝 郡宗保
備前美作 岡山城 宇喜多家 宇喜多秀家  糟屋武則 宇喜多忠家 明石全登
安芸備後 広島城 毛利家 毛利輝元   小早川秀秋  福原広俊 熊谷元直 内藤元盛 内藤隆春
出雲石見 月山富田城 毛利家 村上武吉  益田元祥 佐世元嘉 中島元行 宍戸元続 吉川広家 川村重吉
周防長門 高嶺城 毛利家 吉見広頼 毛利秀元 安国寺恵瓊 小早川秀包 毛利元康 平賀元相 堅田元慶
阿波讃岐 徳島城 豊臣家 蜂須賀家政 立原久綱 赤松則英 仁木義治 高原次利
伊予 宇和島城 藤堂家 藤堂高虎  小川祐忠  萱野長則 藤堂高吉
東土佐 浦戸城 長宗我部家 長宗我部元親 蜷川親長 谷忠澄 豊永勝元 久武親直 佐竹親直 高島正重
西土佐 中村城 長宗我部家 長宗我部盛親 吉田政重 桑名吉成 津野親忠 立石正賀
豊前豊後 中津城 黒田家 黒田官兵衛  黒田長政   後藤又兵衛   母里太兵衛    栗山利安 黒田直之
筑前筑後 柳川城 立花家 立花宗茂 立花誾千代  由布惟信   小野鎮幸  立花直次 十時連貞 高野大膳
肥前 佐賀城 鍋島家 鍋島直茂   彦鶴姫  木下昌直 成富茂安 龍造寺家晴 龍造寺信周 鍋島勝茂
肥後 隈本城 加藤家 加藤清正 加藤正方 森本一久 加藤可重 飯田直景 庄林一心
日向 佐土原城 島津家 島津義弘 島津忠長  宰相殿  種子島久時 樺山久高 東郷重位 島津忠恒
薩摩大隅 内城 島津家 島津義久  島津豊久 平田光宗 禰寝重張 伊集院忠棟 新納忠元 山田有信 中馬重方

在野

国名 内容
陸中陸奥  北信愛 泉山政義 南部信直 八戸政栄 七戸家国 大崎義隆 大内定綱
出羽 伊達成実  小野寺義道 最上家親 清水義親 氏家光氏 楯岡満茂 針生盛信 木幡継清
陸前羽前 喜多   義姫  後藤信康 国分盛重 白石宗実 留守政景 支倉常長 山川賢信 黒川晴氏
磐城岩代 お船   菊姫  木幡高清 相馬義胤 春日元忠 溝口左馬介 岩井信能
越中越後 水原親憲 甘粕景継 村上義明
能登加賀  横山長知 長連龍 村井長頼 丹羽長重 丹羽長正
越前若狭 冨田重政 佐分利重隆
常陸 成田長親 多賀谷重経 梶原政景
下野  那須資晴 宇都宮国綱 佐野房綱 結城晴朝 藤田信吉 奥平信昌 水野勝成
上野 酒巻靱負 成田長忠 平岩親吉 牧野康成
武蔵下総     花姫    大久庭忠隣 本多康俊 松平康重 皆川広照
上総安房 鵜殿氏長 大久保忠佐 岡部長盛 酒井政辰 里見義康 徳山秀現 正木為春 正木頼忠 御子神典膳
相模伊豆 伊東一刀斎 千葉直重 内藤清成 長尾顕長 北条氏勝
甲斐 風魔小太郎  仙石秀久   お松   望月千代女  仙石忠政 仙石秀範
信濃  河原綱家 山村良利 諏訪頼忠 山村良候 千村家政 諏訪頼水 石川康長 森忠政 関一政
駿河遠江 早川殿  今川氏真   嶺姫   千代   せん  小笠原長忠 松平忠吉 堀尾吉晴 五藤為重 寺村重友
三河 督姫   糸子  佃十成 原長頼 田中吉政 田中吉次
美濃飛騨 加藤貞泰 高木貞久 遠藤慶隆 金森可重 金森長近 市橋長勝 竹中重利 田丸直昌 伊木忠次
尾張伊勢 於まさ   徳姫   孝蔵主  中村一栄 百々綱家 飯沼長資 岡本良勝 長尾一勝 大崎玄蕃 福島治重
近江伊賀 お茶々     北の方  佐久間安政 安養寺氏種 京極高次
山城 京極マリア   小西マリア  細川興秋
大和 柳生宗厳    秀子   伊賀マリア  神戸具盛 桑山重晴 桑山元晴
摂津河内 織田長益  お通   竜子   摩阿  浅野忠吉 吉良義昭 津田信春 北条氏規 山崎家盛
紀伊 雑賀孫六 下間頼竜 下間頼廉 下間仲孝 滝川益氏 玉置小平太 花房正成 六角義治
丹波丹後 小袖  前田茂勝 稲富祐直
播磨但馬 三好政康   円融院  宮部継潤
備前美作 宮本武蔵    モニカ  伊東長次 戸川達安 坂崎直盛 花房職秀
安芸備後 問田の方  
出雲石見 阿国  新庄局  尼子義久
周防長門 南方就正 山名豊国
阿波讃岐 生駒一正 生駒親正
伊予 久芳院  加藤嘉明 加藤忠明 河村権七 足立重信 塙団右衛門 平岡直房
東土佐 なし
西土佐 土居清良
豊前豊後 妙林  毛屋武久 井上之房 田原親賢
筑前筑後 宋雲院  筑紫広門
肥前 有馬晴信 寺沢広高 石井茂成 松浦鎮信 龍造寺長信 龍造寺政家 鍋島茂賢 大村喜前
肥後 かな   千代菊  丸目長恵 相良頼房
日向 川崎祐長 山田宗昌
薩摩大隅 犬童頼安 肝付兼護

