無双奥義


概要

無双ゲージを消費して繰り出す(超)必殺技。
発動中は無敵であるほか、通常時より広範囲に強力な攻撃を行うことが出来る。
本作でも最大三本までゲージをストック可能だが、従来までのようなボタン長押しで全消費する出しきりではなく、
『真・三國無双6』以降のように1本ずつ消費するものに変更された。
最初の衝撃波はガード可能だがその後の攻撃はガード不能。
後半の締めの部分には新たに大技(秘奥義の追加フィニッシュや簡易皆伝のような性質)が発動するようになり、範囲や威力ともに強力になっている。こちらもガード不能。
また、これまで発動時に出現する各武将をイメージした漢字は後半の締め発動前に変更された(従来同様に奥義と秘奥義の二種類)。
ちなみに、前作まで出来たいわゆるオリコンの効果は、無双極意の効果に移動した。

(II)(E)(S)敵の無双武将も使ってくるようになった。
発動の前兆として敵将の周りに赤いオーラが漂い、一定時間後に無双奥義を使用するので注意する。(高難易度ほど予備動作が短くなる)
無双ゲージが1本以上ある場合、カウンターアクションが発生し〇ボタンを押せば敵の無双奥義を打ち消して攻撃が可能。
万が一使用された場合のみでも、後半の〆の大技は使われず、前半部のみとなる。
こちらの無双奥義と敵の無双奥義がかち合うと、両者が弾かれ状態になりゲージが無駄になるので注意。
なお、一般武将も敵総大将の時に限り使ってくるので注意。

(E)無双武将と一般武将の間の垣根が低いEmpiresでは、敵の一般武将までもが使ってくる。
兵力が能力に反映される仕様もあり、Empiresの戦闘は通常版と比較すると別ゲーに思える程に苛酷である。


無双奥義一覧

無双奥義

通常の無双奥義。
前半は従来までのボタン長押しのような連続攻撃を一定時間だけ繰り出し、
後半は各種大技でフィニッシュ(前半の攻撃途中に○ボタンを押すと発動タイミングが早まる)。
本作ではオリコンがなくなったので、武将によっては当てづらいかもしれない(攻撃範囲が広がり当てやすくはなっている)。
(II)(E)(S)敵に使われた場合、ガード不可なので即座に無双奥義で打ち消すか、無双極意で強引に割り込むしかない。
発動の前兆で接近した場合、〇ボタンによるカウンターアクションが発生するのでうまく対応しよう。

無双秘奥義

体力ゲージが赤い状態で発動した場合の無双奥義。
締めの大技に入るまでの攻撃時間が長くなり、紅蓮属性が追加付加されるなど、各種性能が変化している。
本作には前作などにあった技能「虎乱」が無いため、純粋に赤ゲージ専用の技となった。

無双最終奥義(協力奥義)

パートナー武将が近くにいる(=手が赤色の雷で結ばれている)状態で発動できる無双奥義。
締め発動までの長さは無双秘奥義と同じで、攻撃力が上がるだけでなく、夜叉属性が付加されるため体力を回復する事もできる。
なお、パートナー限定であり、それ以外のNPC武将は発動条件の対象とはならない。

(E)Empiresでは、合戦に参加した全武将と発動可能。
人間関係の一部ミッションや忠臣養成など、歴代で最も協力奥義が重要な内容になっている。

無双奥義・皆伝

前作にて初登場した、練技ゲージを全消費して無双奥義の締めに追加される大技。
本作では通常状態の無双奥義から、前作の締めにあたる部分が独立し、無双極意状態で奥義に変わって単独で発動する。
無双&練技双方のゲージを同時消費する事もあって、威力・範囲共に絶大。
発動後は極意が強制的に終了する(練技ゲージが空になる)ので、練技ゲージの残量を見計らって発動させよう。

(S)真田丸では、極意を極意ゲージ一つの段階から発動可能になったため、ある程度の濫発が可能となった。
ただし、極意Lvが低い状態では、本来の力を発揮することは出来ない。
なお、過去作では皆伝中にレベルアップした場合でも練気ゲージが空になっていたが、今作では極意の仕様が変更された為、練気ゲージが空になることは無くなった。

騎乗無双奥義

騎乗状態で発動した場合の無双奥義。
馬の体当たりが強化される従来の形に近い性能で、体力が赤い場合は秘奥義になる点も同じだが、
締めに馬上攻撃(ニュートラル△)が発動するようになったため、移動にはやや不向き。
性質上、奥義発動中は下馬できない。

(II)4-IIになって神速攻撃が弱体化した事により有用度は相対的に有効。
特にレア武器取得に挑戦している際は、敵に弾かれない上に強化エリア内でも使えるため重宝する。
また、発動後に奥義を中断し下馬可能になった。