LV.アップ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Lv.UP作業


シナリオが終了したらLVUP作業を行います。
その前に、まずなんらかの手段で傷を中傷以下にしてください。

 シナリオLVを1つ上げます。
 8+POT分のSPとMSP両方を加えます。
 月々の収入を所持金に加算します。

GM判定

 NPCの反応が1段階変化する可能性があります。
 シナリオ内容を見て判断して下さい。

奇数シナリオ(次のシナリオが2の倍数シナリオ)の場合

 カリスマ天分を任意で0~1点上下させます。
 成長させた天分に対応するHPかMPを一点増やします。
 成長適正のある天分を1点上昇させます(増えるHPかMPも忘れず加算する。INT、SUB、MENなどの場合は、SPやMSPも加算する)。
  -天分が上昇した時に、それがSUBやINTやMENの場合は、該当するSPやMSPを追加する。
  -POTが上昇した場合は、シナリオLV分のSPMSP入手する。
  -次のシナリオが6の倍数シナリオの場合は、成長適正の無い部分を成長させても良い。

天分(カリスマ天分を含む)は通常の場合20点まで成長できます。
天分系の才能を保有するPCは其方を参照して下さい。

注:シナリオが著しい失敗の場合、シナリオLVは加算されません。

スキル限界について


通常技能、魔術レベルに関わらず、スキル成長の限界は、そのスキルに必要とされる能力値(または副能力値)、またはシナリオLVの半分のより低いほうまでとします。この限界は才能の取得により例外となります。ただしこれに満たない場合でも、3レベルまでは自由にあげることが出来ます。


魔術レベルは、魔術のバリエーションの数が5つになるまでは、バリエーション数までしか成長できません。

またレベルは使用する天分の半分(複数用いる万能技能の場合は、もっとも低いもの)までしか成長させることはできません。
(格闘は、VITとSUBの複合ですが、格闘という一つの能力です。)
(格闘万能は、格闘も回避も可能です。この場合は格闘と回避の、どちらか低いほうにあわせます。)

複数の制限がある場合、基本的に低いほうにあわせます。

これを突破するには、特殊な才能をポイントで獲得する必要があります。

  • 成長限界表
才能 0話 2話 4話 6話 8話 10話 12話 14話 16話 18話 20話~
なし 1Lv 2Lv 3Lv 4Lv 5Lv 6Lv 7Lv 8Lv 9Lv 10Lv 11~
才能+1 2Lv 3Lv 4Lv 5Lv 6Lv 7Lv 8Lv 9Lv 10Lv 11Lv 12~
才能+2 4Lv 5Lv 6Lv 7Lv 8Lv 9Lv 10Lv 11Lv 12Lv 13Lv 14~
才能+3 7Lv 8Lv 9Lv 10Lv 11Lv 12Lv 13Lv 14Lv 15Lv 16Lv 17~

魔術レベルが5になった場合、上位魔術や、他系統の魔術を取得できます(血筋が必要なクラスは血筋がです)。


ただし、「封印」「呪符操術」はその限りではありません。いつでも取得できます。


POTが上昇した場合、それまでの経験点は、0シナリオまでさかのぼってすべて加算します。



【成長天分表】

名 称 VIT SUB DEX PER INT MEN
気功師
呪符師
妖術師
念法師
退魔師
召喚師
陰陽師
霊媒師
心霊治療師
ウィザード
マギ
カードマジシャン
仙道師
舞師
魔粧師
旋律師
巫覡術士
傀儡師
魔獣使い
※陰陽師は任意の3ケ所を選択します。

ついでに


退魔戦記はシナリオ0からスタートしシナリオ20話で最終決戦して世界を救うという流れのTRPGなのですが、
退魔のく戦記では任意の話数からスタートしその話数で終了、もしくは数話こなして終了という流れかと思います。

GMさん達へ

退魔のく戦記で遊ぼうというGMはスタート話数を予め決めて各PCが何回Lv.UP作業を行うかを把握して下さい
その際人外種のPCが居た際は人外能力の獲得数も把握して下さい
人外能力は戦闘手段や魔術の組み合わせにより本来の能力以上の働きをするものが各種御座います

使える能力紹介

例としては中級吸血鬼能力の触手です。エロ手段にしか使えないように見えるこの触手、実は凄まじいチート能力です。
触手 1d6+1 捕縛 1is~5is 1~5対象 1R~1T 5
となっておりますが、攻撃方法が鞭になっております。この鞭避けや受け等の対抗ロールが1/2となっております。
つまり二倍の対抗ロールを要求されほぼ避けられません。そして身体の一部として判断される為に体力ボーナスの追加ダメージが乗ります。
そしてこの身体の一部を利用すると攻撃どころか補助、回復魔術にも使えます。
魔術には範囲が接触のバリエーションが各種あります。
範囲対象を増やしても手が届かない為に、離れた複数の対象に回復魔術が使えない、という事がよく発生します。
しかしこの触手、距離がなんと15mあります。その上対象は五人まで可能です。PT人数にもよりますが全員回復も可能になるのです。
 もう一個ついでに言うと、上記のどれかの方法で全GMが涙目になる凄まじい大火力コンボがあります。
 が。流石に開催前に涙目になるのは(´;ω;`)なので遊びつつお探し下さい。

他には獣人の猫人専用能力である軽業と焔法師上位呪文印《火》にあります火激です。
説明を読むと、回避を含む全DEX判定にgd2の軽業+全行動判定にgd1が付く火激で、戦闘時の回避にgd3が付くという回避専用コンボの様ですが
全DEX判定がキモです。つまり全てのスポーツ行為にgd3が付くのです。
のく戦記は中世をメインに現在作っておりますが、自動車運転もDEX判定です。現代・未来が実装されるとこのコンボは猛威を奮います。

以上の様にキャラクターメイキングの際は能力や魔術の組み合わせも面白さの内ですので、ご参考下さい