発売前情報(Empires)




※ 重複する内容は省略しています。

初報(ファミ通)

9/3発売予定
PS4/PS3版は7344円、DL版6480円、プレミアムボックス11664円
PSVita版は6264円、DL版5554円、プレミアムボックス10584円

開発:ω-Force
ゼネラルプロデューサー:鯉沼久史
プロデューサー:三枝修

  • 戦闘
  • 拠点を制圧しつつ前線を押し上げる
    • 兵站ラインを結ぶと戦闘が有利に
    • 味方武将への個別方針設定が復活

  • 居城内政
    • 居城の各部屋(該当コマンド箇所)や庭に武将を配置し、奉行とする
    • 配置した武将は政略を提案(巻物アイコン)する他、イベント(!アイコン)も発生
    • 武将間には相性・疲労度あり

  • 武将ドラマ
    • 武将の組み合わせによって様々なイベントが発生する
      • イベントは全無双武将に存在
    • 姫武将が100人以上追加(茶々・まつら)
    • 汎用武将の固有外見・汎用武将対象のイベントも

  • SS
    • ターンは季節方式
    • 資金と兵糧が存在
    • 武将のパラメータに采配・智謀・政治・忠誠度

  • 開発状況
    • 65%
    • 予約数で特典が豪華になるキャンペーンも実施中(8月6日まで)

三枝修プロデューサーへのインタビュー

  • 三枝(みえだ)修
    • 『戦国無双4』、『戦国無双4-II』、『ポケモン+ノブナガの野望』ディレクター
    • GPに昇進した鯉沼氏に変わりプロデューサーを務める

  • コンセプト
    • 「究極の、国取り無双」
    • 前作の箱庭型は初心者に好評だった
    • 2のようなシステムに戻して欲しいという意見もあり、国取りや政略をしっかり作り込もうと考えた
      • 居城内政と戦闘の準備が重要なバランスになり、力押しは難しくなった
      • 『信長の野望』シリーズのスタッフがディレクターをするなどSLG開発が得意なメンバーも参加

  • アクション
    • 『4-II』ベースであり、評価の高かった同作のアクションを続投
    • 兵站ラインと武将への個別方針設定を復活、4-IIの士気要素を取り入れて戦略・戦術性がアップ
      • 攻略スタイルは自由化され、進軍方法も多様なものに

  • 無双武将
    • 『4-II』に登場した56名
      • 新キャラは登場しない反面、イベントが充実
    • シリーズ最多の新規台詞収録
    • 新武将ではなく無双武将中心のイベント展開

  • イベント
    • 史実を再現したイベントは全武将に存在
      • 史実に従う故に生じる扱いの偏りを是正するため、スポットが当たり辛かった武将に用意
    • 結婚イベントの追加
      • 史実での夫婦も、時代によっては未婚のまま(婚姻イベント有り?)
      • 史実と違う相手やエディット武将・一般武将との結婚もあり

  • 一般武将
    • 戦闘は苦手だが内政が得意な武将も活躍させやすいので、姫武将を実装する事に
      • 最初は少ない予定だったが、100人ぐらい追加してとお願いしたら追加された
    • 姫武将はエディット機能を用いたもの(通常版の鶴姫や櫛橋光のような感じか?)
      • 派手な衣装で無双武将に劣らないリッチな姿
    • 新作エディットパーツも追加されている
    • 全無双武将にDLC特別衣装をリリース予定

  • 居城内政
    • 2の戦略性と3のとっつきやすさの要素を両立させる一つの形として考えたもの
    • 難しく見えないように武将を配置する方式に
      • 武将を配置するとコマンドを選んだような効果が得られる
    • ドールハウスのような形式
    • 当初は見下ろし型の画面だったが、カメラを寄せて横から見る現行の形に変更
      • 居城が発展する要素も実装

初報(電撃)

ファミ通とほぼ同じ。

第二報(ファミ通)

  • 争覇演武のシナリオ紹介
    • 桶狭間の戦い(1560)
    • 関ヶ原の戦い(1599)

  • 居城内政
    • 支配領土の拡大に伴う部屋数の増加
    • 居城の内容は分岐方式

  • 奉行
    • 各分野ごとに二名ずつ
    • 武将間にある相性により成果は左右される
    • 任命内容に応じた提案
      • 上位の個別提案の存在も(織田信長の「楽市楽座」など)

