※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名 : 感染源(暫定名)

■性別
無性

■学年
その他

■所持武器
無し

■攻撃/防御/体力/精神/FS
攻:10 防:4 体:5 精:5 FS(危険度):6

■特殊能力
能力名:無差別感染拡大形態(暫定名)

スタイル:カウンター
効果1:同マス通常攻撃 35
効果2:同マス精神力への通常攻撃 10
効果対象:同マス x1.0
時間:瞬間 x1.0

効果3:無意味な状態異常「グラフィック崩壊」付与 1
効果対象:同マス x1.0
時間:永続 x2.0
時間付与:対象死亡非解除 x1.1

消費制約:永続行動不能 40
非消費制約1:カウンター x1.71
非消費制約2:敵味方無差別 x0.95

カウンター条件:敵侵入 x0.95
カウンター対象:無差別 x1.0
待ち受け範囲:同マス x1.0
待ち受け時間:4ターン x1.5
待ち受け回数:1ターン1回 x1.2
カウンタータイミング:同時 x1.0

効果付属:凄惨な死 10

カウンター倍率=0.95*1.0*1.0*1.5*1.2*1.0=1.71
効果数値=(35+10)*1.0*1.0*1.71+1*1.1*2.0*1.1*1.71=76.6764
発動率=(100-76.6764+40)*(1+0.6)-10=91.31776≒91%

突然移動を停止した後この形態に移行しその間近づいた物体に無差別にバグを感染させようとする。
何かにバグを感染させると少しの間沈静化した後再びバグを感染させ始める。
またこの形態になってから一定時間経過すると休眠状態に入り行動を止め、その後数日間経過するとまた再び移動を始める。
この形態に移行する条件は不明であり、最初に観測された時は被害に遭う生徒が数名いた。

GK注:効果3のみ死亡非解除がつく。

■キャラクター説明
シャドウによるハッキングの数週間前からDNG内にて観測されている現象。

見た目は破損したグラフィックデータで構成された人間型のシルエットであり元の性別も年齢も判別不可能。
通常は不規則なパターンでDNG内を移動しているが突然無差別汚染形態に移行すると周囲の物体にバグを感染させ始める。
その正体は未だ分かっておらず、調査系能力を持つ魔人であってもこの現象の原因を解明することが現時点でできていない。

最初に観測された日時と前後して生徒間で一人の生徒が怪奇現象に巻き込まれ行方不明になったという怪談話が流行り、生徒会はこの現象との関連性を調べている。