二次 > 世界大戦 > 1937年7~12月


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.人口・生産性データ


【1937年7-12月ターン 内政用データ】

 <ゼーレ連合王国 7月初頭内政状況(現時点での請求額のみ書き込み済み)>
             労働者     生産性     生産高
 労働者        2517万人    85.75     215838万£*1.07(民忠)*0.5(消費材)
 官僚          124万人(2.31%)▼30.0   ▼3720万£
 兵士          100万人   ▼30.0     ▼3000万£
 傷痍軍人         3万人   ▼30.0     ▼90万£
 労働人口小計    2744万人(総人口比51.0%)
 総人口        5381万人  *増加率:+4.88%/T

 生産性キャップ 104.8*1.07(民忠)
 工業技術Lv 1961年相当

国民忠誠度       170%  (90%未満で生産性ペナルティ、毎季4%低下)
                    (100%突破時生産高・生産性キャップをフローの1割分上乗せ、20%低下)※通常の5倍

2.国内通貨収支データ


【国内通貨分】(完全自由振り分け額 84195万£)
  使用可能額(自国通貨)  108609万£(内、繰り越し0万£)
  ▼軍事費           ○万£ (新規生産分)
  ▼電波開発         ○万£ (民生、軍事合計8種まで、今季総額)
  ▼民需             ○万£ (総人口の2%を支出すれば1%民忠アップ、収入として民忠マイナスも可能)
  ▼産業投資         ○万£ (翌期の収入アップ、投資の60%)
  ▼陸軍維持費        528万£ (陸軍38個師団+6個旅団 x 12万£=528万£/季)
  ▼空軍維持費        96万£ (空軍16個師団 x 12万£=192万£/季)
  ▼海軍維持費        302万£ (艦隊278.16万£+海軍航空隊24万£)
  ▼遠征費           0万£ (0個師団・旅団 x 6万£=0万£/季)
  ▼訓練部隊維持費     668万£ (戦車3000、練習機3000、学校各2000、練習艦隊68万£)
  ▼政策            22820万£ (今季総額)
  ▼繰り越し          0万£ (端数)

【国内通貨分 現行継続制策】

 『継続案件 政策・工作』                                 (効果)
 ▼ 100万£/T【国家戦略備蓄(国内通貨)】              (将来に備え資源備蓄【経済封鎖への保険】【外貨分とセット】)
 ▼ 100万£/T【公共交通案内の強化】               (外貨収入3割増、オリンピック評価上昇)(官僚の総人口比0.1%上昇)
 ▼ 200万£/T【ロマーニャ支援】                  (立ち後れているロマーニャへの支援)※終了・増額・減額は各自で決断してください
 ▼ 200万£/T【資格試験の整理と資格取得の奨励】       (官僚比率+0.15%、生産高2%上昇、生産性キャップ0.2解放、労働者比率0.3%増加)
 ▼ 400万£/T【継続的軍事交流】                  (各国軍の能力向上、戦略思想の交換etc)
 ▼ 4000万£/T【TEN-T計画】残額28000万£           (総額40000£、2000万£ごとに5%生産高上昇、各国流通事情大幅良化)
 ▼ 200万£/T【シャムへの扶桑経由援助】             (シャムの国力上昇、友好度上昇)
 ▼ 2000万£/T【生産財更新助成】                  (官僚比率+0.05%、毎ターン生産性キャップ+1.0)
 ▼ 500万£/T【地方物産の宣伝力強化(地方振興)】       (生産高+50万£、地方-都市格差減少)
 ▼ 500万£/T【観光サービス強化】                 (外貨収入+10万£、国内旅行活発化)
 ▼ 20万£/T【満州への民需支援(国内通貨分)】         (満州の国力増強【国外通貨部分(ブリタニア・リバティ)とセット】)
 ▼ 2000万£/T【海運国策】                       (海運の増大、戦時の水兵練度の向上、戦時に一時的水兵増加)
 ▼ 600万£/T【枢軸国共同 暗号解読プロジェクト(国内通貨)】 (情報入手力、暗号戦能力の向上【外貨分とセット】)
 ▼ 2000万£/T【工作機械の試作補助金制度】           (生産性キャップ+0.2/T、工作精度が微量ずつ漸増)
 ▼ 1000万£/T【RiFRK協定((国内通貨)】              (対外工作力、情報戦能力向上【外貨分とセット】)
 ▼ 4000万£/T【イスパーニャ国土改良計画(国内通貨分)】残額4000万£ (総額30000£、1800万£/2000万£生産高増【外貨分とセット】)
 ▼ 1000万£/T【ローズ医療体制への漢方医学の導入】   (人口増加率+0.1%/月、医療負担増加)
 ▼ 4000万£/T【同盟国内教育助成計画(各国共同負担総額)】(残り1Tで半額に)  (生産性キャップ+10、労働者比率+1%)
                                                    (官僚比率+0.1%)
 ▼ 特殊【平時生産力補正】(残り1Tで3割に)              (生産力-50%、民間消費材へ生産力を振り分け)

