二次 > 世界大戦 > 陸軍師団・旅団編制表


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.師団・旅団・独立部隊・歩兵大隊編制表(最新)


【39年型機械化歩兵師団】(20000名、戦車兵2808名、航空兵72名、1070.5万£)
師団司令部――─────司令部大隊──────── 3個司令部中隊(400名)
┣━3個戦闘団司令部─────────────―─ 3個司令部中隊(400名)
┣━6個重機械化歩兵大隊───────────18個重機械化歩兵中隊(4800名)
┣━4個戦車大隊──────────────────12個戦車中隊(1600名)
┣━浮航戦車大隊──────────────── 3個浮航戦車中隊(400名)
┣━火炎放射大隊────────────── 3個火炎放射戦車中隊(400名)
┣━自走榴弾砲連隊── 3個自走榴弾砲大隊─── 9個自走榴弾砲中隊(1200名)
┣━自走ロケット砲大隊──────────── 3個自走ロケット砲中隊(400名)
┣━重迫撃砲連隊─── 3個重迫撃砲大隊───── 9個重迫撃砲中隊(1200名)
┣━自走防空大隊──────────────── 3個自走防空中隊(400名)
┣━偵察大隊──────────────────── 3個偵察中隊(400名)
┣━戦闘工兵大隊──────────────── 3個戦闘工兵中隊(800名)
┣━飛行大隊─────┬───────────── 2個連絡機中隊(300名)
┃               └───────────── 1個観測ヘリ中隊(100名)
┗━支援部隊―――――┬ 9個トラック大隊―─────27個トラック中隊(5400名)
                └ 3個装軌輸送大隊──── 9個装軌輸送中隊(1800名)
計                                            (20000名)

『39年型機械化歩兵師団 各種車両等総数』
T-55 144両
PT-76 36両
OT-34 36両
M109 108門
BM-21-1 36門
PM-43 108門
20mmシルカ 24両
40mmシルカ 12両
シュヴィムワーゲン 150台
九七式側車付自動二輪車 150台
BMP-1 648両
MT-LBV 738両
ウラル4320 1350台
Fi156C-5 24機
OH-13 12機

【39年型戦車師団】(17200名、戦車兵2196名、航空兵72名、902.5万£)
師団司令部――─────司令部大隊──────── 3個司令部中隊(400名)
┣━3個戦闘団司令部──────────────― 3個司令部中隊(400名)
┣━3個重機械化歩兵大隊─────────── 9個重機械化歩兵中隊(2400名)
┣━6個戦車大隊──────────────────18個戦車中隊(2400名)
┣━2個火炎放射大隊───────────── 6個火炎放射戦車中隊(800名)
┣━自走榴弾砲連隊─── 3個自走榴弾砲大隊── 9個自走榴弾砲中隊(1200名)
┣━自走重榴弾砲大隊──────────── 3個自走重榴弾砲中隊(400名)
┣━自走ロケット砲大隊──────────── 3個自走ロケット砲中隊(400名)
┣━重迫撃砲連隊──── 3個重迫撃砲大隊──── 9個重迫撃砲中隊(1200名)
┣━自走防空大隊──────────────── 3個自走防空中隊(400名)
┣━偵察大隊──────────────────── 3個偵察中隊(400名)
┣━2個戦闘工兵大隊─────────────── 6個戦闘工兵中隊(1600名)
┣━飛行大隊─────┬───────────── 2個連絡機中隊(300名)
┃               └───────────── 1個観測ヘリ中隊(100名)
┗━支援部隊―――――┬ 4個トラック大隊―─────12個トラック中隊(2400名)
                └ 4個装軌輸送大隊────12個装軌輸送中隊(2400名)
計                                            (17200名)

『39年型戦車師団 各種車両等総数』
T-55 216両
OT-34 72両
M109 108門
M110 36門
BM-21 36門
PM-43 108門
20mmシルカ 24両
40mmシルカ 12両
シュヴィムワーゲン 150台
九七式側車付自動二輪車 150台
BMP-1 324両
MT-LBV 996両
ウラル4320 600台
Fi156C-5 24機
OH-13 12機

