スキル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

技能取得方法





通常技能の説明

  • 技能の種類
技能(スキル)には「通常技能」と「魔術技能」があります
ここでは「通常技能」のみの解説を行います
「通常技能」には、「一般技能」「専門技能」「万能技能」が含まれます
「戦闘技能」は「専門技能」に含まれます

  • 技能の取得
技能は、最初に習得するときには、必要SPを支払います
技能のレベルアップには、必要SPの半分が必要です
「一般技能」は取得することで「1レベル」となります
「専門技能」と「万能技能」は、取得することで「0レベル」となります
0レベルで所持した技能は「判定することが可能」となります

一般技能

一般技能は、現代日本人が、ごく自然に0レベル習得している技能という扱いになります
「大食いN」「自転車N」のように、スキルの名称にNがついている技能が一般技能となります


専門技能

専門技能は、取得してはじめて「0レベル」の所持という扱いになります
名称に何もついていない技能は、専門技能となります

万能技能

万能技能は、さまざまな技能を集約した技能のことです
「法律万能A」「格闘万能A」のように、スキルの名称にAがついている技能が万能技能となります
万能技能は、関連する判定すべてを、この技能一つで行うことが出来ます
また、個々の関連技能も別個習得した場合、そのスキルと加算して判定することが出来ます

通常技能の判定

  • 通常技能の判定には、以下の難易度を用います
行為の程度 難易度
かなり易しい 10
易しい
やや易しい
五分五分
やや難しい
難しい
かなり難しい 1/2
信じられない 1/10

  • 基準となる能力値の難易度倍以下の出目を出すと判定は成功です
  • 判定に技能を使用できる場合は、技能レベルを難度へ加算します
    • 例:技能レベル3、難易度5の判定なら、8倍が基準となる

スキルの応用

1つのスキルを身につけるためには、関連した技能の修練・学習を必要とします
関連があるような判定には、プレイヤーの申告しだいで、半分のレベルを使用させて下さい
例:調理士スキルを持つ者は、味覚に関する判定に半分のレベルを使用できます
例:ローラースケートを持つ者は、その半分のスキルレベルでアイススケートができます