3.外貨収支データ


【外貨収支】(完全自由振り分け額 1384万£)
 使用可能外貨      3516万£(内、基礎収入3516万£、繰り越し0万£)
  ▼外交          1292万£ (謀略など)
  ▼購入          840万£ (買い物をします)
  ▼投資          ○万£ (来季の外貨が増えます、投資の30%)
  ▼繰り越し        ○万£ (来季に繰り越されます)

【外貨分現行継続制策・工作】
 継続案件 -外交・工作-                       (効果)
  ▼ 4万£/T【リバティ顧問契約】               (リバティでの訴訟回避)
  ▼ 10万£/T【リバティ親ローズ世論・政界工作】      (悪評回避)
  ▼ 2万£/T【ブリタニア親ローズ世論・政界工作】    (悪評回避)
  ▼ 2万£/T【アラジン支援】                 (産油国との友好)
  ▼ 2万£/T【パルスに支援】                 (中東の火薬庫の一つとの友好)
  ▼ 10万£/T【ウクライナに支援】               (ウクライナ民族主義崩壊回避)
  ▼ 2万£/T【満州の情報収集強化】            (方面情報収集強化)
  ▼ 10万£/T【レミリア支援】                  (予備役師団装備2個/T減少)
  ▼ 10万£/T【白ひげ(ホーチミン・インドシナ)支援】    (資金支援)
  ▼ 200万£/T【オラーシャ経由レミリア支援】       (投入額に応じてシーナ平等党が強化)
  ▼ 80万£/T【ブリタニアで反平等主義を扇動】      (ブリタニアの対オラーシャ方針の変化弱化)
  ▼ 200万£/T【リバティロビー活動強化&党派を問わず、モンロー主義的なスタンスの政界人を応援】
  ▼ 100万£/T【ガリアの情報収拾強化】            (ガリアでの情報収集力UP)
  ▼ 100万£/T【枢軸国共同 暗号解読プロジェクト(外貨)】 (情報入手力、暗号戦能力の向上【国内通貨分とセット】)
  ▼ 100万£/T【RiFRK協定(外貨)】               (対外工作力、情報戦能力向上【国内通貨分とセット】)
  ▼ 20万£/T【イスパーニャ国土改良計画(外貨分)】   (総額30000£、1800万£/2000万£生産高増【国内通貨分とセット】)
  ▼ 40万£/T【レミリアに兵器提供】              (在庫のオラーシャ製装備を自動提供)
  ▼ 400万£/T【リバティの平等主義sage工作】        (リバティにおいて、反平等的機運を助成)

