台詞集 > キャラクター選択

武将名 通常 特殊パートナー
真田幸村 貫き通すは、我が信念! 頼りにしている!(対くのいち)
幸村、お供つかまつる!(対武田信玄)
三成殿の槍となりましょう!(対石田三成)
我が槍が先駆けとならん!(対直江兼続)
兄上がいれば心強い!(対真田信之)
(S)父上のお役に立ってみせます!(対真田昌幸・壮年期)
(S)どうか無理をなさらぬよう!(対茶々)
(S)そなたには期待している!(対佐助)
(S)真田幸村(幼年期) 天下無双を目指します! 護衛は要らないからな!(対くのいち)
幸村もお役に立ってみせます!(対真田昌幸・青年期)
すまない、世話になる(対佐助)
(S)真田幸村(壮年期) 負けられぬ戦いがある! そなたの技が頼りだ(対くのいち)
必ずお守りいたします(対茶々)
私と共に行こう(対佐助)
前田慶次 ド派手に傾こうかあ! 俺も暴れさせてもらうぜ!(対伊達政宗)
一緒に傾こうかあ!(対前田利家)
織田信長 地獄の開幕…ぞ うぬは何を望む?(対明智光秀)
興じよう…お濃(対濃姫)
信長が、愛でよう…(対森蘭丸)
それも、良い…(対松永久秀)
明智光秀 戦なき地平、見るために 信長様の御意のまま(対織田信長)
元親殿、加勢いたします(対長宗我部元親)
落ち着きなさい…(対ガラシャ)
石川五右衛門 待ちに待った、出番でい! ついていきますぜ~、阿国さん!(対阿国)
なんでもあげちゃう!(対小少将)
上杉謙信 破邪顕正… 宿敵…謙信も共に(対武田信玄)
姉上の仰せのままに(対綾御前)
その尚武の心や、良し(対上杉景勝)
お市 愛する人のために お兄様のため、戦います(対織田信長)
市もお力に!(対浅井長政)
阿国 はんなりいきましょ 連れ舞いさしてもらお(対前田慶次)
うちも舞いますえ?(対石川五右衛門)
くのいち お仕事お仕事♪ あたしは幸村様の忍びだから!(対真田幸村)
稲ちんの後ろは、あたしが!(対稲姫)
一応乙女だし。手、貸しますか(対甲斐姫)
あたしも、守る!(対真田信之)
(S)センパイを立てなさいよ?(対佐助)
雑賀孫市 雑賀孫市、華麗に決めるぜ! 政宗。見届けてやる(対伊達政宗)
いくぜ。ダチの頼みだ(対豊臣秀吉)
御意のままに、俺の女神…(対ガラシャ・(S)茶々以外の女性武将)
武田信玄 さて、いくかね うむ。山はこれにあり(対真田幸村、真田信之)
龍虎揃わば、最強じゃよ(対上杉謙信)
虎も、噛むよ(対北条氏康)
(S)楽させてもらうよ?(対真田昌幸・青年期)
(S)おことなら心配ないよ(対武田勝頼)
伊達政宗 天駆ける竜となる! おう! 傾け、慶次!(対前田慶次)
やってみせい、孫市!(対雑賀孫市)
後れを取るな、小十郎!(対片倉小十郎)
濃姫 地獄が好きなの… 良いわ…貴方(対織田信長)
服部半蔵 影、推参 屍は拾わぬ…(対くのいち、ねね、風魔小太郎)
影、光を守る(対徳川家康)
(S)私情を交えるなよ(対佐助)
森蘭丸 蘭、修羅に入ります! 蘭、その先駆けに!(対織田信長)
豊臣秀吉 皆が笑える世、創るんさ! 三成らしいのう!(対石田三成)
ねねを幸せにするで!(対ねね)
清正らしいわ!(対加藤清正)
露払い大儀じゃ、官兵衛!(対黒田官兵衛)
その采配、期待しとるで!(対竹中半兵衛)
決まっとるぞ、正則!(対福島正則)
(S)わしに守らせてくれんか? 茶々!(対茶々)
今川義元 雅に参る、の! 義兄は蹴鞠る、の!(対武田信玄、北条氏康)
姪御よ、蹴鞠ろうかの?(対早川殿)
本多忠勝 蜻蛉切に斬れぬもの、なし 稲、父が後ろにあり(対稲姫)
忠勝が露払いせん(対徳川家康)
我が槍にて助けよう(対真田信之)
(II)やってみろ、新入り(対井伊直政)
稲姫 射抜いてみせます! 私が援護するわ!(対くのいち)
稲の弓も、射抜けぬものなし!(対本多忠勝)
稲も続きます!(対真田信之)
徳川家康 泰平の世、築かねばならぬ お戯れを…(対織田信長)
うむ。頼みにしておる(対服部半蔵、本多忠勝、稲姫、藤堂高虎、井伊直虎、柳生宗矩)
泰平の世を創りましょうぞ(対豊臣秀吉)
覚悟を決めよ、信之(対真田信之)
(II)期待しておるぞ、直政(対井伊直政)