【39年型空挺師団】(13800名、戦車兵252名、505.5万£)※輸送機部隊は別扱い
師団司令部――────空挺司令部大隊───── 3個空挺司令部中隊(400名)
┣━ 2個空挺歩兵連隊─ 6個空挺歩兵大隊─────18個空挺歩兵中隊(4800名)
┣━軽戦車大隊────────────────── 3個軽戦車中隊(400名)
┣━空挺対戦車大隊────────────── 3個空挺対戦車中隊(400名)
┣━空挺重迫撃砲連隊─ 3個空挺重迫撃砲大隊─ 9個空挺重迫撃砲中隊(1200名)
┣━空挺軽榴弾砲連隊─ 3個空挺軽榴弾砲大隊─ 9個空挺軽榴弾砲中隊(1200名)
┣━空挺防空連隊──── 3個空挺防空大隊──── 9個空挺防空中隊(1200名)
┣━対空砲大隊─────────────────── 3個対空砲中隊(400名)
┣━空挺偵察大隊───────────────── 3個空挺偵察中隊(400名)
┣━ 2個空挺戦闘工兵大隊─────────── 6個空挺戦闘工兵中隊(1600名)
┗━空挺支援部隊――─ 3個空挺トラック大隊―─── 9個空挺トラック中隊(1800名)
計                                            (13800名)

『39年型空挺師団 各種車両等総数』
ASU-85 36両
ASU-57 36両
T-20コムソモーレツ 654両
PM-43 108門
L118 108門
20mm四連 72基
40mm連装 36基
MT-LBV 36両
52-K 85mm対空砲 36門
シュヴィムワーゲンTyp 166 150台
九七式側車付自動二輪車 150台
ウラル4320 450台

【39年型空中強襲師団】(17200名、戦車兵0名、航空兵936名、771万£)
師団司令部――──────空中強襲司令部大隊──── 3個空中強襲司令部中隊(400名)
┣━ 4個空中強襲歩兵大隊────────────── 12個空中強襲歩兵中隊(3200名)
┣━空中強襲重迫撃砲連隊─ 3個空中強襲重迫撃砲大隊─ 9個空中強襲重迫撃砲中隊(1200名)
┣━空中強襲軽榴弾砲連隊─ 3個空中強襲軽榴弾砲大隊─ 9個空中強襲軽榴弾砲中隊(1200名)
┣━空中強襲防空連隊─── 3個空中強襲防空大隊─── 9個空中強襲防空中隊(1200名)
┣━空挺偵察大隊───────────────── 3個空挺偵察中隊(400名)
┣━空中強襲工兵大隊──────────── 3個空中強襲工兵中隊(800名)
┣━ 4個多用途ヘリ連隊─ 12個多用途ヘリ大隊── 36個多用途ヘリ中隊(4800名)
┣━飛行大隊─────┬───────────── 2個連絡機中隊(300名)
┃               └───────────── 1個観測ヘリ中隊(100名)
┗━支援部隊―――――┬ 3個支援トラック大隊─── 9個支援トラック中隊(1800名)
                └ 3個装軌輸送大隊──── 9個装軌輸送中隊(1800名)
計                                            (17200名)

『39年型空中強襲師団 各種車両等総数』
PM-43 108門
L118 108門
20mm連装 108基
シュヴィムワーゲン 1272台
九七式側車付自動二輪車 150台
MT-LBV 450両
ウラル4320 450台
H-34 432機
Fi156C-5 24機
OH-13 12機

【39年型海上機動旅団】(7100名、戦車兵192名、航空兵72名、264.0万£)※揚陸艦は別+10
旅団司令部――──────司令部大隊──────── 3個司令部中隊(400名)
┣━ 5個機動歩兵大隊─────────────── 15個機動歩兵中隊(4000名)
┣━機械化混成機動大隊──┬───────── 1個重機械化歩兵中隊(300名)
┃                  ├─────────── 1個浮航戦車中隊(100名)
┃                  └─────────── 1個戦闘工兵中隊(300名)
┣━機動偵察大隊─────┬─────────── 1個偵察中隊(200名)
┃                  ├─────────── 1個戦車中隊(150名)
┃                  └─────────── 1個自走防空中隊(150名)
┣━機動砲兵大隊─────┬─────────── 2個重迫撃砲中隊(300名)
┃                  └─────────── 1個軽榴弾砲中隊(200名)
┣━飛行大隊─────┬───────────── 2個連絡機中隊(300名)
┃               └───────────── 1個観測ヘリ中隊(100名)
┗━支援部隊――――─―┬─機動輸送隊───── 1個装軌輸送中隊(200名)
                  └─舟艇部隊──────── 4個舟艇中隊(400名)
計                                            (7100名)