 継続案件 -購入-
  △ 360万£/T【兵器売却益】                  (リバティ・ブリタニア双方合計) 残り1T
  ▼ 100万£/T【国家戦略備蓄(外貨)】             (経済封鎖への保険、【国内通貨分とセット】)
  ▼ 200万£/T【同盟国貿易赤字支援】            (同盟国の貿易赤字が多少緩和)
  ▼ 200万£/T【満州への民需支援】(ブリタニアへ発注)  (ブリタニアへの市場提供の一貫)
  ▼ 100万£/T【満州への民需支援】(リバティへ発注)    (リバティへのご機嫌取り)
  ▼ 100万£/T【ローズ美術館建造(外貨分)】        (外貨収支+10万£、国民文化レベル上昇、【国内通貨分初期投資済み】)
  ▼ 500万£/T【ブリタニア圏への発注】            (ブリタニアへの市場提供、要求の半分)

4.現在軍備データ


【内政用軍事データ1(現在軍備)】
『戦闘部隊総数』
『陸軍』正規兵59.86万人(戦車兵26052)(航空兵1920)
・4単位歩兵師団   2
・32年式戦車師団   3
・イスパーニャ式戦車師団 2
・32年式諸兵化師団 11
・イスパーニャ式諸兵科師団 11
・33年式機械化師団 7
・34年式空挺師団  2
・34年式砲兵旅団  4
・34年式戦車旅団  2

補助人員 27万1040人
支援部隊 トラック150中隊、工兵60中隊

『空軍』16個航空師団(戦術航空群+戦略航空群)60920名(航空兵7236名)
戦闘機   F4FFM2ワイルドキャット   113個中隊(1356機)
軽爆撃機 SBD-5ドーントレス      92個中隊(924機)
重爆撃機 B-17Gフライングフォートレス  36個中隊(432機)
輸送機   C-47スカイトレイン   40個中隊(480機)
戦略偵察機 F-9(B-17G)        8個中隊(96機)
直協機  キ36アイーダ         115個中隊(1380機)

『海軍』
「海軍航空隊」2個航空師団(艦隊飛行隊+陸上飛行隊)9440名(航空兵672名)
戦闘機   F4FFM2ワイルドキャット    8個中隊(96機)
軽爆撃機 SBD-5ドーントレス       8個中隊(96機)
艦上攻撃機 九七式艦攻       4個中隊(48機)
攻撃機    一式陸攻         8個中隊(96機)
戦略偵察機 F-9(B-17G)        4個中隊(48機)
水上偵察機 零式水偵        4個中隊(48機)
大型飛行艇 二式大艇        4個中隊(48機)

「艦隊」60000名
戦艦 1
(魔改造天城1)
空母 2
(タイコンデロガ2)
軽空母 4
(サイパン4)
重巡 8
(ボルチモア4)(デ・モイン4)
軽巡 10
(アトランタ6)(ウースター4)
艦隊型駆逐艦 28
(フレッチャー24)(ギアリング(練成中/1T)4)
潜水艦 16
(ガトー16)
小艦艇 88
(フラワー級コルベット16)
(鴻型水雷艇16)
(第七号型掃海艇16)
(S-14型Sボート8)
(第四号型駆潜艇16)
(測天型敷設艇16)

練習艦隊 改装空母2、装甲巡洋艦2、軽巡4、駆逐艦12

『装備プール』
予備役師団 33個師団分
(砲のない第一次大戦型歩兵師団)

『編制可兵員(今季分加算済み)』
編制可戦車兵      129459名(△18000名/T)
編制可航空兵      51302名(△12000名/T)
編制可水兵        35480名(△9200名/T)

5.軍備値段データ


【内政用軍事データ2(価格)】
 【軍事費お品書き】
  『陸軍』
   <(陸軍)制式編制単価>(車両、砲は1中隊12両(門)編制、装甲兵員輸送車は1中隊40両、トラックは1中隊50台)
型落ち装備組
───────────────────────────────────────────────────
  予備役師団             1師団@36.0万£ (第一次大戦型歩兵単科師団 *1.6万人)※騎兵・砲兵はない
  32年式諸兵科師団        1師団@65.0万£ (戦間期型歩戦協同師団 *1.31万人)※非自動車化
  32年式戦車師団          1師団@85.0万£ (第二次大戦初期型戦車師団 *1.12万人)※完全自動車化
  33年式機械化師団        1師団@270.5万£ (第二次大戦後期型機械化師団 *1.73万人)※完全機械化
  34年式空挺師団          1師団@195.5万£ (第二次大戦後期型空挺師団 *1.37万人)※パラシュート&グライダー
  34年式砲兵旅団          1旅団@170.0万£ (第二次大戦後期型砲兵旅団 *0.98万人)※完全機械化
  34年式戦車旅団          1旅団@148.0万£ (第二次大戦後期型戦車旅団 *0.99万人)※完全機械化+α
  34年式野戦防空旅団       .1旅団@134.0万£ (第二次大戦後期型防空旅団 *0.88万人)※完全自動車化

