姫武将


概要

Empiresで新たに追加された、女性版固有武将の一覧。
計104人であり、通常版(戦国無双4のこと)の流浪演武で登場した特殊仲間武将4人(小野お通、飯尾田鶴、鶴姫、櫛橋光)もアレンジされて復帰した。

上杉景虎の継室・華姫だけは何故か未登場。
代わりに井伊直政の正室・花姫が登場。

戦場策:武将が敵として登場したときに使用する戦場策。
血縁:親を配下にしていれば元服時に士官してくれる。
   例外は親が敵勢力におらず親族が仕官している場合は、親族の国に仕官する。
   条件が同じ場合は武将列伝の数字が若い武将の国に仕官する(例:真田信之よりも真田幸村の国に仕官する)。

姫武将は全員が陣形以外の何らかの政略能力を必ず一つは持つため、厚遇するとよい。

一覧表

武将名 武器 敵戦場策 登場年 血縁 備考
阿久 1553 浅井長政 浅井長政の姉。
小谷落城の際、お市と三姉妹を託されたとされる女性。
飯坂の局 1584 伊達政宗の側室。
所謂猫御前のモデルとなった一人。
伊賀マリア 薙刀 1591 筒井順慶 筒井順慶の娘とされる。
内藤如安の妹・ジュリアと親交がある切支丹。
伊勢姫 双剣 1562 上杉謙信と恋仲にあったとの伝承のある女性。
糸子 1584 中川清秀 池田糸子。糸姫。中川清秀の娘。池田輝政の正室。
薙刀 1565 大浦為則 戌姫。於戌。阿保良。お福。大浦為則の娘。
大浦(津軽)為信の正室。
碓氷姫 大太刀 1546 徳川家康 徳川家康の叔母。徳川四天王筆頭・酒井忠次の正室。
うた 1578 山手殿 皎月院。石田三成の正室。
真田昌幸の正室・山手殿とは姉妹であるとされ、
昌幸と三成は義兄弟(故に三成は幸村の義理の叔父)だということになる。
円融院 1564 宇喜多直家の正室。宇喜多秀家の生母。
大崎殿 1561 大崎義隆 大崎義直の娘。最上義光の正室。駒姫の生母。
阿喜多 1561 一条兼定 一条兼定の妹。伊東義益の正室。
嫉妬で側室を殺害させ、内紛の一端を担った。
於京 大太刀 1573 肥後の国人・木山正親の妻。
夫の仇討のため加藤清正に挑むが返り討ちにされた。
お船 双剣 1572 直江景綱 お船の方。直江景綱の娘。直江兼続の正室。
尼将軍・北条政子に比される権勢を振るった女傑。
お茶々 薙刀 1555 島左近の正室。
お通 双剣 1583 小野お通。多くの技芸に通じた伝説の才媛。
真田信之が彼女の世評を聞き、側室に迎えたがったとされる。
通常版からの復帰組。
乙女 双剣 1568 乙女の方。松下弥一の娘。本多忠勝の側室。
稲姫(小松殿)の生母。
於まさ 薙刀 炮烙兵急襲・弐 1576 福島正則の正室。
泥酔して帰宅した夫を薙刀で一喝した逸話が残る。
お松 1576 武田信玄 武田信玄の娘。松姫。
織田信忠の正室となる筈だったが、両家の関係決裂で流れた。
おりん 大太刀 炮烙兵急襲・弐 1614 柳生宗矩の正室。
1593 太田資正 お梶。英勝院。徳川家康の側室。機知に富み、家康の寵愛を受けた。
関ヶ原での勝利を受けて、縁起のよい「お勝の方」へ改名したとされる。
ニンテンドーDS『采配のゆくえ』では「お勝の方」名で登場。
かな 1597 水野勝成 水野忠重の娘。加藤清正の後妻。
1587 児玉就方 児玉周(かね)。周姫。清泰院。毛利輝元の側室。
臣下の妻であったが、略奪されて側室となった。
菊姫 薙刀 炮烙兵急襲・弐 1578 武田信玄 武田信玄の五女。上杉景勝の正室。