『39年型海上機動旅団 各種車両数等総数』
PT-76 12両
T-55 12両
PM-43 24門
L118 12門
20mmシルカ 8両
40mmシルカ 4両
シュヴィムワーゲン 50台
九七式側車付自動二輪車 50台
BMP-1 36両
MT-LBV 158両
Fi156C-5 24機
OH-13 12機
大発 80艇
特大発(T-55対応) 12艇

【39年型砲兵旅団】(10400名、戦車兵0名、航空兵72名、781万£)
旅団司令部――──────司令部大隊──────── 3個司令部中隊(400名)
┣━自走榴弾砲連隊─── 3個自走榴弾砲大隊─── 9個自走榴弾砲中隊(1200名)
┣━自走重榴弾砲連隊── 3個自走重榴弾砲大隊─ 9個自走重榴弾砲中隊(1200名)
┣━自走ロケット砲連隊── 3個自走ロケット砲大隊─ 9個自走ロケット砲中隊(1200名)
┣━自走防空大隊────────────────── 3個自走防空中隊(400名)
┣━偵察大隊──────────────────── 3個偵察中隊(400名)
┣━工兵大隊──────────────────── 3個工兵中隊(400名)
┣━飛行大隊─────┬───────────── 2個連絡機中隊(300名)
┃               └───────────── 1個観測ヘリ中隊(100名)
┗━支援部隊―――――┬ 6個トラック大隊―─────18個トラック中隊(3600名)
                └ 2個装軌輸送大隊──── 6個装軌輸送中隊(1200名)
計                                            (10400名)

『39年型砲兵旅団 各種車両等総数』
M109 108門
M110 108門
BM-21-1 108門
20mmシルカ 24両
40mmシルカ 12両
シュヴィムワーゲン 150台
九七式側車付自動二輪車 150台
MT-LBV 486両
ウラル4320 900台
Fi156C-5 24機
OH-13 12機

【39年型野戦防空旅団】(10400名、戦車兵0名、486.0万£)
旅団司令部――──────司令部大隊────── 3個司令部中隊(400名)
┣━ 2個自走防空連隊── 6個自走防空大隊───18個自走防空中隊(2400名)
┣━ 2個対空砲連隊─── 6個対空砲大隊──── 18個対空砲中隊(1200名)
┣━工兵大隊─────────────────── 3個工兵中隊(400名)
┗━支援部隊―――――┬ 6個トラック大隊―────18個トラック中隊(3600名)
                └ 2個装軌輸送大隊─── 6個装軌輸送中隊(1200名)
計                                           (10400名)

『39年型野戦防空旅団 各種車両等総数』
20mmシルカ 144両
40mmシルカ 72両
52-K 85mm対空砲 108門
MT-LBV 444両
ウラル4320 900台


【39年型独立守備隊】(1500名、戦車兵372名、74.5万£)
隊本部― 司令部中隊(100名)
┣━重機械化歩兵大隊─ 3個重機械化歩兵中隊(800名)
┣━混成戦車中隊(100名)
┣━混成砲兵中隊(100名)
┣━偵察中隊(100名)
┣━戦闘工兵中隊(200名)
┗━装軌輸送中隊(200名)
計                                           (1500名)

『39年型独立守備隊 各種車両等総数』
BMP-1 108両
T-55 4両
PT-76 4両
OT-34 4両
PM-43 4門
L118 4門
20mmシルカ 4両
MT-LBV 124両
シュヴィムワーゲンTyp 166 50台
九七式側車付自動二輪車 50台


【39年型歩兵大隊編制表】(大隊人員800名、大隊単価21万£)
歩兵大隊━┳━歩兵中隊━┳━歩兵小隊━┳━歩兵分隊(AKM、RPK、ドラグノフ、GP-25、各種手榴弾等を装備)
       .┣━歩兵中隊  ┣━歩兵小隊  ┣━歩兵分隊
       .┣━歩兵中隊  ┣━歩兵小隊  ┣━歩兵分隊
       .┃         .┃         .┗━軽機関銃分隊(PK軽機関銃 x 4)
       .┃         .┗━重火器小隊(M2HBQCB x 4、八九式重擲弾筒 x 4)
       .┗━火力中隊(SD-44 x 6、L16 x 6)