───────────────────────────────────────────────────
新型装備組
───────────────────────────────────────────────────

  36年型機械化歩兵師団      1師団@622.5万£ (人員20000名、戦車兵1656名、航空兵72名)
  36年型戦車師団           1師団@640.5万£ (人員17200名、戦車兵2340名、航空兵72名)
  36年型空挺師団           1師団@373.5万£ (人員13800名、戦車兵252名【空挺機動】)※輸送機部隊は別途
  36年型海兵旅団           1師団@252.0万£ (人員7100名、戦車兵240名、航空兵72名【海上機動】)※輸送艦艇は別途
  36年型砲兵旅団           1師団@444.0万£ (人員10400名、戦車兵144名、航空兵72名)
  36年型野戦防空旅団        1師団@213.0万£ (人員10400名、戦車兵864名)

  トラック(後方兵站用)         1中隊@3.0万£  (ウラル375Dトラック系列50台)
  工兵(後方兵站等、鉄道工兵も)   1中隊@12.0万£  (輸送用車輌及び必要な装備)
  野戦防空レーダー(早期警戒)    1中隊@10.0万£  (レーダー運用車輌一式と通信装備)

  ソー中距離弾道弾          .1発@1500万£  (戦後型中距離弾道弾、使用時中確率で発覚)
  コロナ偵察衛星            1回@2000万£  (偵察衛星、使用時小確率で発覚)
───────────────────────────────────────────────────
  『航空機』
  「空軍機」
  迎撃機         XP-72    1中隊@12.0万£ (航空兵1名、760km/h 20ミリ機関砲x6 爆装500kg×2 航続1930km 最大高度12,800m 【迎撃機】)
  戦闘機         P-47N    1中隊@12.0万£ (航空兵1名、690km/h 12.7ミリ機銃x8 爆装500kg×2 航続3200km 最大高度12,500m 【地上掃射】)
  護衛戦闘機      P-82E     1中隊@16.0万£ (航空兵2名、740km/h 12.7ミリ機銃x6 爆装1,800kg 航続8000km 最大高度12,000m)
  軽爆撃機        A-1H     1中隊@12.0万£ (航空兵1名、518km/h 20ミリ機関砲x4 爆装3,600kg 航続2100km 最大高度8,700m 【艦載機】【低空攻撃】)
  早期警戒機      PB-1W    1中隊@24.0万£ (航空兵11名、455km/h 12.7ミリ機銃x13 航続4000km 最大高度11,000m 【早期警戒】)
  重爆撃機        B-50D    .1中隊@36.0万£ (航空兵6名、機銃員4名、636km/h 20ミリ機関砲x1 12.7ミリ機銃x12 爆装12,000kg 航続8000km
                                   最大高度11,200m 【絨毯爆撃】)
  重爆撃機        B-50D(sp)  1中隊@36.0万£ (航空兵6名、、機銃員4名、636km/h 20ミリ機関砲x1 12.7ミリ機銃x12 爆装10,000kg 航続8000km
                                   最大高度11,200m 【グランドスラム】)
  戦略偵察機      EB-50B     1中隊@40.0万£ (航空兵6名、機銃員4名、636km/h 20ミリ機関砲x1 12.7ミリ機銃x12 航続8000km 最大高度11,200m 【戦略偵察】)
  戦略輸送機      C-97      1中隊@36.0万£ (航空兵5名、603km/h、輸送54.4t、兵員134名、航続6920 km【輸送】)
  戦術輸送機      C-119     .1中隊@16.0万£ (航空兵5名、476km/h、輸送4500kg、兵員62名、航続3670 km【輸送】)
  空中給油機      KC-97F    .1中隊@40.0万£ (航空兵5名、643km/h、航続3700 km【フライングブーム式空中給油】)
  直接協同機     キ36アイーダ    1中隊@1.4万£ (航空兵2名、349km/h、機銃7.7mm x 2、爆装12.5kgx10 or 250kg x1、【直協】)

