これを達成したら、死んでもいい


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は達成したら死んでもいいと思える目標を今まで考えたことはありませんでした。私の思う達成したら死んでもいいと思える目標は両親にたくさんの親孝行をするということです。私は今まで両親にたくさんお世話になり、また、たくさん迷惑もかけてきました。今学校に通っているお金だって全て親に出してもらっています。だから、今まで育ててもらってきた分両親にたくさんの恩返しをしたいと思います。それが私の達成したら死んでもいいと思える目標です。


この質問をみて、素直に感じたことは命をかけられるようなものにまだ出会っていないと感じました。今の目標はデザインの仕事に携われることですが、きっとこの質問はもっと先の目標をさしているものだと思います。デザインの仕事に携わり、周りから認められて一人前になって、そこから自分の命、人生をかけて成し遂げたい目標を見つけて進んでいく。今の自分はまだ未熟だし、知らないことがまだまだあって、達成したら死んでもいいと思える目標はまだ持てません。でもいつか胸を張って「これを達成したら死んでもいい」と言える目標を見つけたいです。その目標を持てるために小さな目標を一つ一つ達成していきたいです。
 

親孝行することです。この学校に通ってデザインを学べているということもふくめて、幼いころから本当に好き放題やらせてもらっています。未だに迷惑はたくさんかけているし、不満な思いも相当させてしまっています。まずは家事をこなせる
ようになって、負担を少しでも軽くすること。いつまでも肩を借りていてはいけません。そして、自分の成長した姿を見せること。立派な社会人になって、変な心配をかけないような大人になりたいです。お互い歳をとったら、今度は親に好きなことをしてもらいたいです。私の世話で自分の時間を削ってくれた分、今度は私が、親のために時間を費やします。感謝を伝えたいです。平凡で
当たり前のようなことですが、大事な目標です。
 


これを達成したら死んでもいいと思えるような目標について自分なりに考えたのですがまだそういった目標といえるものが思いつきませんでした。でもこれから学校を卒業して社会に出た時にそういった目標になるものが出来ていくのかなと私は思いました。授業でも話していたあの中小企業の社長さんのように自分がいなくなっても会社が成り立つように努力をする、こういった周りのことを考えられる余裕みたいなものがない限り自分はそういう目標を持つことができないんじゃないかなと思いました。これを達成したら死んでもいいなんてことは満足しないとだめだし今それを軽々しく決めてしまってもしそれを達成してしまった時次の目標はいったいどうやって見つければいいかも分からなくなるとおもいました。それにこれから先の人生で目標が途絶えることがないと思いました。常に上の目標にむかって頑張っていく、それが今自分がやるべきことだと考えました。


18年生きてきましたが、まだ「これを達成したら、死んでもいい」と思えるような目標はないです。まだまだ未熟な今の私には、いくら考えても「死んでもいい」とまで言いきれる目標を見つけ出すことはできませんでした。しかしそんな目標が見つかったときには、きっとその目標はその人生においてのゴールになるわけだから、よりゴールを見据えた、あまり無駄のない目標のための充実した人生に成るのではないかなと思いました。そうした大きな目標は、「死んでもいい」と思えるほどのものだから、並大抵の努力ではきっと達成できないでしょう。そのためにも、今から小さなことでも一つ一つ目標をたてては達成していきたいです。「目標を達成する」ということに慣らしておくというか、「目標」はただたてるものじゃなくて、「達成するもの」であることを頭に体にしみこませておきたいです。そしていつか、「これを達成したら、死んでもいい」と思えるような目標を掲げたとき、「これを達成するんだ」という強い気持ちで臨んでいきたいと思いました。



わたしは「これを達成したら、死んでもいいと思えるような目標」というものはありません。自分はまだ「死んでもいい」というほどのものに出会っていないと思います。そして、これは最初に思ったのですが、目標というものは死ぬまであって、達成して次の目標、さらに次の目標というようずっとにつながっていくのではないかとわたしは考えます。なので、死んでしまっては意味がないと思いました。今は目の前にある目標に向けて努力し、その目標が達成出来るようになりたいです。そして、「死んでもいい」というものに出会ってみたいなと思いました。