  • 軍団編成
    • 武将と兵糧の設定
      • 武将の身分に応じて動員兵数は変化
      • 兵糧の量に応じて合戦の制限時間が変化
    • 戦闘中における内政パラメータの反映
      • 資金、兵糧、兵数、忠誠、陣形、戦場策など

  • 特産
    • 地方に応じた特産物の存在
      • 金山:“金山採掘”が実行できるようになる。金山の数で収入量が変動。
      • 銀山:“銀山採掘”が実行できるようになる。銀山の数で収入量が変動。
      • 馬産地:“軍馬購入”が実行できるようになる。馬産地の数で購入金額が変動。“騎馬隊突撃”系の戦場策が獲得できるようになる。
      • 忍びの里:“暗殺”が実行できるようになる。忍びの里の数で成功確率が変動。“忍者隊急襲”系の戦場策が獲得できるようになる。
      • 鉄砲鍛冶:“鉄砲隊急襲”系の戦場策が獲得できるようになる。“矢弾強化”の戦場策が獲得できるようになる。
      • 刀鍛冶:“武器強化”や“鍛工強化”が実行できるようになる。刀鍛冶の数で強化量が変動。
      • 交易港:“交易”が実行できるようになる。交易港の数で収入量が変動。
      • 朝廷:“官位奏請”が実行できるようになる。“陰陽師加勢”系の戦場策が獲得できるようになる。
      • 小京都:“朝廷献上”が実行できるようになる。小京都の数で献上金額が変動。“赤心勧誘”が実行できるようになる。小京都の数で登用人数が変動。
      • 陶芸:“褒美・茶器”が実行できるようになる。陶芸の数で忠誠上昇人数が変動。
      • 温泉:“傷兵回復”が実行できるようになる。温泉の数で回復兵力数が変動。

    • 特定の条件を満たすことで獲得可能
      • 見た目の変化や追加効果あり
      • 新武将の「太陽の家紋」や前田慶次の「大ふへん者」が確認出来る
      • 通常版&4-IIの引き継ぎ特典旗も

第二報(電撃)

ファミ通とほぼ同じ。

Q&A

  • 「野望」の概念
    • 攻略目標のことであり、地方統一などの小規模目的も設定可能

  • 特定武将の増加
    • 山県昌景、山中鹿介、大友宗麟、宇喜多直家ら

  • 新武将の引き継ぎ
    • 通常版&4-IIで作成した新武将を引き継ぎ・続投可能

第三報(ファミ通)

  • 戦場における「拠点」と「補給線」の概念
    • 補給線を切断することで「連鎖制圧」も発生

  • 共闘と指示
    • 十字キーで各武将に指示を出す
    • 携帯道具や技能との兼ね合いは不明

  • 陣形
    • 『戦国無双2 Empires』の概念の復活
      • 陣形間の三竦み
      • 武将固有の陣形も

  • 戦場策
    • 戦場工作と戦場計略の二種

  • 史実イベント
    • 特定の条件で史実イベントが発生
    • 武将間の特別交戦会話も追加

第三報(電撃)

ファミ通とほぼ同じ。

第四報(ファミ通)

  • 新武将の新たなる仕様
    • 通常版&4-IIの全衣装の他、『Chronicle3』の新武将衣装、完全新規の衣装6セット+頭パーツ10点の追加
    • 新規ボイスの追加
    • 登録枠の拡大(通常版&4-IIの20→200)
    • 既存武将との入れ替え機能
    • 相性や能力の追加

  • DLCの紹介
    • 全武将分の浴衣コスチューム

  • 特定武将の追加(その二)・姫武将
    • 滝川一益・豊臣秀長・蜂須賀小六・足利義輝ら(電撃との重複分は省略)
    • 愛姫・妙林ら(通常版の女性武将も復帰)

第四報(電撃)

ファミ通とほぼ同じ。

第五報(ファミ通)

  • 総集編&編集部によるプレイレポート
    • 内政における助言・委任
    • 合戦における共闘の重要性
    • 野望の設定と自由な展開

第五報(電撃)

  • 総集編&編集部によるプレイレポート
    • 大名との信頼関係による武器性能の向上
    • 階級の概念は無く、内政で戦力は強化される

第六報(ファミ通)

  • 総集編
    • 居城内政
      • 最大四段階の発展
      • 方針によって内容は変化する
  • 次週号にはDLC軍旗が付属

第六報(電撃)

  • 総集編
  • DLC軍旗も付属