  「海軍機」(艦載時は保有する艦載機より適宜自動分配して搭載)
  艦上戦闘機      烈風改    .1中隊@12.0万£ (航空兵1名、680km/h 20ミリ機関砲x4 爆装500kg×2 航続2100km 最大高度10,900m 【艦載機】)
  艦上攻撃機      A-1J      1中隊@12.0万£ (航空兵1名、530km/h 20ミリ機関砲x4 爆装3,600kg 航続2100km 最大高度8,700m
                                   【艦載機】【急降下爆撃】【雷撃】)
  艦上早期警戒機   EA-1E     .1中隊@16.0万£ (航空兵3名、500km/h 20ミリ機関砲x4 航続2000km 最大高度8,000m 【艦載機】【早期警戒】【対潜】)
  電子戦・夜間攻撃機 A-1G     .1中隊@16.0万£ (航空兵4名、520km/h 20ミリ機関砲x4 爆装1,200kg 航続2000km 最大高度8,000m
                                   【艦載機】【夜間攻撃】【電子戦】)
  陸上攻撃機 一式陸攻(34型相当) 1中隊@8.0万£ (航空兵7名、480km/h 7.7ミリ機銃x1 20mm機関砲x4 爆装800kgor魚雷x1 航続1800km
                                   最大高度9,026m 【雷撃】)
  水上偵察機    零式水偵     .1中隊@4.0万£ (航空兵3名、367km/h、機銃7.7mm x 1、爆装60kgx4 or 250kg x1、航続3326 km、最大高度7,950m【水上機】)
  哨戒飛行艇    二式大艇     .1中隊@16.0万£(航空兵10名、470km/h、機銃7.7mmx4 20mm機関砲x5、爆装2000kgor魚雷x2、航続8200 km
                                   最大高度8,800m【水上機】【雷撃】)
  空中給油機    KC-97H      .1中隊@40.0万£ (航空兵5名、643km/h、航続3700 km【プロープ&ドローグ式空中給油】)

───────────────────────────────────────────────────
  『海軍艦艇』
  ~海軍艦艇標準価格表~ *海外から買うと+50%ほど価格アップ(友好度により増減)
「ドック」
種類       :工期 : 価格  : 数 : 使用状況
大型戦艦     2T   640万£  2   大型戦艦2建造中(残り3季)
戦艦        2T   480万£  2   戦艦1建造中(魔改造天城、残り1季)
正規空母     2T   640万£  4   なし
軽・護衛空母   1T   320万£  4   なし
重巡洋艦     1T   160万£  4   なし
軽巡洋艦     1T   96万£   4   なし
駆逐艦       1T   32万£   4   なし
小艦艇       1T    8万£    4   なし
大型潜水艦    1T   48万£   4   なし
小型潜水艦    1T   24万£   2   なし
大型支援艦艇  1T   48万£   .4   なし
支援艦艇     1T   24万£   2   なし