(S)頼みとさせてくれよ(対徳川秀忠)
石田三成 俺の志、馬鹿にはわからぬ 幸村、純粋だな(対真田幸村)
天下人は秀吉様のみ(対豊臣秀吉)
左近。軍略、頼みにしている(対島左近)
恥ずかしい奴め…(対直江兼続)
具体的にどういう事ですか?(対ねね)
清正、手を貸してやる(対加藤清正)
馬鹿…だな(対福島正則)
行こう、吉継。俺も出る!(対大谷吉継)
(S)学ばせていただこう(対真田昌幸・壮年期)
浅井長政 皆のため、戦い続ける! 義兄上!?(対織田信長)
(II)光秀殿、夢を共に!(対明智光秀)
市、某と共に!(対お市)
高虎。その道、見守ろう!(対藤堂高虎)
某の勇気が共にあるぞ、吉継!(対大谷吉継)
島左近 俺の軍略、披露しましょう 軍略、見せてもらいましょう(対武田信玄)
俺の軍略で、支えましょう(対石田三成)
(S)軍略比べと参りましょう(対真田昌幸・青年期)
島津義弘 大ばくち、参ろうか! お嬢のお守り、引き受けよう(対立花誾千代)
相変わらずよな、坊ちゃん(対立花宗茂)
鬼島津の戦をすればよい(対島津豊久)
立花誾千代 立花の戦に負けはない! 呉越同舟だ、戦屋(対島津義弘)
雷も共にある!(対立花宗茂)
直江兼続 義、天下に示さん! うむ! 共に義のため、戦おう!(対真田幸村)
上杉の義のために!(対上杉謙信)
すなわち、義!だな!(対石田三成)
悪を斬る刃とならん!(対綾御前)
景勝様の手足となりましょう!(対上杉景勝)
ねね あたし、ガンバっちゃうよ! うちの人はあたしが守る!(対豊臣秀吉)
焦っちゃダメだよ、三成!(対石田三成)
熱くなっちゃダメだよ、清正!(対加藤清正)
迷子になっちゃダメだよ、正則!(対福島正則)
風魔小太郎 混沌をもたらそう… ククク…混沌よ…(対甲斐姫)
契約に従おう…(対北条氏康)
行く末、見届けてやろう…(対早川殿)
宮本武蔵 極めるぜ、剣! 剣は、人を斬るもんじゃねえ!(対佐々木小次郎)
よくわかんねえが、俺も行くぜ!(対黒田官兵衛)
前田利家 (おとこ)を上げるぜ! 俺も負けてねえぜ!(対前田慶次)
信長様、先陣はお任せを!(対織田信長)
秀吉、ふんどし締めてけ!(対豊臣秀吉)
おおとも、叔父貴!(対柴田勝家)
長宗我部元親 奏でよう…凄絶にな! 行くぞ! 魂の友よ!(対明智光秀)
(II)抗え、その美しき世界に!(対ガラシャ)
ならば反骨の魂を!(対小少将)
ガラシャ 世界は不思議で、美しいのじゃ! 父上! お供つかまつる!(対明智光秀)
わらわも、凄絶にいくのじゃ!(対長宗我部元親)
これが、マショウか!(対小少将)
(S)わらわは、茶々の側を離れぬぞ!(対茶々)
佐々木小次郎 僕が斬ってあげるよ 一緒に、いっぱい斬ろう?(対宮本武蔵)
柴田勝家 鬼柴田が魂を見せん! 大殿の出陣ぞ! 続け!(対織田信長)
鬼柴田が露払いせん!(対お市)
介添えは引き受けた(対前田利家)
加藤清正 狩ってやるぜ! 拾ってくれたご恩、返します!(対豊臣秀吉)
そういう言い方よせ、馬鹿(対石田三成)
おねね様は俺が守る!(対ねね)
馬鹿の面倒、見てやるか(対福島正則)
黒田官兵衛 火種は、絶やさねばな 道は自明。参りましょう(対豊臣秀吉)
無理はするな、半兵衛(対竹中半兵衛)
その生、見届けよう(対小早川隆景)
立花宗茂 風は行く。乱世の彼方へ 呉越同舟だな(対島津義弘)
ああ。立花の戦に負けはない(対立花誾千代)
甲斐姫 見てて、乙女の心意気! 戦国最強乙女、出陣!(対くのいち)
あたしも吠える!(対北条氏康)
姫様、あたしも行きます!(対早川殿)
(S)茶々様の背中は、守りますよ!(対茶々)
北条氏康 相模の獅子、吠えるぜ てめえは、ブレねえな…(対風魔小太郎)
男らしいぜ、小僧?(対甲斐姫)
力入りすぎんなよ?(対早川殿)
竹中半兵衛 兵は詭道なり、ってね! 今孔明ついてるよ。秀吉様(対豊臣秀吉)
無茶しないでよ、官兵衛殿(対黒田官兵衛)
毛利元就 歴史を、見に行こう 隠居っぽいね、お互い(対小早川隆景)
綾御前 世に、愛を 謙信。正しきを貫きなさい(対上杉謙信)
綾が見届けましょう(対直江兼続)
では…母が、側に(対上杉景勝)
福島正則 男・福島、決めるぜぇ! パーっと行くぜぇ!(対豊臣秀吉)
