台詞集 > 防衛戦

武将名 内容
真田幸村 敵の侵攻を許すな、守りを固めよ!
前田慶次 お、敵さんが押し寄せてくるねえ!
織田信長 自ら地獄へ飛び込む愚か者よ…
明智光秀 何としても、この地を守り抜くのです!
石川五右衛門 あ、攻め切られて、たまる~か~!
上杉謙信 鎧は胸にあり…守り切るべし
お市 守りきれるかしら…いえ、守ります!
阿国 力ずくやなんて、あじけない人らやこと
くのいち 防衛任務っすね、了解でやんす
雑賀孫市 これも仕事だ、きっちり守ってみせるぜ
武田信玄 不動の山の如く、守ろうか
伊達政宗 この程度の攻め、守りきってみせるわ!
濃姫 とりあえず、守ればいいのかしら?
服部半蔵 堅守する…
森蘭丸 大切なもの…守ります、必ず!
豊臣秀吉 守りきれ! 根競べなら負きゃあせん!
今川義元 じっと守るのは、苦手じゃの…
本多忠勝 いかな攻撃とてものともせぬ
稲姫 いざ、守りきってみせます!
徳川家康 耐えよ…守りきるのだ!
石田三成 守りきればいいのでしょう? 守りきれば
浅井長政 大切なもの、必ず守り通してみせる!
島左近 守りきれって? お茶の子さいさいですよ
島津義弘 さてはて、守りきれようかな
立花誾千代 守りきるぞ、それが立花の誇りだ
直江兼続 守るぞ、兵士諸君! 義なき侵略を許すな!
ねね うんうん、守りきればいいんだね?
風魔小太郎 守りきってやろう…
宮本武蔵 気合入れて守りきるぜ!
前田利家 守りきりゃいいんだろ? 軽いぜ!
長宗我部元親 守りきろう、凄絶に!
ガラシャ むむ、守りきらねばのう…
佐々木小次郎 守り「斬」ればいいんだね?
柴田勝家 黙して敵を防げ
加藤清正 守りきってやるさ、どんな敵が来ようとな
黒田官兵衛 敵より防衛する
立花宗茂 ああ、面倒だ…守ればいいんだったな
甲斐姫 守りは北条の十八番だもん、だいじょぶ!
北条氏康 守りは北条の十八番よ!
竹中半兵衛 面倒っちいな~、攻めてこないでよ!
毛利元就 敵さんのおいでだ、さ、守りに入るよ
綾御前 義は我らに。安心して守りなさい
福島正則 男・福島、ここはガチで守ーる!
藤堂高虎 守りを固めるんだ、アリ一匹通すな!
井伊直虎 この鎧があればどんな攻撃も…無理かな
柳生宗矩 守るより守られたいんだけどねェ
真田信之 守りきってみせる…それが私のあり方
大谷吉継 敵の攻撃に備えよ。防衛に当たる
松永久秀 攻め寄せる勇者、待ち構える悪党!
片倉小十郎 敵の皆様、歓迎の支度はできております
上杉景勝 …守りきらねば
小早川隆景 敵の攻撃を受け切れば勝利です
小少将 近寄らないで、敵さん。怖~い♡
島津豊久 がっちり守る! 俺は退かない!
早川殿 みんなを守らなきゃ…
(E)井伊直政 身を挺して守り抜くぞ
(E)新武将(男・熱血) 絶対に守りきってやる!
(E)新武将(男・冷静) 地の利を活かすのだ、負けなどありえぬ
(E)新武将(男・生意気) 守るとか嫌なんだけどなー
(E)新武将(男・老練) 防衛戦だ、守りを固めよ
(E)新武将(男・威厳) なんとか守り切らねば…
(E)新武将(女・活発) なんとしても守ってみせる!
(E)新武将(女・冷静) 防衛任務に当たる、気を引き締めよ
(E)新武将(女・生意気) ボクが守ってあげなきゃ!
(E)新武将(女・妖艶) あたしの愛で守ってみせるわ
(E)新武将(女・優美) 守らないといけないのですよね
汎用武将(熱血) なんとしても守りきるんだ!
汎用武将(冷静) 守備を固めよ、防衛に徹するのだ
汎用武将(猪突) 怯むな、守りを固めて迎撃せい!
汎用武将(若輩) 防衛してください!
汎用武将(老練) ここを守らねば、我らに道はない
汎用武将(猛将) 敵の攻撃など受け切ってみせるわ!
汎用武将(知将) 鉄壁の守りで、敵を跳ね返すのじゃ!
  • 新武将の台詞は、救出戦の時と同じ。
  • (E)井伊直政と新武将の台詞は新規収録。