「艦艇」
ドック種別   :  現行価格       : 維持費(遠征費は倍額) : 建造期間 :  生産する現行艦艇
大型戦艦    : 620万£        :   50万£/T       : 5T      魔改造大和型戦艦(基準64,500t、3,450名)
───────────────────────────────────────────────────
戦艦       : 420万£        :   32万£/T       : 3T      魔改造天城型戦艦(基準38000t、2000名)
戦艦       : 300万£        :   20万£/T       : 3T      魔改造金剛型巡洋戦艦(基準32000t、1500名)
────────────────────────────────────────────────────
正規空母    : 340万£+艦載機  :   26万£/T       : 2T      タイコンデロガ級正規空母(基準27,100t、3,450名【改装でジェット対応可】)
───────────────────────────────────────────────────
軽空母     : 180万£+艦載機  :   14万£/T       : 1T      サイパン級軽空母(14,450t、1700名)
護衛空母    : 100万£+艦載機  :     8万£/T       : 1T      コメンスメント・ベイ級護衛空母(11,373t、1100名)
───────────────────────────────────────────────────
重巡洋艦    : 160万£        :   14万£/T       : 2T      デ・モイン級重巡洋艦(基準17,000t、1800名)
重巡洋艦    : 100万£        :    8万£/T       : 1T      ボルチモア級重巡洋艦(基準14,472t、1580名)
───────────────────────────────────────────────────
軽巡洋艦    : 100万£        :  9.2万£/T       : 1T      ウースター級軽巡洋艦(基準14,700t、1400名)
軽巡洋艦    :  68万£        :  5.6万£/T       : 1/2T      アトランタ級軽巡洋艦(基準6,500t、680名)
───────────────────────────────────────────────────
駆逐艦     :  30万£        :    3万£/T       : 1/6T     ギアリング級艦隊駆逐艦(基準2,450t、350名)
駆逐艦     :  26万£        :  2.2万£/T       : 1/10T     ジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦(基準1,350t、200名)
───────────────────────────────────────────────────
小艦艇     :   6万£        :  0.48万£/T      : 1/16T     鴻型水雷艇(基準840t、130名)
小艦艇     :   4万£        :  0.36万£/T      : 1/20T     第七号型掃海艇(基準630t、100名)
小艦艇     :   2万£        :  0.06万£/T      : 1/72T     S-14型Sボート(基準92.5t、20名)
小艦艇     :   4万£        :  0.36万£/T      : 1/24T     第四号型駆潜艇(基準291t、60名)
小艦艇     :   6万£        :  0.48万£/T      : 1/18T     測天型敷設艇(基準720t、75名)
───────────────────────────────────────────────────
大型潜水艦  :  24万£        :  1.8万£/T       : 1/6T     ガトー級(水上1,825t、水中2,410t、80名)
───────────────────────────────────────────────────
小型潜水艦  :   6万£        :  0.48万£/T      : 1/20T     IIB級(水上283t、水中333t、25名)
───────────────────────────────────────────────────
大型支援艦艇 :  110万£       : 11万£/T         : 1T     工作艦明石(基準10500t、700名)
大型支援艦艇 :  90万£        :  9万£/T         : 1T     給兵艦樫野(基準10360t、230名)
大型支援艦艇 :  90万£        :  9万£/T         : 2T     給油艦風早(基準18300t、300名)
大型支援艦艇 :  70万£        :  9万£/T         : 1/2T     砕氷船高島丸(基準5633t、80名)
大型支援艦艇 :  70万£        :  7万£/T         : 1/2T     足摺型補給艦(基準7951t、200名)
大型支援艦艇 :  90万£        :  9万£/T         : 1T     給糧艦伊良子(基準9570t、400名)
大型支援艦艇 :  170万£       : 13万£/T         : 1T     揚陸艦あきつ丸(基準7100t、990名)
大型支援艦艇 :  60万£        :  5.8万£/T       : 1/2T     デ・ソト・カウンティ級戦車揚陸艦(軽荷4164t、175名)
───────────────────────────────────────────────────
支援艦艇    :  42万£        :  4万£/T         : 1/2T      敷設艦津軽(基準4000t、415名)
支援艦艇    :  22万£        :  2.2万£/T       : 1/8T     初鷹型急設網艦(基準1600t、200名)
支援艦艇    :  30万£        :  3万£/T         : 1/8T     初島型電纜敷設艇(基準1560t、110名)
支援艦艇    :  30万£        :  3万£/T         : 1/10T     測量艦筑紫(基準1400t、190名)
───────────────────────────────────────────────────