これを達成したら死んでもいい。そう考えて思ったのは、達成して喜んだら死んでしまってよいのか。それまで頑張ってきて、やっと報われたと思って死んでしまっては努力が水の泡になってしまうような気がするんです。深く考えすぎのような気がしますが、死ぬ覚悟で達成したい、これになら命をかけたって構わないというような目標は私にはまだありません。また、「心の自立」で読んだ中で「志を持つことは自立する上で大切なことだ」とありました。そこで「達成したら死んでもいいと思えるような目標」というのは志のことにあたるのではないかと考えました。もしそうなのだとしたら、これから何十年かかるか分からないけれど、自分がこの世界からいなくなってそこで後悔しないように、そういった目標を見つけていきたいと思いました。


私はまず、死んでもいいと思えるような目標はないです。なぜなら、死んだら何も出来ないからです。せっかく、目標を達成したのにすぐ死んでしまっては意味がないと思います。その前にまず、死んでもいいと思えるくらいの目標もまだ見つかっていないので、これから先見つけようと思います。



今の私には、これを達成したら死んでもいいと思えるような目標はまだありません。今まで目標を掲げて達成する、というようなことは高校受験とか部活動とかで少しありましたが、自分自身の命をかけるような大きな目標を持つというのはあまり考えたことがありませんでした。この質問は意外に分かりやすいようでとても分かりにくい質問だと思います。『死んでもいい目標』は見つけるのは難しいけど、『死ぬ前にやりたいこと』だったらまだ分かりやすかったかもしれません。本気で『死んでもいい目標』がもし私の人生の中で見つかったら、きっと生きること、目標を達成することに一生懸命になって全力で人生を歩んでいくと思います。でももし、その目標が達成されても、前向きに生きることは忘れないで目標達成後も悔いのない人生を送る…。そんなかっこいい生き方が出来たら、素晴らしいことじゃないかなぁ~と思います。


わたしはこれを達成したら死んでもいいという目標はまだありません。まだ年齢が若いので死について深く考えたことがありません。これから社会に出て仕事などでこれを達成できたら死んでもいいという目標ができたらいいなと思います。


これを読んで私は死んでもいい、と思えるほど大きな目標を持ったことがないなと思いました。そもそも、死んでもいいと思えるような目標とはどんなものか?と考えましたが浮かびませんでした・・・しかし、その目標を達成できた時の達成感は素晴らしいものだと思います。私も、死んでもいいと思える目標に出会えるよう頑張っていきたいです。

あなたに、「これを達成したら、死んでもいい」と思えるような目標自分は、今デザイナーの勉強しているので、将来、デザイナーになって自分デザインした広告やポスターなどが、誰もが、見てくれるような広告などを、作れたらいいと思います。あと、日本人だけではなくより、多くの人に、注目せれて自分のデザインを、求めくれて自分のデザイン誰もが欲しがるようなデザイナーに、なれたら(達成)したら死んでもいいですでもやっぱり死ぬは、怖いのでトップデザイナーになっていつまでもトップで君臨することできたら死んでもいいです。その為に今の課題や小さな目標を、一つ一つできるようになりたいです。

この質問をみて、素直に感じたことは命をかけられるようなものにまだ出会っていないと感じました。今の目標はデザインの仕事に携われることですが、きっとこの質問はもっと先の目標をさしているものだと思います。デザインの仕事に携わり、周りから認められて一人前になって、そこから自分の命、人生をかけて成し遂げたい目標を見つけて進んでいく。今の自分はまだ未熟だし、知らないことがまだまだあって、達成したら死んでもいいと思える目標はまだ持てません。でもいつか胸を張って「これを達成したら死んでもいい」と言える目標を見つけたいです。その目標を持てるために小さな目標を一つ一つ達成していきたいです。