野望

大名 内容
津軽家 東北統一
最上家 東北統一
伊達家 上洛
上杉家 徳川家滅亡
堀家 北陸統一
前田家 北陸統一
大谷家 徳川家滅亡
佐竹家 東北統一
蒲生家 東北統一
真田(信之)家 石田家滅亡
徳川家 石田家滅亡
浅野家 中部統一
真田(昌幸)家 徳川家滅亡
山内家 中部統一
池田家 中部統一
織田家 中部統一
福島家 石田家滅亡
石田家 徳川家滅亡
豊臣家 徳川家滅亡
筒井家 近畿統一
細川家 石田家滅亡
宇喜多家 徳川家滅亡
毛利家 徳川家滅亡
藤堂家 四国統一
長宗我部家 徳川家滅亡
黒田家 九州統一
立花家 上洛
鍋島家 九州統一
加藤家 九州統一
島津家 上洛


地方別動向

東北地方

東北に転封してきた上杉と伊達の二強体制にあり、両者の間では合戦イベントも生じる。
勝利した側がそのまま東北、ひいては東国を掌中に収められるだろう。
他の二家は、上手く漁夫の利を得られるよう策を講じるべし。

北陸地方

利家夫妻がかろうじて存命と言うこともあり、地の利を活かせば前田家の野望達成は容易な部類。
大谷家の場合も、北進して北陸を制覇し、畏友・三成を側面支援したいところであるが。

関東地方

既に関東に盤石の地歩を固めつつある徳川家に抗するのは難しい。
逆に、徳川家の場合は着実に関東、そして東北を制していくとよい。
三成との決戦の前に背後を固めると同時に、伊達・上杉の人材を手中に収める一挙両得の戦略である。

中部地方

徳川に対する前衛となる真田家であるが、史実通りに分裂している。
取り敢えずは両家を合併し、そのまま中部を制圧していくのが筋であろう。

福島家の場合、速攻で石田家を打倒し、そのままエンディングに行くのもあり。

近畿地方

石田家ら西軍の主力があるだけあり、大名家間の同盟に恵まれている。
裏を返すと、東進策以外の選択肢は採りづらいという弊害もある。
大国・徳川に抗するためには、不自由を承知で同盟を尊重していくべきであろう。

石田家でプレイするならば、野望達成後はやはりそのままエンディングを迎えるべきであろう。
豊臣に弓引くのは流石に彼らしくない。

中国地方

毛利・宇喜多共に西軍だけあり、やはり西国の東軍方を狙うべきであろう。
九州は強豪らによる乱戦模様なので、過疎の目立つ四国が第一目標か。
阿国・宮本武蔵ら貴重な牢人無双武将は、決して見逃さないように。

四国地方

長宗我部家は、既に小少将と信親を失い、牢人不足も目立つなど衰退が著しい。
他の諸侯は、相対的には四国を統一しやすくなったが、反面、維持も難しくなっている。

九州地方

島津による統一は阻止されたが、今なお島津の勢力は根強い。
だが、新たに登場した大名家は無双武将が数多く、島津と言えど安心は出来ない有力諸侯揃い。
その意味では、再び最激戦区に戻っている。

四国ほどではないが過疎化も始まっているので、処断は禁止するくらいの覚悟が必要だろう。


争覇演武シナリオ一覧

一覧表
川中島の戦い(争覇演武) 桶狭間の戦い(争覇演武) 長篠の戦い(争覇演武) 本能寺の変(争覇演武) 小田原征伐(争覇演武) 関ヶ原の戦い(争覇演武)
大坂の陣(争覇演武) 謀将たちの野望 女戦国時代 一国一将 信長包囲網