*艦載機は下記(現行)
 正規空母 8個中隊
 軽空母   4個中隊
 護衛空母 2個中隊

6.判定済み電波開発案まとめ


【判定済み電波開発案まとめ】(※ 経費は共同開発時の物で、単独開発時は3倍になります)
                   (※ 技術の基本方針は機密保持です、同盟以外へ輸出など論外)
【電波】                       【経費】                      【効果】
『民生』
●トランスファーマシン              267万£        全体へ導入で生産性キャップ9解放、秘匿で4.5解放
●1930年代型高級車セット           133万£        外貨収支+10万£、ちょっとした国威発揚効果
●ガラスの製造と多品種化          1500万£        生産性キャップ+1、生産高+400万£
●1960年代型海洋資源開発技術      10000万£        海底資源探索が可能に
●ヒット玩具セット                 300万£         外貨収入+400万£
●音響セット                   4000万£         生産高+200万£、外貨収入+100万£、アナログ式オープンリール方式を開発
派生 デジタル部分              +8000万£        CD、PCM-1600等を開発、(関連技術が機密)
●バイナリーサイクル発電           5000万£         一部電力の転化、生産性キャップ+0.1
●漁業テコ入れセット           3000万£         生産性キャップ+0.5、対潜能力・漁獲量向上、爆雷漁は自重
●60年代型民生船舶セット       10000万£        生産性キャップ+1、造船・海運・ディーゼル機関能力向上、特に扶桑に効果
●1960年型ボイラセット(溶接式ボイラ) 3000万£        .生産性キャップ+0.5、ボイラ効率向上
●1980年代SFX(特殊撮影)セット   2000万£         娯楽の増加、派生は政策、爆薬量はタップリと

『軍事』
●RPG7(初期)                   200万£           .RPG7(初期型)完成、歩兵戦闘力ボーナス微増(配備は政策で)
●烈風改偵察型の開発             100万£           艦隊強行偵察能力上昇、要政策配備
●練習用ヘリコプターの開発        600万£           R-13シリーズの開発
●空挺師団更新セット             7000万£       冷戦期空挺装備開発、輸送機は別途
●本土防空セット               4000万£       SAGEを設置、防空能力向上、さらなる向上には政策を要する
 (オプション1 対空砲            +4000万£      各種対空砲を開発)
 (オプション2 SAM             +7000万£       ホーク、ナイキを開発(初期型)
●次世代航空機                3000万£       ボーイング377(B-50旅客機仕様)、P-2(対潜哨戒機)を開発
●(PC-9821Ct20(98MULTi CanBe / 1996年11月)の開発 100000万£ (ハードまわりとOSを一斉開発【年代制限大】)
●機雷戦セット                           12000万£ (機雷戦能力大幅向上、各種機雷戦従事艦艇が生産可能に)
●次世代外洋型海軍補助艦艇及補助能力整備       7600万£ (各種艦艇・装備開発、運用理論構築、扶桑との合同演習により各国へ小刺激)
●戦車・装甲車用工作用アタッチメントセット          1000万£ (保有及び今後開発する各種車両用アタッチメント開発、工作力微増、コスト増大)
●大戦末期型機載レーダー開発        500万£         大型機・夜戦機の機載レーダーを開発
●大型ジェット機セット             80000万£        B-52H、DC-8、エンジン、M61バルカン砲etcを開発
●補助艦艇セット                4000万£         ペンギン級潜水艦救難艦、バルカン級重工作艦、大型浮き乾ドックを開発
●ARPANETの開発               8000万£        ARPANETを開発(ただし軍機&接続するコンピュータがない)【年代制限】
●対艦攻撃セット                65000万£        対艦ミサイル・誘導長魚雷等開発
●人工衛星打ち上げセット          50000万£       打ち上げは別途、衛星の準現代的運用能力確保
●有人宇宙開発セット            200000万£       月面へ到達する、宇宙勝利・・・は無い

