Taxi


概要

車体:ワゴンタクシー(SUVベース)
ベースモデル:Kayak
会社:STEER
和音:タクシー
ドア:4枚
駆動:FR
運用:BIG WILLY'S CAB COMPANYTNA Taxi
実車:Ford Flex、Dodge Caravan、Dodge Nitro、Jeep Grand Cherokee、
   Honda Element、'90s Land Rover、Ford Expedition、VPG MV-1
日本訳:タクシー

性能

重量:★★★★
加速:★★☆
最高速:★★★☆
ハンドリング:★★☆

このサイズらしからぬ、非常に安定した性能。
重量もある程度あり、性能が確保されているが、加速とハンドリングが悪いのが難点。
しかし低速域ではハンドリングが異様なほどに切れる。
アシとして使うには十分。改造をしっかり施すのもよいだろう。
ただしSUVと言う性格が災いしているのかブレーキングが弱い点には注意。

解説

シリーズお馴染みのタクシー。今作では初登場となるSUVベースのワゴンタクシー。
ベースとなったのは前作3rdに登場したSTEERの「Kayak」というSUV。
しかしながらベース車であるKayakは登場しない。
というのもこの車両、データの上ではKayakと同じであり、数値の上で変わっている部分はない。

運用会社は1から登場しているシリーズお馴染みのBIG WILLY'S CAB COMPANYが使用する。
しかしながら電話番号はSTILWATERの「555-819-8415」とは異なり、電話番号は「555-0100」である。
また、2まで登場していたTNA TAXIも同じく使用する。同じ無線組合、はたまた業務提携なのか、電話番号は同じ。

まさにアメリカのタクシーをイメージさせるデザインで、前ドアに大きく描かれた社章、後部ドアには料金表、フロントドアからリアゲート、行燈に入るチェッカーラインなど目につく派手なデザイン。

今作ではSUV・ワゴン車が大幅にカットされたのもあってか、この1台にまとめられているような気がしないでもない。
Kayakをワゴン車と言うくくりで見た場合、ワゴン車に該当するのはこの他にHammerのみ。

SUVはコンパクト(オフロード)としてSwindle、ミドルLEXURYとしてAtlantica、そしてラージサイズとしてBulldogとこのTaxiが君臨しており、それぞれで味付けが異なっている。
ミドルサイズは前作まではNordbergやQuasarなども存在したが今作ではどちらもカットされてしまっている。

改造パーツは前作のKayakとほぼ共通だが、タクシー向けのパーツ(行燈)が追加されている。
それに伴ってか、一部パーツはカットされており、前作ではトランクゲートに装着可能であったホイールカバーは装着できなくなっている。
乗用車向けのパーツが用意されていながら、BIG WILLY'S CAB COMPANYの社章や料金表と言ったステッカーを外すことができないのは残念なところである。

出現率は全シリーズを通して言えるが、「見かけるときは見かけるが見かけない時は見かけない」という極端な出現率である。
マップ全域で出現する他、空港前のエントランスに固定出現するので調達は容易。一部のウィルスインジェクション(サバイバル)でも敵が乗り付けてくる車両として登場する。

Kayak自体はSaints Rowに登場したHonda ElementやSion xBをモデルとした「Aqua」、Nissan PatrolやJeep Grand Cherokeeをモデルとした「Traxx Master」に酷似している。
ただし、AquaはSUMIYAKA製、Traxx MasterはWASABI製なので直接的な関係はないと思われる。
デザインはFord Flexをベースにダッジ系のデザインを織り交ぜたように見える。

ちなみにKayak」には「XL」というグレートを示すバッジや、ステッカーによる色の変更や取り外し可能な「KAYAK」バッジが存在したが、社章や電話番号と言ったデカールが貼られている関係かすべて外されており、装着も不可能。
加えてフロントのSTEERのバッジは「オプション1」のグリルだとステッカーで色の変更が可能だったのだが、今作でのKayak、つまりTaxiはブルーに固定されてしまっている。

大型SUVをタクシーのベースに採用した背景には、Saints Row 4の開発が進んでいる時期にちょうどニューヨークにて日産のワゴン車、NV200がタクシーに採用されたという背景があるかもしれない。

Taxi自体はSaints Row 3まではフルサイズセダンのフォード・クラウン ビクトリアをモデルとした車両であった。

余談だが、Kayakは公式が推していたカスタムに優れたSUVであったが、出現するのがさえない仕様、デザイン性で受けがよくなかったのか、一部の層に人気でありながら、使用している人はほとんど見られないという酷い有様であった。
今作では一部の層にしか人気が無かったうえ、時代背景的に古くなっているTaxiをKayakと統合している辺り、苦肉の策ともいえる。
ちなみに公式が同じく推していたInfuegoは受けがよく、海外では人気の高い車両の一台となっている。

海外ではワゴン・SUVのタクシーが増えているのだが、SUVベースのタクシーがゲームに出るのは今作が初めて。
(ミニバンのタクシーはGTA4(2008)のミニバンベースのタクシーや、NFS MW(2012)にダッヂ・キャラバンベースのタクシーが登場している。他にもドライバー:サンフランシスコ(2011)にダッジ・グランドキャラバンがベースのタクシーが登場。ミニバンをベースにしたタクシーが登場しているゲームは他にも多数存在するが、SUVベースというのはおそらく今作が初と思われる)

ちなみに開発段階におけるこの車両の料金表や電話番号は社章と同じくイエローだった模様。
今作のスタンドアロン「Gat out of Hell」にも車名は変わらず、STEELのエンブレムを外した状態で登場を果たした。地獄の民たちのアシにも一役買っているようだ。

蛇足ではあるがフロントバンパーにマッピングミスなのか、社章を引き延ばしたような謎のデカールが貼られている。

特別仕様、レアカラー

BIG WILLY'S CAB COMPANY

BIG WILLY'S CAB COMPANYが使用する仕様。通常出現・路上駐車するものはすべてこの仕様。

TNA TAXI

TNA TAXIが使用する仕様。空港のエントランス前に固定出現。残念ながらガレージに保存するとロゴがBIG WILLY'S CAB COMPANY仕様の物に置き換わってしまう。
なお、BIG WILLY'S CAB COMPANY仕様とは違い。橙色に塗られるほか、ロゴも専用のものとなる。

BIG WILLY'S CAB COMPANY(レア)

前述のTNA TAXI仕様をガレージに入れることで入手できる特別仕様。通常のロゴはイエローとなるが、こちらはピンク色となる。

サバイバル

サバイバルにて敵が市民(バグエフェクト)の場合に出現。
そもそもで車がTorchとともにバグっている(ガレージに入れたり乗りこんだりすると元に戻る)。
通常出現する車両と違い、グリルが装着なしになっており、リアウィンドウにステッカーが貼られている等の違いがあるが、RIM JOBSにて変更可能なので希少性は薄い。

デッカーズ

デッカーズと称されたノーマル仕様。
上記のタクシー会社を示すステッカー類がすべて外されており、あるのは横にあるチェッカーラインのみ。残念ながら通常ゲームプレイでは出現しない上、見ることもできない。

画像

BIG WILLY'S CAB COMPANY

TNA TAXI

BIG WELLY'S CAB COMPANY(レア)

エンジン

インテリア

料金表

過去作


Saints Row 3

Saints Row 3に登場したベース車であるKayak

実車


フォード・フレックス(タクシー仕様)