私はこれを達成したら死んでもいいと思えるような目標はまだないです。例えば立派な社会人になる、デザイナーになる、医者になる、政治家になるなどの目標だと達成してしまえばせっかく成ったのにそこまでで終わってそれに成った意味が無くなってしまいます。人間は目標を達成すれば次の目標を見つけそれに向かい進んでいきます。それを何回も繰り返して最終的にこれ以上目標が見つからないとわかると死んでもいいと思えるかもしれないと思いました。そのころにはきっと老人になっていると思います。なので私はまだそういった目標はないです。しかしいずれ見つけたら死に物狂いで達成したいと思います。

これを達成したら死んでもいいと思える事は仕事とかの事ではないのですが、親を幸せに出来れば死んでもいいと思います。今までさんざん苦労をかけて今もなお迷惑をかけています。これからも親に対して返せないほどの事がありますが、自分自身の成長・がんばっている姿を見てもらい少しでも育てて良かったと思ってもらいたいです。お金や物で返せない分、自分自身の頑張りを形にしていきゆくゆくはその思いを親に伝えたい。自分がデザイナーになり思いを物に作れるようになった時にはこの思いを親に伝えたいと思います。

まず基本的なことなんですが、この質問の意味が、私にはよくわかりませんでした。大抵の人間は何が一番嫌なのかというと、自分の命が終わってしまうことなので、その嫌なことをやってまで何かしたいことはあるか?自分の命より大事なものはあるか?…という質問なのかなあ、と見当をつけました。この質問は、答える人が「死にたくない」「生きていたい」と思っていることが前提となっているので、私には当てはまらないといいますか…どう答えたらいいかイマイチ不明です。私は多くの目標を持っていますし、それを達成したいと思っていますが、今日死んでも、それはそれで、まっいっか~~~と考えているので…。そもそも、この質問を平凡な人間にするのはどうなんだろう?と思ってしまいました。。。これは人生上級者(精神的貴族)用の質問ですよ…。そこらへんにいる人に「これを達成したら死んでもいいっていう目標はある?」と聞いたって、「ない」もしくは「死にたくない」って返ってくるに決まっています。。。。根本的なところを否定してしまってすみません…。

私は自分が納得できる人生を送れたら死んでもいいかなと思いました。大きくぼんやりとした目標かもしれませんが、今、私は1日1日必死に生きているので精一杯で先のことをあまり考えられていないというのが現状です。しかし、そんな中でもこれからの人生の中で本当の目標を見つけたいと思っています。なので、今は納得できる人生を送ることを、また、目標を見つけることを目標に生きていきたいと考えています。まだまだ長い人生の中、死ぬことは考えたくないですが、悔いを残しては死にたくないです。

私は無いです…目標を達成して嬉しくて幸せなのに、なぜ死んでもいいと思うのか分からない。死んだら、達成したことも、達成のために積み上げてきたものもなくなってしまう。それはすごく空しいと思うので。そんな終わりが見えていて空しくなるような目標はないです。

私は「これを達成したら、死んでもいい」と思えるような目標をまだ見つけていません。結構考えてみましたが、死んだら元も子もないではないかと思ってしまうばかりでした。ですが、それぐらいの目標を持っていればまっすぐ前向きに生きていけるのだと思いました。今の私は、まずは小さなことに対しても目標を設定して達成し、「これを達成したら、死んでもいい!」と思える目標を見つけたいと思いました。

私には、「これを達成したら、死んでもいい」と思えるような目標はない。なぜなら、その「達成したら、死んでもいい」と思う目標が、例えば「デザイナーになる。」というような目標だったら、デザイナーになったらおしまい。ということになってしまう。だが、デザイナーになっても、その後にだっていろいろな目標が生まれると思うし、デザイナーになったからと言ってそこで終わりではない。と思うから、私には、「これを達成したら、死んでもいい」と思えるような目標はない。でも、後々になってから、「これを達成したら、死んでもいい」と思えるような目標を持つことがあるかもしれないので、できる限り、「これを達成したら、死んでもいい」と思えるような目標をもつようにしたいと思う。そして、その目標が、「自分にとってプラスになることだといい。」と思う。自分にとってプラスになる目標がどんなものかはわからないが、「これを達成したら、死んでもいい」と思えるような目標がいいものだと思う。

