台詞集 > 100人撃破

武将名 内容
真田幸村 真田の戦、これに見よ!
(S)真田幸村(幼年期) 修行の成果が出ています!
(S)真田幸村(壮年期) これぞ真田の戦ぶりよ!
前田慶次 しけてるねえ、もっと盛り上げようかあ!
織田信長 地獄への序章に過ぎぬ…
明智光秀 斬り進む…戦なき泰平の世を見るまで
石川五右衛門 大活躍、あ、大活躍~!
上杉謙信 毘沙門天も照覧あれ
お市 皆を思えば、私は強くなれるのです
阿国 こないしばき倒してしもて、ごめんやす~
くのいち こんくらい、ちょちょいのちょい!
雑賀孫市 ま、雑賀衆は無敵の鉄砲傭兵だからな
武田信玄 わし、かっこよすぎかのう!
伊達政宗 馬鹿め! 天を行く竜を阻めるものか!
濃姫 もっと、欲しいの?
服部半蔵 任を遮る者、皆、闇に滅す
森蘭丸 寄らば血風の朱き花と散るのみ
豊臣秀吉 こんなモンじゃ、わしの活躍は止まらんで!
今川義元 まろが矛先には天魔鬼神もたまらぬの
本多忠勝 勇ある者は、本多平八に挑めい!
稲姫 不埒者は、稲の弓から逃れられません!
徳川家康 三河武士の意地、見よや!
石田三成 この程度の戦果、誇れる気がせんな
浅井長政 平和となるまで、某の戦は終わらない!
島左近 俺は軍略も腕っぷしも立つ男だぜ
島津義弘 鬼が現れれば、そこは地獄となる
立花誾千代 立花は常勝、ゆえに立花である
直江兼続 義と愛が戦う力をくれるのだ!
ねね 大丈夫! ねね忍法の半分は優しさだもん
風魔小太郎 破壊し尽くしてやろう
宮本武蔵 剣の極意、つかんでみせる!
前田利家 槍の又左たあ、俺のことよ!
長宗我部元親 伝わるぞ、反骨の魂の鼓動が
ガラシャ ほむ! 絶好調なのじゃ!
佐々木小次郎 斬り足りないよ、可哀想な人がまだいっぱい
柴田勝家 ただ目の前の敵を討つのみよ!
加藤清正 この程度で、俺を止められると思うな
黒田官兵衛 小さき火種とて看過できぬ
立花宗茂 嘘でも西国無双だ、この程度軽いものさ
甲斐姫 こんなんじゃ、肩慣らしにもなんないわ
北条氏康 かみさんと家族のためならエンヤコラだ
竹中半兵衛 もう昼寝していい? …あ、ダメ
毛利元就 矢を筆に持ち変える日も近くなったかな
綾御前 これも愛のなせる業
福島正則 っしゃあ! 上げていくぜえ!
藤堂高虎 もっと手柄を挙げる…上を狙う!
井伊直虎 また夢中になっちゃって…恥ずかしい…
柳生宗矩 柳生の剣は天下の剣だもの、当然さァ
真田信之 これで少しは楽になるか
大谷吉継 いい流れを引き込めたか
松永久秀 やられた諸君、痛かったかね~?
片倉小十郎 いささか、やり過ぎてしまいましたか
上杉景勝 …見よ、上杉の武辺!
小早川隆景 この戦果、次の一手につなげなければ
小少将 んもう、汗かいちゃったじゃない
島津豊久 まだまだ! 行けるとこまで行ってやる!
早川殿 みんなのためなら、戦い続けられる
(II)井伊直政 貴様ら程度では、俺に傷一つ残せない
(S)真田昌幸(青年期) ここまではたやすいな
(S)真田幸村(壮年期) …早々に降ればよいものを
(S)茶々 誇るほどのことではありません
(S)佐助 このぐらい、どうってことないよ
(S)武田勝頼 少しは手本となれたかな
(S)徳川秀忠 私の手をわずらわせるな
新武将(男・熱血) この気迫で進む!
新武将(男・冷静) 計算通りに事は進んでいるな
新武将(男・生意気) あれ? 敵さん、やる気あるのかな?
新武将(男・老練) 敵は倒す、それが戦場の掟だ
(E)新武将(男・威厳) 我が力、思い知ったか!
新武将(女・活発) このまま走り続ける
新武将(女・冷静) 戦況はすべて把握済みだ
新武将(女・生意気) どんなもんだい! ふっふ~ん♪
新武将(女・妖艶) やり過ぎちゃったかしら?
(E)新武将(女・優美) な…なんとか、やれています
(E)汎用武将(熱血) このまま押し切る!
(E)汎用武将(冷静) すべて計算通りよ
(E)汎用武将(猪突) この程度と思うでないわ!
(E)汎用武将(若輩) まだまだ参るぞ!
(E)汎用武将(老練) 若い者に後れは取らぬわ!
(E)汎用武将(猛将) よし、順調だ!
(E)汎用武将(知将) なんの、これからよ!