※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

硬くて頑丈な殻で身を守っているとはいえ、貝には危険がいっぱい。

殻だけでは足りず、泥の中にもぐったり、においをかぎ分ける触手を持ったりと、それぞれ生き抜
いていく術を備えています。


アメリカ西海岸に棲む月の一種ジオダックは、敵が近づくと、泥の中1メートルもの深さに逃げ込みます。

逃げ足の速さと確実さでいえば、このジオダックがナンバーワンですが、敵を察知する能力にかけては、ホタテガイに勝る会はありません。


なにしろ、ホタテほ目の数が32個。

一つひとつの基本構造が人間の目にそっくりで、白眼にあたる部分が青くなっています。
 

さほど大きくはないものの、殻の周囲にズラリと並んでいるのですから、敵の接近も見逃さないはず…

なのですが、やはりヒトデなどに捕まってしまうことも少なくないようです。