喜多 薙刀 1554 片倉小十郎 片倉喜多。伊達政宗の乳母。
伊達三傑の二人である片倉小十郎(景綱)と鬼庭綱元の姉。
片倉家の旗印「黒釣鐘」を考案した。
北の方 双剣 1595 富田信高の正室。
関ヶ原の合戦では自ら武芸で夫の窮地を救ったとされる。
吉乃 双剣 1543 生駒一正 生駒吉乃。織田信長の側室。嫡子・信忠らの生母。
薙刀 1570 大友義統 一条兼定の正室。大友宗麟の娘。
京極マリア 1556 浅井長政 浅井長政の姉。京極高吉の正室。高次・竜子らの生母。
敬虔な切支丹であった。
1542 大友義統 大友宗麟の姉。河野通宣の正室。
久保 双剣 1534 伊達晴宗の正室。
晴宗とは略奪婚であったが、夫婦仲は良好であったという。
久芳院 薙刀 1571 一色藤長 藤堂高虎の正室。
双剣 1593 大谷吉継 竹林院。大谷吉継の娘、妹とも。真田幸村の正室。
竹林院の諱は未詳であり、法名から彼女をこう呼ぶのが同社の慣例である。
仙桃院を「綾」御前の名で呼ぶ本作もその慣例を踏まえている。
大太刀 炮烙兵急襲・弐 1589 前田利家 前田利家の娘、妹とも。宇喜多秀家の正室。
夫・秀家が八丈島に流刑となった後も、彼に仕送りを続けた。
薙刀 1588 浅井長政 浅井長政とお市の間の娘。浅井三姉妹の三女。徳川秀忠の正室。
三代将軍・家光の母として春日局と熾烈な争いを行った。
孝蔵主 薙刀 1570 高台院の筆頭上臈(現代的な表現では筆頭秘書官)。
多くの実務を取り仕切り、五奉行に匹敵する権勢を誇った。
小袖 薙刀 1570 大野治長 大野治長の生母。豊臣秀頼の乳母。
小西マリア 薙刀 1593 小西行長 小西行長の娘。宗義智の正室。
切支丹として高名な父に従い、彼女も洗礼を受けている。
駒姫 1596 最上義光 最上義光と大崎殿の二女(三女とも)。豊臣秀次の側室。
秀次事件に連座し、夫に逢うことすらなく刑死。
この件で父・義光は反豊臣に急速に傾斜した。
五龍局 1534 毛利元就 毛利元就の娘。宍戸隆家に嫁ぐ。
宰相殿 大太刀 1568 実窓夫人。島津義弘の後妻。
小百合姫 薙刀 1569 織田家臣・佐々成政の側室。
冤罪で暗殺され、嫁ぎ先の滅亡を呪った。
ジュスタ 1554 立花宗茂 大友義統の正室。尊寿院。
高橋紹運は兄、吉弘統幸、立花宗茂は甥に当たる。
双剣 炮烙兵急襲・弐 1579 北条氏康 北条氏康の娘。武田勝頼の正室。北条夫人。
実家に戻ることなく、天目山で夫と武田家に殉じた。
麝香 双剣 1559 沼田麝香。細川藤孝(幽斎)の正室。細川忠興の生母。
義理の娘・細川ガラシャの影響で切支丹となった。
定恵院 双剣 騎馬隊突撃・壱 1534 武田信玄 武田信虎の長女。武田信玄の姉。今川義元の正室。
白井の局 薙刀 1514 忍城城主・成田長泰の正室。
後に足利義輝に仕え、永禄の変で主に殉じた。
新庄局 1547 熊谷信直 熊谷信直の娘。吉川元春の正室。
三条局とは不仲であったとされる。
また、醜女であったとの伝承も残る。
寿 薙刀 1542 内藤隆春 寿(すず)。尾崎局。毛利隆元の正室。
諏訪姫 双剣 1545 諏訪頼忠 諏訪御料人。武田信玄の側室。勝頼の生母。
瀬名姫 双剣 1557 今川義元 築山殿。徳川家康の正室。今川義元の養女。
桶狭間の合戦後は疎遠となり、嫡子信康共々処断された。
せん 大太刀 1573 池田輝政 池田せん。安養院。池田恒興の娘。
森長可の正室、後に中村一氏正室。
小牧長久手の戦いでは、200人以上もの女鉄砲隊を率いて活躍した。