『39年型歩兵大隊 各種部隊火力』
SD-44 6門
L16 6門
M2HBQCB 12挺
八九式重擲弾筒 12門
PKM 36挺

※司令部小隊などは割愛、装備の費用は歩兵中隊編制費に反映
※自動車化、機械化、空挺など、必要に応じて車輌などは追加配備

2.各種中隊装備、価格


司令部中隊(7.0万£)…………MT-LBV x 12両+司令部設備
空挺司令部中隊(6.0万£)……T-20コムソモーレツ x 12両+司令部設備+空挺装備
重機械化歩兵中隊(11.5万£)…BMP-1 x 36両+歩兵装備
空挺歩兵中隊(8.0万£)………T-20コムソモーレツ x 12両+歩兵装備+空挺装備
機動歩兵中隊(9.0万£)………機動歩兵装備(歩兵装備+戦闘工兵装備の一部+小型艇)
戦車中隊(8.0万£)……………T-55     x 12両
軽戦車中隊(2.5万£)…………ASU-85   x 12両
浮航戦車中隊(1.5万£)………PT-76    x 12両
火炎放射戦車中隊(3.0万£)…OT-34    x 12両
空挺対戦車中隊(2.0万£)……ASU-57    x 12両+空挺装備
自走榴弾砲中隊(9.0万£)……M109   x 12門
自走重榴弾砲中隊(12.0万£)…M110   x 12門
自走ロケット砲中隊(21.0万£)…BM-21-1  x 12門
軽榴弾砲中隊(8.0万£)………L118 x 12門+MT-LBV x 12両
空挺軽榴弾砲中隊(7.0万£)…L118 x 12門+T-20コムソモーレツ x 12両+空挺装備
重迫撃砲中隊(3.0万£)………PM-43 x 12門+MT-LBV x 12両
空挺重迫撃砲中隊(2.0万£)…PM-43 x 12門+T-20コムソモーレツ x 12両+空挺装備
自走防空中隊(2.0万£)………劣化シルカ(20mm四連) x 8両+劣化シルカ(40mm連装) x 4両
空挺防空中隊(2.0万£)………20mm四連 x 8基+40mm連装 x 4基+T-20コムソモーレツ x 12両+空挺装備
対空砲中隊(3.5万£)…………52-K 85mm対空砲 x 12門+MT-LBV x 12両
偵察中隊(1.5万£)……………シュヴィムワーゲンTyp 166 x 50台+九七式側車付自動二輪車 x 50台
空挺偵察中隊(2.0万£)………シュヴィムワーゲンTyp 166 x 50台+九七式側車付自動二輪車 x 50台+空挺装備
工兵中隊(16.0万£)……………MT-LBV x 50台+工兵装備
戦闘工兵中隊(16.0万£)………MT-LBV x 36両+戦闘工兵装備
空挺戦闘工兵中隊(12.5万£)…T-20コムソモーレツ x 50両+戦闘工兵装備+空挺装備
多用途ヘリ中隊(8.5万£)………H-34 x 12機+特殊資材
連絡機中隊(1.5万£)……………Fi156C-5 x 12機+特殊資材
観測ヘリ中隊(2.5万£)…………OH-13 x 12機+特殊資材
支援トラック中隊(15.0万£)……ウラル4320 x 50台
空挺支援トラック中隊(15.5万£)…ウラル4320 x 50台+空挺装備
装軌輸送中隊(8.0万£)………MT-LBV x 50両
舟艇中隊(10.0万£)……………大発 x 20艇+特大発(T-55対応) x 3艇


3.師団・旅団・歩兵大隊編制表(旧式)