ワンピースのルフィも、こういうセリフを言っていましたね。これがはっきりしてる人は、強い信念を持っている人だと思います。私が、達成したら死んでもいいと思ってることは、天寿を全うすることです。これは、私の人生の最終的な目標でもあります。普通でつまらないかもしれませんが、私にとってはとても重要なことだし、達成できる人は少ないと思います。いきなり脳梗塞で倒れて、病院へ運ばれ、そのまま還らぬ人となることが今では珍しくありません。若い人でもストレスが溜まるとなります。つまりいつ、何が起こるか分からないのです。健康なのが一番幸せだと思います。元気があれば何でもできるのも納得です。健康でないと、元気が出ません。元気がないと、やる気が起きません。やる気がないと生きる気力が出ません。生きる気力がない人は死んでるのと同じです。このようにたかが不健康だと馬鹿にはできないのです。だから私は、病気で死ぬのではなく、自然死…寿命が尽きて死ぬのがいいです。誰もが思ってる全世界共通の目標だと思います。

そのような大きな目標はまだありません。それ以前に私には、まだ夢も目標もありません。この学校に入ったのは目標があるからではなく目標をつくるためです。将来の夢も具体的に分からないまま今まで来てしまったので、そろそろ夢なり目標をなり抱えてそれに向かって歩みだしたいなと思っています。そのために3年間学校に通い、自分に合った職業を見つけたいです。主旨がずれてしまいましたが、これを達成したら、死んでもいいと思えるような目標はまだありません。

目標と夢は違うのでしょうか?それとも夢というもの自体が目標なんでしょうか?私はこの学校を卒業して直ぐでなくてもいい。卒業して他の会社で経験を積んだりとそれに近づくことができるのならば多少遠回りしてでもいいのでどうしても就きたい職があります。その職に就くことは私にとっての夢であり、目標でもあります。しかし、もしもその夢が達成できた時にそこで死んでしまったら今までしてきた努力などこつこつ積み重ねてきたものすべてが無駄になってしまう気がします。その私の中の最大の目標が達成されたときに、私の中ではきっとまた新しい目標が生まれ、今度はその目標に向ってまた努力をし始めるのだと思います。ですので、比喩的表現の例えなのだろうなとは思いますが、私には「これを達成したい」という大きな目標自体はありますが「死んでもいい」と思えるような目標はありません。

私は「これを達成したら、死んでもいい」と思えるような目標は今のところありません。なぜなら、私は目標が達成するとすぐにその先の目標が見つかるからです。私はまだ10代なので、学ばなければいけないことがたくさんあります。何か一つが達成してもその先にはたくさんやらなければならないことが待っています。もし、わたしが年とともに多くの経験重ねたとき、今までの経験を生かして何か大きな目標のために努力したとすれば、そのときは死んでもいいと思うかもしれません。今はそのときのために小さな目標からコツコツがんばっていこうと思います。

私にはまだ達成したら死んでもいいという目標は思いつきません…。わたしの尊敬する人が「満足することはない。満足してしまったらそこでおしまいだから」と言っていました。死んでもいいくらいの目標は、目標と言っていいのか分かりませんが、自分の人生に満足してしまった瞬間なのかなと思いました。でも正直、質問のテーマがとても重いので、軽々しく意見を言ってはいけないような恐ろしさを感じてしまいました。わたしは、今目の前にある小さな目標を一つ一つ積み重ねていき、学校を卒業しクリエイターになることが大きな目標です。わたしにはクリエイターになった瞬間に、自分の人生に満足するとは思えません。わたしが今持っている目標はすべて通過点なのだな、と考えさせられました。

現段階では私にはありません。しかし、学校に進学してから「人の役に立てるデザインを創りだすことで達成感を得られる。」そうかんがえるようになりました。もし、このきもちが目標にすることができれば、これが私の「達成したら、死んでもいい」目標になると感じました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。