1548 細川興秋 朝倉義景の正室。管領細川家の一族。
千姫 薙刀 1612 徳川家康 豊臣秀頼の正室。徳川秀忠の娘。
大坂落城の際、甲斐姫に身を挺して守られたとされる。
秀頼との死別後は本多忠刻と再婚するが、その輿入れを坂崎直盛に狙われてしまった。
宋雲院 双剣 1567 高橋紹運の正室。立花宗茂・直次兄弟の生母。
武姫 薙刀 1601 蒲生氏郷 南部利直の正室。蒲生氏郷の養女。
百足の様な痣を祟りと恐れられ、「百足姫」の綽名がついた。
だし 1550 生駒一正 荒木村重の正室。
「今楊貴妃」と称された程の美女であるが、夫の造反の際に処刑された。
田鶴 大太刀 忍者隊急襲・弐 1541 お田鶴の方。飯尾田鶴。椿姫。今川義元の姪。曳馬城主・飯尾連竜の正室。
夫の謀殺後・侍女らと共に城を守るが徳川家康の軍勢の前に玉砕した。
Chronicle2ndにて初登場した戦国無双シリーズ初の女性モブ武将であった。
通常版からの復帰組。
竜子 大太刀 1577 京極高次 京極竜子。松の丸殿。豊臣秀吉の側室。
淀殿とは秀吉の寵愛を争った。
千代 双剣 1572 山内千代。山内一豊の正室。
大河ドラマの題材になるほどの内助の功で名高い。
千代菊 1558 相良千代菊。相良義陽の正室。
薙刀 1556 加藤安(つね)。前田家臣・奥村(助右衛門)永福の正室。
薙刀 1554 六角義賢 六角義賢の娘。畠山義綱の正室。
双剣 1574 北条氏康 北条氏政の娘。里見義頼の正室。
鶴姫 双剣 1541 大三島の鶴姫。大山祇神社の出身。
西国の大大名・大内家に決死の抵抗をした後、婚約者の討死を知って入水自殺を遂げた。
彼女が用いたとされる女性用の具足が現存している。
通常版からの復帰組。
双剣 1568 櫛橋光(てる)。黒田官兵衛の正室。嫡子・長政の生母。
才徳兼備と言われた賢妻で、官兵衛は光以外に妻を持たなかったという。
名前の読みは「てる」とも「みつ」とも読むが、
『戦国無双4』『戦国無双4 Empires』では「てる」の読みで統一されている。
通常版からの復帰組。
輝子 双剣 1529 甲斐姫 赤井輝子。甲斐姫の祖母。由良成繁の正室。妙印尼。
孫娘に負けず劣らずの女傑であり、老骨ながら北条・豊臣を相手に大立ち回りを演じた。
照姫 薙刀 1573 波多野秀治 波多野秀治の妹、娘とも。別所長治の正室。
砥石の方 双剣 1524 宇喜多直家 宇喜多直家の母。
問田の方 双剣 1558 問田大方とも。小早川隆景の正室。
督姫 1580 徳川家康 徳川家康の次女。北条氏直に嫁ぐが離縁。
徳姫 双剣 1574 織田信長 織田信長の長女。五徳姫。
清洲同盟で家康の嫡子・信康に嫁ぐが離縁。
土田御前 薙刀 1527 織田信長 織田信秀の正室。織田信長の生母。
大太刀 1579 蒲生氏郷 三条局。蒲生氏郷の妹。
薙刀 1585 浅井長政 浅井長政とお市の間の娘。浅井三姉妹の次女。京極高次の正室。
夫の出世と京極家再興を支えたが、そのために高次は「蛍大名」と陰口を叩かれた。
双剣 1531 伊達政宗 伊達稙宗の娘。蘆名盛氏の正室。
花姫 薙刀 1585 唐梅院。松平康親の娘。井伊直政の正室。
直政が死去すると、出家し唐梅院と号した。
彦鶴姫 大太刀 1556 陽泰院。鍋島直茂の正室。
知将として名高い夫に評価された程の機知の姫君。
彦姫 1567 伊達政宗 伊達晴宗の娘。蘆名盛隆の正室。
1567 佐竹義重 佐竹義重の妹。宇都宮広綱の正室。