馬鹿じゃねーっての!(対石田三成)
正則もガンバりまーす!(対ねね)
清正、俺も行くぜぇ!(対加藤清正)
藤堂高虎 己の道を往くだけだ 家康様の支えとならん!(対徳川家康)
長政様の御為に!(対浅井長政)
俺を忘れるな、吉継!(対大谷吉継)
井伊直虎 は、恥ずかしい… 稲さん、かっこいい~(対稲姫)
家康様、お支えします!(対徳川家康)
(II)さあ行こう、義親子一緒に!(対井伊直政)
柳生宗矩 不殺…これを貫く 拙者、露払い致す(対徳川家康)
毒のある奴も、お好きかな?(対松永久秀)
真田信之 この手で守ってみせる! 真田の戦、共に示そう(対真田幸村)
戦、学ばせてください(対武田信玄)
義父上、共に(対本多忠勝)
稲、共に参ろう(対稲姫)
お供させてください(対徳川家康)
(S)真田を支える力となりましょう(対真田昌幸・壮年期)
大谷吉継 時の流れには逆らえない… この命、お前に預けよう(対石田三成)
長政様。夢を、共に(対浅井長政)
その軍略、見せてもらおう(対島左近)
ふっ…行こうか。共に(対藤堂高虎)
(S)…私で、宜しいのですか?(対茶々)
松永久秀 悪党はお好きかね? 我輩に…従えと?(対織田信長)
ついてきて、欲しいのかな?(対明智光秀)
良いぞ。毒のない奴は嫌いでな(対柳生宗矩)
片倉小十郎 知の小十郎、参ります 宜しくお願いします、慶次様(対前田慶次)
参りましょう、孫市様(対雑賀孫市)
承知致しました。政宗様(対伊達政宗)
上杉景勝 …うむ! はっ…父上!(対上杉謙信)
兼続…共に!(対直江兼続)
母上…御意!(対綾御前)
小早川隆景 一生は、夢の間なれば はい。では共に、官兵衛殿(対黒田官兵衛)
お供させてください、父上(対毛利元就)
小少将 うふふ。欲しいものがあるの♡ …抗ってね。私の呼ぶ不幸にも(対長宗我部元親)
ついてくわ、”わらわ”ちゃん(対ガラシャ)
え~!?(対ガラシャ・(S)茶々以外の女性武将)
島津豊久 俺はもっと強くなる! 連れて行ってくれるんですね!(対島津義弘)
おう! 任せとけ、立花!(対立花誾千代、立花宗茂)
(II)俺も少しは、頼ってくれよ? 直政!(対井伊直政)
早川殿 みんなの力になりたい 一緒に行ってもいい?(対風魔小太郎)
甲斐、一緒に行きましょう(対甲斐姫)
はい、お父様(対北条氏康)
(II)井伊直政 最善を尽くす。それだけだ ありますよ。俺が先に全部斬りますから(対本多忠勝)
家康様のためなら、傷を負うことも恐れません(対徳川家康)
しっかりして下さい、義母上(対井伊直虎)
精々足を引っ張るなよ、島津(対島津豊久)
(S)真田昌幸(青年期) 既に勝ちは見えておる 指揮は任せたぞ(対真田幸村・幼年期)
我が策で敵を翻弄せよ(対くのいち)
王道のため、力を尽くします(対武田信玄)
あてにさせてもらうぞ(対島左近)
私が、必ずお支えします(対武田勝頼)
(S)真田昌幸(壮年期) 真田は生きる…どのような手を使おうと お前は心のままにせよ(対真田幸村)
精々かき乱してやるがいい(対くのいち)
精々気張れ、坊主(対石田三成)
お前が真田の柱となるのだ(対真田信之)
(S)茶々 私は…強くあらねばならない 泰然となさい(対真田幸村)
負けられないのは、私も同じです(対真田幸村・壮年期)
母上…いつまでも一緒に(対お市)
今少し、見極めさせて頂きます(対豊臣秀吉)
どうか連れて行ってください、父上(対浅井長政)
危なっかしくて放っておけません…(対ガラシャ)
もう少しお淑やかにね(対甲斐姫)
流されるだけではいけませんよ(対大谷吉継)
(S)佐助 はいは~い、やりゃいいんだろ ま、付き合ってやるよ(対真田幸村)
オレも行くよ…家族だもんな(対真田幸村・壮年期)
はいはい、オレが二番手ね(対くのいち)
二人なら向かう所敵無しだね(対服部半蔵)
(S)武田勝頼 私に出来るだろうか…いや、やってみせる! 父上の王道、必ず成し遂げましょう!(対武田信玄)
お前が居れば何も心配はない!(対真田昌幸・青年期)
(S)徳川秀忠 乱世など、もう仕舞いよ 足を引っ張らぬようにいたしますよ(対徳川家康)
これでも、頼りにしておるのだぞ?(対真田信之)