【33年型機械化師団】(17300名、戦車兵1380名、265.5万£)
師団司令部――───司令部大隊───────── 3個司令部中隊(500名)
┣━3個戦闘団司令部─────────────―  3個司令部中隊(500名)
┣━4個機械化歩兵大隊───────────12個機械化歩兵中隊(4000名)
┣━重迫撃砲大隊─────────────── 3個重迫撃砲中隊(500名)
┣━対戦車砲大隊─────────────── 3個対戦車砲中隊(500名)
┣━4個戦車大隊───────────────── 12個戦車中隊(2000名)
┣━2個軽戦車大隊───────────────  6個軽戦車中隊(1000名)
┣━突撃砲大隊───────────────── 3個突撃砲中隊(500名)
┣━自走榴弾砲連隊─ 3個自走榴弾砲大隊┬─── 6個自走榴弾砲中隊(1000名)
┃                          └── 3個自走重榴弾砲中隊(500名)
┣━自走防空大隊──────────────── 3個自走防空中隊(500名)
┣━装甲偵察大隊────────────────── 3個偵察中隊(500名)
┣━工兵大隊──────────────────── 3個工兵中隊(500名)
┗━支援部隊―――――┬ 6個トラック大隊―─────18個トラック中隊(3600名)
                └ 2個装軌輸送大隊──── 6個装軌輸送中隊(1200名)

計                                            (17300名)

『33年型機械化歩兵師団 各種車両等総数』
T-34 168両
PT-76 84両
SU-85 36両
M7B2プリースト 72門
M40 36門
PM-43 36門
53-K 45mm対戦車砲 36門
20mmシルカ 24両
40mmシルカ 12両
シュヴィムワーゲン 150台
MT-LB 1020両
GMC CCKW 900台

【34年型空挺師団】(13700名、パイロット960名、190.5万£(内グライダー60万£))
師団司令部―空挺司令部大隊─ 3個空挺司令部中隊(500名)
┣━ 6個空挺歩兵大隊─18個空挺歩兵中隊(6000名)
┣━空挺砲兵連隊┬ 1個空挺軽榴弾砲大隊─ 3個空挺軽榴弾砲中隊(500名)
┃          └ 2個空挺重迫撃砲大隊─ 6個空挺重迫撃砲中隊(1000名)
┣━空挺防空連隊─ 3個空挺防空大隊─ 9個空挺対空機関砲中隊(1500名)
┣━空挺対戦車連隊─ 3個空挺対戦車砲大隊─ 9個空挺対戦車砲中隊(1500名)
┣━空挺工兵大隊─ 3個空挺工兵中隊(500名)
┗━支援部隊―┬―――2個空挺補給大隊─ 6個空挺補給中隊(1200名)
          .└──40個グライダー中隊(1000名)
計                                   (12700名+飛行隊1000名)

『34年型空挺師団 各種車両等総数』
T-20 468台
45mm対戦車砲 120門
PM-43 84門
九四式山砲 36門
イスパノ20mm四連 120基
荷車 108台
シュヴィムワーゲン 900台
CG-13 480機

【34年型砲兵旅団】(9800名、戦車兵288名、165万£)
旅団司令部――───司令部大隊─────────── 3個司令部中隊(500名)
┣━自走中榴弾砲連隊─ 3個自走中榴弾砲大隊─── 9個自走中榴弾砲中隊(1500名)
┣━自走重榴弾砲連隊─ 3個自走重榴弾砲大隊─── 9個自走重榴弾砲中隊(1500名)
┣━自走防空大隊────────────────── 3個自走防空中隊(500名))
┣━装甲偵察大隊────────────────── 3個偵察中隊(500名)
┣━工兵大隊──────────────────── 3個工兵中隊(500名)
┗━支援部隊―――――┬ 6個トラック大隊―─────18個トラック中隊(3600名)
                └ 2個装軌輸送大隊──── 6個装軌輸送中隊(1200名)
計                                            (9800名)

『34年型砲兵旅団 各種車両等総数』
T-34 12両
PT-76 12両
M7B2プリースト 108門
M40 108門
20mmシルカ 36両
40mmシルカ 12両
シュヴィムワーゲン 150台
MT-LB 432両
GMC CCKW 900台

