Sovereign


概要

車体:LEXURYクーペ
会社:?
和音:サブリン
ドア:2枚
駆動:FR
実車:Cadillac XLR、Cadillac Evoq Concept、Cadillac Cien(リア)
日本訳:国王、君主

性能

重量:★★★
加速:★★★★
最高速:★★★★
ハンドリング:★★★

性能は高い。 アシとして使うには充分。操作性も良好なのでお手軽スポーツカーと言う具合だろうか。

解説

モダンクーペが相応しい直線で曲線が表現されたデザインが特徴的なLEXURYクーペ。
非常に大きなグリルと独特の形状をしたライト周りが特徴的で非常に近未来的な外観をイメージするデザインである。
このデザインはモデルであるキャデラックが近年推し進めて迷走を始めているコンセプト「アート&サイエンス」というものに影響を受けているものと推測される。

人によって印象は違うとはいえ、元ネタであるキャデラックを上回るセンスであるとは何とも皮肉な物である。もちろん最近のキャデラックはこの「アート&サイエンス」が煮詰められたのか充分にカッコよくセンスの高いデザインになっているのも事実である。

メーカーエンブレムのようなものが確認できるが、残念ながらメーカーに関連するロゴは見受けることができないため、メーカー名は不明。もしかするとこの車種限定のエンブレムなのかもしれない。

グレード名は「LX」で「V10」のバッジも確認できることからエンジンはV10を積んでいると推定できるが、
モデル車両であるキャデラック・XLRとキャデラック・エヴォックのエンジンはV8。
同じくキャデラック・シロンはV12とV10を積んだキャデラックのスポーツカーは存在しない。
そもそもV10を積んでいるスポーツカーもそこまで多くはなく、代表的なのはレクサス・LFA、ダッジ・バイパーやアウディ・R8といった車などで、クラスとしてはスーパーカーに近い。

位置付けとしてはSaints Rowに存在したスポーツカー「Venom」とほぼ同じポジションと思われる。
ただし「Venom」のモデルであるシボレー・コルベットのエンジンもまたV8なので、クラスは若干異なる。

前作からの続投車の一台であるが前作ではやや保守的なデザインに対して、今作ではよりアグレッシブに攻撃的なデザインへと変化を遂げており、マイナーチェンジを受けた模様。

リアライトがリアフェンダーにまで伸びて、さらにそこから分裂しているというかなり独自のリアライトとなっている。

おそらくこのデザインはキャデラックが2002年に発表したコンセプトカー「シエン」とモデルである「XLR」をモチーフにアレンジを加えたものだろう。
そういった意味ではモデル車両に近くなったと言える。
またホイールベースや独特なシールのようなリアライト、ヘッドライトなどは「XLR」の元となったコンセプトカー「Evoq」に似ている。上手い具合に掛けあわされていると言えるだろう。

余談だがこのキャデラック・シエンは近未来都市を舞台としたマイケル・ベイ監督によるSF作品「アイランド」に登場している。
この映画に登場するSUVのタクシーと合わせて今作の世界観には非常に適したデザインと言えるだろう。

前作では出現率も低かったが、このマイナーチェンジによって人気を博したのか、出現率は他のスポーツカーの削除も関係して大幅に上昇している。
マイナーチェンジによるものなのかエンジン回りも強化されているようで、前作と比べると加速性の鈍さ、重さを感じさせず軽快な走りをしてくれる。
改造パーツこそ前作の使い回しと言う部分も多いが、それなりのカスタマイズパーツがあるので表現性は高い。手ごろに入手できるスポーツカーの中では表現性は高いので気に入ったなら1台入手しておいてもよいだろう。

特別仕様、レアカラー

Saints

セインツが使用する仕様。白/紫の非売品カラー。

画像


実車


Cadillac XLR