7.判定済み政策・工作案まとめ


【政策等(判定済み+中断)】
【国内通貨分】
 『単期での 政策・工作』                                  (効果)
 ▼ 300万£【指定管理者制度の導入】             (官僚比率-0.01%、特に影響はない)
 ▼ 暫定総額17000万£+維持費【ローズ軍は地上最強オオオ!!政策】 (全般的に練度向上、究極戦闘国家というイメージの定着、丼勘定のため追加の可能性アリ)
 ▼ 100万£【自動車関連の環境整備】                  (官僚比率+0.05%、交通事故・違反・被害の微減、交通量増加に対応)
 ▼ 1600万£【超高速豪華客船の建造】                (6T後に外貨収入+2割、国威発揚効果)
 ▼ 自由投入【枢軸国軍兵站システム統合】                  (投入額・内容に応じて効果発揮)
 ▼ 500万£【地熱発電開発】                   (一部電力転化、戦時安定性微増)
 ▼ 500万£【ゼーレ海空軍防空演習】              (レーダーを利用した迎撃管制システムの構築)

 『継続案件 政策・工作』                                 (効果)
 ▼ 特殊【後備労働者動員政策】                   (労働者比率+10%、基礎国民忠誠度低下度20%/T増加)
 ▼ 自由投入【枢軸国軍兵站システム統合】                  (投入額・内容に応じて効果発揮)
 ▼2000万£/T【国内情報能力強化】  (防諜能力向上、地上の楽園へ大きく前進、官僚比率+0.1%)
 ▼5000万£/T【高規格高速鉄道網】(総額100000万£) (人員輸送の高速化、高速鉄道運用実績)
 ▼ 400万£/T【陸軍外人部隊(補助軍=アウクシリア)設立(国内通貨分)】   (毎ターン1万人ずつ編制、二線級兵力の確保【外貨分とセット】)
 ▼ 1000万£/T【オラーシャ帝国正当政府樹立(国内通貨分)】(編制経費)    (オラーシャ侵攻の大義名分、国際社会の疑惑の目を獲得【外貨分とセット】)

【外貨での工作・購入物】(基本外貨)
 『単期での案件 -購入-』
  ▼ 3000万£【リバティに現代型テーマパーク建設】     (外貨収支+300万£、対ローズイメージ微量良化)
  ▼ 1000万£【ラスベガスへのカジノ設立】           (外貨収支+300万£、マフィアの独立性上昇)
  ▼ 100万£【シーナ租界カジノ案】                (外貨収支+10万£、平等党が勝利したら終了)

 『継続案件 -政策・工作-』
  ▼ 80万£/T【リバティ・ニューディール政策妨害】  (法廷闘争と革命事業を同時進行で実行、情勢への影響は限定的)
  ▼ 200万£/T【ブリタニアの植民地不安定化】(毎季1割の確率で発覚、バーラト情勢の変化)
  ▼ 800万£/T【リバティ反戦工作】   (リバティの反戦機運増加、毎季1割の確率で(不利益を被る集団に)ローズの関与発覚)
  ▼ 100万£/T【ローズ美術館建造(外貨分)】         (外貨収支+10万£、国民文化レベル上昇、【外貨分とセット】)
  ▼ 50万£/T【陸軍外人部隊(補助軍=アウクシリア)設立(外貨分)】    (毎ターン1万人ずつ編制、二線級兵力の確保【国内通貨分とセット】)
  ▼ 100万£/T【オラーシャ帝国正当政府樹立(外貨分)】(対外工作費)     (オラーシャ侵攻の大義名分、国際社会の疑惑の目を獲得【国内通貨分とセット】)
  ▼ 100万£/T【ガリア国内のレジティミスト(正当王朝主義者)に対する援助】 (ブルボン朝勢力微増、オルレアン派より遺憾の意)
  ▼ 20万£/T【シーナ人民共和国に、知ゼーレ=枢軸派擁立】         (鄧小平のゼーレ入国、楽しい楽しいコミュの時間です)