【34年型戦車旅団】(9900名、戦車兵1572名、143万£)
旅団司令部――───司令部大隊───────── 3個司令部中隊(500名)
┣━機械化歩兵大隊―――――────――――3個機械化歩兵中隊 (1000名)
┣━戦車聯隊―――─――3個戦車大隊―────―9個戦車中隊  (1500名)
┣━戦車聯隊―――─――3個戦車大隊―────―9個戦車中隊  (1500名)
┣━軽戦車大隊――――――――――────― 3個軽戦車中隊   (500名)
┣━突撃砲大隊――――――――――────― 3個突撃砲中隊   (500名)
┣━自走榴弾砲大隊─────────┬─── 2個自走榴弾砲中隊(300名)
┃                         .└── 1個自走重榴弾砲中隊(200名)
┣━自走防空大隊――──────――――――― 3個自走防空中隊  (500名)
┣━装甲偵察大隊――――――――――───── 3個偵察中隊   (500名)
┣━工兵大隊──────────────────── 3個工兵中隊(500名)
┗━支援部隊――───― 4個装軌輸送大隊──── 12個装軌輸送中隊(2400名)
計                                             (9900名)

『34年型戦車旅団 各種車両等総数』
T-34 228両
PT-76 48両
SU-85 36両
M7B2プリースト 24門
M40 12門
20mmシルカ 24両
40mmシルカ 12両
シュヴィムワーゲン 150台
MT-LB 792両

【34年型野戦防空旅団】(8800名、129万£)
旅団司令部――───司令部大隊───────── 3個司令部中隊(500名)
┣━自走防空連隊───── 3個自走防空大隊─── 9個自走防空中隊(1500名)
┣━牽引対空砲連隊────── 3個対空砲大隊──── 9個対空砲中隊(1500名)
┣━工兵大隊──────────────────── 3個工兵中隊(500名)
┗━支援部隊―――――┬ 6個トラック大隊―─────18個トラック中隊(3600名)
                └ 2個装軌輸送大隊──── 6個装軌輸送中隊(1200名)
計                                            (8800名)

『34年型野戦防空旅団 各種車両等総数』
T-34 12両
52-K85mm 108門
20mmシルカ 84両
40mmシルカ 36両
MT-LB 504両
GMC CCKW 900台

【33・34年型歩兵大隊編制表】(大隊人員1000名、大隊単価9万£)
歩兵大隊━┳━歩兵中隊━┳━歩兵小隊━┳━歩兵分隊(AKM、RPK、ドラグノフ、手榴弾等を装備)
       .┣━歩兵中隊  ┣━歩兵小隊  ┣━歩兵分隊
       .┣━歩兵中隊  ┣━歩兵小隊  ┣━歩兵分隊
       .┃         .┃         .┗━軽機関銃分隊(PK軽機関銃 x 4)
       .┃         .┗━重火器小隊(M2HBQCB x 4、八九式重擲弾筒 x 4)
       .┗━火力中隊(BM-37 x 6)

『33・34年型歩兵大隊 各種部隊火力』
BM-37 6門
M2HBQCB 12挺
八九式重擲弾筒 12門
PKM 36挺

【36年型機械化歩兵師団】(20000名、戦車兵1656名、航空兵72名、622.5万£)
師団司令部――─────司令部大隊──────── 3個司令部中隊(400名)
┣━3個戦闘団司令部─────────────―─ 3個司令部中隊(400名)
┣━4個機械化歩兵大隊────────────12個機械化歩兵中隊(3200名)
┣━2個重機械化歩兵大隊─────────── 6個重機械化歩兵中隊(1600名)
┣━4個戦車大隊──────────────────12個戦車中隊(1600名)
┣━浮航戦車大隊──────────────── 3個浮航戦車中隊(400名)
┣━火炎放射大隊────────────── 3個火炎放射戦車中隊(400名)
┣━自走榴弾砲連隊── 3個自走榴弾砲大隊─── 9個自走榴弾砲中隊(1200名)
┣━自走ロケット砲大隊──────────── 3個自走ロケット砲中隊(400名)
┣━重迫撃砲連隊─── 3個重迫撃砲大隊───── 9個重迫撃砲中隊(1200名)
┣━自走防空大隊──────────────── 3個自走防空中隊(400名)
┣━偵察大隊──────────────────── 3個偵察中隊(400名)
┣━戦闘工兵大隊──────────────── 3個戦闘工兵中隊(800名)
┣━飛行大隊──────────────────── 3個飛行中隊(400名)
┗━支援部隊―――――┬ 9個トラック大隊―─────27個トラック中隊(5400名)
                └ 3個装軌輸送大隊──── 9個装軌輸送中隊(1800名)
計                                            (20000名)

