※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名 : 鈴木 五郎

■性別
男性

■学年
2年

■所持武器
筆ペン

■攻撃/防御/体力/精神/FS
攻:13 防:2 体:6 精:4 FS(常識):5

■特殊能力
特殊能力名:『でもそれってお前の妄想じゃね?』
タイプ:パッシブ・カウンター型(発動の成功した能力に対するカウンター)
効果:成功率50%ダウン
対象:マップ全体1人
時間:1ターン
制約:精神攻撃
精神0のみ

GK注:カウンター条件に該当したキャラがいるたび発動判定を行う。

気持ちよく能力を発揮しようとしているところに水を差す一言。
言われた相手は急に恥ずかしくなって能力が不安定になる。
もっとも、普通の精神状態の魔人の中二力を崩せるほどのものではない。あくまで水を差す程度である。
条件反射のようなものになっていて、仮想世界では普通に使えるものだとわかっていてもつい言ってしまう。

■特殊の能力の発動率
70%

■シークレット
シークレットにしない

■キャラクター説明
鈴木五郎17歳。中肉中背黒髪短髪。
容姿も性格も可もなく不可もなく。平均的な男子高校生である。
唯一異常なのは魔人なんていないと心の底から思っていること。
もちろんテレビなどで魔人も能力も見たことがあるのだが、それらは全てトリックだと思っており、思い込みがこうじて魔人になった。
ニュージェネレーションにはトリックが使えるようになるなんて楽しそうだなと思って参加した。
趣味は筆ペン習字。段位は五段で何事においても普通な彼の、唯一誇れる特技である。