早世した夫に代わり、嫁ぎ先の宇都宮家の家政を担った。
秀子 双剣 1582 織田信長 織田信長の娘。筒井定次の正室。
熙子 薙刀 1545 妻木広忠 妻木熙子。明智光秀の正室。
困窮する光秀を支えるべく、自らの髪を切って夫を支えた。
容姿を疱瘡で酷く痛めてしまったが、光秀はそれを意に介さず伴侶として迎えた。
二人の間に生まれた美しい姫君が後の細川ガラシャである。
薙刀 1594 斎藤利三 斎藤福。春日局。斎藤利三の娘。
徳川幕府三代将軍・家光の乳母。
1595 佐竹義重 宇都宮国綱の正室。佐竹義久の娘。
徳川秀忠の娘である和子の乳母。
藤代御前 薙刀 1566 東北・藤代の女主人。
津軽為信からの求愛を拒否し、追討軍の前に玉砕。
このことが祟りになると為信に恐れられた。
薙刀 1557 浅井長政 浅井亮政の娘。斎藤義龍の正室。
双剣 1573 織田信長 織田信長の娘。蒲生氏郷の正室。
夫の急死後まもなく出家し、これにより秀吉の毒牙から逃れた。
摩阿 双剣 1594 前田利家 前田利家の三女。豊臣秀吉の側室。
まつ 双剣 1562 芳春院。前田まつ。前田利家の正室。
高台院(ねね)に比肩される賢夫人であり、夫を加賀百万石の祖になるまで支え上げた。
関ヶ原の前哨戦では自ら人質となり家康の元に赴き、前田家存続を果たした。
みつ 1535 尼子勝久 尼子晴久の正室。新宮党の長・尼子国久の娘。
政略結婚で両者の間を取り持ったが、彼女の死後尼子家は内紛に至る。
1559 南部晴政 南部晴政の娘。
九戸政実の弟に嫁ぐが、義兄の叛乱劇に巻き込まれた。
嶺姫 1556 今川義元 嶺松院。今川義元の娘。
三国同盟に際して武田家の嫡子・義信に嫁ぐ。
妙玖 薙刀 1514 毛利元就の正室。
妙林 1573 吉岡長増 吉岡妙林尼。大友家臣・吉岡鑑興の正室。
北上を続ける島津軍の猛攻を策略で退けた。
美代姫 薙刀 1553 龍造寺「五」天王の一・百武賢兼の正室。
夫に負けない程の女傑であったという。
1547 三好紫(むらさき)。十河一存の正室。
名門・九条稙道の娘。
愛姫 大太刀 1583 伊達政宗の正室。
才知に恵まれ、夫をよく支えた。
望月千代女 双剣 忍者隊急襲・弐 1556 武田家臣・望月盛時の未亡人。
「歩き巫女」と呼ばれるくノ一の育成に携わり、武田信玄の諜報活動に従事した。
本作に登場するオリジナルキャラクター・くのいちのモデルの一人。
モニカ 双剣 1590 宇喜多直家 明石モニカ。宇喜多直家の娘。明石全登の正室。
夫共々熱心な切支丹であった。
山手殿 薙刀 1569 山手殿 真田昌幸の正室。真田信之・幸村兄弟の生母。
石田三成の正室・うた(皎月院)とは姉妹であるとされ、
昌幸と三成は義兄弟(故に幸村は三成の義理の甥)だということになる。
やや 1571 ねね ねねの妹。浅野長政の正室。
容光院 1588 宇喜多直家 宇喜多直家の娘。吉川広家の正室。
双剣 1567 伊達政宗 伊達政宗の叔母。
義姫 双剣 1563 最上義光 保春院。最上義光の妹。伊達輝宗の正室。伊達政宗の生母。
兄と息子の戦に単身割り込んで止めさせるなど、「出羽の鬼姫」の異名を持つ女傑。
兄と息子にはそれ故にか慕われた。
淀殿 双剣 1582 浅井長政 浅井長政とお市の間の娘。茶々。浅井三姉妹の長女。豊臣秀吉の側室(第二正室とする説もあり)。
秀吉晩年の子・秀頼の生母。
一般にねね・家康と対立し、大坂の陣の遠因を作ったとされる。
(S)『真田丸』では「茶々」名で無双武将に昇格。