『36年型機械化歩兵師団 各種車両等総数』
T-55 144両
PT-76 36両
OT-34 36両
M109 108門
BM-21 36門
PM-43 108門
20mmシルカ 24両
40mmシルカ 12両
シュヴィムワーゲン 150台
九七式側車付自動二輪車 150台
BMP-1 216両
MT-LB 1170両
ウラル375-D 1350台
Fi156C-5 36機

【36年型戦車師団】(17200名、戦車兵2340名、航空兵72名、640.5万£)
師団司令部――─────司令部大隊──────── 3個司令部中隊(400名)
┣━3個戦闘団司令部──────────────― 3個司令部中隊(400名)
┣━3個重機械化歩兵大隊─────────── 9個重機械化歩兵中隊(2400名)
┣━6個戦車大隊──────────────────18個戦車中隊(2400名)
┣━2個火炎放射大隊───────────── 6個火炎放射戦車中隊(800名)
┣━自走榴弾砲連隊─── 3個自走榴弾砲大隊── 9個自走榴弾砲中隊(1200名)
┣━自走重榴弾砲大隊──────────── 3個自走重榴弾砲中隊(400名)
┣━自走ロケット砲大隊──────────── 3個自走ロケット砲中隊(400名)
┣━重迫撃砲連隊──── 3個重迫撃砲大隊──── 9個重迫撃砲中隊(1200名)
┣━自走防空大隊──────────────── 3個自走防空中隊(400名)
┣━偵察大隊──────────────────── 3個偵察中隊(400名)
┣━2個戦闘工兵大隊─────────────── 6個戦闘工兵中隊(1600名)
┣━飛行大隊──────────────────── 3個飛行中隊(400名)
┗━支援部隊―――――┬ 4個トラック大隊―─────12個トラック中隊(2400名)
                └ 4個装軌輸送大隊────12個装軌輸送中隊(2400名)
計                                            (17200名)

『36年型戦車師団 各種車両等総数』
T-55 216両
OT-34 72両
M109 108門
M110 36門
BM-21 36門
PM-43 108門
20mmシルカ 24両
40mmシルカ 12両
シュヴィムワーゲン 150台
九七式側車付自動二輪車 150台
BMP-1 324両
MT-LB 996両
ウラル375-D 600台
Fi156C-5 36機

【36年型空挺師団】(13800名、戦車兵252名、373.5万£)※輸送機部隊は別扱い
師団司令部――────空挺司令部大隊───── 3個空挺司令部中隊(400名)
┣━ 2個空挺歩兵連隊─ 6個空挺歩兵大隊─────18個空挺歩兵中隊(4800名)
┣━軽戦車大隊────────────────── 3個軽戦車中隊(400名)
┣━空挺対戦車大隊────────────── 3個空挺対戦車中隊(400名)
┣━空挺重迫撃砲連隊─ 3個空挺重迫撃砲大隊─ 9個空挺重迫撃砲中隊(1200名)
┣━空挺軽榴弾砲連隊─ 3個空挺軽榴弾砲大隊─ 9個空挺軽榴弾砲中隊(1200名)
┣━空挺防空連隊──── 3個空挺防空大隊──── 9個空挺防空中隊(1200名)
┣━対空砲大隊─────────────────── 3個対空砲中隊(400名)
┣━空挺偵察大隊───────────────── 3個空挺偵察中隊(400名)
┣━ 2個空挺戦闘工兵大隊─────────── 6個空挺戦闘工兵中隊(1600名)
┗━空挺支援部隊――─ 3個空挺トラック大隊―─── 9個空挺トラック中隊(1800名)
計                                            (13800名)

『36年型空挺師団 各種車両等総数』
ASU-85 36両
ASU-57 36両
T-20コムソモーレツ 654両
PM-43 108門
L118 108門
20mm四連 72基
40mm連装 36基
MT-LB 36両
52-K 85mm対空砲 36門
シュヴィムワーゲンTyp 166 150台
九七式側車付自動二輪車 150台
ウラル375-D 450台

