シーン8セリフ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミサカ試作個体: 「やはりメンテの後は散歩も清々しいですね、とミサカは小春日和を漫喫しま、……ん?」

20000号: 「おや」

ミサカ1008号: 「む?」

20000号: 「どうやら上個体命令が来たようですが、まさかお仕置き…!?いやそんな馬鹿なミサカ20000号はまだナニもしていませんよと必死の弁明を試みまあばばbbbbbb……んん?」

ミサカ1008号: 「学園都市第一位を拉致して第六学区へ連行せよ…だと……これは面白そうですね、とミサカ1008号はニヤリ」

ミサカ試作個体: 「拉致とはまた物騒な、あの人の隣にいたから似てきたんじゃないですかと試作個体は上位個体の発想にガクブル」

20000号: 「くっくっくっくこのミッションは俺得すぎるぜ上位個体、とミサカ20000号はしたり顔でヨダレを垂らします」

ミサカ1008号: 「これは盗さt…イイものを入手できそうですね、とミサカ1008号は黒い笑みを零します」

ミサカ試作個体: 「おうふ、このミサカやりおる、と試作個体はごくりと再び唾を飲み込みます」

20000号:「しかしこの広い学園都市、どうやってセロリたんを食べに、ゲフゲフ。捕捉しましょうか、とミサカ20000号は根本的な問題を投げかけます」

1008号:「何を初歩的な事を聞いているのですか20000号。各地に散らばるミサカ達の感覚を共有すれば簡単に見つかります、とミサカ1008号は淡々と説明します」

試作個体:「ふむ、それなら早そうですね、と試作個体は納得しますの」

20000号: 「なるほどなるほど、では早速MNWの力を借りましょうかとミサカは全妹達との感覚を共有します」


20000号: 「! 近くのコンビニにセロリたんの姿を捕捉しました、とミサカ20000号はコンビニでバイトをしている個体からの情報を興奮気味にミサカ1008号と試作個体に報告します」

ミサカ1008号: 「よし、とミサカ1008号はカメラとMNWよーーーい!!!」

ミサカ試作個体: 「ええいままよ!もう狩ってやる、と試作個体は出撃します」

20000号: 「セロリたん今愛に行きます髪の毛くんかくんか乳首ダブルクリックさせてねとミサカ20000号は全力疾走を開始します」

ミサカ試作個体: 「一方通行の憐れもない姿がMNWに広が・・・・・・・・と試作個体はぞっとします」

ミサカ1008号: 「そんなわけでやさいのモヤs……間違えた、やせいのモヤシがあらわれた!!とミサカ1008号は第一位を捕捉」

20000号: 「うおおおおおセロリたんんんんんんお久しぶりです相変わらず漏れの天使だねとミサカ20000号は猛然と突進を開始します」

ミサカ試作個体: 「逃げろおおおおやさいいいいい!間違えましたやせいのモヤシ!、と試作個体は20000号達より早く走ります」

一方通行(1st): (……あン?あのクソガキ共…何でこっちに向かって来て……!?)

1008号「そんなわけで行きますよ!とミサカ1008号は号令をかけます」

20000号「おk任せろ!!とミサカはセロリたんに愛のタックルをぶちかましますついでに乳首ダブルクリックあーんどクンカクンカ髪の毛もふもふ!!」

試作個体「ごめんなさい一方通行!と試作個体は平謝りしつつセロリたんの杖をボッシュートします」

一方通行「ぐァっ!?お、オマエら……ッ!?」

1008号「ミサカ達相手なら一方通行も迂闊には手を出せないだろざまぁ、とミサカ1008号はニヤニヤしながら杖を取られて転んだ一方通行を見下します」

20000号: 「ハアハアこの隙にセロリたん縛らせてもらおうと思うのですがはあはあセロリたんはどんな縛り方がお好みですか?海老責め?蟹縛りそ・れ・と・も亀甲?とミサカ20000号は縄を手に恍惚とした表情を浮かべます」

一方通行: 「……チッ、訳分かンねェ事言ってねェでとっとと失せろ。特にそこの縄持ってるクソッたれの変態野郎、こちとらオマエらのお遊戯に付き合ってやる程善人じゃねェンだ」

20000号: 「もー相変わらずセロリたんはツンデレなんだからもーかわいい性的に食べたいとりあえず事情があるんですよ上位個体がどうなってもいいのですか?とミサカ20000号は有無を言わせぬ勢いでセロリたんを縛り始めます」

ミサカ1008号: 「まぁ来てみればわかりますよ、とミサカ1008号は促しながらももちろんオンラインで配信しながらあられもない姿で縛られていく第一位を撮影します」

ミサカ試作個体: 「まあ、上位個体を預かってるんで大人しくこいや、ってことですと試作個体は第一位にきちんと説明します」

一方通行(1st): (―――コイツらがあのガキを……打ち止めの身柄を預かっている?アイツは妹達の司令塔っつー立場上、命令一つでクローン共の行動も制御できた筈だ。それがどォして…?)

20000号: 「ふむ、流石に暴れられると亀甲縛りは難しいですね、とミサカ20000号は結局簡単な縛り方になってしまったことに落胆しつつ、…縛られてるセロリたん…うっ、ふぅ……」

一方通行(1st):(イマイチコイツらの思惑が掴めねェ。あのガキに危害を加えるつもり、って訳じゃあ無さそォだが。……そもそも、コイツらのこの行動が自主的なモンなのかすら疑わしいが。……なンにせよ、俺が今ここでコイツらに抵抗すンのは得策じゃねェ)

一方通行(1st):「……、やっぱ俺とオマエらはマトモな会話が成立しねェみてェだわ。……チッ、まァイイ、今すぐあのガキの所まで案内しろ」

ミサカ1008号 「よし。んじゃ野菜は野菜らしくおとなしく運ばれやがれとミサカ1008号は一方通行を担ぎ上げますわっしょーい」

ミサカ試作個体: 「ミサカはモヤシのケツは嫌です、ということで真ん中確保ですっと試作個体も担ぎますわっしょーい」

20000号: 「ひゃっほおおおおおおおおおおおおおおう喜んでぇえええとミサカ20000号は天使のお尻を揉みしだき、間違えたもみもみ、あ、また間違えた支えますわっしょおおおおい」

一方通行「おァッ!?」

ミサカ試作個体: 「うお、第一位細すぎです、と試作個体は感想をもらしつつも第一位を担ぎます」

ミサカ1008号「モヤシそのものですn……とミサカ1008号は言いかけてやっぱりモヤシよかセロリのほうがイイかないやここは間をとってパセリにするかよっしゃパセリみたいですね第一位」

一方通行「コイツら狂ってやがる……ッ!!さっきからワケ分かンねェ事をペラペラペラペラと……つーかオイ、そォいや目的地を聞いてねェンだが……ぐふッ、どこ触ってンだテメェ!?」

20000号「セロリたんのうめき声でミサカは絶☆頂しちゃいそうなのですがこのまま第六学区に向かいましょうか、とミサカ20000号はそーれわっしょい」

ミサカ1008号「そうですね、とミサカ1008号はわーっしょい」

ミサカ試作個体「わーっしょい、わーっしょい」

一方通行「クソったれがァァァあああッ!!」





パート8 end
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。