【36年型海兵旅団】(7100名、戦車兵240名、航空兵72名、252.0万£)※揚陸艦は別
旅団司令部――──────司令部大隊──────── 3個司令部中隊(400名)
┣━ 5個海兵大隊────────────────── 15個海兵中隊(4000名)
┣━機械化混成揚陸大隊──┬───────── 1個重機械化歩兵中隊(300名)
┃                  ├─────────── 1個浮航戦車中隊(100名)
┃                  └─────────── 1個戦闘工兵中隊(300名)
┣━海兵偵察大隊─────┬─────────── 1個偵察中隊(200名)
┃                  ├─────────── 1個戦車中隊(150名)
┃                  └─────────── 1個自走防空中隊(150名)
┣━海兵砲兵大隊─────┬─────────── 2個重迫撃砲中隊(300名)
┃                  └─────────── 1個軽榴弾砲中隊(200名)
┣━飛行大隊──────────────────── 3個飛行中隊(400名)
┗━支援部隊――――─―┬─海兵輸送隊───── 1個装軌輸送中隊(200名)
                  └─舟艇部隊──────── 4個舟艇中隊(400名)
計                                            (7100名)

『36年型海兵旅団 各種車両数等総数』
PT-76 12両
T-55 12両
PM-43 24門
L118 12門
20mmシルカ 8両
40mmシルカ 4両
シュヴィムワーゲン 50台
九七式側車付自動二輪車 50台
BMP-1 36両
MT-LB 158両
Fi156C-5 36機
大発 80艇
特大発(T-55対応) 12艇

【36年型砲兵旅団】(10400名、戦車兵144名、航空兵72名、444万£)
旅団司令部――──────司令部大隊──────── 3個司令部中隊(400名)
┣━自走榴弾砲連隊─── 3個自走榴弾砲大隊─── 9個自走榴弾砲中隊(1200名)
┣━自走重榴弾砲連隊── 3個自走重榴弾砲大隊─ 9個自走重榴弾砲中隊(1200名)
┣━自走ロケット砲連隊── 3個自走ロケット砲大隊─ 9個自走ロケット砲中隊(1200名)
┣━自走防空大隊────────────────── 3個自走防空中隊(400名)
┣━偵察大隊──────────────────── 3個偵察中隊(400名)
┣━工兵大隊──────────────────── 3個工兵中隊(400名)
┣━飛行大隊──────────────────── 3個飛行中隊(400名)
┗━支援部隊―――――┬ 6個トラック大隊―─────18個トラック中隊(3600名)
                └ 2個装軌輸送大隊──── 6個装軌輸送中隊(1200名)
計                                            (10400名)

『36年型砲兵旅団 各種車両等総数』
M109 108門
M110 108門
BM-21 108門
20mmシルカ 24両
40mmシルカ 12両
シュヴィムワーゲン 150台
九七式側車付自動二輪車 150台
MT-LB 486両
ウラル375-D 900台
Fi156C-5 36機

【36年型野戦防空旅団】(10400名、戦車兵864名、213.0万£)
旅団司令部――──────司令部大隊────── 3個司令部中隊(400名)
┣━ 2個自走防空連隊── 6個自走防空大隊───18個自走防空中隊(2400名)
┣━ 2個対空砲連隊─── 6個対空砲大隊──── 18個対空砲中隊(1200名)
┣━工兵大隊─────────────────── 3個工兵中隊(400名)
┗━支援部隊―――――┬ 6個トラック大隊―────18個トラック中隊(3600名)
                └ 2個装軌輸送大隊─── 6個装軌輸送中隊(1200名)
計                                           (10400名)

『36年型野戦防空旅団 各種車両等総数』
20mmシルカ 144両
40mmシルカ 72両
52-K 85mm対空砲 108門
MT-LB 444両
ウラル375-D 900台

【36年型歩兵大隊編制表】(大隊人員800名、大隊単価18万£)
歩兵大隊━┳━歩兵中隊━┳━歩兵小隊━┳━歩兵分隊(AKM、RPK、ドラグノフ、GP-25、各種手榴弾等を装備)
       .┣━歩兵中隊  ┣━歩兵小隊  ┣━歩兵分隊
       .┣━歩兵中隊  ┣━歩兵小隊  ┣━歩兵分隊
       .┃         .┃         .┗━軽機関銃分隊(PK軽機関銃 x 4)
       .┃         .┗━重火器小隊(M2HBQCB x 4、八九式重擲弾筒 x 4)
       .┗━火力中隊(ZIS-3 x 6、L16 x 6)

『36年型歩兵大隊 各種部隊火力』
ZIS-3 6門
L16 6門
M2HBQCB 12挺
八九式重擲弾筒 12門
PKM 36挺